INTERVIEW
Special
“破滅”をモチーフにDIAURAの覚悟と決意を刻んだというニューシングル「RUIN」が完成した。バンドの今と密接な繋がりがあるという曲が意味しているものとは?
純度100%のDIAURAを出しきった新曲について、東名阪ツアーで感じている手応えについてメンバー全員に話を聞いた。

取材・文:山本弘子
このエントリーをはてなブックマークに追加 チェック
「『これがDIAURAだ』と言える名刺代わりになるシングル」
DIAURA
――ニューシングル「RUIN」を制作するに当たって、コンセプトなりテーマについてメンバーと話したことはありましたか?
yo-ka:去年、リリースしたフルアルバム『Triangle』は曲のアプローチの仕方もふくめて幅を広げて作った作品だったんですが、アルバムのツアーを経て“よりDIAURAをシンプルに考えてみよう。バンドの本質や音楽を再度見直そう”って。敢えて今“これがDIAURAだ!”っていう名刺代わりになるようなシングルを作ろうと思ったんです。
――「RUIN」は“破滅”とか“破壊”という意味ですよね?
yo-ka:ええ。前回のツアーのファイナル、中野サンプラザのライヴの最後の告知映像とともに“破滅から始めよう”というキャッチを流したんですが、何度でも壊して新たに作り直すというのがバンドの根本的な姿勢なので、“破滅”という言葉とDIAURAの現在、そして未来のヴィジョンが結びついてできたシングルです。純度100%のDIAURAを出しきろうと。
――では、まず表題曲の「RUIN」から制作エピソードを聞きたいのですが、攻撃性もありつつメロディアスな曲で“歌”がバーンと飛びこんでくるなと感じました。
佳衣:yo-kaから「RUIN」というタイトルとテーマについて聞いたときに自分なりに考えたんですが、“破滅”は必ずしも攻撃的な意味だけではないと思ったんですね。ただ激しいだけで原型が見えない曲にはしたくなかった。
――“静”と“動”が同居しているドラマティックな曲ですもんね。
佳衣:はい。ドラマや映画のように曲の中にいろいろなシーンを作りたかった。だから、転調したり、急にガラッと雰囲気が変わる箇所があるんです。
――バンドの音以外に入れたかった音というのは?
佳衣:ピアノも入っていますし、電子音というより生楽器を使いたかった曲ですね。2Aの展開ではアコギを弾いているんですが、異国情緒がある雰囲気が出せたと思います。
――歌詞に関してはもともと書いていた原型があって、佳衣さんの曲にインスパイアされて、さらに広げていったんでしょうか?
yo-ka:はい。当初からイメージはありました。モチーフは“自爆テロ”なんですが、いわゆる社会の害悪という解釈ではなく、“自分の命に変えてでも変えたい現実や成し遂げたい理想”という観点で書いた歌詞です。そういう意味での覚悟と決意が大きなテーマで、楽曲が自分の思い描いていたイメージをより押し広げてくれましたね。DIAURAのメインコンポーザーである佳衣の書く曲はドラマ性のある曲が多いんですが、中でも「RUIN」は真骨頂。曲を活かして書く内にいろいろな感情が生まれてきたし、この曲を“善”と捉える人がいても“悪”と受け取る人がいてもいいと思っています。ただ、本質はDIAURAの覚悟と決意なので、そこがブレないように芯を1本通して書きました。曲の力は大きかったですね。
「今の時代に突きつけるDIAURAの解答であり、メッセージ」
DIAURA
――その覚悟と決意が“破滅から始めよう”というメッセージに繋がっている?
yo-ka:そうです。「RUIN」の象徴としての“破滅から始めよう”。そこを軸に出来上がった曲ですね。
――自分の身を呈しても救いたいものがあるという解釈もできますが、この世界に感じていることもモチーフになっているんでしょうか。
yo-ka:国が違えば思想も違うし、大切にしているものも変わってくるのと同じようにバンドや音楽にも同じことが言えると思うんですよ。自分たちには自分たちのスタンダードや正解がある。「RUIN」は今の時代に突きつけるべきDIAURAの解答であり、メッセージだと思っています。
――なるほど。最初にシンプルにDIAURAについて考えてみたという話が出ましたが、演奏するに当たって各自、こだわったことは?
達也:「RUIN」に関しては佳衣が言っていたように場面の切り替わりを大事にしている曲なので、そこを重視して叩きましたね。サビに入る瞬間のダイナミズムと広がりをいかにドラムで表現するかを意識したし、全体的にはシンプルなので切り替えるという意味で1小節だけ激しくしたり、金物を使ってちょっと特殊なリフを入れてみたりとか。
翔也:“破滅”というテーマのもとDIAURAが一歩、踏み出すためにどうしたらいいのか考えた結果、ベースでは強い一歩を表現しようと思いましたね。それを勢いに変換したかったのでドライヴ感を意識して、フレーズひとつとってもワクワクしてもらいたかったのでサビではアグレッシブに動きつつボトムを支えようと。シンプルな中にスパイスを入れていますね。
佳衣:展開が多いだけにギターもシンプルですね。ただ、その分、ドラムとベースの縦のラインも含めてジャストで合わせないとキマらない曲なので、レコーディングではシビアに何度も録り直しましたね。
yo-ka:歌に関しては静と動がクッキリしているドラマティックな曲なので、自分のヴォーカルスタイルとうまく合致してスムーズでしたね。サビのど頭は勢いが大事なので、いっきに盛り上がるように歌っています。
――ライヴで披露してのリアクションはどうですか?
yo-ka:ライヴでやると雰囲気が変わるというか空気がピリッと締まりますね。DIAURAの中ではオーソドックスな部類に入る曲だと思うんですが、だからこそバンドの進化がわかりやすく表れる曲だと思います。
――MV撮影時のエピソードは?
達也:MVは岩場のけっこう暗い場所で撮ったんですよ。風が強い日だったので自分のドラムセットが砂まみれになったのが、ちょっとショックでしたね(笑)。
yo-ka:それと「RUIN」を象徴しているものとして炎を使ったんですけど、野外だからこそガンガン火を燃やして撮れたんですね。楽曲の刹那的な部分を表現した映像になっていて個人的にイメージ通りで大満足ですね。
――ステージの演出で火を使うことはあると思いますが、ロケでそんなにバンバン燃え上がっていたら、かなり暑いのでは?
yo-ka:それが撮影が春前だったので、寒かったんですよ(笑)。
――むしろ、火がありがたかったみたいなね。では、カップリングの「桜サクラメント」についても教えてください。この曲は美しくて憂いのあるバラードですね。
佳衣:原曲は2年ぐらい前からあったんです。「RUIN」が決まったときに「そういえば、タイミング的にもピッタリだよね」ということになった。当時から歌詞もメロディも付いていたんですが、それをさらにブラッシュアップしましたね。
「人間ではなく桜の視点で歌詞を書いている」
DIAURA
――鍵盤がフィーチャーされているのも当初からですか?
佳衣:デモの段階から打ち込んではあったんですが、もっと豪華にしたかったので細かく作り直しました。当時はこんなに季節色が強くなかったんですが、リリースするに当たってもう少し“桜”とか“春”のニュアンスを打ち出しましたね。
yo-ka:タイトル、歌詞、歌メロに関してはまったくいじってなくて当時のままなんです。歌詞は人間のではなく桜の木の目線で書いていて、出会いや別れ、生と死など、さまざまな事柄を見ているという視点ですね。季節柄ピッタリだったから収録したわけではなく、「RUIN」の刹那的で破滅的なモチーフすら包みこんでくれる包容力がある曲だということが「桜サクラメント」を選んだ決め手になったんです。痛みや悲しみすら見下ろしているという立ち位置。この曲が「RUIN」をいい意味で中和する役割を果たしているので、不思議な巡り合わせで繋がった曲ですね。
――今回のシングルに入るのを待っていたかのような?
yo-ka:そうですね。
――ということは歌詞に出てくる“未だ見ぬ君の為に”というフレーズは新しく生まれてくる生命のことを指しているんでしょうか?
yo-ka:はい。巡って続いていくものなので。
達也:「桜サクラメント」を初めて聴いた当時、俺はまだサポートだったんですが、単純にすごくいい曲だなと思っていたので、スタジオで初めて合わせたときからドラムのイメージがどんどん湧いてきた曲ですね。さっきyo-kaが包容力のある曲だって言っていましたが、叩いていても包みこむような気持ちになれる曲なんですよね。
翔也:俺も達也と同じく「すげえ、いい曲だな」って。月日を経てレコーディングに臨むに当たって意識したのはフレーズですね。いい曲のベースって口ずさめるんですよね。だから、今回はサオを使わずに曲を聴きながら歌ってみたんです。
――そういうフレーズの作り方をすることもあるんですか?
翔也:いや、初めてですね。いつもはベースをいじりながら練っていくんですけど、シャワーを浴びながら考えたりとか。
yo-ka:ベースを考えるのに歌うっていいね。
――鼻歌で歌メロを考えるっていうのはよく聞きますけどね。あと、ギターソロは前半が和のテイストというか憂いのあるフレーズですね。
佳衣:当初はギターの音にしてもフレーズにしても、もう少しロック色が強かったんです。今回、レコーディングするに当たって歪みをかなり減らしてもう少しソフトな音色にしましたね。1曲の中に2回もギターソロが出てくるのは初の試みなんですが、今、考えたらなんで2回もソロを入れたのかなって(笑)。たぶん、前半のしっとりしたフレーズと後半につれてどんどん激しくなっていく展開を表現したかったんだと思います。
――カップリングも聴きどころ満載ですね。「from Under」は曲調も歌詞もゾクッとする怖さがあって、実際に起こった事件をモチーフにしているのかなと。
yo-ka:そうですね。この曲は歌詞も曲も自分が書いたんですが、いろいろ凄惨な事件が多い中、解決している事件も未解決の事件もあって……でも、共通しているのは犠牲になった人は何も言えないということなんですよ。何を伝えたかったんだろう、もしも生きていたら、どうなっていたんだろうって……。理不尽に奪われてしまった声について書きたかったんですよね。言葉にできる術がないから、事件の数々を気に留めない人にとっては聞こえることも想いを寄せることもないだろうけど、自分の中ですごくひっかかっていて、形にしたくて衝動的に書いた曲でもあります。そういうことを想像して書いていく手法がDIAURAには多いですね。
――アルバム『Triangle』にも「Case of Massmurder」という曲が収録されていましたね。
yo-ka:あの曲は加害者視点で書いたんですが、今回は被害者目線です。同じ人間なのに、どこでそうなってしまうんだろうって人事に思えないというか、書かなきゃって思うんですよね。
――書かなきゃ、残さなきゃっていう衝動なんですね。
yo-ka:はい。DIAURAの曲ですけど、DIAURA yo-kaとしての部分が強い曲ですね。
――サウンド的にもどこか、ねじれたイメージがあって。
達也:不気味な感じがしますよね。
「DIAURAが変わっていくことを伝えるためのツアー」
DIAURA
――歌だけではなく音からもメッセージが伝わるのがDIAURAの武器ですね。最後に今は、「PROGRESS FROM RUINS REALITY」と題しての東名阪ツアーの最中ですが6月6日、渋谷公会堂に向けての意気込みをお願いします。
達也:現時点(取材時)では名古屋が終わったところなんですが、いつものツアーなら初日からファイナルに向けてどんどん作り上げていくことが多いのに今回は最初から俺たちとオーディエンスの雰囲気が完成されたかのような瞬間を何回か味わえているんです。「RUIN」にしても個人的には楽しむ曲というよりも見せつける曲というポジションなんですが、叩きながら伝わってくるものがある。CDが発売されてからの渋谷公会堂が楽しみだし、今までにない空気感の完成されたライヴができると思ってます。DIAURAが変わっていくことを伝えるためのツアーでもあるけれど、愚民たちも進化しているなと感じていますね。
翔也:想像を遥かに超える展開になるんじゃないかと今から楽しみですね。
佳衣:ちょうど昨日、中野サンプラザの映像を見ていたんですけど、メンバーが楽しそうに演奏していて、いい顔をしているんですよ。いいライヴは表情に出るんですよね。なので渋谷公会堂もメンバーはもちろん愚民たちもいい顔にさせたいですよね。
――前回の渋谷公会堂を軽く超えるようなステージになりそうですか?
佳衣:はい。あのときはあのときでいいライヴだったと思いますが、今のDIAURAだからできることがあると思うので。
yo-ka:ツアータイトル「PROGRESS FROM RUINS REALITY」を付けたときから、どんなツアーになるかある程度イメージしてたんですが、初日を終えて間違いなかったなと思いましたね。今のDIAURAはどこを切り取ってもどこから見ていてもカッコいいし、伝わるはずだっていう手応えがあるんですね。なので、これまでの自分たちを知っている人にも、かつてのDIAURAを知っていて最近ライヴを見ていない人にもぜひ、来てほしいと思います。まったく知らないという人ももちろん見てほしいし、「RUIN」という作品も含めて見逃してほしくないタイミングです。ライヴに対する欲も高まってきてるし。
――今のDIAURAのライヴに対する自信が伝わってきます。
yo-ka:そうですね。それが何より大きいし、一緒に感じ合えて一緒に駆け抜けるツアーにしたいと思っています。
――ほかに告知できる今後の予定はありますか?
yo-ka:ツアーを経て7月は2マン月間ということでいろいろなバンドと毎週、ライヴをやります。DIAURAの牙をむいて全部、食ってやるぐらいの気持ちで愚民と一緒に戦いたいですね。8月5日にはAngelo主催のイベント「THE INTERSECTION OF DOGMA」にも出演しますし、それも戦なので一瞬たりとも油断できないですね。
トップへ戻る
RELEASE
11sh Single『RUIN』
2015.05.20 Release!!


DIAURA
【A type】
CD+DVD2枚組
AINS-22
¥1,944 (tax in)
[CD]
01. RUIN
02. 桜サクラメント

[DVD]
01. RUIN (MV)
02. Documentary of RUIN


DIAURA
【B type】
CD+DVD2枚組
AINS-21
¥1,944 (tax in)
[CD]
01. RUIN
02. 桜サクラメント

[DVD]
01. from Under (MVシューティング)
02. Documentary of from Under


DIAURA
【C type】
CD
AINS-23
¥1,296 (tax in)
[CD]
01. RUIN
02. 桜サクラメント
03. from Under

SCHEDULE
DIAURA ONEMAN TOUR2015
「PROGRESS FROM RUINS REALITY」

06.06 (土) 渋谷公会堂

DARK AGES
-The second Rebellion-

07.03 (金) 東京キネマ倶楽部
VS DuelJewel
07.12 (日) 高田馬場AREA
VS NOCTURNAL BLOODLUST
07.21 (火) TSUTAYA O-WEST
VS アルルカン
07.26 (日) 下北沢GARDEN
VS MEJIBRAY

-Angelo Presents-
「THE INTERSECTION OF DOGMA」

08.05 (水) ZEPP DIVERCITY TOKYO


05.31 (日) 高田馬場AREA
06.21 (日) 新宿BLAZE
07.18 (土) 高田馬場AREA

PROFILE
DIAURA

DIAURA Vo:yo-ka
Birthday: 10.31
Blood type: A
DIAURA Gu:佳衣
Birthday: 02.07
Blood type: O
DIAURA Ba:翔也
Birthday: 01.31
Blood type: B
DIAURA Dr:達也
Birthday: 03.28
Blood type: A
オフィシャルサイト

DISCOGRAPHY

アーティストタグ

DIAURA | 関連PICKUP

関連ピックアップはありません。