INTERVIEW
Special
“歌謡サスペンス”をテーマに快進撃を続けるベルから早くもファーストフルアルバム『歌謡サスペンス劇場』が届いた。
これまでのベルの集大成というのはもちろん、これだけバラエティに富んでいながらもどこを切り取っても“ベル”な作品になっている。
初の東名阪ワンマンツアーも控え、2016年はさらに活動の幅が広がるであろうベルの4人に話しを訊いた。
取材・文:山本貴也
このエントリーをはてなブックマークに追加 チェック
「“次の新しいベルを作ってみたい”っていう感情が初めて出てきた」
ベル
――明けましておめでとうございます。2015年はベルにとってどんな1年でしたか?
ハロ:春夏秋冬と丸々1年ベルとして過ごすのは初めてで、山手線を1周歩いてみたり「もうこれ以上できない!」っていうくらいいろんなことをやれたので、悔いのない1年が過ごせました。
夢人:駆け抜けた1年でしたね。バンド歴は僕が一番長いと思うんですけど、その中でも一番濃いくらいの1年でした。
正人:本当に濃厚すぎて今までで1年が一番早く過ぎましたね。こないだ2015年になったばっかりだと思ってたら気づいたら2016年になってました(笑)。
明弥:すごく忙しかったけどとても充実してましたね。それと沢山ライヴやったので、「ベルのライヴはこうなんだ!」っていうものをしっかり確立できた1年でした。
――本当にいろんなことをやってましたね。
ハロ:まだ1年目って言うと「まだ1年なんだ!?」って結構おどろかれます。
――リリースもここまでかなりハイペースで出してきたと思いますが、そのペースを緩めることなく初のフルアルバム『歌謡サスペンス劇場』がリリースされます。これはこれまでの集大成的なアルバムということですか?
ハロ:そうですね。シングル3枚とミニアルバム1枚を出してきて、「次どうする?」って時に「アルバム出したいね」ってことで意見が一致したので、僕たちがずっと掲げてきた“歌謡サスペンス”というコンセプトを全部入れたようなアルバムを作ろうって事で制作を始めました。
夢人:ミニアルバムから始まった物語が一つの形になりました。
明弥:まさに今の僕らの集大成です。
ハロ:『歌謡サスペンス劇場』というタイトルも、まずはこれを1年間イメージ付けていこうって事でやってきたので、このタイトルを付けられて良かったです。
――曲数も含めてかなりのボリュームですね。
ハロ:おかしいですよね(笑)。その内の8曲が新曲なんですけど、個人的には人生初のフルアルバムなので、いっぱい曲を入れなきゃいけないと思って頑張りました(笑)。
――約半分が新曲なんですね。
ハロ:ミニアルバムからは1曲も入れてないですからね。でも、曲作りは大変だったと思いますよ。(夢人を見ながら)見てくださいこの顔(笑)。
――顔が歪んでますね(笑)。
夢人:まさに身を削って作りました。でも、今までは「これ作ったら次どうなるんだろう?」「もう無理だよ」って思うことしかなかったんですけど、今回はアルバムで一度着地したので、早く“次の新しいベルを作ってみたい”っていう感情が初めて出てきました。
――次の新しいベルというのは?
夢人:どうなるかは分からないですけど、自分なりにやっていきたい音楽ゾーンがあるので、もちろん歌謡テイストっていうのも大事ですけど、いろんな人に聴いてもらわないと音楽をやってる意味がちょっと寂しい気持ちになってしまうので、多種多様に散らかり過ぎず、新しいベルもやっていきたい。
――今作もかなり幅広い要素が詰まっていると感じましたが。
夢人:特に自分の曲に関しては、ちょっと伏線的というか、今後の可能性みたいなものも散りばめています。
――リード曲「さようなら僕だけの人」から教えてください。
夢人:一番最初にできた曲で、あんまり自信なかったんですけど、「リード曲どうする?」って時に、みんなが「これじゃない!」って言ってくれてすごく嬉しかった。MUSIC VIDEOのテーマを先に決めてあって、ちょっとサスペンスチックになるってことだったので、「サスペンスと言えば刑事ものだ!」ってところから、はぐれ刑事とかのオープニングのピリッとした雰囲気や大人な感じのイメージで作ってみました。
ハロ:“歌謡”っていうくくりの中でやってきた中でもこの曲は新しかったですね。他の曲は何かしら通づるものがあったりしたんですけど、この曲は今まで出してなかったテイストの曲で、歌もファルセット自体は苦手じゃないんですけど、切り替えがすごく難しかったです。
――どうしてこの曲をリード曲に?
ハロ:MVの雰囲気もありますし、ベルとして枠からはみ出ずにしっかり新しいテイストを出せてるからですね。
――事前に決まっていたMVの世界観はどんな世界観だったんですか?
夢人:「ビードロ」が“歌謡”なら、こっちは“サスペンス”。しかも繋がってるんですよ。
ハロ:前日談と後日談がMVになっています。
夢人:続編というよりも2本で1本という感じですね。だからまたいろいろ出てくるんですよ(笑)。
ハロ:おなじみのキャラクター達がね。
ベル
――あのワイプの人たちですね。
ハロ:今回は逆にそのワイプの人たちメインで、うちらがワイプみたいな感じです。
夢人:また明弥が伝説を作っちゃいましたね(笑)。
明弥:そうですね……。作品の為とはいえだいぶ身体張りましたから(笑)。
正人:僕らは完全にサブキャラでしたね。
ハロ:俺と正人は一瞬でクランクアップでしたから(笑)。
――メンバーがメインじゃないって面白いですね。
ハロ:映像作品にする以上は、映像にするだけの理由がほしかったんです。
正人:みんなの反応が楽しみだな。
――歌詞はすごくストレートですね。
ハロ:リードにするにあたって、あんまり深すぎるのも違うし、難しい言葉を散りばめすぎると結局なにが言いたいのか分からなくなっちゃうから、今回はストレートに書きました。サビが活きるようにAメロ、Bメロは時系列に時が進んでいくんですけど、ハッピーエンドではないですね。
――個人的には「ゼンマイピエロ」がすごく好きで、ベルの新しい要素が見えた気がしました。
ハロ:新しいですよね。毎回そうなんですけど、夢(夢人)が持ってくる曲って発想がすごいなって思うんですよ。僕らがやろうとしてる音楽性にはしっかりハマってるのに、今までなかったような楽曲が出てくるんですよ。
夢人:一緒にバンド組んで良かったろう!
ハロ:(笑)でも本当に毎回楽しみというか、今回は刑事シリーズ3部作っていうのが送られてきまして、「さようなら僕だけの人」もその1つなんです。
――刑事シリーズ3部作というのは?
ハロ:「さようなら僕だけの人」「ゼンマイピエロ」「RED」の3曲がそうです。
夢人:全部がある刑事もののドラマのイメージで作りました。
正人:仮タイトルのままデモが送られてくるから、そのイメージが強すぎて、正式タイトルがなかなか覚えられないんです(笑)。
ハロ:分かる! 俺もそう。
夢人:だって俺もわかんないもん……。
一同:(笑)。
――ちなみにどんな仮タイトルだったんですか?
正人:「さようなら僕だけの人」が「さすらい刑事」、「ゼンマイピエロ」が「あぶない刑事」、「RED」が「相棒」です。
――全部が違うドラマなんですね(笑)。「ゼンマイピエロ」はその中でも特に新しさを感じました。
夢人:コード進行自体は歌謡テイストを意識してるんですけど、ギターの使い方とか音の使い方っていうのが今までのベルにはなかった部分です。ベースとギターがユニゾンして一緒に細かく動いてるとか、アルバムだからこそ、そういう遊び心のある楽曲作りが試せました。手応えがあればその反応次第で次がそうなっていくのかもしれないし、いろんな伏線として皆に投げかけてる部分もあったりもします。
ハロ:今までサビ始まりの曲がなかったから新鮮でしたね。
夢人:導入で世界観をつけたかったんです。
――「RED」も面白いアプローチですよね。
夢人:ライヴ曲としてものすごく化けそうな気がしてます。
ハロ:サビが洗脳みたいだもんね(笑)。
夢人:サビがずっと一緒で、「どこまでやれば洗脳できるか?」っていうのにこだわりました。ハロくんに同じ事をたくさん歌ってもらうのはもちろんの事、裏声入れたり、オクターブ下の地声で低く入れたり、全員でサビを歌ったりしてます。音色も歌謡曲によくありがちなシンセの音を使っていて、うちのライヴ曲で「やってない」って曲があるんですけど、それよりも突き抜けた曲になったと思います。
ハロ:強制的にインプットさせてる感じですよね。
――すごくベースが目立つ曲ですよね。
明弥:この曲は「スラップが欲しいな」っていうリクエストが夢人からあったんで頑張ってみました。どうせやるならとことんやってやろうと。
夢人:ギターもそれに合わせてジャッキジャキにしました。絡みが面白いので聴いてほしいです。
――歌詞もこういうテイストは珍しくないですか?
ハロ:珍しいですね。今回はいろいろ挑戦してる部分もあって、約1ヶ月の間に8曲分の歌詞を書いたので、言葉の重複をさけるってことを意識しました。あとは、歌詞で景色が浮かぶようなワードを絶対に入れたかったので、大変でしたけどそのおかがでいろんな歌詞が書けたなと思います。
――英語のタイトルは初めてじゃないですか?
ハロ:初めてです。そういう部分でも異質感があると思います。
夢人:「RED」ってタイトルで、歌詞が真っ赤っ赤(笑)。
ハロ:歌詞も、2番のBメロ以外のセクション全部に“赤”が入ってるんです。
夢人:これでタイトルを「BLUE」にしたら面白かったね。
「ベルは白と黒におさまるものしかやらない」
ベル
――正人さんのお気に入りはどの曲になりますか?
正人:「もう一度」ですね。明弥から4曲送られてきたんですけど、最初から僕は完全にこれ推しだったんです。ジャジーな感じで気持ちいいリズムが叩けました。
――「飴と無知」(「午前3時の環状線」収録)のような雰囲気ですね。
ハロ:でも作ってる人が違うんですよね。「飴と無知」は夢だから。
夢人:よく言われるんですよね。俺と明弥曲のブレが少ないから1人で作ってる感じがするって。明弥真似すんなよなー!
一同:(笑)。
――それはきっと芯がしっかりしてるからじゃないですか?
夢人:そうなんですよね。土台の認識が2人とも同じなんだと思います。
――歌詞についてはいかがでしょうか。
ハロ:これはある友達に向けて書いた歌詞で、「飴と無知」は後悔バリバリだったんですけど、「もう一度」はちょっと大人な感じにしてみました。どの曲も書きながら感情移入しちゃうので、1人でジーンとしながら書いてました。
――「アモーレ」はすごく楽しい曲ですね。
ハロ:明弥が時折異国の雰囲気を持った楽曲を持ってくるんですよ。1stシングルの「ドラマ」とか、2nd シングルの「熱帯夜」がそうなんですけど、今回も全体を通して聞いた時に「アモーレ」だけテイストが違いましたね。
明弥:こういうエスニックな曲調が元々好きですし、歌謡曲ってラテン的なイメージが僕の中ではあるんですよね。
――すごく“アモーレ”だなって思いました(笑)。
ハロ:サビの“アモーレ アモーレ”っていう歌い回しが最初に浮かんじゃったんで、これは「アモーレ」でいこうと。
夢人:「アモーレ」ってどういう意味なの?
ハロ:“愛してる”。
夢人:タイトルが情緒不安定だよね(笑)。“さよなら”って言ったり、“もう一度”って言ったり“愛してる”って言ってみたり(笑)。
――歌謡盤のみに収録されている「華」もタイトルと曲がすごくマッチしていると思いました。
ハロ:実はこれ、ミニアルバム『続・鐘が鳴ったら事件が起きる』に入ってる「万華鏡」の続編で、「万華鏡」は女性目線なんですけど、「華」は男性目線のアンサーソングなんです。だからワードを被せてるところもあって、“万華鏡”の“げ”も“華”になってたりするので、「華」と一緒に「万華鏡」も聴いてほしいですね。
明弥:そうですね。「万華鏡」はハロとバンド組もうかっていう話をした時に作った曲なので思い入れありますし、それのアンサーソングがこうして作ることが出来てよかったなと思います。
――本当にバラエティに富んだ作品になっていますが、『歌謡サスペンス劇場』は、ベルにとってどんな1枚になりましたか?
ハロ:そのままですけど、“歌謡サスペンス劇場”ですね。
夢人:過去に出したカップリングも厳選して収録していて、どの曲を入れれば今のベルを一番分かってもらえるか、ベルがどんなバンドかすぐに分かるようなアルバムにしたかったので、それができた作品になりました。全然散らかっていないし、いろんな事をやらないやつらの極みみたいな“本当の究極系”だと思います。
正人:この1年間の“歌謡サスペンス劇場”がこのアルバムできれいに着地したなと。そこから踏ん張ってまた次に飛び立つ作品がまたすごく楽しみになってくると思います。僕がCD屋さんの試聴コーナーにあったら迷わず買いますね(笑)。
明弥:とにかくまずは聴いて欲しいですね。歌ものが好きな方はもちろん、そうでない方にもまずは音を聴いて欲しいです。自信あるんで。
ハロ:前に夢が言ってたんですけど、例えばいろんな色がありますけどベルは白と黒におさまるものしかやらないから、赤が聴きたければ他のバンドさんにいけばいいって。
夢人:それがすごく分かりやすいと思うんですよね。今は筆箱に赤鉛筆と普通の鉛筆しか入ってない状況なんです。
――これだけいろんな曲があっても全部ベルなのがすごいですよね。
ハロ:ありがとうございます。捨て曲は一切なしです。
「毎年キネマ倶楽部では何かやりたいなって思うくらい雰囲気が合う」
ベル
――2月から初の東名阪ワンマンツアー『平成歌謡ワンマンショー』がスタートして、5月5日のグランドファイナルはハロさんの生誕祭でもあります。
ハロ:生誕祭というよりも、2月に初めて名古屋、大阪でワンマン『THE平成歌謡ワンマンショー』をやって、3月4月と『THE平成歌謡イベントショー』で全国をまわっての2本のツアーのグランドファイナルが5月5日なんです。
――アルバムがリリースされるとセットリストの幅がさらに広がりますね。
ハロ:そうですね。1年3ヶ月くらい活動してきて持ち曲が28曲あるんですよ。普通のペースよりもだいぶ早いと思うんですけど、その分ライヴ本数も多いので、今回の東名阪ワンマンでフルアルバムの曲を全曲できたらいいなと思ってます。
――ハロさんの生誕祭は何か特別なことがあるのでしょうか?
ハロ:とにかく今はアルバムの事しか考えてなかったので、まだ何も考えてないです。でも、毎回何かしらやっているので何か考えようとは思ってます。東京キネマ倶楽部の階段から降りてくる構図がすごくバンドに合ってると思うので。
――まさに歌謡ショーの雰囲気になりますね。
ハロ:それこそ自分たちがこの先どんどん規模が大きくなっても、毎年キネマ倶楽部では何かやりたいなって思うくらい、たぶんすごく雰囲気が合うと思うんですよ。
――それでは最後に、2016年の抱負をふまえつつメッセージをお願いします。
ハロ:正人はもう今年の目標が叶っちゃったんだよね?
正人:そうなんですよ。今年の目標が「大吉を引く」だったんですけど、今年になって1時間経たないくらいで叶っちゃいました(笑)。だから、これから起こる事は全ていい事になると思います。
夢人:今年の抱負はベタですけど、去年よりもたくさんの人に見てもらえるようにですね。音楽業界で言われてる、規模が縮小だの、不景気だのっていうところで、今僕らがやってる活動って、昔のCDを売ってどーのっていうよりは、けっこう理にかなった活動をしてると思うんですよね。だから前向きに活動を続けていけば絶対にお客さんも増えると思うので、頑張っていきたいと思います。
明弥:本音をいえば、早く大きい会場でできるバンドになりたいですけど、先ほどの夢人の言葉通り業界自体なかなか難しい状況ではあると思うんですよ。その流れからか残念ながら解散していくバンドも多いですし。そういうのをふまえると、焦らず自分たちのペースで一人でも多くの人に愛されるバンドになるのが一番の目標ですかね。今年も沢山ライヴやると思うので是非一度でも見に来てくれたら嬉しいです。
ハロ:僕はベルでも個人的にも、やった事ないことにチャレンジできたらいいなと思いますね。今回のフルアルバムも人生初だったし、また新しいことにも挑戦したい。今度のワンマンツアーも初めてですし、もっと規模の大きいワンマンツアーだったり、新しい挑戦をこの1年でできたらなと思います。
――山手線の次はどこをまわるんですか?
夢人:実は決まってるんです(笑)。
正人:スケールがでかくなったよね。
――山手線も相当だと思いますけど……。
夢人:詳細は近日発表になると思うので楽しみにしていてください。
ハロ:宣伝カーを走らせるお金がないんで、自分たちで走ります(笑)。
RELEASE
ファーストフルアルバム
「歌謡サスペンス劇場」
2016.02.17 Release!!

ベル
サスペンス盤
CD+DVD
S.D.R-290-A
¥3,500(税別)
[CD]
01. 歌謡サスペンス劇場(SE)
02. さようなら僕だけの人
03. シャボン玉
04. 家出少女
05. ノンフィクション
06. もう一度
07. ビードロ
08. RED
09. アモーレ
10. 午前3時の環状線
11. マリオネット
12. あなたまぼろし
13. ゼンマイピエロ
14. やってない

[DVD]
さようなら僕だけの人



ベル
歌謡盤
CD ONLY
S.D.R-290-B
¥3,000(税別)
[CD]
01. 歌謡サスペンス劇場(SE)
02. さようなら僕だけの人
03. シャボン玉
04. 家出少女
05. ノンフィクション
06. もう一度
07. ビードロ
08. RED
09. アモーレ
10. 午前3時の環状線
11. マリオネット
12. あなたまぼろし
13. ゼンマイピエロ
14. やってない
15. 華

SCHEDULE
ベル明弥生誕主催スリーマン公演
『HAPPY BOY2』

02.07(日)高田馬場AREA

ベル初東名阪ワンマンツアー
『平成歌謡ワンマンショー 名古屋編』
02.27(土)名古屋ell.SIZE
『平成歌謡ワンマンショー 大阪編』
02.28(日)心斎橋CLAPPER
グランドファイナル
「THE平成歌謡ワンマンショー東京編~ハロ生誕記念~」

05.05(木・祝)東京キネマ倶楽部



03.03(木)高田馬場AREA
03.06(日)高田馬場AREA
03.13(日)池袋EDGE
03.19(土)新潟GOLDEN PIGS RED STAGE
03.26(土)HEAVEN'S ROCKさいたま新都心VJ-3
03.28(月)郡山#9
03.29(火)仙台darwin
03.31(木)札幌KRAPS HALL
04.01(金)札幌KRAPS HALL
04.04(月)名古屋E.L.L
04.05(火)大阪BIG CAT
04.07(木)熊本B.9 V1
04.08(金)福岡DRUM Be-1
04.16(土)新宿ReNY
04.16(土)SHIBUYA REX
05.03(火・祝)渋谷TSUTAYA O-EAST
05.15(日)Music Club JANUS他
05.16(月)KYOTO MUSE

PROFILE
ベル

ベル Vo:ハロ
Birthday: 05.05
Blood type: B
ベル Gu:夢人
Birthday: 9.22
Blood type: AB
ベル Ba:明弥
Birthday: 02.03
Blood type: A
ベル Dr:正人
Birthday: 12.03
Blood type: B
オフィシャルサイト

DISCOGRAPHY

アーティストタグ

ベル | 関連PICKUP

関連ピックアップはありません。