INTERVIEW
Special
ALSDEADの2ヶ月連続リリース第二弾『EVIL BEAUTY』が届いた。第一弾『DIRTY EVIL』とは、ビジュアルも楽曲も対照的な作品となっている。『DIRTY EVIL』については前回の特集をご覧いただくとして、今回は『EVIL BEAUTY』のことはもちろん、8月23日に行われたワンマンライヴ『Beautiful Tripper』についても訊いた。
取材・文:山本 貴也

――8月23日に行われたワンマンライヴ『Beautiful Tripper』の感想から教えてください。
MAKI:思い描いてたことも、表現したかったことも全部ちゃんとできたワンマンでしたね。唯一想定外だったことは、刹亞がライヴ中にケガをして5針縫うという……。
刹亞:気が付いたらスネアのヘッドが血だらけになっていて、「なんだこれ?」と思ったら手が切れてました。たぶんシンバルに当たって切れたと思うんですけど、全く覚えてないんですよね……。ファンの子がやたらと手元を見てくるのでおかしいと思ってはいたんですけど……(笑)。ちょっとした出血というレベルじゃなくて、流血という感じでもうビショビショでした。
MAKI:しかもその血だらけの状態のまま、アンコールのパートチェンジで刹亞が陽佑のベースを弾くという……。
陽佑:俺のベース血まみれみたいな……。他人の血でベースが汚れるのはあんまり気持ち良いものではないですね……(笑)。
刹亞:悪いことしたな……。
MAKI:ステージ上で露骨にベースの心配してたもんね。
陽佑:もう一気に呪われましたね(笑)。終わってすぐにウェットティッシュで拭いて、メンテしてって感じで、本当にビックリしたし大変でした。
MAKI:そんなこともあって、舞台裏は結構バタバタしてました。
陽佑:途中で衣装の早着替えもあったりしたから、本当に目まぐるしかったけどファンからの反響もすごくて嬉しかったです。
刹亞:ライヴ自体は、今までのワンマンの中でも一番落ち着いてあんまり気負いせずに出来たんですけど、途中の早着替えですごく精神を乱されたというか……ちょっとあたふたしてしまいました(笑)。衣装によって全員キャラクターが変わるので、そこのスイッチの入れ方も難しかったですね。
ALSDEAD
――今作の「EVIL BEAUTY」は、そのワンマンで初披露したんですか?
MAKI:MVを流しただけで演奏はしませんでした。
――前回のお話で「DIRTY EVIL」と対になる作品を作ったということでしたが、改めてコンセプトを聞かせてください。
MAKI:「DIRTY EVIL」はすごく男らしい感じの曲だったので、「EVIL BEAUTY」は女性目線というか、女性の見地で話が進んでいく内容で、結局“EVIL”なのは男だったりするんですけど、恋愛の中でも騙し、騙され合いみたいなものがあったり、腹の隠し合いみたいな、そういう世界を描けたらなというのが今回の「EVIL BEAUTY」です。
――歌詞に“大嫌い”というワードが出てきたり、すごくストレートな歌詞ですね。
MAKI:そうなんです。僕も嫌いな人はすごく嫌いなので、嫌いな人にはちゃんと言った方がいいかなと。でも今回、“大嫌い”と言っているのは、自分に言い聞かせる“大嫌い”なので、本当の嫌いとはちょっと違うんです。例えばこっちが惚れてる恋愛だと、相手の方が優位に立ってるような気がして、そういう中でつい“嫌い”という言葉が出てしまうというか……。
――好きの裏返しのような?
MAKI:完全に好きの裏返しですね(笑)。“大嫌い”もひとつの言葉の武器として曲も進めていきました。
:歌い出しがいきなり“大嫌い”だから、最初すごく悩んだんです。でも逆に今までそういうのはあんまりした事がなかったからいいんじゃないかなって。
――すごくインパクトがありますよね。
MAKI:今回の2曲とも、「こうした方がカッコいいな」とか、「こうした方がいい」と言うよりも、思いついたものを、「そのままやっちゃおう」という意識が強かったですね。今までは考えて考えて、うーん……みたいな事を繰り返してたんですけど、それを一度全部取っ払ったような感じでした。
ALSDEAD
――たしかに今までのALSDEADには無かったイメージですよね。ここまで赤裸々にというか恋心を歌うことって。
MAKI:付き合っていても絶対に優劣があるじゃないですか。やっぱり劣勢側のほうが楽しいというか……(笑)。
――追いかけたいタイプ?
MAKI:時と場合にもよりますが、基本は追いかけたいタイプですね。でもそういう時って大体、追いかけているうちに追い抜いてしまって、こっちが優位になってると思った瞬間、そこでもう終わりを迎えるんですよ……。だから僕の場合はきっと追い抜いちゃダメなんです。
陽佑:それ分かるわ(笑)。僕も完全に同じタイプですね。片思いの時が一番楽しい。
MAKI:不安でいっぱいだけどね(笑)。
:なんか恋愛トークになってる(笑)。
――せっかくこういう歌詞だから訊いてみようと思って……(笑)。
MAKI:刹亞はきっと、圧倒的優位に立っておきたいタイプなんですよ。
刹亞:「追いかけられたい」とかあんまり考えたこと無いですけど、追いかけるタイプではないかな。でも本当は……言えない(笑)。でも追いかけられてる方が合ってるような気はします。
:やっぱり追いかけられたいですよね。バンドを始めた理由も最初はそういう気持ちがあってのことだと思うし。でも去るものは追わない(笑)。
MAKI:今回の「EVIL BEAUTY」は、ALSDEADで言うと僕と陽佑側の歌詞です。
――「EVIL BEAUTY」のタイトルの意味は?
MAKI:直訳したら“美しい邪悪”なんですけど、ある映画の中で、女王が城を守るために策を練って、その窮地を脱した時にも「EVIL BEAUTY」と表現されていて、その時の“EVIL”は賢いとかそういう意味で使われていたので、単なる邪悪というよりは、生き残るためにする施策というか、そういう美しい邪悪な部分を形にできないかというところから始まって、実は「DIRTY EVIL」よりも「EVIL BEAUTY」のイメージが先にあったんです。
:「DIRTY EVIL」ができる前に、「EVIL BEAUTY」のワンコーラスぐらいは形になっていたんですけど、今作のテーマを考えた時に、色気や妖しさを表現しようということになったので、シンセの使い方を、曲に吸い込まれていくような雰囲気で演出して、サビはバンドサウンドだけという形にしました。今までに無いパターンで新しいアプローチになっています。
――ギターソロのアプローチも違いますね。
:ほとんど何も考えずに弾いたというか、今までは結構作り込んだりしてたんですけど、今回は浮かんだ瞬間のフレーズを形にしていきました。シンセの延長線上みたいな感じです。
ALSDEAD
――リズム隊の二人はいかがですか?
陽佑:ベースは「EVIL BEAUTY」の音のイメージに近づける為に指で弾きました。
刹亞:本当は“DIRTY”と“BEAUTY”でスタイルを分けたかったんですけど、僕のスタイルには“BEAUTY”というものがなくて、ドラムで“BEAUTY”というとYOSHIKIさんしか思いつかなくて、“BEAUTY”のイメージが全くつかめないというか、イメージしきれなかったので、MVにはちょっと不満があるんです。今でもまだ思いつかないんですけど、“美しく叩くこと”にはまたチャレンジしてみたいですね。でもすごくいい経験にはなりました。
:めっちゃ反省してるやん(笑)。
刹亞:自分で悔しいと思ってしまったので……次への課題が見えました。
――そういえばこの曲も見事に3分ジャストですね。しかもカップリングの「Sugar」まで。
:狙って出来るものじゃないと思うんですけど、仕上がってみたら「あれ?!」って。
――MVの見どころがあれば教えてください。
MAKI:今回は監督とバンド側が別々の考えというか、監督が何を撮ろうとしているのか、僕らには分からない状態で始まってそのまま終わったんです。本編の映像では分からないかもしれないですけど、メイキングで僕らが「うーん……」って悩みながら撮ってるシーンは面白いと思います(笑)。
――あえてそうしたの?
MAKI:そうですね。僕らは表現者として「監督が何をどう撮ろうが全力で表現する」という覚悟をして挑んだので、結果的には良かったと思います。でも何も知らされずに撮るのは二度と嫌ですね(笑)。でも刹亞は別として(笑)、全編通して美しいのでその美しさを見てほしいです。
――M2「Sugar」はいかがですか?これもまた今までのALSDEADにはなかった曲ですね。
MAKI:この曲は陽佑と一緒に書いた曲で、ALSDEADでは新しい要素の詰まった楽曲です。クレジットに陽佑の名前が入るのも初めてなのでかなりの意欲作です。
:「カップリングの曲書いてよ」って言ったら、「じゃあがんばります」って。
陽佑:今までは書けるのに書いてなくて、「やれ!」って言われないとなかなかやらないタイプなんです……。
:でも今回で自信にもつながったでしょ?
陽佑:曲を作る時も、「EVIL BEAUTY」のイメージに合わせたわけじゃなくて自由にやろうと思って作りました。どうせならライヴで盛り上がる曲をやりたいなと思ってスピード感を意識して作って、我ながらカッコいい楽曲ができたと思います。自分で作曲したくせに、全然ベースは大したことしてなくて、ALSDEAD史上一番大したことないかも……(笑)。他の人の曲の方がベースアレンジのしがいがありますね。
MAKI:その分大変なのはこっちですよ。ベースが普通だからギターで何とかしないといけないと思って、デモでソロまで弾いてますからね(笑)。でも沁さんがソロは弾かないって言うから……。
陽佑:本来は3分30秒くらいあった曲なのに、デモが戻ってきたらソロが無くなっててちょうど3分になってました(笑)。
ALSDEAD
――歌詞についてはいかがですか?
MAKI:ALSDEADの初期は、人間の狂気だったり、精神異常というものを題材にして書いてたんですけど、「Sugar」では、もっと人間的な部分を書きたくて、甘えだったり、甘ったれた人っていると思うんですけど、それはそれでいいと思うんですよね。20歳そこそこで世間知らずで、ぬくぬく育って外の世界に出てきたような人もいっぱいいると思うし、それはそれで成立しちゃってる人もたくさんいると思うんです。そういう人に憧れを抱いている部分もあって、そういう人になったつもりで書いてみました。そういう人を見下すのではなく、そういう人はそれでいいんだっていう歌詞です。僕にはできない生き方ですけど、人に甘えてあまり見たくない部分を見ないで生きていくのもありだなって。
――そういう人の立場で書いた歌詞だったんですね。そういう人に苦言を呈しているのかと思いました。
MAKI:苦言ではなく憧れですね。例えば自分の彼女や自分の娘だったら、絶対に甘やかすよなって……(笑)。
――今までにないテイストの歌詞で面白いですね。
MAKI:楽曲的にはハードでロックな感じですけど、わりと歌詞は普通のことを言ってたりするので、それが変なギャップにならないかなってずっと悩んでたんです。今回も「Sugar」でそういうことを言っちゃってるので、それはそれで受け入れてもらえたら嬉しいですね。
――沁さんとしては、初めて自作曲以外の曲を弾いたわけですが。
:そうですね。実際はかなり手直ししたんですけどね(笑)。でもやってみてこれはこれですごく楽しいなって思いました。自分が一から立ち上げたものではなくて、他人がある程度作ったものを手掛けるという楽しさを今回感じて、今後もこういう形をどんどん取り入れていけたらいいなと思いました。今回は陽佑の曲でしたけど、今度は刹亞の頭の中も覗いてみたいと思いましたね。
――演奏面ではいかがですか?
:さっき陽佑も言ってましたけど、ベースがこれといって大したことをしてないので(笑)、ギターが頑張らなあかんなってことで大変でしたけど頑張りました。最終的にはシンセとギターでALSDEADらしくなったかなと思います。
刹亞:ドラムは、レコーディングの2日ぐらい前にドラムアレンジができて、激しい8ビートで頭打ちみたいな典型的な流れかなって。ちょうどこういう感じの曲がほしかったしやりたかったので、それができて良かったです。ライヴで披露するには、もっとカッコよくしてもっといいドラム叩きたいですね。レコーディングでも本当はもっと詰めたかったんですけど……。
MAKI:今日はなんかずっと反省してるね……(笑)。でもそれは僕らの反省でもあるんですよ。曲が完成したのがレコーディング直前で、ドラムを考える時間を与えられなかったので……。
刹亞:こういう短い期間でやるっていうのも面白いですけどね。どれだけ時間がなくても完璧なドラムを叩くのがプロだと思うし、僕の力量不足です。
:この曲はバンドで仕上げた作品のような気がしてるんですよ。今までそういう曲がなかったし、各々が自由にやった作品なので、聴いた人は新鮮に感じるんじゃないかな。楽しみにしていてほしいですね。
刹亞:本当にいい曲だと思います。
――ライヴでもすごく盛り上がりそうですよね。そんなライヴですが、主催イベントが東名阪で開催されるんですよね?
MAKI:名古屋も大阪も何回も行ってるんですけど、主催イベントは初めてなので大いに盛り上げたいですね。
刹亞:出てもらえるバンドもカッコいいバンドばかりなので、どこにも負けないように最高のライヴをしたいです。
MAKI:せっかくの主催なので何か面白いこともやりたいなとは思ってます。まだ具体的には決めてないんですけど、名古屋、大阪、東京とそれぞれ違う色を出していきたいので、全箇所で違う企画を考えようと思います。
――11月にはMAKIさんと沁さんのバースデーワンマンもありますね。
MAKI:僕のワンマンは僕が、沁のワンマンは沁が内容を決めるんですけど、誕生日プレゼントのお返しをライヴに詰め込むという感じですね。
――ネタばれしない程度に少しだけ内容を教えてください。
MAKI:僕は今までにやったことが無い事をやりたいと思っていて、アコースティックだったり、普段見せないALSDEADの何かを見せたいですね。本当に特別な日にしたいと思っているので、通常のワンマンではやらないような流れでいきたいと思います。
――沁DAYはどうしましょう?
MAKI:沁DAYはずっとギターソロ。
:(笑)。バースデーワンマンは、僕からファンの人達に逆に何かお返しできるような内容にしたいなと思います。漠然となんですけど、贈り物があるかもしれないし、何かサプライズがあるかもしれないし、ある意味感謝の日にしたいですね。
――それでは最後にViSULOGを見てる人にメッセージをお願いします。
陽佑:まだ発表してないんですけど、“Code Of Resistance”という企画をずっと継続してやっていて、そのファイナルの日程(1月12日)だけがフライヤーに書いてあるんですけど、その解禁を「心して待て!」
MAKI:それはもうすぐ解禁になります。
:この間のワンマンは、ファンに助けられた部分がすごくあって、バンド的にも辛い壁があったんですけど、それを乗り越えさせてくれたのはファンの皆だと思うので、ここからの東名阪主催イベントやバースデーワンマンで、必ず新しい景色を見せていくので是非足を運んでもらって、俺たちにしっかりとくっついてきてくれたら嬉しいです。
刹亞:もう全部言われちゃったんですけど……。
陽佑:そんなに言ってないぞ(笑)。
刹亞:初めて名古屋と大阪で主催をするので、ALSDEADに興味が無い人も最後まで残ってもらって、魂を込めて演奏するので僕たちのライヴを見てもらいたいです。
MAKI:『Separator』というアルバムを出して、『DIRTY EVIL』、『EVIL BEAUTY』と二ヶ月連続リリースも無事に出来たし、合間には「Beautiful tripper」というワンマンもひとまず成功して一区切りしましたが、既に次作を誠意制作中です。アイデアもたくさん溜まってきているし、次の世界も皆の期待をいい意味でまた裏切って、「やっぱりALSDEADについてきてよかったな」と言わせられるものを作り続けていくので大いに期待していてください。
トップへ戻る
RELEASE
New Single
「EVIL BEAUTY」

2013.9.25 Release!!

EVIL BEAUTY
\1,785 (税込)
DCCL-113~114

CD:
01. EVIL BEAUTY
02. Sugar

DVD:
01. EVIL BEAUTY Music Video
02. MVメイキング、オフショット映像

SCHEDULE
ALSDEAD Presents
"Massive Nights"

10.16(水) 名古屋ell.size
10.17(木) 大阪RUIDO
10.19(土) 池袋EDGE

MAKI BirthDay ONEMAN
【LOVE&HATE】

11.20(水) 高円寺二万電圧

沁 BirthDay ONEMAN
Shindrome】

11.26(火) 高円寺二万電圧


09.27(金) 渋谷REX
10.05(土) 心斎橋VARON
10.06(日) 名古屋今池3STAR
10.13(日) 高田馬場AREA
11.05(火) 高田馬場AREA
11.10(日) 高田馬場AREA
11.13(水) 仙台HOOK
11.14(木) 新潟RIVERST
12.22(日) 池袋EDGE
12.26(木) 渋谷REX
PROFILE
ALSDEAD

ALSDEAD Vo: MAKI
birthday: 11/20
blood type: B
ALSDEAD Gu: 沁
birthday: 11/29
blood type: B
ALSDEAD Ba: 陽佑
birthday: 1/5
blood type: A
ALSDEAD Dr:刹亞
birthday: 9/30
blood type: A
オフィシャルサイト

DISCOGRAPHY



アーティストタグ

ALSDEAD | 関連PICKUP

関連ピックアップはありません。

ALSDEAD | 関連CONTENTS

関連コンテンツはありません。

ALSDEAD | 関連MOVIE

関連動画はありません。