INTERVIEW
Special
メンバーの脱退、加入を乗り越え、今やライヴバンドとして定評を得るFEST VAINQUEUR。
結成5周年を記念して作られた『GLORIA~栄光のキズナ~』は、これまでの年月が生んだ彼らの絆と、これからの未来への光りが詰め込まれた心揺さぶる名曲に仕上がっている。今の彼だからこそできる楽曲を、歌詞とともにじっくり味わってもらいたい。
今回はこのシングルについてはもちろん、これまでの5年間を振り返るだけでなく、歌詞にちなんで、“諦めたくないもの”について聞いてきた。


取材・文:吉田可奈
このエントリーをはてなブックマークに追加 チェック
「結成から5周年を迎える今が一番、音楽を楽しめているのかも」
FEST VAINQUEUR
――FEST VAINQUEURは今年で結成5周年になりますが、今あらためて思うことは、どんなことですか?
KAZI:この5年間は長かったようであっという間でした。なにより感じるのが、止まらずにやってこられて良かったということ。もともと4人のバンドでスタートし、ギターが抜けたところにGAKUとI’LLが加入してくれてこの形になったんですけど、そのタイミングで一時はどうなるかと思ったんです。でも、この5人でしっかりと壁を乗り越え、濃い経験を積んでこられたので、結果としてすべてがいい経験だったと思えるんですよね。だからこそ、これからの未来に関してもすごく希望がある。そしてその希望をちゃんと作品にできている実感もありますね。
GAKU:僕が加入してからはまだ3年なんですが、それでもすごく長く一緒にいるなって思えるんですよね。
KAZI:ライヴスケジュールもかなりの密度で詰め込まれていたからね。
GAKU:うん。それにリリースも重なっていたので、バンドとして活動できることは嬉しいけど、なんでこんなに辛い思いをするんだろうって思っていたこともあったんです。でも、ある時に“音楽って音を楽しむって書くんだから、楽しまなくちゃダメだな”って思えたんです。そう気持ちを転換させてからは純粋に楽しめるようになりましたね。今はどんなにキツいスケジュールであったとしても、いざメイクをしてステージに立つと最高に楽しめている自分がいるから、今が一番音楽を楽しめているのかもしれない。
――それはすごく素敵なことですね。その気持ちはメンバーにも伝わっているんじゃないですか?
KAZI:……特にないっすね(笑)。
――ないの!?あるでしょ!?
KAZI:(笑)。いやいや、みんな同じ気持ちなんですよ。同じ時期に、同じような気持ちをしっかりと感じてきたからこそ、今はしっかりとバンドを楽しむことが出来ているんです。
――I’LLさんも加入して3年が経ちましたね。
I’LL:はい。一番楽しいと思えるのは、ライヴをしている時かな。僕は最初にライヴ音源を聴いて、「ライヴをしたい」と思ったんです。それがちゃんと実現できていると思えるようにりましたね。
HIRO:あとは、当たり前のようにリリースをしてライヴをしていますけど、これが当たり前じゃないことをちゃんと理解して活動できているのは大きいですね。これまでやったことのないライヴハウスでワンマンツアーができるのはお客さんのおかげだと言うこともしっかりと実感しているんです。5年たって大阪BIG CATでは初のワンマンなんですが、ここでワンマンをできるのは大阪人のバンドマンにとってはかなり大きなステータスなんです。目標でもあり、第一歩の夢なんです。これを自分たちのバンドで実現できることがすごく嬉しいですね。
――BIG CATに立つのは初めてなんですか?
HIRO:最初に立ったのは高校生の頃ですね。その時にHALとKAZIと一緒にJanne Da Arcのコピーバンドでコンテストに出場したんです。惜しくも決勝で敗退してしまったんですけど、その時に、「次は俺らのバンドでちゃんとワンマンライヴをやろう」と決めたんですよ。今回、その夢がようやく叶うので、すごく思い入れが強いですね。
――となると、かなり気合いの入ったライヴになりそうですね。
HIRO:そうですね。これから10周年、15周年を見据えたライヴが出来ればいいと思っています。
「ヴィジュアル系という偏見を覆せるバンドだと思うんです」
FEST VAINQUEUR
――HALさんは5周年を迎えていかがでしょうか。
HAL:これまでこの形になるまで歩んできた道は、もちろん順調なものではありませんでした。でも、だからこそ今このメンバーと巡りあえて、すべてが無駄じゃなかったんだなって思うんです。今、このバンドはやってきたことと、やっていきたいことが重なっている場所なので、素直な気持ちでやれているんですよね。もちろん、精神的にも体力的にもきついスケジュールの時もありますけど、それさえもありがたく感じる。これまで、音楽活動しかしてこなかったからこそ思うんですけど、等身大でいられるこの場所がすごく心地いいんですよね。
――そう思えることはすごく素敵ですね。
HAL:そうですね。あとは、ヴィジュアル系というくくりのなかで、いろいろ偏見を持たれがちだけど、サウンド面でも幅広くなっているし、可能性が常に見えているバンドだから、世間一般的にも、その偏見が覆せるバンドだと思っているんです。これからも、自分たちがなによりも楽しみつつ、音楽を楽しんでもらえるような場所を提供できると思っているので、この気持ちを持って次のステップに行けたらいいなと思っています。
――曲はどんどんジャンルレスになっていますよね。
HAL:このバンドはその時にやりたいと思うことを突き詰めると言うことを繰り返しているんです。これからもこの形は変えずにやっていきたいですね。
――そして、その5周年記念シングル『GLORIA ~栄光のキズナ~』が発売されます。この曲は、HIROさん作曲になっていますが、いつ頃作られた曲なんですか?
HIRO:これはつい最近ですね。最初にみんなでデモを出して、選曲会をしたんですけど、そこで選ばれた感じなんです。
KAZI:最初にこの曲を聴いた時に、すごくHIROらしい曲だなって思ったんです。HIROは一番歌メロに特化していて、ストレートな曲を作るのがすごく得意なんです。なので、この曲を持ってきたときに、期待を裏切らないいいものを持ってきたなって。
――KAZIさんが説明するとしたら、他のメンバーはどんな曲を作るんですか?
KAZI:I’LLが作る曲は、頭のいい楽曲なんです。コード進行に一癖あったり、緻密に考えられている構成なので、作曲家が聴くと“面白いね”って言われるような曲ですね。GAKUは複雑な旋律なんですけど、哀愁が漂っていて、HALが作る曲はオールマイティかな。曲数もものすごく多い。僕の曲は“風呂上がり”ですね。
――ん?
HAL:一番わかりにくいんだけど(笑)。
KAZI:だいたい風呂上がりに思いつくんですよ。
――まぁ、みなさんお風呂上りは気分がいいですからね。
KAZI:そう!その雰囲気で作る曲が多いのでゴキゲンなんです。
――そう考えると、ここまで幅広い曲が生まれるのは理解できます。
HAL:僕も理解できました(笑)。
――さて、歌詞はHALさんが書いていますが、どんなメッセージを込めたんですか?
HAL:曲を聴いた時に、サビの歌詞がすぐに思いついたんですよ。そこで“GLORIA”って単語が出てきて、“GLORIA”って“栄光”という意味があるんですけど、今の僕らにすごくピッタリだと思ったんです。これまでやってこれた栄光と、今まで出会えた人たちの輝きだったり……。もちろん、まだ振り返りたいとも思わないし、今の時点では感傷的にはなりたくないんです。なので、そんな気持ちを含んだ状態で前を歩いて行けるような楽曲にしたいと思い、これから“さらなる栄光”を掴みに行くという想いを詰めた歌詞にしました。
「メンバー全員が思う、“未来を繋いでいこう”という意思をHALが歌詞で代弁してくれたんです」
FEST VAINQUEUR
――歌詞の部分で共感したところはどんな所でしたか?
HIRO:実は、この曲を作った時に、勝手に歌詞のテーマにしていたのが“絆”だったんです。なので、この歌詞を最初に見たときは、気持ちが通じた気がして嬉しかったですね。
GAKU:僕の中での“グッとくる歌詞ランキング”の1位になりました。
――え!?おめでとうございます!
HAL:ほんま?
GAKU:うん。これまで「夏空花火」が1位だったんですけど、その記録を塗り替えました。……まあ1位しか決まってなかったんですけどね(笑)。この曲がでてきたおかげで、ようやく2位までランキングが埋まりました。
HAL:……もっと曲たくさんあるけどな(笑)。
――なぜ1位を取れたのでしょうか?
GAKU:共感できることが一番大きいんじゃないですかね。これまでのバンド活動に当てはめるとすごく共感できるんですよ。
KAZI:もともとHAL自身が、「感傷に浸るような歌詞にしたくない」って言ってたのは知っていたし、自分たちの5年間を感じられるだけでなく、これからの未来へつないでいこうという気持ちをしっかりと代弁してくれた気がするんです。それに、バンドだけじゃなくて、ファンの人にも置き換えられる気がするんですよ。俺たちについてきてくれた5年間や、プライベートのことについても重ねられるんです。これ、MUSIC CLIPがめっちゃ泣けるんですよ。
――そうなんですね!どんな映像に仕上がっているんですか?
KAZI:子供の頃の写真と、今の姿をリンクさせた映像になっているんです。
GAKU:僕が提出した写真が3歳、4歳くらいの写真だったんですけど、かなり人生を振り返ることができる作品になっています。
HAL:みんなの小さな頃の写真を見られたのでかなり面白かったですね。なによりもI’LLの写真が可愛すぎて、「これはセコイわ」ってなったんですよ(笑)!
KAZI:I’LLがダントツで可愛いかった。
I’LL:目が相当でかいからかな……。
――あはは。それは期待していますね。さて、この曲のプロデュースを岡野ハジメさんが担当されていますが、一緒に制作してみていかがでしたか?
HIRO:岡野さんとお話しするたびに毎回深い話を聞くことが出来るんです。僕らは聴いているだけで楽しいんですよね。いつもすごく厳しいと聞いていたので、純粋にほめてくれて自信にもつながりました。
――セルフプロデュースじゃないだけで、かなり勉強になったと思うんです。
HAL:そうですね。細かいところで言うと、サウンドとボーカルの乗り方とか、見える景色などをすごく細かくディレクションしてくださったんです。さらに歌詞の発音の仕方など細かい部分までちゃんと触れてくれたので、次からも活かせたらと思っています。
「メンバーにGPSをつける日も遠くなさそうです(笑)」
FEST VAINQUEUR
――そして、この歌詞には“諦めの文字はいらない”とありましたが、みなさんが諦めたくないことはどんなことですか?
GAKU:音楽とは全く関係なくてもいいですか?
――もちろん。
GAKU:最近、ダーツを始めたんですけど、初心者はまぐれでいい得点が出ることが多いんですよ。それで、最近、初心者に負けてしまったので、真ん中のブルというところにちゃんと刺さって、安定したスコアがでるようになるまで諦めたくないですね。
――具体的ですね。
GAKU:(笑)。そうですね。あとは、先日格ゲー(格闘技ゲーム)の優勝者の方と勝負する機会があったんですけど、20本くらい勝負をしたら、1本だけ勝つことが出来たんですよ。と言うことは、もっと頑張れば僕も優勝できるんじゃないかって思ったんですよ。
――すごい前向きですね……。
GAKU:あはは。なので、優勝者になることを諦めたくないです。
I’LL:俺は何も諦めたくないですね。欲しいものは、金と知名度……あとは女性ですかね。
一同:(笑)。
KAZI:すげえな!
GAKU:ロックだな。
HAL:強いていうなら何が一番欲しいの?
I’LL:家。
一同:(笑)。
I’LL:割と細かいものに興味がないんですよ。家を買えたらあとは何とかなるじゃないですか。
――すごいロックですね!さぁ、そんななか、HIROさんはいかがでしょう?
HIRO:僕はペットを飼いたいですね。
KAZI:それ中学生の頃から言ってるよな。
HIRO:ずっと言ってる(笑)。でも、ツアーなどで家を空けるから飼えないんですよ。買うとしたら、犬か、ネコか……。あ、プレーリードッグがいい!
KAZI:それはどんな犬?
GAKU:犬じゃないよ、フェレットみたいなやつ。
HIRO:ファンの子にプレーリードッグに似てるって言われて、画像をみたらすごい愛着湧いちゃって(笑)。飼える環境になったら飼いたいですね。
KAZI:俺はお酒が強くなることに対して諦めたくないですね。
FEST VAINQUEUR
――でも、どうしたら強くなるんですかね?
KAZI:もうひたすら飲むしかないですよね(笑)。お酒に飲まれてナンボって気もしますね。
――弱いんですか?
KAZI:一杯飲むだけで顔が真っ赤になってヘロヘロになっちゃうんです。いろんな先輩と飲みに行っても酒に飲まれてお手洗いと友達になったりするんですよ。
――それはいけない!
KAZI:でしょ?なので強くなりたいんです。そのために場数を増やしてどんどん強くなっていきたいですね。
HAL:俺は酒を諦めたい!
――え!
HAL:もう、そんなん手に入れたらダメ人間になるよ。隙あらば飲みたくなっちゃうんです。一度堤防で寝ていた時があって……。
――生きていてよかった!
HAL:本当にそうですよ。
KAZI:そこまではなりたくないな……。
――でも、酒が強くなる行く末はそこですからね。
GAKU:もうメンバーにGPSつける日も遠くないね(笑)。
RELEASE
8th single
「GLORIA ~栄光のキズナ~」
2015.09.23 Release!!

FEST VAINQUEUR
¥555盤【UNLIMITED盤】
CD
PRWC-14
¥555(税込)

[CD]
01. GLORIA ~栄光のキズナ~
02. UNLIMITED -2015-



FEST VAINQUEUR
¥555盤【BLAZE盤】
CD
PRWC-15
¥555(税込)

[CD]
01. GLORIA ~栄光のキズナ~
02. BLAZE -2015-



FEST VAINQUEUR
¥555盤【覇斬盤】
CD
PRWC-16
¥555(税込)

[CD]
01. GLORIA ~栄光のキズナ~
02. 覇斬 -2015-



FEST VAINQUEUR
¥555盤【愛の鎖盤】
CD
PRWC-17
¥555(税込)

[CD]
01. GLORIA ~栄光のキズナ~
02. 愛の鎖 -2015-




FEST VAINQUEUR
初回限定盤
CD+DVD
PRWC-18
¥1,944(税込)

[CD]
01. GLORIA ~栄光のキズナ~
02. Heroine
03. 祭囃子

[DVD]
MV+OFF SHOT




FEST VAINQUEUR
通常盤
CD
PRWC-19
¥1,944(税込)

[CD]
※収録曲は初回限定盤と同じになります。




FEST VAINQUEUR
なにわメタル盤
CD
PRWC-20
¥1,944(税込)

[CD]
01. GLORIA ~栄光のキズナ~
02. Heroine
03. 祭囃子
04. NANIWA METAL SAMBA
[予約期限終了]
予約期限:8/9(日)まで
取扱店舗:関西地区(大阪・京都・兵庫・奈良・滋賀・和歌山)のCD販売店




※「UNLIMITED」「BLAZE」「覇斬」「愛の鎖」は現メンバーでの再録音源
※新曲3曲(M-1、GLORIA ~栄光のキズナ~、M-2、Heroine、M-3、祭囃子)は岡野ハジメ氏プロデュース

【封入特典】
・CDサイズカレンダー 全12種(ソロ絵柄10種・集合絵柄2種)のうち1枚を封入(2015年10月~2016年9月)
・マル秘《11/2 BIG CATの裏側ツアー》あたり券:20名
①撮影OKのリハーサル見学!
②バックステージご招待!
③お気に入りのメンバーと2ショット撮影し、後日ポスターにしてプレゼント!


楽曲試聴(オフィシャルサイト)
https://www.festvainqueur.com/
SCHEDULE
FEST VAINQUEUR 2015 ONE MAN TOUR
「秋の大感謝祭!HYBRID ROCK FEST~北と南は単身赴任~」


対バンくーる~大阪編~
09.24(木)OSAKA MUSE
[出演]
FEST VAINQUEUR/ギガマウス/Blu-BiLLioN/少年記/Shellmy/JILLED RAY(O.A)

メロメロばんくーる~博多美人編(女装)~
※ワンマン
09.26(土)福岡DRUM SON

オラオラばんくーる~九州男児編(男装)~
※ワンマン
09.27(日)福岡DRUM SON (SOLD OUT)

対バンくーる~名古屋編~
10.02(金)名古屋ハートランド
[出演]
FEST VAINQUEUR/ギガマウス/the Raid./コドモドラゴン/ASTARIA/JILLED RAY(O.A)

O.Aジャンヌばんくーる編
※ワンマン
10.03(土)名古屋ハートランド (SOLD OUT)

対バンくーる~東京編~
10.17(土)代官山UNIT
[出演]
FEST VAINQUEUR/the Raid./ギガマウス/DOG inTheパラレルワールドオーケストラ/KATAMALI/JILLED RAY(O.A)

暴れん坊ばんくーる編~コテメイク編~
※ワンマン
10.18(日)代官山UNIT

対バンくーる~仙台編~
10.20(火)仙台Hook
[出演]
FEST VAINQUEUR/少年記/ASTARIA/JILLED RAY(O.A)

優男ばんくーる編
※ワンマン
10.21(水)仙台Hook

2日で全曲ばんくーる編~前編~
※ワンマン
10.24(土)札幌COLONY

2日で全曲ばんくーる編~後編~
※ワンマン
10.25(日)札幌COLONY


FEST VAINQUEUR 5th Anniversary [555] -five-
11.02(月)大阪BIGCAT

FEST VAINQUEUR ハロウィンパーティ
『ばんくーるも、そこのあなたも全員参加!全日本仮装大賞は誰だ?!』

11.03(火・祝)パセラ大阪・天王寺バリタワー BATUR OSAKA

「NANIWA V系連合軍カウントダウンライブ なにわ魂~関西制圧2015-2016~」
12.31(木)大阪MUSE

PROFILE
FEST VAINQUEUR

FEST VAINQUEUR Vo:HAL
Birthday: 09.07
Blood type: O
FEST VAINQUEUR Gu:GAKU
Birthday: 11.01
Blood type: O
FEST VAINQUEUR Gu:I’LL
Birthday: 10.27
Blood type: B
FEST VAINQUEUR Ba:HIRO
Birthday: 10.27
Blood type: O
FEST VAINQUEUR Dr:KAZI
Birthday: 09.29
Blood type: B
オフィシャルサイト

DISCOGRAPHY

アーティストタグ