INTERVIEW
Special
Sick2が“分裂”。前回のインタビューで示唆していた意味がようやく明らかとなった今作は、「絶対天使領域」、「妄想悪魔審判」と2作同時リリースとなっており、衣装もアーティスト写真も2パターン用意するという徹底ぶりだ。ファン参加型の投票企画も実施され、今後のSick2を占う上でも重要な投票となりそうだ。
その投票結果は、5月5日の新宿ReNYで発表されるとのことなので楽しみに待とう。

取材・文:山本貴也
このエントリーをはてなブックマークに追加 チェック
「5月5日の投票結果がでるまではこの感じで翻弄し続けてやろうと思ってます」
Sick2
――今回は2タイプ同時リリースとなりますが、前回のインタビューの時に言ってた“分裂”とはこういうことだったんですね。
ジェネ★:そうなんです。次の展開をメンバーで話し合った時に、“分裂”って形で曲と衣装を2パターン用意したら面白いんじゃないかって思いついて、そこから構想を練っていくうちに、どうせやるなら極端にデフォルメした衣装や曲を2つ提示した方が僕らもお客さんも面白いかなって。今までSick2みたいなバンドに興味がなかった人にも、聴いてもらえるきっかけになったり、僕らの活動や今後の活動に少しでも興味を持ってもらえるんじゃないかっていうのと、単純に自分たちのファンだけじゃなくて、全然関係ない人からも、「どっちのSick2が支持を集められるのか?」ってことを知りたくて、実際にお客さんが参加できる投票もやるのでいろんな意味で面白いかなって。
――ここまで両極端だと、やってる本人も迷ったりしませんか?
ジェネ★:だいぶ難しいです。
大志:衣装でテンションが違いますから(笑)。
――ライヴはどっちのSick2で?
ジェネ★:日によって変えていて、全く交互ってわけでもないんですけど、どっちかに偏らないようにしています。
大志:黒の方が、テンション的にワーっていっちゃっていいのかなっていうか熱くなれるかな。天使だとなんかニコニコしないとって思っちゃいます(笑)。
Yuzu:僕はそこまで両方の差を意識してなくて、結果的には出てくると思うんですけど、悪魔だから激しくとか、天使だから優しくとかはなくて、いつも通りライヴをやろうと。
たくま:僕はもともと黒っぽいメイクをしてきたので、白でメイクをさっぱりするとすごく落ち着かないので苦戦してます(笑)。
:俺は黒の衣装を着ると笑えなくなるんですよ(笑)。「ヴィジュアル系でいなきゃいけない」みたいな感じというか、すました顔でクネクネならないようにとかは気をつけてはいますけど、まだちょっと難しい。でもすごく新鮮でした。
ジェネ★:そういう意味でも、この期間中は全員が成長できると思うし、弱いところを補填できるようにもなると思うので、ツアーだともっと面白くなると思います。ひとまず、5月5日の投票結果がでるまではこの感じで翻弄し続けてやろうと思ってます。
――では、「絶対天使領域」から教えてください。
Yuzu:天使というテーマがあったので白っぽいイメージでざっくり作りました。
ジェネ★:メロディがすごく綺麗ですよね。“天使”と“悪魔”というテーマがあって書いた歌詞なので、もちろんワードとしても出てはくるんですけど、人によって天使の考え方や感じ方は違うと思うし、もっと言えば宗教によっても違うと思うんです。僕の中での“天使”は、人に手を差し伸べてくれたり、助けてくれる存在ではなくて、あくまで自分の運命は自分で決めるものなので、天使が歌詞の中だけでは奇跡を起こしてはくれるんですけど、結局は自分次第だったり、決められている運命は変えられないと思うんです。この歌詞の最後は悲しいバッドエンドで終わってしまうんですけど、その辺はちょっとリアリティを出したかったというか、フィクション的なハッピーエンドにはしたくなかったんです。
――“天使”と聞いたら大抵はハッピーエンドで終わると思いますよね。
ジェネ★:ファンタジーにはしたくなかったし、“天使”と“悪魔”というテーマなので、生と死とか両極端なものを歌詞の中にも盛り込みたいと思ったんです。サラッと聞いて、「いい歌詞だな」って思ってもらってもいいんですけど、その奥に何か感じ取ってもらいたかったんですよね。
Sick2
――テーマがしっかりと決まっているからこそ、歌詞を書くのが難しくなかったですか?
ジェネ★:そこは全くなかったです。曲を聞いた第一印象が大事だと思っているので、いつもあまり時間をかけずに30分ぐらいでバーって書いちゃうんです。最初からこういうことを書こうって決めつけちゃうと、言葉が噛み合わなかった時には、どんなにすごい文章でもきっと何も感じてくれないと思うんですよね。やっぱり最初に浮かんだ言葉が一番気持ちいい言葉だと思うので。
たくま:天使と悪魔に対する捉え方がやっぱりみんな違うんですよね。僕は透明感とか、天使の羽とかのイメージだったので、そういう部分を意識しつつ、元々あった疾走感を崩さないように弾きました。
:自分のイメージした天使はハッピー野郎だったので、Aメロは天使スキップ的な可愛らしいアレンジにして、サビは疾走感みたいな感じです。
Yuzu:僕はアレンジ面で綺麗な感じを出そうと思って、ピアノとかシンセ系の音を綺麗めに作りました。ギターソロ後のDメロでうまく天使っぽい雰囲気を出せたかなって思います。
大志:もともと詰め込まない系のドラムが好きで、そういうポップな感じがピシャッとハマる曲だったので、やりやすかったです。できるできないは置いといてですけど……。
一同:(笑)。
――MUSIC CLIPの見所を教えてください。
大志:最初に“悪魔”の方を撮影して深夜0時くらいに帰って、その3時間後に“天使”の撮影のメイク開始だったので目が全く開かなかった(笑)。
ジェネ★:もともと開いてないのがさらにね。
大志:そう!
ジェネ★:「そう!」って言っちゃったよ(笑)。全体的に雰囲気がいつもと変わってきているのが見所かな。質感が今までと違うから面白いと思います。2本同時に撮ったので、細かく構想を練って、いろいろやってますっていうようなものにはなかなか出来なかったでけど、“天使”の方だけ字幕で歌詞が出るので、より曲や歌詞の世界観が伝わると思います。
大志:“悪魔”の方は(ドラム)セットを組んでいるんですけど、“天使”の方はスネアとハイハットだけなので表現するのが難しかったです。
ジェネ★:シンプルで良かったけどね。
Yuzu:撮影する場所がすごく狭くて、その中で動くのが大変でした。
たくま:あまりにも狭くて回転したらぶつかるから、回転しちゃいけないルールを作ったんですよ。でも、途中でまっつんが回転して、「あいつ回転しやがった!」って(笑)。その後は俺も回転したけど、一人がやりだすと皆やるんですよね(笑)。
ジェネ★:あの狭さでよく回転できたよね。僕が苦労したのは、止まったポーズとかカッコいいポーズを決めて撮るシーンがいくつかあるんですけど、衣装の羽根がどんどん抜け落ちてきてその度に撮り直し……。おかげで羽根の量がすでに3分の1くらいになっちゃってます(笑)。
「「聴いていて気持ちのいい言葉を優先させた」
Sick2
――「妄想悪魔審判」はライヴ曲ですね。
:ライヴノリに重点をおいて、そこから広げていきました。
ジェネ★:みんなでいろいろ話して、祭がまとめくれていい感じの曲になりました。
――ここまでイケイケな曲も珍しいですね。
ジェネ★:カップリングでは激しい曲もあるんですけど、またそれとも違う激しさがあって、キャッチーさと両立してるのは初めてかもしれないですね。
――90年代のヴィジュアル系の匂いを感じました。
ジェネ★:祭くんから曲をもらった時に、ヴォーカルが自由にできるところが多かったので、自分の好きな事を詰め込んだ結果がそういう感じになっちゃったのかもしれないですね(笑)。
――歌詞は“悪魔”がテーマ?
ジェネ★:曲に合わせて歌詞の書き方を変えているというか、何に重点を置くかを変えていて、この曲は勢いだったりライヴ感が大事なので、聴いていて気持ちのいい言葉を優先させました。歌詞の意味とか内容ももちろん大事なんですけど、それ以上に言葉としてどう響くか、どう飛び込んでくるかを意識して、“殺せ”とかってすごく安直で中身のない歌詞に聞こえるかもしれないけど、ライヴで聴いてる人のテンションが上がったり、僕らのテンションが上がったりしなきゃいけないので、こういう曲にはそういう歌詞をもってくるのが僕の中ではすごく大事なんです。最初に思い描いていたコンセプトがうまく表現できたんじゃないかと思います。
大志:とにかくテンポが速いんですよ! レコーディングは苦戦しましたけど、すごく疾走感のある感じに録れたと思います。
:この前、ライヴでやってみたんですけど、うちは同期がメインな曲が多いんですけど、この曲はわりとギターに比重を置いてしまい予想以上に動けない! 今はこれからどうしようかと試行錯誤しています(笑)。
Yuzu:ライヴ曲なんですけど、展開とかアレンジがややこしい部分が多いので、演奏に集中しなきゃいけないから、なかなかパフォーマンスだけに集中するのは難しい曲だなって……。
たくま:初めて祭くんから聴かせてもらった時に、すごくいい曲だなと思って、アレンジもすぐに浮かんだんですけど、やっぱりライヴが難しい(笑)。
ジェネ★:もはや課題曲だよね(笑)。
――この曲もライヴではヘッドセットマイクで?
ジェネ★:はい。ライヴを観に来た事がない人は、「ヘッドセットマイクでどうやって歌っているんだろう?」って、すぐにアイドルとか想像しちゃうと思うんですけど、MVだと思ってもらえればイメージしやすいんじゃないかな。ここぞってとこで両手をガッて広げて悪魔っぽい表情をしたり、マイクスタンドがあるとその場から動けなかったりするので、激しい曲の方がある意味真骨頂っていうか得意です。
――MUSIC CLIPはこっちを先に撮影したんですよね?
たくま:撮影前日がライヴだったので、そのまま寝ないで撮影に行ったから、目が開かなかったですね(笑)。翌日にロッシーが、「目が開かない!」って言ってるのを聞いて、「その気持わかるよー!」って。
大志:びっくりするぐらい本当に開かないんですよ(笑)。
――そんな過酷なスケージュールの中で撮影されたMVの見所を教えてください。
ジェネ★:“天使”と“悪魔”というコンセプトをガッチリやったので、僕の中ではコスプレみたいな感覚なんです。Sick2として新しいものというよりは、Sick2が天使のコスプレをしているとか、Sick2が悪魔のコスプレをしているっていう意識で考えたので、新しい事をやるというよりかは、衣装に合わせて、みんなが想像するようなベタなものを撮るっていうコンセプトもあったんです。だから、天使と悪魔に成りきって撮れたのはすごく面白かったですけど、個人的には悪魔の方が得意分野である激しい動きができるので、すごくいいのが撮れたと思います。
――天使とのギャップがいいですよね。
ジェネ★:そうですね。満足したのは悪魔なんですけど、新しい自分だったり、表情を一つ一つ取ってみると天使の方が気を遣って撮っている分、丁寧にやれているのかなと思います。投票もあるから、どっちがいいとは言えないけど、今までのSick2を知っていて、今回のコンセプトを知らずに観た人は、「どうなっちゃったの?」ってなると思います。それでも誤解する人はたぶん自分で詳しく調べようとしない人なんで、どうせ何やってもうちらのファンにはならないでしょうから最初から度外視です。
「「僕らが新宿ReNYを登竜門にします」
Sick2
――ボーナストラックのVOICEというのは?
大志:メンバーそれぞれがセリフを話していて、携帯に入れてアラームとして使えたりします。テーマが5個あって、それぞれ天使バージョンと悪魔バージョンがあります。
――ゼリフは自分で考えたんですか?
ジェネ★:自分で考えました。
大志:みんなが録ってるのを見てるのが面白かったですね。特に祭くんが。
ジェネ★:天使とか悪魔とかじゃなくて、全部が祭でした(笑)。
――一番気になったのが、“バンギャ上がりたくなった時Voice”なんですけど、これはいったい?
ジェネ★:僕のは、引き止めなきゃいけないのに、「どっかいっちまえよ!」とか、全く引き止めてないような気がします(笑)。他のメンバーは引き止めてくれているはずです。
たくま:エンジニアさんにこんな仕事させて申し訳ない気持ちでいっぱいでした。
ジェネ★:そんなたくまは、「もう1回いいですか?」って撮り直してましたけどね。
――今回はジャケットにも秘密があるんですよね?
ジェネ★:全部で10パターンあるんですけど、それを全部つなげると1つの絵になるんです。インタビューでこういう事を言うのはあんまり良くないのかもしれないけど、アーティスト側としては、100%納得して今回の10パターンを出しているわけじゃない人もいるんですよ。でも、今回10パターンを出さなきゃならないってなった時に、1枚の絵になるから欲しいっていう人はなかなかいないと思うけど、買ってくれた人が少しでも楽しんでもらえたらなってことでささいなものですけど考えました。
――このインタビューが掲載される頃には、二部制のワンマンが終わってるころですね。
ジェネ★:二部制ワンマン辛いっす!
大志:2デイズだと2日で4本ワンマンをするようなものなので。
ジェネ★:たぶん今後は一生ないと思います(笑)。
――そして、5月5日には新宿ReNYで『女の子を騙すだけの簡単なお仕事です。6』が開催されます。
ジェネ★:今回は投票結果が発表されるので、天使で出てくるのか、悪魔で出てくるのか乞うご期待です。この日が今回のシングルから始まった“分裂”の集大成になります。
大志:負けた方は、その日同じ時間に河原でライヴをやってるそうです……。
ジェネ★:負けた方は、残念ワンマンとか何か罰ゲーム的なのを用意しとけば良かったなってちょっと後悔してます(笑)。
Sick2
――お客さんも参加できる企画っていいですよね。
ジェネ★:本当の意味の参加型ってなかなかないので面白いと思いますよ。それに、5月5日以降のSick2も続いていくわけで、結果次第ではそこへの影響といいますか、やっぱり何かしら僕らの考え方とかにも影響を及ぼすものだと思うので、先々のSick2を変えていく力がもしかしたらあるのかもなって。
――この日はどんなライヴにしましょうか?
ジェネ★:そもそもどっちの衣装なんだろうって感じですよね(笑)。それによってテンションの持っていき方が変わるので。
大志:前回のO-WESTをやるってなった時はもっと盛り上がったんですけど……(笑)。新宿ReNYは何か仕掛けも用意して、無理なキャパ上げとかはせず、着実に進む中での1つなので、今後のSick2の未来を想像できるようなライヴにしたいですね。
たくま:前回のO-WESTを終えて、大きな会場でやりたい事が見えたので、ReNYではそのやりたい事をいろいろと提示したいですね。前回よりも成長した自分が出せればいいなと思います。
Yuzu:会場も広いし、照明もたくさんあるので、またちょっと面白い事ができるんじゃないかなと思います。
:文字が流せるところがあるけど、あれを有効に使う方法ってなんかないかな?
ジェネ★:ライヴが始まる前にずっとストーリーを流し続けるとかさ。
:あとはシャンデリアもどうやって使おうかなって感じですよね。
ジェネ★:まあ、どんなライヴも100%全力でやってるので、いつも通りやりますよ(笑)。前回のO-WESTは登竜門的な会場で、そこでワンマンをするってなると皆、「わーすごい!」ってなるけど、ReNYはまだ新しい会場だから、ピンと来てない人もいると思うんです。でも、そういうのって結局いろんなバンドがいいライヴをたくさんやっていく上で評判とか歴史が作られていくと思うんです。僕らがこの日に、新しい照明だったり、電光掲示板だったりを全部使って、ReNYしかできない伝説的なライヴをやれば、「新宿ReNYすごい!」「あそこでワンマンやりたい!」ってなると思うので、僕らが新宿ReNYを登竜門にします。
――最後に一言お願いします。
ジェネ★:最後まで読んだやつは暇だな!
RELEASE
New Single
「絶対天使領域」&「妄想悪魔審判」
2016.04.06 2タイトル同時Release!!

絶対天使領域
Sick2
A-TYPE
CD
PCM-183A
¥500(税別)
[CD]
01. 絶対天使領域
02~06. 各メンバーによるボーナストラック「-目覚ましVoice天使Ver-」

Sick2
B-TYPE
CD
PCM-183B
¥500(税別)
[CD]
01. 絶対天使領域
02~06. 各メンバーによるボーナストラック「-着信(電話)Voice天使Ver-」

Sick2
C-TYPE
CD
PCM-183C
¥500(税別)
[CD]
01. 絶対天使領域
02~06. 各メンバーによるボーナストラック「-着信(メール)Voice天使Ver-」

Sick2
D-TYPE
CD
PCM-183D
¥500(税別)
[CD]
01. 絶対天使領域
02~06. 各メンバーによるボーナストラック「-疑似恋愛Voice天使Ver-」

Sick2
E-TYPE
CD
PCM-183E
¥500(税別)
[CD]
01. 絶対天使領域
02~06. 各メンバーによるボーナストラック「-バンギャ上がりたくなった時Voice天使Ver-」

※トラック2~6詳細(全タイプ収録順は共通)
2.ジェネ★ / 3.祭-まつり- / 4.Yuzu / 5.たくま / 6.大志



妄想悪魔審判
Sick2
A-TYPE
CD
PCM-184A
¥500(税別)
[CD]
01. 妄想悪魔審判
02~06. 各メンバーによるボーナストラック「-目覚ましVoice悪魔Ver-」

Sick2
B-TYPE
CD
PCM-184B
¥500(税別)
[CD]
01. 妄想悪魔審判
02~06. 各メンバーによるボーナストラック「-着信(電話)Voice悪魔Ver-」

Sick2
C-TYPE
CD
PCM-184C
¥500(税別)
[CD]
01. 妄想悪魔審判
02~06. 各メンバーによるボーナストラック「-着信(メール)Voice悪魔Ver-」

Sick2
D-TYPE
CD
PCM-184D
¥500(税別)
[CD]
01. 妄想悪魔審判
02~06. 各メンバーによるボーナストラック「-疑似恋愛Voice悪魔Ver-」

Sick2
E-TYPE
CD
PCM-184E
¥500(税別)
[CD]
01. 妄想悪魔審判
02~06. 各メンバーによるボーナストラック「-バンギャ上がりたくなった時Voice悪魔Ver-」

※トラック2~6詳細(全タイプ収録順は共通)
2.ジェネ★ / 3.祭-まつり- / 4.Yuzu / 5.たくま / 6.大志
SCHEDULE
『女の子を騙すだけの簡単なお仕事です。6』
05.05(木)新宿ReNY

アヴァンチック & Sick² 2マンLIVE『病×病』
05.24(火)新宿club SCIENCE

Sick2たくま生誕祭『たくまたくまたくまたくまぁ~?』
06.20(月)新宿club SCIENCE



04.08(金)高田馬場AREA
04.10(日)名古屋E.L.L
04.14(木)池袋EDGE
04.16(土)仙台HooK
04.17(日)盛岡club change
04.20(水)浜松FORCE
04.21(木)岐阜ants
04.24(日)新潟CLUB RIVERST
04.30(土)大阪RUIDO
05.01(日)名古屋M.I.D
05.14(土)名古屋MUSIC FARM
05.15(日)Music Club JANUS 他
06.15(水)池袋CYBER
06.21(火)高田馬場AREA
07.09(土)高田馬場AREA

PROFILE
Sick²

Sick² Vo:ジェネ★
Birthday: 03.15
Blood type: B
Sick² Gu:祭
Birthday: 03.31
Blood type: A
Sick² Gu:Yuzu
Birthday: 09.18
Blood type: A
Sick² Ba:たくま
Birthday: 06.19
Blood type: O
Sick² Dr:大志
Birthday: 10.25
Blood type: O
オフィシャルサイト

DISCOGRAPHY

アーティストタグ

Sick2 | 関連PICKUP

関連ピックアップはありません。