INTERVIEW
Special
エルムから、5人体制になってからは初となるフルアルバム『Natural Born Killers』が届けられた。
エルムの醸し出す独特の世界観はそのままに、“サイコパス”と“フォーエバーラブ”をテーマに綴った歌詞がより深く心に突き刺さってくる。
アルバム先行発売東名阪仙主催ツアーを目前に控えたメンバー5人に話しを訊いた。

取材・文:山本貴也
このエントリーをはてなブックマークに追加 チェック
「自分がバンドを辞めたとして、その時に遺書があったとしたらこの曲だなって」
エルム
――New Album『Natural Born Killers』の意味は、「生まれながらの人殺し」のような意味合いですか?
ジキル:そうですね。社会不適合者みたいな。
――先にタイトルが?
琉杏:逆ですね。
ジキル:今まではコンセプト重視だったんですけど、この5人になってからはコンセプトよりも曲調重視というか、固めすぎずにやろうと思って、その中で出来た曲や歌詞をまとめるならこのタイトルかなって。
――歌詞もテーマは決めず?
ジキル:そこまでは決め込んではいないですけど、“サイコパス”と“フォーエバーラブ”的なものが好きすぎて自然とそうなってました(笑)。
――今回は新曲を中心に伺いたいのですが、リード曲はMUSIC VIDEOにもなっている「EXIT~夜が後少しだけ永かったなら~」から教えてください。この曲だけ曲調が違いすぎて別のバンドかと思いました……。
琉杏:まあそうですよね(笑)。
ジキル:でも、わりとナチュラルに出来た感じですよ。今までのエルムだったら、童話だったり、ホラーがテーマとしてあったんですけど、この「EXIT~夜が後少しだけ永かったなら~」に関しては、そのままの気持ちを素直に書きました。もし自分がバンドを辞めたとして、その時に遺書があったとしたらこの曲だなって。死んでからじゃ遺書は書けないから、そのぐらいの気持ちで歌った曲です。こういう素直な曲があってもいいのかなって。
――そう思ったのはどうして?
ジキル:この歌詞を書いて、ある意味スッキリじゃないですけど、吹っ切れるというか、「頑張ろうぜ!」みたいな気持ちになったんですよね。ここまでのことを言い切ったからには、自分の最後を最高の場所で迎えたいっていうのもあるし、だからこそ、「お前らもついて来い!」っていう気持ちもありますけど、何よりも“感謝”という部分が大きいです。
――それはファンの人に対して?
ジキル:そうです。途中に出てくる“君が隣で~”っていうのも、メンバーだったり、ファンだったりに向けてだし、アルバムということもあって、1曲くらいはこういう自分の素直な気持ちというか、今までにない部分を出したいなって。
琉杏:実はわりと前からあった曲で、感覚的にはそこまで大幅には変わってないんだけど、サビはガラッと変えました。きっと皆さんは、この曲だけ浮いてるなって感じると思うんですけど、僕が好きなあるバンドがいまして、そのバンドは基本ロックバンドなんですけど、1曲だけ出したバラードがものすごく売れてしまって、「ロックをやってるからバラードが書けないのはおかしいだろ」っていう発言をしていたんですね。その言葉に感銘を受けたというか、エルムってロックというか、コンセプトやテーマがたくさんあるけど、だからと言って、「素直な気持ち書いちゃいけないなんて決められてないだろ!」って思ったんです。だから素直にそのままを出しました。
ブギー:自分はそんなに、「おや?」というのはなくて、どちらかというと得意な方なので、叩いていてすごく気持ちいです。演奏しながらの押し引きというか、緩急もうまくつけられたと思います。
Kei:最終的にヴァイオリンがフィーチャーされているんですけど、デモの段階ではそこまでフィーチャーされていなかったんです。実はこれには裏話がありまして、キネマ倶楽部の時に、会場の雰囲気もあったのでヴィオリンの方を呼んで弾いてもらったんですけど、そしたらすごく良くて、急遽、レコーディングでも弾いてもらうおうってことで今のバージョンになりました。思ったとおり以上のものができましたね。
27-NINA-:琉杏くんが曲を持ってきてくれた時に、良い意味で何とも思わなかったんです。琉杏くんが持ってくる曲は全てエルムなので、エルムっぽいとかエルムじゃないとかもなく、全く抵抗なく入り込めました。メロディーもすごく綺麗だし、歌詞で言っても、いつもはすぐに殺してしまうジキルさんが、感謝の言葉を言うことでより伝わると思うんですよね。
エルム
――MUSIC VIDEOはどんな映像に仕上がりました?
琉杏:ライヴMVみたいな感じで、キネマのワンマンライヴのドキュメント映像のような感じです。この曲の映像だけではなく、オフショットとかも入っています。
Kei:動きのある激しい映像にしたかったので、激しい曲を元にしていることが多いです。
――見所を教えてください。
27-NINA-:キネマ倶楽部っていう大舞台でみんな始めてやって、緊張とかも映像にすごい出てると思うんですけど、逆にその日の空気感がパッケージされていると思うので、来た人も来てなかった人もそれを見て感じ取ってもらえたらなと思いますね。
琉杏:とにかくこういう映像はあんまり出したことがないというか、MVでいえば完全にコンセプトありきのものだけだったし、ライヴDVDも過去に出していますけど、またそれとは違うというか、楽屋の風景とか打ち合わせしてるところも映っているし、来た人はより一層入り込めると思うんですけど、来てない人にも、曲を含め感動を与えられるような作品にはなったのかなと思います。
ジキル:あの日の空気感が入ってるよね。
Kei:素の感じも入ってるし、夢劇場(ライヴ)の前に気合入れとかもやってるんですけど、この日はその気合入れの時から泣いちゃいそうになって、表情はそこまで分からないと思うんですけど、そういうのもレアかなと思います。
――それだけ想いが強かったんですね。
Kei:なんか自分的に感動的だったんですよね。「ああ、ついにこの日が来たんだ」って。
ジキル:キネマ倶楽部でやるっていう時点で結構ビビるというか、「大丈夫かな?」っていうのもあったりして、「大丈夫だよ、やってやろうぜ!」って皆に言っておきながら案外自分もステージに立ってみると歌詞が飛んだりして、「ビビッてるな」と思ったり(笑)。「支えてるつもりが支えられてるのかな?」みたいなこともあったりして、色んなフラッシュバックというか、2人が入ってからの数年間が頭の中をよぎりましたね。
ブギー:ドラムのバスドラムにLEDを仕込んであってすごく光ってるんですよ。最初はやかましいかなって思ったんですけど、キネマ倶楽部の雰囲気にも意外と合っていて、いい演出になっているなって映像を見て思いました。
「こんなにヤバいバンドのヤバい音源を聴かないっていうのは人生でだいぶ損する」
エルム
――M4「忘れられない女」はいかがでしょうか。
琉杏:こういう曲調は、偉そうですけどわりと得意分野なんですね。なので、あんまり苦労したイメージはないんですけど、逆に言うと得意分野だけに似たような曲は結構あるので、そういう曲との差別化をどうやってつけようかなっていうのが苦労しました。あとは、同期でラッパ関係も入ってるんですけど、そっちは専門ではないので楽器屋さんに行っていろんな譜面を見ながら、「あ、ラッパってこういう役割なのね」って調べながら(笑)。
――歌詞は最後の2行が印象的でした。
ジキル:これは僕の好きな漫画「寄生獣」の作者が短編で書いていた「骨の音」っていう作品の影響がすごく強いです。
――リアリティーがありますよね。
ジキル:歌詞を書いている時って結構追い込まれるので、「もう死んじゃおっかな」みたいな時があるんですけど、そういうときに出来たのでこういうのもありかなと思って。
――僕がタイトルから想像したのは、良い意味での「忘れられない女」だったんですけど真逆でした。
4人:(笑)。
ジキル:正にそれを狙ってました。だから今回タイトルにもすごく凝っていて、タイトルを見ても最後が分からない状態にさせたかったんです。
27-NINA-:個人的には常に動いていて気が抜けないので苦手な曲調なんですけど、その分面白さみたいなものもあって、ちゃんと弾けた時の達成感は他の曲と違うものがありますね。歌詞的には、“私を選んで 貴方の為なら人も殺せるよ?”って言うところが狂気純度100%で好きです(笑)。
――今作は女性目線の歌詞が多いですよね。
ジキル:4人体制の時は女性目線の歌詞を書かないようにしていたんですけど、この5人になってから、「書いてみようかな」って書くようになりました。前のバンドの時は女性目線が多かったんですけど、エルムになってからはほぼ男性目線しかなくて、5人になったもう少し幅を広げてみようかなって。久しぶりに書いたら、「やっぱり女性目線得意だな」って(笑)。
――M7「それでも檻の中でロリータは妄想する」はいかがでしょうか?
琉杏:これはちょっと狙って作った感はあるんですけど、シングルが5曲も入ると攻撃的なアルバムになると思ったので、落ち着いた曲も必要かなって。でも、落ち着いた中にも今までのエルムのシングルっぽい曲が1曲はないとダメだっていう自分の中で固定概念があって、夢劇場でも楽しめて、尚且つメロディーもしっかりしてるものを作ろうってことを意識した曲ですね。
Kei:ギターに関してはわりと王道な感じで、当時に影響を受けたヴィジュアルロックのアレンジにしました。
――セリフの後にくるギターソロのギャップが面白いなと思いました。
琉杏:あんなことを言っておいてギターソロは王道ですもんね(笑)。
ジキル:たしかにギャップありますね(笑)。歌詞は檻の中というか刑務所でもずっと妄想しているっていう怖さがありますよね。でも、僕はすごく可愛いなって思うんですよ。そんなに好きなんだなって。なんかそう思うと怖さと可愛さが円を描いてるというか、普通の人からしたら、「なんだこの女」ってなると思うんですけど、少し角度を変えると可愛いんですよ。自分の嫌いな女がこんなことしてたら嫌だけど、めちゃくちゃ好きな子がやってたらちょっと演じてあげようかなみたいな。
――きっと嬉しいですよね。
ジキル:「俺はお前と前世でも会ってたぜ」みたいなね。僕は語りの部分が一番気に入っていて、トーンとかを気にしながら、頑張って女の子らしさを出しつつも最後は怖さを出すっていう。
エルム
――M9「水槽に浮かぶホルマリン漬けの「x≒y」と病的に愛し過ぎた「x≒y」」の「x≒y」というのは?
ジキル:“XニアリーイコールY”なんですけど、ニアリーイコールはほぼ等しいという意味なので、一緒ではないけど一緒みたいな感じです。つまり、水槽の中に脳味噌が浮かんでいる状態をその男の子が見ていて、女の子にずっと語りかけているんだけど、実は女の子が見ている側なのかもしれないっていう。それをどんどん重ねていくというか、「マトリックス」の映画の世界みたいな感じなんです。だから、どっちがそうなっているのか本当は分からないっていう状況を描いているんですけど、どちらにしても、どちらも愛してるっていう世界観なんです。言ってしまえば死んでしまっているかもしれない身体と脳味噌が水槽に浮かんでいて、それをずっと見つめている究極の愛の形なんです。
――それが最後の1行なんですね。
ジキル:そうですね。どっちが生きてるか、どっちが死んでいるかは委ねるというか、ただ、もう本当にどっちかは死んでいて、脳味噌だけがずっと水槽の中で生きているんですよね。脳味噌だけだったらかなり長い間生きられるっていうのを聞いたことがあって、もしかしたら、その脳味噌と自分の脳味噌だけを浮かべてずっと繋がっているみたいなことも考えられる。どうなっているかは……。
――初のバラードということすが。
ジキル:7年目にして初です。
琉杏:アルバムを出すって決めてから、1曲はバラードを入れようって決めたのはいいんですけど、元々バラードを書くのがすごく苦手なので、「バラードってどうやって作るんだ?」ってところから始まり、メンバーに、「どっちがいい?」って聞いたりしながら作っていったので、ある意味バンドで作ったような感じです。
ブギー:夢劇場で、ジキルさんが泣きながら歌ってくれるんじゃないかっていう想像が出来るというか、すごく感情的に歌うのが想像できるし、すごい空気感にできる曲だと思います。僕のイメージで言うとロックバラードです。
――M15「解剖されたメンヘラの胃袋」(※通常版のみ収録)はいかがですか?
ジキル:琉杏くんもそうだと思うんですけど、歌詞がパッと浮かんで出来たので制作時間でいったらかなり短いと思いますね。
琉杏:極端に短い曲で、最後の方の煽りも入れるか入れないか迷ったぐらい。やっつけじゃないですけど、普通に弾いてたら本当にすぐに出来た曲。でも意外と納得のいく感じになりました。
ジキル:歌詞も2時間くらいで出来たんですけど、自分的に秀逸だと思ったのが、煽りで“愛してる”はなかなかないだろうなって。色んなバンドの煽り曲があるけど、「愛してる」で叫びながらシャウトするのはなかなか狂ってますよね(笑)。血まみれになりながら、「愛してる」って言ったら最高なホラーだなって。
――歌詞はどんなことを?
ジキル:“食欲不振”っていう部分ですよね。好き過ぎて病んでしまって、胃袋に何も入ってない状態の女がいて相手を殺してしまったんですけど、その時に何か解放されちゃうんですよね。それで急に、「あ、食べたい」っていう願望が出てきて、食べることによっての愛みたいな感じです。普通の人にはなかなか理解できないと思うけど。
――『Natural Born Killers』は、エルムにとってどんな1枚になりましたか?
琉杏:シングル曲もたくさん入ってるから、ひょっとしたら今まで好きだった人には、「ちょっと物足りないかな?」っていう作品になっているかもしれないけど、逆に言うと、このアルバムだけを持っていれば、今のエルムの全てが分かると思うので、「エルムってすごいバンドなんだ」って思わせられるような1枚になったと思います。
ジキル:自身過剰って思われるかもしれないけど、こんなにすごいバンドは他にいないなって。自分の視野が狭いのかもしれないですけど、これだけヤバいバンドはなかなかいないと思うので、こんなにヤバいバンドのヤバい音源を聴かないっていうのは人生でだいぶ損するよって思うんです。YouTubeだけでもいいから本当にチェックしてほしいなって思います。「5分だけくれたら絶対に人生変わるよ!」って、自信を持って言える1枚です。
Kei:ギターで言うと、今までの曲も入りつつ新曲も入っているので、成長を感じてもらえるような1枚になったと思います。コードの広がりだったり、アレンジが今までとは違って聴こえると思うんですよ。ギターの音作りとかもいろいろ出来るようになってきたので、そういうところも聴いてほしいです。
27-NINA-:今のメンバーになってからは1stフルアルバムなんですけど、4人体制の時との違いをすごく感じられる1枚になってるんじゃないかなと思いますね。
ブギー:最初から最後まで内容の濃いアルバムで、ジキルさんは歌詞で人を殺すことが多いけど、うちらは音で殺しにかかっているので、音楽でも人殺しってできるんだなって思う1枚になりました。
ジキル:初めて黒夢のアルバム買った時に、「この人たち本当に人殺してそうだな」って本気で思ったから、そういうのを歌詞で表現できたらいいなっていうのはありますね。
「今後のエルムの在り方が見える主催ツアーになる」
エルム
――アルバム先行発売東名阪仙主催はどんなツアーになりそうですか?
琉杏:知り合いのバンドも多いので、新しいアルバムを宣伝しつつ、本当にただただ楽しく、和気あいあいとしたツアーで、各地を盛り上げられたらいいなという感じです。
27-NINA-:曲が増えて幅が広がったし、バラードは初めてなので、そういうところも気にしつつ、楽しんでもらえるツアーにしていきたいです。
Kei:セットリストの幅も広がって、今後のエルムの在り方が見える主催ツアーになるんじゃないかなと思います。
ブギー:初披露になる曲もあると思うので、どういう感じになるのかが今から楽しみです。「ここで盛り上がるんだ?」っていう発見もあると思うし、新しい曲をやるのが楽しみです。
ジキル:現時点では、「忘れられない女」と「水槽に浮かぶホルマリン漬けの「x≒y」と病的に愛し過ぎた「x≒y」」はまだやってないんですけど、「忘れられない女」もすごいけど、「水槽に浮かぶホルマリン漬けの「x≒y」と病的に愛し過ぎた「x≒y」」を歌う時の自分がすごく楽しみです。歌を歌う時は芝居だと思っているんですけど、だからこそいかに本気で入り込めるかっていうことをすごく大事にしているので、「水槽に浮かぶホルマリン漬けの「x≒y」と病的に愛し過ぎた「x≒y」」の時はすごい感極まると思うし、この2曲をやる時のライヴはきっとやばいんだろうなって思います。ライヴの3、4時間前から、「どういう心境なんだろう?」ってことを頭の中で考えて考えて自分の中で作り上げていくと思うので、絶対見逃さないほうがいいと思います。特に「水槽に浮かぶホルマリン漬けの「x≒y」と病的に愛し過ぎた「x≒y」」は、イベントとかではそんなにやれる曲ではないと思うので、この曲を聞き逃すことは決して許されない、それくらい素晴らしく価値のある夢劇場になると思うので是非来てください。これはもうプライスレスです。
RELEASE
NEW FULL Album
「Natural Born Killers」
2016.04.27 Release!!

エルム
初回限定盤
CD+DVD
ELM-014
¥3,780(tax in)

[CD]
01. ナイトメア
02. 愛しのミドリちゃん
03. HAPPY I SCREAM
04. 忘れられない女
05. 毒姫心中
06. 瓶詰の太陽
07. それでも檻の中でロリータは妄想する
08. Forbidden Love
09. 水槽に浮かぶホルマリン漬けの「x≒y」と病的に愛し過ぎた「x≒y」
10. 猟奇偏愛少女サドA
11. 終わらないインフェルノ
12. Jeffrey Murder Machine
13. 当店自慢の切れ味をご堪能下さい
14. EXIT~夜が後少しだけ永かったなら~

[DVD]
01. EXIT~夜が後少しだけ永かったなら~(MUSIC VIDEO)



エルム
通常盤
CD
ELM-015
¥3,240(tax in)
[CD]
01. ナイトメア
02. 愛しのミドリちゃん
03. HAPPY I SCREAM
04. 忘れられない女
05. 毒姫心中
06. 瓶詰の太陽
07. それでも檻の中でロリータは妄想する
08. Forbidden Love
09. 水槽に浮かぶホルマリン漬けの「x≒y」と病的に愛し過ぎた「x≒y」
10. 猟奇偏愛少女サドA
11. 終わらないインフェルノ
12. Jeffrey Murder Machine
13. 当店自慢の切れ味をご堪能下さい
14. EXIT~夜が後少しだけ永かったなら~
15. 解剖されたメンヘラの胃袋

SCHEDULE
エルムアルバム先行発売主催
04.20(水)大阪RUIDO
04.21(木)名古屋HOLIDAY NEXT
04.25(月)仙台MACANA
04.27(水)高田馬場AREA

27-NINA-BirthDay単独公演
【浦和ブラッディー】

05.30(月)浦和ナルシス

六都市単独公演TOUR「僕が考えた6通りの復讐」
08.02(火)広島セカンドクラッチ
08.03(水)福岡DRUM SON
08.05(金)大阪VARON
08.06(土)名古屋MUSIC FARM
08.10(水)仙台enn3rd
-FINAL-
08.16(火)TSUTAYA O-WEST



05.06(金)秋葉原 CLUB GOODMAN※琉杏のみ出演
05.17(火)池袋EDGE
05.23(月)池袋EDGE
06.08(水)仙台MACANA
06.10(金)札幌KRAPS HALL
06.11(土)札幌KRAPS HALL
06.14(火)高田馬場club PHASE
06.23(木)高田馬場AREA
06.28(火)博多DRUM Be-1
06.29(水)博多DRUM Be-1
07.01(金)大阪RUIDO
07.02(土)HOLIDAY NAGOYA NEXT
07.10(日)横浜F.A.D

PROFILE
エルム

エルム Vo:ジキル
Birthday: 01.02
Blood type: AB
エルム Gu:琉杏
Birthday: 12.13
Blood type: B
エルム Gu:Kei
Birthday: 03.01
Blood type: A
エルム Ba:27-NINA-
Birthday: 05.30
Blood type: AB
エルム Dr:ブギー
Birthday: 03.26
Blood type: A
オフィシャルサイト

DISCOGRAPHY

▲トップへ戻る
◆キーワードインタビュー 「これから新しく始めたいことはありますか?」
4月は新生活が始まる季節!アーティストのみなさんにも「新しく始めたいこと」を聞いてみました。
【ジキル】
新しく始めたいと聞かれると…早く曲が出来て歌詞を描きたいと言う真面目な回答になるな…(笑)
本当に新しく何かしたいと言ったらそれしか思いつかなかったぞ。
【琉杏】
挑戦したいことは一人○○ですね!洋服屋、楽器屋、おもちゃ屋なんかは一人で入れるのですが、
一人で外食はあまり好きではないというか苦手で、特にお酒が飲めるような場所には本当一人では入りにくいので一度はやってみたいです!
【Kei】
ボルタリングに挑戦してみたいです!ぐんぐん上に登っていけたら気持ち良さそう。
【27-NINA-】
釣り…釣ったばかりのお魚は美味しそうだから…
【ブギー】
これから始めたい事はもし可能ならプロレスの試合に出てみたいですね。その時は住人さん応援しにきてくださいね。

▲トップへ戻る

アーティストタグ

エルム | 関連PICKUP

関連ピックアップはありません。

エルム | 関連CONTENTS

関連コンテンツはありません。

エルム | 関連MOVIE

関連動画はありません。