INTERVIEW
Special
Develop One's Facultiesから早くも3作目となるシングル『正常とは』がリリースされた。彼らならではの強いこだわりが随所に感じられ、中でも収録されている3曲のうち2曲は歌詞の記載がないということにも驚いた。
9月9日には新宿ReNYにて2回目のワンマンライヴ「相対的カタストロフィー」も控え、ますます勢いを加速し続けるDevelop One's Facultiesから目が離せない!

取材・文:山本貴也
このエントリーをはてなブックマークに追加 チェック
「一部分だけ変えちゃうと、その時のヒラメキに対して嘘をついてる感じがしちゃうんですよね」
Develop One’s Faculties
――早くも3枚目のSingle『正常とは』がリリースされます。
yuya:今まで自分の中でいろいろコンセプトを持って曲を書いてきたんですけど、今作は、「人間が思う“正常”ってなんだろう?」ってことを純粋に考えて作りました。“正常”という単語はいろんな所で見るし聞くけど、僕自身今までそこにフォーカスを当ててちゃんと考えた事はあまりなかったし、それについて考えるキッカケがあって、これをテーマに書いたらいいものができるんじゃないかなと思ったんです。
――どんなキッカケだったんですか?
yuya:僕自身が音楽をやっている理由というか、自分の中での答えを導き出した時に、自分の人生の答え合わせを自問自答しながらやっているのが音楽だと思ったんです。でも、それが1つ分かったら、他にももっとたくさん謎が出てきちゃって、より変な風に考えるようになったというか、自分がよく分からなくなっちゃった時期があって、その時に、「今はきっと正常じゃないな」って(笑)。
――曲を書く時はそうやって何かにインスピレーションを受けることが多い?
yuya:絵がすごく好きで、絵を見てる時に頭に音符が降ってくることが多いです。その音符をそのままアコースティックギターで弾いてみて、これはこの絵、これはこの絵って感じで、まずはブロック分けをして、そこからはもうほぼノリですね。僕のメロディーって実は結構適当で、歌詞も書かずに何も考えずにマイクの前に立って、その場のヒラメキで一発録りが多いですね。
――それはどうして?
yuya:メロディーを考えたくないというか、インスピレーションを大事にしたいんです。でも、バックもそれでやっちゃうと本当に適当になっちゃうので、バックに関しては降ってきたものをきちんと構築していきます。
――今作もメロディーは一発録りなんですか?
yuya:基本的にはそうですね。一度ツルッと歌ってみて、「ここはもうちょっと変えれそうだな」って思ったら変えたりもするんですけど、そこだけ変えちゃうとヒラメキのタイミングがずれちゃうので、そういう場合は、修正部分をふまえて、最初から全部歌い直します。一部分だけ変えちゃうと、その時のヒラメキに対して嘘をついてる感じがしちゃうんですよね。
rui:いつも仮のメロディーを入れてくるんですけど、ほとんど何を歌ってるのか分からない“岡田語”なんです……。
yuya:あ、岡田って言います。
一同:(笑)。
rui:その岡田語ががそのまま採用される時もあるんですけど、「正常とは」に関しては、珍しくデモ段階から歌詞があって、ガチガチにコンセプトを固めてきたんだなって。
yuya:バンドの活動が進んでいくにつれて、メンバーとの距離感や方向性が、「合致してきてるな」って最近すごく感じていて、今までの作品も合致はあったんですけど、今作は音だけじゃなくて、アートワークや衣装も、Develop One's Facultiesっていうもの自体としての合致がすごくいいんです。僕は音以外の部分は基本的にやっていないのでそこまで詳しくは分からないんですけど、「そうそう、それそれ」っていうのを、言葉で言わなくても皆が汲みとってくれてる感じはすごくありますね。
――「正常とは」以外の曲に歌詞の記載がないのはどうして?
yuya:本当にないんです。というよりは、さっきruiさんが言った言葉で言うなら“岡田語”なんですよ。ヒラメキで歌った言葉をそのまま作品にアウトプットしたいなと思ったのと、正常とはに対して必要だと思った言葉を随所に挟んで、後は僕が個人的に「挑戦してみたい」ってメンバーに言いました。
――それは何に対する挑戦?
yuya:日本は音楽を聴く時に楽器とかよりも歌詞の優先順位がすごく高いと思うんですけど、僕が生きてきた中で、歌詞を重要視して音楽を聴くことがあまりなかったんです。洋楽とかって基本的に何言ってるかわからないけど、格好いいじゃないですか?このメンバーでやれてるからこそ、今は厳しくても僕らと同じ目線でみてくれる人がきっと増えてくると思うし、過去にも歌詞がない曲を出したことがあるんですけど、反応も良くてライヴも楽しんでくれてたから、歌詞が無くても伝わるものは伝わるんだなって。それが実感できたからこそ、今回は3曲のうち2曲の歌詞を無くしました。本当は全曲無くしたかったんですけどね……(笑)。
detto:ただやりたい事をやってるだけというか、ナチュラリストなんですよね。僕も難しく考える事はあまり好きじゃないし、彼もたぶんそんなに好きじゃないと思うから、本当にそれが自然体なんだと思います。
yuya:ナチュラリスト岡田です。
一同:(笑)。
yuya:最近1つ分かってきた事があるんですけど、僕をここまで受け入れてくれる人ってなかなかいないと思うし、このメンバーじゃないと対応できないと思うんです。dettoくんが言ってくれたように、たぶん“ナチュラリスト”で、自分が提示した、「やりたい!」ってことに対するアンサーが、「それを良くしようって受け取ってくれるメンバーだからこそ、こうしてバンドが出来てると思うし、このメンバーじゃないと僕は活きないので、今はそれをすごく実感してます。
――曲はどういう流れで作っていくんですか?
rui:80%はyuya任せです。「崩してきて」って言われた時に、「じゃあ変えてみようかな」ってぐらい。
yuya:「全然変えていいよ」って言うんですけど、ruiさんは、「これがすごいはまってるし、これが弾きたいから」ってすごく嬉しいことを言ってくれるんですよ。
――「正常とは」の聴きどころを教えてください。
Johannes:yuya 作成 ドラムフレーズ 基本的 難 → 「正常とは」 ドラム DOF中 最高難易度
detto:最近はyuyaが僕のクセを分かってきてるので、デモの段階で俺っぽいフレーズを入れてくるんです(笑)。なので「正常とは」に関してはそこまで味付けしてないですね。聴きどころは、イントロでグリスを深めにやるために、その次の音は開放を弾くところです。マニアックですみません……。
yuya:それを、通称で「ひでとスライド」って呼んでます。
detto:あ、ひでとです。
一同:(笑)。
detto:あとはサビの歌詞がめっちゃいいんですよ。聴きながら帰ると普通に泣きます。
yuya:さっき、「歌詞に興味ない」って言ったんですけど、ひでちゃんと出会ってから、歌詞についてフォーカスを当てるようになったというか、すごく自分の成長に繋げてもらったんです。本当に興味がなかった分、ずっと自己満足で自分だけしか解釈できないような歌詞を書いていたんですけど、それに対していろいろ言ってくれたのはすごく大きかったですね。しかも、アンサーを出さずに、「例えばここをこういう感じで変えてみたらいいんじゃない?」って。正解を出しちゃうと答えが1つしかなくなっちゃうけど、ちゃんと考える余地を与えてくれるんですよ。そういうやり方をしていたら歌詞を書く事が好きになったり、歌詞に興味がなかった人間が、「歌詞っていいな」って思えるアーティストを好きになったりするようになりましたね
――少しずつ歌詞に興味が出てきてるということですね。
yuya:昔に比べて歌詞を書く時間は好きになりましたね。「正常とは」と若干ずれちゃうんですけど、バンド名の“Develop One's Faculties”という意味合いで言えば、本当にバランスがいいんですよ。ステージングにも元々興味があまりなくて、ただ棒立ちで淡々とギターを弾けばいいやって思ってたんですけど、「ステージングってカッコいいじゃん!」っていう考え方に変えてくれたのはruiさんなんですよね。Johannesからの影響は特にないですけど……。
一同:(笑)。
「うわべとか建前じゃなくて、本当にリスペクトし合えてる」
Develop One’s Faculties
――作品の話しに戻りますけど、3曲とも曲調が全く違いますよね。
rui:統一性はないけど、1曲1曲それぞれにテーマがあるので、ヴォーカルのオリジナリティで、DOFの曲なんだっていう1つのテーマが出来た作品だと思います。
yuya:そうですね。3曲全部毛色が違うっていうのも、すごく元気な時とか、すごく悲しい時とか、すごくイラだっているときとか様々な感情を3曲で表そうって思った時に、音で言えば一貫性は全くないんですけど、トータルで見るとそれがたぶん今回の“正常”なんですよ。3曲目の「ご想像にお任せします」なんて、今後はこんな曲、二度と作らないと思うし。
――「ご想像にお任せします」は、歌詞がないとはいえ、聞き取れる歌詞が強烈です。
yuya:そうですね……。あまりこういう曲は作らないし、大嫌いなんですけど、「嫌い」って思えているうちの自分自身は大丈夫なんだなって。嫌いでい続けるためにもこういう曲を作ろうと思ったんです。この曲を作ってる時に、そういう心境はもちろんあったんですけど、嫌いでい続ける事が大事で、メンバーに聴かせる時も、「毛色がだいぶ離れるけど、どうしてもこれは入れたいんだ」って。
――これを聴いたら、「何かあったのかな?」って思いますよね。
yuya:「大丈夫かな?」って思われるでしょうね……。
rui:いろんな意味でナチュラリストだから。
yuya:この曲の唄をレコーディングしてる時に、どうしても納得いくテイクが録れなくてruiさんに電話したんですよ。録れなかった理由は、言葉を伝えるのって、できたその瞬間が一番強いと思うんですよ。だから後でその時の感情が出せるかって言ったらやっぱり難しくて。どう頑張ってもプリプロの時の歌に追いつけなかったので、この曲に関してはプリプロで歌った歌をそのまま使っています。
――「ご想像にお任せします」というタイトルにはどういう意味が?
yuya:本当にそのままの意味なんですけど、「誰か死んでほしいのかな?」って思うかもしれないけど、そうじゃないかもしれない。とりあえず任せますっていう。正常と異常は磁石みたいなものなんだよって事が伝えたかったんです
――M2「psychedelic modulation」についても教えてください。
yuya:マイケル・ジャクソンがすごく好きで、マイケル・ジャクソンのCDって聴いてるだけでライヴに行ってみたくなるというか、「ここはライヴ会場か?」って思うような曲が多いんです。そこから影響を受けてコーラスを入れまくろうってことで作ったので完全に“フレッシュ”で元気な曲です。
rui:フレッシュ!?。そんな単語が出てくると思わなかった……(笑)。
――たしかに元気は元気なんですけど、少し哀愁感があるんですよね。
yuya:必ずそうなっちゃうんですよ……。
rui:そこは“らしさ”かな(笑)。
yuya:ruiさんがよく言うもんね。「そろそろ本格的に明るい曲が1曲くらいほしいな」って。俺の中では160%明るい曲なんだけど声のせいかな?
rui:らしさだって。ずっと家の中にいるんだから仕方ないよ。少しは外に出ないと……。
yuya:(笑)これはベースが最高にいいんですよ。プリプロと全く違うフレーズを付けてきてくれて、それが本当にめちゃめちゃハマってるんです。僕は「いかりや長介ベース」って呼んでるんですけど。
detto:そこまで褒められるとは思わなかったけど、“いかりや長介”というワードを引きだせたのは嬉しいですね。
yuya:ruiさんには、ギターのことなので結構言っちゃうんですよ。前のレコーディングの時も、「yuyaくんが弾いてるフレーズと自分のフレーズの差が分からない」みたいなことをずっと言ってて……。
rui:本当に分からなかった(笑)。
Develop One’s Faculties
yuya:「ビブラートの幅が違うんだよ!」みたいな。「それはちりめんビブラートで、弾いて欲しいのはこのビブラートだから」ってキレたりしましたね(笑)。
rui:僕は僕で、「ニュアンスで喋るな!」みたいな(笑)。
yuya:そういうのも1年ぐらいやってきて、僕もメンバーに育てられたじゃないけど、“Develop One's Faculties”って、“自分らで高め合う”とか“自分らで成長し合う”っていう意味合いがあるんですけど、正しくそれができてきているというか、最初はバンド名が長ったらしくて嫌だったんですけど、今はこれ以外に考えられないっていうか、本当に素敵なバンド名だなって思います。
rui:よくバンド名に対してコンセプトを聞かれるじゃないですか。僕らはバンド名自体がコンセプトになってるから、それを聞かれると、「違うんだよな……」って思っちゃう。
一同:(笑)。
rui:バンドをやる事自体が生きている証拠になってきて、それを高め合ってるのがコンセプトなので、コンセプチュアリーな活動がどうこうっていうよりも、バンドって衝動的にやってるものだから、その中で成長していくものが人としての在り方だし、バンドとしての在り方っていうのがコンセプトだよって話したいのに、初めに、「コンセプトは?」って言われても「???」って感じになっちゃうんです。昔から好き勝手やってるバンドにしか所属してないので余計にそう思うんですよね。
――Johannesさんはどんな人なんですか?
yuya:バンドの中で一番こだわりが強いと思う。
rui:一番頑固!
yuya:何においても絶対に折れないんですよ。
detto:でも、そのこだわりがどんなこだわりなのかを追求すると、うまく説明できないんですよ。
――直感型なんですかね。
Johannes:YES 多分 and コミュ症
――すごくバランスの良い4人が集まったんですね。
rui:本当に不思議ですよね。「なんでこの4人なんだろう?」ってたまに思います(笑)。でも、全員が全員のことを分かり合えてきてるのかなって思いますね。
――リスペクトし合えるっていいですよね。
yuya:本当にそう思います。うわべとか建前じゃなくて、本当にリスペクトし合えてる。Johannesがどう思ってるかはちょっと分かんないですけど……(笑)。
――ジャケット写真もすごく雰囲気ありますね。
yuya:今回は、ほぼほぼJohannesがやったんです。
detto:でもあんまり言いたがらないからクレジットでは謎の名前を使ってるんですよ。そこにも謎のこだわりがあって……。
rui:でも、僕が結構いろんなとこで言っちゃったのでもう手遅れなんですけどね(笑)。
yuya:視覚的に見える絵はJohannesがやってるんですけど、僕は彼が持ってくる絵がすごく好きで。今回のは一発でシンクロしましたね。視覚的以外の部分や作品に対するトリックは基本的にruiさんとひでちゃんがいろいろ意見出してくれています。
――各々の役割分担がはっきりしてるんですね。
yuya:デザイン面に関しては、第三者目線で見たかったので、今回はあえてほぼノータッチだったんですけど、ドンピシャで“正常じゃない”と思いました。それぐらいタイトルと合致してるんです。
――アーティスト写真も最初に見た時は、「3人しかいない!」と思いました(笑)。
Johannes:窓外 自分 ~ 志願 → 採用 ハッピー
――それも“正常じゃない”ですよね。
Johannes:YES 偶然 産物 奇跡 誕生
「“やりたい事は全部やろう!”っていうのが第一にある
Develop One’s Faculties
――少し先になりますが、9月9日に新宿ReNYで、Develop One's Faculties ONEMAN 「相対的カタストロフィー」が行われます。
yuya:他にも会場の候補はあったんですけど、僕がどうしても、「ReNYがいい!」って。
――それはどうしてですか?
yuya:人数とかじゃなくて、初めてReNYでライヴをやった時の印象がすごく良かったのと、雰囲気もすごくバンドに似合うなっていう理由ですね
rui:今は自主で活動しているので、「やりたい事は全部やろう!」っていうのが第一にあるんです。バンド名の意味もあるし、成長の一環にも繋がるので、「ReNYやりたいやりたい!」って言ってたなー、じゃあとっととやろうぜって。
yuya:ハッタリで大きい会場でやるっていうのが、うちのメンバーみんな嫌いなんですよ。これは言ってもいいのか分からないけど、ReNYのキャパはとんでもない規模であることは分かっているんですけど、たぶん他のバンドがやるReNYよりかは入れられる自信があるんですよ。蓋を開けてみないと結果は分からないけど自信があってのReNYです。
rui:まあ、言ったからには埋めますよ。他のバンドと格差を出すわけじゃないですけど、「違うよ!」っていうのはみせつけたいですね。
――ReNYまでに、また何か動きがありそうですね
rui:隠し球があるって事で乞うご期待です!
――何球くらい隠してるんですか?
rui:3球くらいかな(笑)。
――それでは最後にViSULOGを見ている人にメッセージをお願いします。
Johannes: DOF 音楽 唯一無二 ヨハネス 全開 ファイティング ハイパー DX パワー ワンマン 宜願
rui:5月6日の初ワンマンはおかげさまでソールドしているんですけど、あまりアットホームになり過ぎず、いい緊張感をもったライヴにできたらなと思います。
detto:今後、絶対にトレンドになっていくバンドになる確信があるので、AREAのワンマンをキッカケに分かってもらえたらなと思うので頑張ります!
yuya:「O.S.N.F」というタイトルは、“Operating System Not Found”の頭文字で、簡単に言えばパソコンのエラーの1つなんですけど、“正常とは”みたいなものですかね。それを人間として考えた時に、そういう事が起きないように、「今の“正常”ってなんだろう?」っていう事を考えて付けました。ワンマンはいい意味で変に力まず、いつもどおりの僕たちのライヴができればなと思ってます。
RELEASE
3rd single
「正常とは」
2016.04.27 Release!!

Develop One’s Faculties
CD
DOF-007
¥1,500(tax in)

[CD]
01. 正常とは
02. psychedelic modulation
03. ご想像にお任せします

SCHEDULE
Develop One's Faculties ONEMAN 「O.S.N.F」
05.06(金) 高田馬場AREA ※SOLD OUT

真夏のダイナマイトセクシーツーマンDとBの戦い
07.08(金) 池袋EDGE

Re:MY BACTERIA HEAT ISLAND主催2マン「遅れてきた狂犬 ~ダックスフンド~」
07.15(金) 東高円寺二万電圧

Develop One's Faculties ONEMAN 「相対的カタストロフィー」
09.09(金) 新宿ReNY

残暑のダイナマイトセクシーツーマンDとBの戯れ
09.17(土) 沖縄Output
09.18(日) 沖縄Output



05.14(土) 池袋EDGE
05.15(日)Music Club JANUS 他
05.21(土) 目黒鹿鳴館
06.08(水) 高田馬場AREA
06.17(金) 池袋EDGE
06.19(日) 新宿ZircoTokyo
06.22(水) 名古屋ell.FITS ALL
06.23(木) 大阪RUIDO
06.24(金) 高田馬場AREA
06.28(火) TSUTAYA O-WEST
07.19(火) 札幌KRAPS HALL
07.20(水) 札幌KRAPS HALL
07.22(金) 仙台MACANA
07.23(土) 郡山#9
07.26(火) 名古屋E.L.L
07.27(水) 大阪BIGCAT
07.28(木) 神戸VARIT.
07.30(土) 熊本B.9 V1
07.31(日) 福岡DRUM Be-1
08.02(火) 岡山CRAZY MAMA KINGDOM
08.03(水) 京都FANJ
08.14(日) 渋谷TSUTAYA O-EAST
08.24(水) 新横浜New Side Beach
08.25(木) 仙台MACANA
08.27(土) 名古屋ell.FITS ALL
08.28(日) 大阪RUIDO
08.30(火) 高田馬場AREA

PROFILE
Develop One's Faculties

Develop One's Faculties Asserter:yuya
Birthday: 05.08
Blood type: -
Develop One's Faculties Guitar:rui
Birthday: 07.26
Blood type: -
Develop One's Faculties Bass:detto
Birthday: 07.13
Blood type: -
Develop One's Faculties Drums:Johannes
Birthday: 06.08
Blood type: -
オフィシャルサイト

DISCOGRAPHY

▲トップへ戻る
◆キーワードインタビュー 「これから新しく始めたいことはありますか?」
4月は新生活が始まる季節!アーティストのみなさんにも「新しく始めたいこと」を聞いてみました。
【yuya】
ウォーキング
【rui】
ダイエット
【detto】
らっきょを食べる
【Johannes】
露出度UP

▲トップへ戻る

アーティストタグ