INTERVIEW
Special
“ダークファンタジー”をコンセプトに快進撃を続けているペンタゴンが、2nd Single『ひじきとカラアゲ』をリリースする。タイトルからは想像もつかない楽曲とクオリティで、見る者、聞く者を翻弄し続けている彼ららしい作品に仕上がっている。 11月22日には、2回目のワンマンとなる赤坂BLITZ公演を控え、今なお進化し続けるペンタゴンの5人に話しを訊いた。

取材・文:山本貴也
このエントリーをはてなブックマークに追加 チェック
「今までの“ダークファンタジー”をさらに掘り下げて、そこに“耽美”をプラスした」
――2nd Single『ひじきとカラアゲ』ですが、まずはどうしてこのタイトルに?
ペンタゴン
千吊:もともと、“耽美系”と“青春系”というテーマが土台としてあって、その上で「タイトルどうしようか?」ってときに、“ひじき=耽美系”、“カラアゲ=青春系”っていうアイデアが出てきて、そこに上手くかかっているのか、かかっていないのかわからないですけど、そういう感じでした。
:若気の至りです(笑)。
千吊:悪ノリとも言うけど(笑)。
――分かったような分からないような……。
:でも元からバンド内で流行ってたんですよ。
ゆとり:なぜか“ひじき”っていうワードがね。
――なるほど……。あんまり掘り下げない方が良さそうかな……。
一同:(笑)。
――ではあらためて(笑)、“耽美系”の「Jesus phobia」から教えてください。
:耽美というテーマはあったんですけど、実はそこまでがっつりと「耽美をやろう!」と思って作った感じじゃないんですよ。今までの“ダークファンタジー”をさらに掘り下げて、そこに“耽美”をプラスしてみました。
――たしかにダークファンタジーの要素も耽美の要素もありつつですね。そこに「テツキズ」のような“青春系”の曲もあって、ギャップというか常にファンを翻弄してる感じがします。
ゆとり:「どうだ!」って感じですね。これからも翻弄し続けていきます。
――「Jesus phobia」の歌詞についても教えてください。
千吊:“耽美”という新しく踏み出した世界ですし、今まであまり通ってこなかったところだったので、全く新しい書き方をしてみたんですけど、グリム童話のある物語をテーマに書いていきました。こういう書き方は今まであんまりやったことがなかったので、新たな挑戦ではありました。
――童話が元になっているので、読み手もいろんな想像が膨らみやすいと思いますが、特にこだわった部分はありますか?
千吊:どちらかというと、主人公側からじゃない目線で書いたので、みんなが知ってる物語だとしても、違う捉え方をしてるので、そこを感じてもらいたいですね。
――聴きどころを教えてください。
篤輝:今までやってきた“ダークファンダジー”を全力で推してるんで、そういうカッコいいペンタゴンを表現するために、ドラムに関してもカッコいいドラムを意識してフレーズを組み立てていきました。
:ギターやシンセで、ダークファンタジー感を出しつつ、ストリングスや電子音を使うことで物語の世界観を表現しました。
――やっぱりこの曲もバッハの影響が大きいですか?
一同:(笑)。 ※「テツキズ祭」密着レポートを参照
:ここできたかぁ……(笑)。でも影響は相当でかいですね。実はAメロにバッハの要素が入ってるんです。
ゆとり:そうなの!?
:そうなの。探してみてください。
――そんなゆとりさんはいかがですか?
ゆとり:俺も耽美系は今まであまり通ってこなかったので、いろいろ探しながら試行錯誤しながらやりました。結果的にはうまく雰囲気を出せたと思います。
:意外とみんな通ってないんだよね。
ゆとり:まさに“暗中模索”でしたね。曲もそうですけど衣装も難しかったですね。「耽美ってどうすればいいんだろう?」って。
:いや、でもマジで“七転八倒”だったわ。
千吊:四字熟語言いたいだけやろ!
ゆとり:それじゃあ、“本末転倒”だぞ!
一同:(笑)。
――MUSIC CLIPも“耽美系”な世界観が溢れていますが、見どころを教えてください。
千吊:今までの作品でも意識はしてたんですけど、ダークファンタジーなので、“ダーク”とついてる以上は、暗い部分はあるんですけど、それぞれにスポットを当てて、ちゃんと見えやすいというか、ちゃんと伝わるように、物語性とうまくリンク出来るように意識しました。
篤輝:カット数とかカット割りも、撮りながらみんなで話し合っていろいろやりました。
ゆとり:俺の中では、耽美=さっちゃん(小林幸子さん)だったんだよね。
:ずっと言ってたよね。
「“イカ臭ぇリフ弾きました”って書いてもらおう」
ペンタゴン
――そして「テツキズ」は、思いっきり青春ソングですが、MUSIC CLIPもドラマ仕立てですごく良かったです。
一同:ありがとうございます!
ゆとり:振り切りました。
千吊:これもかなり歌詞と映像がうまくリンクしていて、映像だけ見ても「たぶんこういうことなんだな」っていうのが伝わると思います。ここまでストレートな映像は初めてだったので、みんなの役者ぶりを見て欲しいです。
:めっちゃストーリー考えたもんね。
ゆとり:みんなのプロフィールもちゃんと考えたんですよ。俺は「お調子者でなんとか」みたいな感じで。
篤輝:「ヲタクの拓」とかね。
ゆとり:拓は「勉強熱心だが普段はバンドにのめり込み進学に悩む」みたいなね(笑)。
:眠花は「バンドをやって垢抜けていく女の子」みたいな感じ。
ゆとり:紅一点でみんなのアイドル的な存在ね。
:髪色が途中で黒髪からピンクに変わるからね。
ゆとり:篤輝はヤンキーで(笑)、千吊は生徒会長みたいな感じで、リーダーというか柱的な存在ですね。
眠花:せ ん せ い の ま え だ け い い ひ と
――もっと長い尺で見たいなと思いました。
ゆとり:本当ですか!? じゃあ映画化するしかないね。
千吊:それやりたい。
ゆとり:その時はちょっと破廉恥な顧問の先生役で出演してくださいね(笑)。
――喜んで(笑)。撮影は大変でした?
ゆとり:大変でしたね。
:とにかく長かった。
千吊:夏場に撮ったので、とにかく暑かったんですよね。
眠花:あ め で む し む し
――本当の学校を借りての撮影?
ゆとり:そうなんです。高校生がたくさんいました(笑)。
:エキストラでね。
――作曲は拓さんですが、「Jesus phobia」を作った人と同じ人が作ってるとは思わないですよね。
ペンタゴン
:そうですね(笑)。でも本当はこういう方が得意なんです。高校生のときによく聴いてた、ELLEGARDEN、ロードオブメジャーとかそういうバンドを思い出しながら初々しさが出たらいいなと。
――初々しさもあるけど、2番のAメロでピアノが入ってくるような玄人感もまたいいですね。
:そこは自分が大人になっちゃった部分ですかね(笑)。
ゆとり:あれはいい。
:ピアノにすごくこだわっていて、ピアノだけで聴いても曲として成り立つくらいになってます。
――それとは対照的に、ギターアレンジは甘酸っぱい感じがすごくいいです。
:やっぱり青春といえばツインギターかなと思って、とにかくハモらせるみたいな(笑)。
ゆとり:間違いないね。
――歌詞もすごくストレートですね。
千吊:今までの歌詞は、今の自分が“いかに伝えるか”っていう部分を考えながら書いていたんですけど、「テツキズ」は、そういうのはなしで、ストレートに書いてみたら今までで一番時間がかかっちゃいましたね。ストレートな歌詞なのに、変に遠回りになってしまったりとか、こういう歌詞を書く方が難しいんだなってことを感じながらやりました。
――そして最後は“鉄の絆”で締めると。
千吊:はい。ここが1番のポイントです。
――「テツキズ」って青春の匂いがしていいですね。
千吊:なかなか使わないですけどね。
――“鉄の絆”って言われるとちょっと重たすぎるけど、“テツキズ”はキャッチーで使いやすそう。
ゆとり:流行語大賞狙ってるんで(笑)。
――聴き所も教えてください。
篤輝:“青春系”をやるには、「バンドやりたい!」っていう気持が強く出てるのが大事だと思ったんで、楽器を始めたての子とかが「カヴァーしたい」「コピーしたい」みたいな気持ちを強くさせるようなフレーズをシンプルに、そういう時期を思い出しながら叩きました。
眠花:い ん と ろ の べ ー す が き も ち い い か ら す き
:これもピアノにこだわっていて、ピアニストっぽいフレーズを入れて、ピアノだけで聴いてもおかしくないような打ち込みをしたので、ピアノインストとして出してもおかしくない曲ですね。
ゆとり:拓とは同い年なので、聴いてきた音楽が一緒ということもあって、やりたいことがすぐにわかりました。とにかく疾走感溢れるイカ臭いリフを詰め込みました。
:でっかい字で“イカ臭ぇリフ弾きました”って書いてもらおう。
ゆとり:え? 見出し?
一同:(笑)。
――今作は5 TYPE同時リリースですけど、一番セールスが良かった人は何かあったりするんですか?
ゆとり:次のアーティスト写真でセンターになります。
眠花:た の し そ う
一同:(笑)。
千吊:ないから。
――でもペンタゴンだとありえそう(笑)。
ゆとり:常に翻弄するからね。
「あ い ふ ぉ ん の あ ぷ り で つ く っ た よ」
ペンタゴン
――では順番にお聞きします。「ゆとり盤」収録の「中野の女」から教えてください。
ゆとり:思った通りブイシーな感じに仕上がりました。最後のマスタリングっていう工程があるんですけど、古臭い感じにしてもらおうと思って、他の曲よりいなたい表現がしたくて平面的に聴こえるようにしたんです。けどそれも失敗だったなって……。
:ええ!?
一同:(笑)。
ゆとり:並べて聴くと他の曲より音がちっちゃく聴こえちゃうんですよね。あら不思議。でも実際は音質とかはあんまりこだわりは無くて、作曲の上でデパートの地下とか近所の運動会で流れているようなメロと簡単なリズムだけのさらっぴんな状態のMIDI出力の音をイメージするんです。そうなった時に光る曲が本当の良曲なのかなぁって。だから普段からビートやリフからイメージを膨らましてアプローチする。みたいな方法はあまりとらないんですよ! メロがよければフレーズはなんでも成立するんじゃないかなって。まぁ我が子のように愛おしいので沢山聞いてあげてください。
――タイトルからして、ゆとりくんらしい曲だなと思いました。
ゆとり:(笑)。中野とか高円寺とかのああいう雰囲気好きなんです。
――歌詞はタイトルが決まってから書いたんですか?
千吊:逆ですね。歌詞があってタイトルだけ任せました。
ゆとり:歌詞のイメージだけを伝えたら、120点のものが返ってきたんで。
千吊:最近、気がついたことなんですけど、自分が書く歌詞って基本的に男目線が多いんです。でも、ゆとりの曲だけ、今まで出た曲もちょっと女の人というか、私っていう主人公から入るものが多いうんですよ。今回もそれを意識したわけじゃないんですけどやっぱり女性目線なんですよね。
ゆとり:自分も曲書くときは女性のことしかイメージしてないから、それもあるかもしれないですね。
――出てくる言葉も昭和の雰囲気を感じるものが多いですね。
千吊:そうですね。この曲はあまりハッピーな曲ではないんですけど、そういったドラマであり、映画を見ながらイメージを沸かせて書きました。
――「拓盤」収録の「MAKEINU」はいかがでしょうか?
:最近、BIG BANGやEDM系など4つ打ち系の曲を沢山聴いていて、ペンタゴンって4つ打ちを全編的にやってる曲がないなと思いバンドとEDMの要素と合わせたら面白いかなってことで作りました。こういうのも、今までやったことがなかったし、女性ボーカルも入れたらより雰囲気が出るんじゃないかなって。
――歌詞はどんなことを?
千吊:今回の制作で、最初にできた曲だったので、「このシングルを通して何が言いたいのか」っていう気持ちをガッツリ出せたかなと思います。サビの歌詞は、これから自分たちが、もがき続けて、あがき続けて「壁を壊していこう」っていうことをダイレクトに書いています。
――「眠花盤」の「枯渇」はいかがでしょうか。
眠花:ツ ア ー ち ゅ ー だ っ た の で 、こ こ だ け の は な し ・ ・ ・ ア イ フ ォ ン の " ガ レ ー ジ バ ン ド " っ て ア プ リ で つ く っ た ん で す 。そ し た ら い が い と カ ッ コ い い の が で き ま し た !
:移動中にずっと作ってたよね。
ゆとり:画面が小さいからきっと大変だっただろうね。
千吊:眠花が作った曲だから“花”を使いたいなって思って、メインは人間なんですけど、その人間の様を花と上手くかけ合わせられたかなと思います。これもそんなにポジティブな歌詞ではなくて、「うまくいくことばかりじゃないよ」っていうのを踏まえた上で「咲き誇る」というか、その環境のせいにするのではなくて、それも踏まえた上で「やってやる!」っていう気持ちを歌詞に込めました。
――「篤輝盤」の「Stupid」はいかがですか?
篤輝:前回に引き続き、“ヘヴィだけど重い”(※前回のインタビューを参照)を追求して(笑)、わりとノリで作っちゃった感じというか、素直にバーってギター弾いてたらできました。これまでにもヘヴィな曲はあったんですけど、1曲丸々ユニゾンで刻み続ける曲やラップの曲はなかったのであえてやってみました。
――リズム遊びがドラマーならではですよね。
篤輝:ギターのリフとバスドラのリズムを合わせてノリを作っていきました。
千吊:ラップがあるってことは事前に聞いていたんですけど、やったこともないし、もちろん歌詞も書いたこともなく、「韻をふむんでしょ?」ぐらいの知識しかなかったので見よう見まねでしたね。
ゆとり:上手だったよ。
千吊:歌詞についても、探りさぐりではあったんですけどパッと書けましたね。歌詞を書く以上に歌うのが難しくて苦戦しました。そういう意味では、全曲が新しい挑戦じゃないですけど、ある要素を深くまで突き詰めたという感じではなく、浅い部分を広げていった感じですね。
――どのTYPEにもそれぞれの個性があって面白いですね。
篤輝:そうなんですよね。どれか1TYPEだけ聴いても、今のペンタゴンの全ては分からないかもしれないですね。
「今まで目を背けてた部分としっかりとぶつかって、そこで得たものをしっかりと応援してくれるみんなに見せられるようにしたい」
ペンタゴン
――10月8日には、石川五右衛門 生誕421年記念大感謝祭「大盤振舞!」がTSUTAYA O-EASTで行われます。しかも入場無料ということで本当に大盤振舞ですね。
千吊:その日も1日お祭りのような感じで、アルルカンさんと面白い企画も盛りだくさんでお届けします。
――熱湯風呂とかもあるんですよね?
千吊:そうなんです(笑)。
ゆとり:EASTで熱湯風呂ってヤバいよね(笑)。「押すなよ!」て誰か言ってそうだもん。
一同:(笑)。
――誰が入るかは分からないんですよね?
千吊:何も聞いてないのでわからないですね。
ゆとり:でも、ちょっとだけ熱湯風呂はいってみたい……(笑)。
千吊:面白い企画をたくさんしながら、GOEMON RECORDSの一員としていい形を作れるように、自分たちも頑張っていきたいです。
――そして11月22日には、2nd ONEMAN眠花バースデー「眠≠罪」がひかえています。
千吊:せっかくの眠花バースデーだから、何か特別なことをやりたいですね。
:絶賛企画中!
眠花:お た ん じ ょ う び か い き て ね
――それでは最後にViSULOGを見ている人にメッセージをお願いします。
篤輝:「テツキズ祭」も終わって、『ひじきとカラアゲ』をリリースして、ペンタゴンらしい音楽が出来てるなって思うので、11月22日の赤坂BLITZに向けて、みんなでひとつになって、BLITZの壁をぶち破りたいのでよろしくお願いします。
眠花:も っ と み ん な と テ ツ キ ズ を ふ か め た い な
:「テツキズ祭」をやる前は、自分たち自身もどういうものになるのか不安だったんですけど、終わってみたらすごく楽しかったんです。だから赤坂BLITZも「やって良かったな」って思えるものにしたいので、一緒に頑張っていきましょう。よろしくお願いします!
ゆとり:まだまだ未熟者ではありますが、赤坂BLITZに向けて、ペンタゴンに足りないものや必要なものをしっかり探して、集めて、ひとつの完成系としてBLITZに挑みたいので、その全てを手に入れられる瞬間の時間を一緒に共有しましょう。
千吊:おお! 今日はカッコいいこと言うなあ。
:今日は珍しく真面目やね。
ゆとり:だろ!?
――なんか大人になっちゃってつまらないなぁ……。
一同:(笑)。
ゆとり:あれ? 新生児からやり直そうかな……(笑)。
眠花:ま え の ゆ と り が す き だ っ た の に
千吊:11月22日の赤坂BLITZは、我々の2回目のワンマンになるんですけど、1回目のO-WESTをやる前は、自分たちがそこまで足りてないとか、欠けてる部分があっても目を背けていた部分があったと思うんです。お陰様で完売することはできましたけど、それを目の当たりにしたこともあったので、赤坂BLITZに向けては、今まで目を背けてた部分としっかりとぶつかって、そこで得たものをしっかりと応援してくれるみんなに見せられるようにしたいですね。
RELEASE
2nd Single「ひじきとカラアゲ」
2015.9.2 Release!!

ペンタゴン
【千吊盤】
CD+DVD
GMCD-017A
¥2,160 tax in

[CD]
01. 「Jesus phobia」
02. 「テツキズ」

[DVD]
01. 「Jesus phobia」
02. 「テツキズ」-PV-

ペンタゴン
【ゆとり盤】
CD
GMCD-017B
¥1,620 tax in

[CD]
01. 「Jesus phobia」
02. 「テツキズ」
03. 「中野の女」

ペンタゴン
【拓盤】
CD
GMCD-017C
¥1,620 tax in

[CD]
01. 「Jesus phobia」
02. 「テツキズ」
03. 「MAKEINU」

ペンタゴン
【眠花盤】
CD
GMCD-017D
¥1,620 tax in

[CD]
01. 「Jesus phobia」
02. 「テツキズ」
03. 「枯渇」

ペンタゴン
【篤輝盤】
CD
GMCD-017E
¥1,620 tax in

[CD]
01. 「Jesus phobia」
02. 「テツキズ」
03. 「Stupid」

SCHEDULE
LEZARD × ペンタゴン 2マンTOUR
「りざペン」

09.11(金)仙台HooK
09.15(火)福岡DRUM Be-1
09.16(水)広島並木ジャンクション
09.21(月・祝)名古屋ell.FITSALL
09.22(火・祝)OSAKA MUSE
09.24(木)岡山IMAGE
09.25(金)神戸太陽と虎

SHIBUYA-REX PRESENTS
「ペンタヒーロー」
~60min×2~

09.26(土)SHIBUYA-REX

【今年もやります!】大盤振舞!
10.08(木)TSUTAYA O-EAST
【入場無料!!】

DADAROMA presents
「ペンタゴン VS DADAROMA」

10.11(日)新宿RUIDO K4

GOEMON RECORDS Presents
ハロウィンナイト 2マン
「Mix Speaker’s,Inc.×ペンタゴン」

10.31(土)高田馬場AREA

GOEMON RECORDS presents
ペンタゴン 2nd ONEMAN
眠花バースデー「眠≠罪」

11.22(日)赤坂BLITZ



10.10(土)仙台darwin
10.12(祝・月)高田馬場AREA
10.14(水)OSAKA MUSE
10.18(日)名古屋E.L.L
10.22(木)高田馬場AREA
10.24(土)渋谷REX

PROFILE
ペンタゴン

ペンタゴン Vo:千吊
Birthday: 04.25
Blood type: A
ペンタゴン Gu:ゆとり
Birthday: 09.22
Blood type: XXX
ペンタゴン Gu:拓
Birthday: 07.17
Blood type: AB
ペンタゴン Ba:眠花
Birthday: 11.24
Blood type: AB
ペンタゴン Dr:篤輝
Birthday: 1.11
Blood type: O
オフィシャルサイト

DISCOGRAPHY
ペンタゴン | NEWS

ペンタゴン | INTERVIEW