INTERVIEW
Special
新譜をリリースするごとに、おじいちゃんやパンダ、ヒーロー戦隊などに扮し、様々なヴィジュアルで驚かせてきたLEZARD。
しかし、彼らの音楽は、その個性に負けることのない力強いロックサウンドだ。
そんな彼らの本質に迫るシングル『かくれんぼ』は、これまでの経験値があるからこそできる、シンプルなロックチューン。原点回帰とも取れる、ストレートにカッコいい曲をぜひ聞いてもらいたい。

取材・文:吉田可奈
このエントリーをはてなブックマークに追加 チェック
「お客さんと一緒にアルバムを完成させることができた」
LEZARD
――先日終了したワンマンツアー『脱皮戦隊トカゲンジャー』を振り返ってみていかがですか?
TACC:このツアーは、バンドにとって新しい一歩を踏み出すものになったと思います。というのも、これまで温めてきた曲を演奏するというより、新曲をまとめてみんなに届けるという感覚が大きかったんですよ。このセットリストをどう聴かせるかというのを毎回考えていた気がします。アルバムはリリースされたら完成ではなく、ライヴツアーをして、多くの人と一緒に育ててこそ完成するもの。それを、より実感できたツアーでした。
natsume:このアルバム『トカゲッチュ』を出したことによって、またLEZARDの幅が広がったと思うし、それによって出る新しい表情もあって、ライヴの表現も広まったんです。それと一緒にドラムの表現も広がったので、かなり成長を感じることができました。それこそ、みんなで一緒にアルバムを完成させていくようなライヴはすごく楽しかったんですよね。ツアー当初は不安もあったんですが、最終的にはすごくいい形になってファイナルが迎えられたと思います。
――お客さんの反応はしっかり感じられましたか?
natsume:はい。アルバムに振付動画集を収録していたこともあり、みんなすごくノリがよく、踊ってくれたんですよ。ちゃんと動画を見てくれていることがわかって嬉しかったですね。
――公佑さんはいかがでしたか?
公佑:アルバムを作っていた時は、時間もなくてものすごく大変だったんですよ。本来なら、こういうライヴで、こういうテイストでなど、雰囲気をしっかり固めてから提供するスタイルだったんですが、今回はアルバムを作ることに必死で、そこまで考える余裕がなかったんです。だからこそ、ある意味完全ではないことをわかり切った上でライヴをしたので、探っている部分があったんですけど、逆にそれがいい方向に向かい、お客さん含めてみんなと作り上げることができたことがすごくよかったですね。これって、これまでの経験やお客さんとの絆がないとできないことだと思うんです。それがやり遂げられたことに、自分達の飛躍を感じることができました。
――すごく心強い言葉ですね。
公佑:ライヴを重ねることで、どんどんメンタルが強くなったんだと思います。これはすごくいいことだと思うので、これからも自分たちを信じていかないと、とも思いました。
――来夢さんはいかがでしたか?
来夢:俺はいつも過去を振り返らず、未来の事ばかり考えているから、実はあまりライヴの記憶がない(苦笑)。それに、反響やファンの顔色などをうかがわないタイプなのでよくわからないけど、自分としてはやいたいことをやり遂げた感覚はあるよ。LEZARDとして『トカゲッチュ』というアルバムをリリースして、『脱皮戦隊トカゲンジャー』というコンセプトの強いライヴもすることができてかなり満足できたしね。ツアーの手ごたえもかなりあったし。ファイナルの品川ステラボールのライヴは、“バンドマン”を超えた演出や、ライヴをしたつもりだったから、みんなには楽しんでもらえたんじゃないかな。
――みなさんにとって、とても大きな経験値になったツアーだったんですね。そして、そのツアーの最中に作られたというシングル「かくれんぼ」が発売されます。とても個性の強かったアルバムの次のシングルということで、考えることも多かったのではないですか?
公佑:そうですね。アルバム自体、これまでの活動の集大成となるような楽曲が多かったので、この先のLEZARDをどうするかということは考えていました。でも、そこで考えすぎるのではなく、普段通りに楽曲を作ろうと思ったんですよ。とはいえ、いざ曲を作り始めると、アルバムで取り入れた新しい要素が身体に染み込んでいるので、いつもと同じような楽曲を作っているつもりでも、革新的な曲になっていく手ごたえはありました。
「LEZARDにとって、シンプルなロックチューンは衝撃的に捉えられる」
LEZARD
――公佑さんが作ったこの曲をきいて、来夢さんは最初にどんなことを思いましたか?
来夢:これまでパンダになってみたり、じいちゃんになったり、ヒーローになったりといろんなことをしてきたから、次に何をしたいか、何を伝えたいのかって考えたときにでてきたのが“自分たちはバンドなんだ”という感覚。その考えをそのまま曲にしたかのようなストレートなバンド曲のこの曲は、LEZARDとしては逆に衝撃的な曲になると思ってワクワクしたんだよね。
――原点回帰ということでしょうか。
来夢:これまでいろんなことをしすぎたからね。普通にバンドをするだけで衝撃的になるんだよ(笑)。
natsume:これまでのLEZARDの曲って、ポップでキャッチー。でも、本当は意外とロックなことをやっているんだよというのを押しだせる曲だなって思いました。公佑が作る曲の良さ、メロディの美しさがすごく感じられる曲なんですよ。LEZARDってバンドなんだけど、これまでは面白いイメージが先行していたから、ここでしっかりとバンドにフィーチャーしていくのはいいタイミングだとも思いましたね。
――たしかに、これまではヴィジュアル先行でしたからね。
natsume:もちろん、それらの曲もあらためて聴くとすごくいい曲なんですよ。でも、その前に面白いヴィジュアルが入ってきていたので、そのギャップが大きかったんだと思うんです。でも、今回はストレートに最初からいい曲だと思わせられるので、聴いてもらえるのがすごく楽しみなんです。
TACC:まず、普通にカッコいいバンド曲がリリースされるのに、それが衝撃的と言われること自体面白いですよね(笑)。でも、この曲も結果的に完成してすごく安心したんです。今作は、直球でいい曲と思ってもらえる曲になったと思います。
「隠れていても、誰も探してくれない。でも、俺は探し出してあげる。だから、気持ちを素直に出してほしい」
LEZARD
――そんなサウンドにのる歌詞は、来夢さんが手がけていますが、曲を聴いた時に、どんな歌詞を乗せようと思ったんですか?
来夢:う~ん。歌詞を書くときは、昔から言いたいことを言うということだけに忠実にやってきたから、特別にこういう歌詞を書こうと言う気持ちはなかったんだけど、タイトルから察することができるようなものはダメだなと思ったんだよね。だって、タイトルを聞いて内容がわかったら、それって曲にするまでもないでしょ?
――たしかに。
来夢:そこでつけたタイトルが『かくれんぼ』。かくれんぼと聴いて、どんな楽曲か想像できる人は少ないと思うし、そこでワクワクしてもらえると思うんだよね。歌詞の内容は、あまり説明臭くなりたくないんだけど、ライヴ活動を通し思ったことを書いた。
――すごくひしひしと伝わってくる歌詞でした。
来夢:やっぱり、人間ってどこか隠している部分が多いと思うんだよね。ライヴに来ても、自分を発散しきれずにいる人も多いと思うし。でも、せっかく好きなアーティストのライヴに、お金を払ってきているのなら、発散しなくちゃダメだと思うんだよ。自分の気持ちを隠すことって、すごく意味のない気がしていて。俺とお前はかくれんぼなんかしていないし、隠れていても誰も探してくれないって思うんだよね。もちろん、俺はライヴに来てくれている人たちのことは探すよ。探してあげるけど、自分の感情があるなら、絶対に後悔することのないように、素直にいようよというのを伝えたいという想いをこの歌詞に込めた。
――今は、自分の考えを言葉にするのが怖い時代というのもありますからね。
来夢:俺、常に怒ってるんだよ。人に対して大きな不満を抱えていて。それは時代に対してもそう。だから毒があるし、突き刺さるんじゃないかな。まぁ、それをどうとらえるかは人それぞれだけど、間違いなく、今回も怒ってる(笑)。
公佑:そこの部分に関しては、来夢はまったくかわっていないよね。だって、最初に書いた曲が『Gekiokoシンパシー』って曲だったもん。ある意味かわってないし、だいたい怒ってる。
――あはは。たしかに怒っていますね(笑)。それにしても、その怒りを伝えているのはもちろん感じるんですが、そのなかにどこか人間のぐしゃぐしゃした部分を感じるんです。その人のコンプレックスだったり、黒いものと言うか……。
来夢:俺は曲の中で自分がどんな人間だったかを説明しているつもりだから、そう感じるのかも。この『かくれんぼ』でも、歌詞で“サビついたフェンスの感覚は覚えてる”というのがあるんだけど、これは俺が自殺しようとしたときに乗ったフェンスの感覚のことなんだよね。俺にはまだ隠している過去がたくさんあるけど、今は隠す必要がないんじゃないかという想いでこの曲を書いた。わかりづらいかもしれないけど、ちゃんとその気持ちを書いているから感じ取ってもらえたら嬉しい。
natsume:『かくれんぼ』って、言葉自体はすごくかわいらしいのに、読むとすごく深いんですよ。珍しくストレートな歌詞なので、そこにも注目してもらいたいですね。
LEZARD
――そしてMusic Clipもとてもカッコいいものに仕上がりましたね。
来夢:今の俺たちが出来るカッコいいものを残したいという想いで作ったMusic Clipなんだけど、ギターを持ってみたり、一切オフザケなしだったりと、すごくストレートだから、まるで他のバンドを見てるみたいだった(笑)。LEZARDのことを知らない人も、カッコいいバンドだと思えるようなものに仕上がったよ。ひとりひとりが何も考えずに、バンドに集中したのが今回の映像。ものすごく本来の俺らの姿が感じられると思う。
――カップリング曲も様々なタイプの楽曲ですね。
来夢:通常盤に入る「悲しいお話」は、すごく思い入れの強い曲。実は、高校を卒業してから付き合った彼女がいたんだけど、その子と別れた一週間後に交通事故で亡くなってしまって……。その時にすごく後悔したんだよね。ちゃんとした別れ方でもなかったし、今でもその子のことはよく思い出すし。みんなに後悔するなとか口酸っぱく言っているのは、俺にこういう経験があるからこそ。その気持ちをやっと形にできたのがこの曲。
――曲になったいま、どんなお気持ちですか?
来夢:曲になって初めて気持ちが浄化された気がして、気が楽になったかな。相手がどう思っているかはわからないけど、曲に想いを閉じ込められたのはすごくいい経験だった。
――そして、このシングルを発売後、2016年もたくさんのライヴが決まっていますね。新しい一年の野望を聞かせてもらってもいいですか?
TACC:僕はベーシストなので、2016年はもっとベースと向き合ってみようと思っているんです。もちろんこれまでも向き合っていたけど、ちゃんと練習して、バンド以外でも演奏してレベルを上げたいと思っていて。できるなら新しいベースが欲しい!
natsume:僕もドラムセットが欲しいですね。東京に出てきて3年が経ったんですが、最初はこちらの生活になれるのが必死だったし、なによりもLEZARDの一員になりたいという頑張りだけで支えられてきたと思うんですけど、そろそろドラマーという自覚をしっかりともって、ドラムと向き合いたいと思っています。もし、自分でドラムセットを新しく買ったとしたら、もっと責任感も出てくるのかなって思うし……。
――リズム隊のお2人は成長する1年になりそうですね。公佑さんはいかがですか?
公佑:僕は……痩せること? いや、僕自身は太ってないと思っているんですけど、Twitterのアンケートで67%の人にちょっと太っていると回答されたので、少し考えたいですね(笑)。あとは、そろそろ本気で実家を追い出されるので、いろんな人の家を泊まり歩く企画をどこかの雑誌やwebでやりたいです(笑)。
来夢:俺は、ライヴを引き続き命をかけてやりたいかな。この前、誕生日に全曲ライヴをしたんだけど、38曲目くらいから意識がなくて、本当に死ぬと思いながら歌ったんだよね。あんなに死をイメージしたライヴは初めて。ここからライヴの考え方が変わったので、2016年も命をかけてライヴをしていきたいと思ってる。あとは、男らしくなりたいかな。
――男らしいとは、具体的にどんなことでしょう?
来夢:最近の人間はどうしても弱い人が多いと思っていて。ついていきたい、頼りがいがあると思える人があまりにも少ない。俺は強くなりたいから、弱音を吐かずに、憧れられる人になりたいと思ってるよ。
RELEASE
NEW SINGLE
「かくれんぼ」
2015.12.16 Release!!

LEZARD
初回限定盤
CD+DVD
RIOC-025/026
¥1,800(税別)
[CD]
01. かくれんぼ
02. 生き恥とアンバラ

[DVD]
01. 「かくれんぼ」Music Clip
02. メイキング



LEZARD
通常盤
CD
RIOC-027
¥1,200(税別)
[CD]
01. かくれんぼ
02. 悲しいお話
03. Tink Pon



LIVE DVD
「ツアーファイナル
「『脱皮戦隊トカゲンジャー』
「2015.10.31品川ステラボール」
2016.03.02 Release!!

初回限定盤
DVD2枚組
RIBD-001/002
¥5,500(税別)
※収録内容に関しては後日オフィシャルサイトにて発表。

通常盤
DVD
RIBD-003
¥3,800(税別)
※収録内容に関しては後日オフィシャルサイトにて発表。

SCHEDULE
Anli Pollicino×LEZARD 2マン TOUR「アンリザ」
01.09(土) 名古屋ell.FITS ALL
01.10(日) ESAKA MUSE
01.30(土) TSUTAYA O-WEST

「3周年 15行こーワンマンツアー」
03.26(土) 仙台HooK
04.02(土) 名古屋ell.FITS ALL
04.09(土) 福岡DRUM Be-1
04.23(土) ニコファーレ
04.29(金) OSAKA MUSE
05.07(土) 新潟GOLDEN PIGS BLACK
05.08(日) 長野 HOUSE J
05.14(土) 郡山CLUB♯9
05.15(日) 水戸LIGHT HOUSE
05.21(土) 静岡SUNASH
05.28(土) 広島セカンドクラッチ
05.29(日) 宮崎SR BOX
06.04(土) 奈良NEVER LAND
06.05(日) 高松DIME
※ニコファーレ公演は後日詳細発表

ツアーファイナル「3周年 15行こーワンマンツアー」
06.19(日) 新宿ReNY



12.13(日) SHIBUYA REX
01.03(日) TOKYO DOME CITY HALL
02.27(土) 大阪BIG CAT
03.12(土) TSUTAYA O-EAST

PROFILE
LEZARD

LEZARD Vo:来夢
Birthday: 11.19
Blood type: B
LEZARD Gu:公佑
Birthday: 08.09
Blood type: O
LEZARD Ba:TACC
Birthday: 10.14
Blood type: O
LEZARD Dr:natsume
Birthday: 11.05
Blood type: O
オフィシャルサイト

DISCOGRAPHY

アーティストタグ

LEZARD | 関連PICKUP

関連ピックアップはありません。