INTERVIEW
Special
LOUD GRAPEのNew Single『コドモセカイ』が5月6日にリリースされた。今作はライヴを意識したシンプルでストレートな楽曲が揃っており、ライヴをそのまま詰め込んだような作品となっている。
5月以降はライヴが相当数入っており、夏以降は更なる成長を遂げたLOUD GRAPEに出会えることだろう。
多忙な合間をぬってメンバー5人に話しを訊いた。

取材・文:山本貴也
このエントリーをはてなブックマークに追加 チェック
「今までのLOUD GRAPEにはなかったような新鮮な曲を作って自由らしさを出してみました」
LOUD GRAPE
――New Single『コドモセカイ』制作にあたってのコンセプトやテーマから教えてください。
りあ:最初にみんなで掲げたテーマが“自由”だったんですけど、「自由ってなんだろう?」って考えた時に、“自由”の象徴が“太陽“だったり、鳥の羽根だったりっていうのがいろいろ浮かんできたんです。「コドモセカイ」の歌詞も自由をテーマに書いて、アーティスト写真の後ろの太陽もそういう意味合いがあるんです。
――“自由”というテーマは漠然と浮かんできたんですか?
りあ:自由という名の不自由というか、昔の自分と照らし合わせながら考えた時に、「自分は音楽の道に進みたい」って思っていても、親とか学校の先生とか周りから、「どうせ無理だから大学行って就職しなさい」みたいなことをいろいろ言われたんです。でもそんなのは自由じゃないし、もっと頑張らなきゃ自由は手にできないってことも分かっていたけど、そんな所からテーマが浮かんできました。
――曲はアヤトさんですね。
アヤト:はい、がんばりました(笑)。最初に“自由”というテーマを投げられた時に、自由っていうと僕の中では青春ロック的なものがあって、それとぼく達のラウドさを組み合わせて新しい物を作りたいなって。今までのLOUD GRAPEにはなかったような新鮮な曲を作って自由らしさを出してみました。
BAN:今回もいつも使ってるレコーディンスタジオでアヤトと一緒に録ったんですけど、表題曲「コドモセカイ」に関しては、前作同様に音楽的なものを出すためにきっちりと録って、カップリングに関して言えば、リズムがタイトじゃないっていうのがあえての良さなので、ライヴ感を意識して録りました。
――表題曲とカップリングが両極端なんですね。
BAN:そうですね。今までのLOUD GRAPEから新しくさわやかな曲調も出てきたので、1枚でライヴ感と曲の良さの両方が見えると思います。
アヤト:今回は変化を楽しみました。いろいろ変わっていくのが好きっていうのもあるんですけど、これまでよりもストレートなアプローチを心がけました。
――曲の構成もシンプルですね。
りあ:最初の構成はCメロがあったり、サビの後によくわからないセクションがあったり結構すごいことになっていたんですけど、それをバッサリと切って、シンプルイズベストな形に仕上げました。
アヤト:今回はフレーズ面にすごくこだわっていて、今までだとバチバチに固めたイントロが多くて、ベースが動きたくても動けない時が多かったんです。でも今回はこういうシンプルな曲なので、歌モノチックにそれっぽくしたり、フレーズ作りを楽しみました。
澪毅:「コドモセカイ」の何に自信があるかといったら、今までは、ラウドミュージックだったり、マニアックなものだったり、自分たちにしかできない事をサウンドにのせてやってきたんですけど、今回はさっきアヤトも言っていましたけど、シンプルイズベストで、簡単な事でどれだけ音に向き合って勝負できるかというところに挑戦したので、今までとの違いを聴いてほしいですね。
――どうして今回はそこまでシンプルにしようと?
澪毅:テーマが“自由”で、メロディを聞いたり歌詞を見ていたら、楽器隊も「もっと自由に弾こう」みたいな空気になったのが大きいですかね。
ユ≠キ:全く同じような感じなんですけど、やっぱりメロを活かしたいというか、今作では前回の反省点と次回挑戦したかった事をふまえて、あえて自分たちの売りだったマニアックさを削ぎ落として挑戦してみたかったので、こういう感じになりました。次回の課題が見えた部分もあるんですけど、いろんな意味でいい曲になったんじゃないかと思います。
LOUD GRAPE
――どんな課題が見つかったんですか?
ユ≠キ:やり過ぎは良くないというか、自分たちらしさをはき違えているように見えたんです。でも、次回に向けてより意欲がわいてきましたね。
――歌詞は、誰もが一度は経験するであろうことですよね。
りあ:そうですね。逆にできない子も中にはいると思うんです。例え親の言うとおりに生きていても、そこにやりたい事があれば別にいいんですよ。だからこれは、自分自身へのメッセージでもあり、聴き手へのメッセージでもあるんです。
――年齢的にも時期的にも、共感できる人がたくさんいそうですね。
りあ:新生活が始まって1ヶ月ぐらい経つと、迷いだしたりする人もいますからね。
――MUSIC CLIPはどんな映像に仕上がっていますか?
アヤト:今回は映像も新鮮だと思いますよ。
りあ:BANさんが推したいのは自分のドラムセットだけですけどね(笑)。
BAN:先に言われちゃいましたけど、今回はフルセット投入しまして、相変わらずの要塞を組みました。LOUD GRAPEのための、世界に1つしかないデザインのドラムになっています。素晴らしくカッコいいデザインになっているので、正直自分が映ってなくてもドラムが映っていれば問題ない(笑)。
アヤト:本当に要塞みたいでしたよ!
澪毅:手が届かない所に太鼓があったりね。
BAN:一応届く範囲なんだって!(笑)。
澪毅:自由がテーマなので、とにかく広い場所で撮りたかったんです。そのおかげで自由な感じがよく出ていると思います。
――見所を教えてください。
澪毅:ギターソロを弾いている手元を初めて撮られて、すごく感動したのでそこはちょっと見てほしいですね。特に前半部分はよく分かると思います。
――ギターキッズにはたまらないですね。
澪毅:たまらないと思いますね。
ユ≠キ:個人の見どころというよりは、バンド全体の曲と映像ありきだと思うので、重ね合わせて見てもらえたらなと思います。今回はMVの中でプロジェクターを使っているので、そういう所も見てほしいですね。
アヤト:僕も個人というよりは全体の事なんですけど、前作がわりと暗い室内というか、工場みたいな所で演奏シーンメインだったので、前回との対比がすごく出たMVになってますね。「LOUD GRAPEってこういう一面もあるんだ」って見比べたり感じてほしいです。
りあ:プロジェクター系をかなり凝りました。伝えたい歌詞の一文だったり、自由を手に入れたくてもがいている感じとかを表現しています。これまでとは全く違う新鮮なものになったのでそこが見どころですね。
「成長したLOUD GRAPEが夏以降どうなるか楽しみにしていてほしい」
LOUD GRAPE
――つづいて「VS」ですが、読み方は“バーサス”で合ってますか?
りあ:“バーサス”で大丈夫です。
――カップリングの2曲はライヴ曲とおっしゃっていましたが、勢いもあるし、スピード感もあって正にライヴ曲ですね。
りあ:カップリングはお客さんのノリ重視ですね。それしか考えなかったです。とくに「VS」は、細かいことを考えずにノリから作っていきました。
ユ≠キ:ノリ重視というのを最初に伝えられていたので、「どういうフレーズが合うのかな?」って研究に研究を重ねてできたという感じですね。
――歌詞も面白いですね。
りあ:中指立てながらモッシュする曲なんですけど、俺もお客さんも「中指を立てたいと思うものって何かな?」ってところから考えていきました。悩みが解決できなくても、絶対に折れない心を持って欲しいし、俺も持ちたいしってことですね。
――そういう意味では「コドモセカイ」に通じる部分もありますよね。
りあ:そうですね。絶対誰にでもあてはまる歌詞だと思います。
――台詞の部分もすごくいい事を言っていますけど、ここが一番伝えたことですか?
りあ:そうですね。自分の思ってる事を伝えるには「どうすればいいかな?」って考えてこういう形を選びました。ライヴでは台詞は言わずに、体操のお兄さんみたいに次のノリのレクチャーをしているので、音源でちゃんと聴いてほしいですね。
――サビでみんながコーラスする感じもライヴ感があっていいですね。
澪毅:コーラスのレコーディングが楽しかったんですよ。
アヤト:楽しかったね。
澪毅:1個のマイクに輪になって一斉に録ったんです。
りあ:BANさんがとにかくすごくて、俺と澪毅が一番でかい声を出していたはずなんですけど、プレイバックを聴くとBANさんの声ばっかり聞こえるんです。
BAN:昔からそうなんですよね。たぶん中域が強いから抜けるんだと思うんですけど、後ろの方にいても聞こえちゃうので、目立ち過ぎて困るんですよ……(笑)。聞けばなんだかおかしい人が1人混じっているのですぐ分かると思います。
LOUD GRAPE
――このコーラスだけすごく生っぽい感じがいいですよね。
BAN:そうなんですよね。それがまたいい感じになっていて、エンジニアさんもすごく楽しそうにやってくれたので、そういう楽しい雰囲気が曲にも入っているなと思います。ライヴ推しの曲なので、指を立てながらモッシュしている光景を見に来てほしいですね。そしてたまには一緒にやってほしい。
――「瞑想」はいかがでしょうか。Aメロと言っていいのか分からないですが、英詞の部分はすごくテンション上がりますね!
BAN:ありがとうございます。もうバッチリでしたね。元からライヴ用に考えて構成も練り、「これがしたい!」っていう自分の目線で考えたものを作ったのがこれです。
澪毅:これもけっこう構成が変わったんですよ。
BAN:原曲からはどれもこれもバッサリ切られている。「全てを削ぎ落とす」っていうのが、今回の裏テーマだったりするので、どんどん切っていこうと。だからどの曲も元々はDメロみたいなのがあったりしたんですけど全部なくなりました。それがなくなる事で、よりライヴ向きの構成になったと思うし、たたみかけ系になりましたね。この曲はガツガツ前に突っ込む系の形で、「VS」は巻き込んで広い会場を作るタイプの曲だと思います。
りあ:最近、お客さんからすごく悩み相談を受けるんですよ。だからまとめて1つの曲で回答しちゃおうと思って、でも俺も分かんない事あるし、悩んでいる事もたくさんあるんで、自分が読んでも納得できるように、自分にも伝わる感じで書きました。俺がライヴでやりたいことを好きにやらせてもらってる感じの曲ですね。
――そういう意味でも“自由”ですね。
りあ:しかもこの曲は初の振りがあるんですよ!
――初なんですか? 何となくたくさんありそうな感じがしますけど。
りあ:意外と初めてなんですよ。ノリ方も斬新なのが多いので楽しいと思います。
BAN:斬新さを求めてやりたいことやっているからね。
――イントロの印象とサビの印象が違い過ぎて最初少しとまどいました。
りあ:BANさんの曲だから(笑)。
BAN:私なりのヴィジュアル系論というか、「ヴィジュアル系とはこういうものだ!!」っていうのを出すとこうなるんです。
――クセになる感じがありますね。
BAN:それがヴィジュアル系です(笑)。
りあ:このコーラスは、「VS」とは違う意味ですごく凝りました。
BAN:こっちの方が真面目だね。
りあ:何個も重ねて、100人くらいいるような感じで、瞑想してるヤツや、迷ってるヤツらがわらわらいる感じのイメージにしました。
LOUD GRAPE
――『コドモセカイ』はLOUD GRAPEにとってどんな1枚になりましたか?
りあ:とにかく今までと比べて分かりやすい1枚だと思います。全曲ライヴを意識して作ったので、本当にライヴで一緒に楽しめるんじゃないかなと思いますね。
アヤト:3曲とも今までになかった雰囲気の楽曲なので、新しく挑戦した1枚になりましたね。
――それにしても5月から夏にかけてのスケジュールがものすごいですね……。
りあ:そうなんですよ。3デイズが2回あったり、初めて行く長野、高崎もすごく楽しみですね。
BAN:やっぱりたくさんライヴをして、行った事のない地域にもどんどん行って、私たちのライヴを1人でも多くの人に見てもらいたいので、ライヴを重ねて成長したLOUD GRAPEが夏以降どうなるか楽しみにしていてほしいなと思います。
――インストアイベントもたくさんありますが、どんなイベントをやられているんですか?
りあ:ライヴとまた違うんですけど、絶対楽しんでもらう自信があるので、ライヴのついでにでも遊びにきてほしいですね。毎回内容も違うので全部来ても大丈夫です(笑)。
BAN:各店舗ごとにいろんなテーマだったり、催し物があったり、出し物があったりするので、全部楽しんでもらえるかな。
――それでは最後にViSULOGを見ている人にメッセージをお願いします。
BAN:この先、発表されていくライブなどもありますし、いろんな地にも行きますので、まだ見たことがない人や、興味を持っている人たちは、インストアもありますし、どこでもいいので一度は見に来てください。
アヤト:ライヴの本数を見ていただいてもわかると思うんですけど、今年は攻めの姿勢で2年目に突入したので、1年目以上に攻めまくりたいと思います。興味のある人は是非見に来ていただきたいです。よろしくお願いします。
ユ≠キ:音源を聴いてもらいたいのもあるんですけど、やっぱりライヴに来て他の曲をたくさん聴いてもらったり、その場の空気を楽しんでもらいたいので、気になっている人とかいたらどんどんライヴに来て欲しいです。
澪毅:今回の3曲とも、武器がほしくて作ったもので、新たな挑戦の第一歩の作品なので、「買ってくれ!」と声を大にして言いたいです。そしてライヴは2年目に突入して、1年目で得たものだったり吸収したものを出していきたいのでそちらもよろしくお願いします!
りあ:2年目に入りましたけど、正直な話1年目でかなり悔しい思いをしたこともありました。「見返したい!」って思っているので、しっかりライヴで見せつけていきたいです。カッコよさとかも大事だと思うけど、それよりも客さんと同じ目線で一緒に楽しみたい。例えかっこ良くなくても楽しければいいなって思うので、楽しいライヴができるように頑張っていきます。
RELEASE
NEW SINGLE
「コドモセカイ」
2015.05.06 release!!

LOUD GRAPE
初回盤
CD+DVD
RIOC-016/017
¥1,800+税

[CD]
01. コドモセカイ
02. VS

[DVD]
01. コドモセカイ -Music Clip-
02. Shooting Off Shot
03. BANのチャレンジシリーズ


LOUD GRAPE
通常盤
CD
RIOC-018
¥1,200+税

[CD]
01. コドモセカイ -Music Clip-
02. Shooting Off Shot
03. 瞑想

SCHEDULE
FWD PRESENTS
【beauty;tricker】

05.09 (土) 池袋EDGE
06.14 (日) 池袋EDGE
06.21 (日) 池袋EDGE
07.11 (土) SHIBUYA REX



05.15 (金) 新宿BLAZE
05.23 (土) 池袋EDGE
06.02 (日) 池袋RUIDO K3
06.07 (日) 高田馬場AREA
06.17 (水) OSAKA RUIDO
06.18 (木) 名古屋ell.FITS ALL
06.19 (金) SHIBUYA REX
06.23 (火) 新宿BLAZE
07.24 (金) 新潟GOLDEN PIGS BLACK STAGE
07.25 (土) 長野LIVE HOUSE J
07.26 (日) 高崎club FLEEZ
07.31 (金) 名古屋ell.FITS ALL
08.01 (土) 大阪RUIDO
08.02 (日) 広島ナミキジャンクション
08.15 (土) TSUTAYA O-WEST

PROFILE
LOUD GRAPE

LOUD GRAPE Vo:りあ
Birthday: 03.15
Blood type: B
LOUD GRAPE Gu:澪毅
Birthday: 01.14
Blood type: わかりません
LOUD GRAPE Gu:ユ≠キ
Birthday: 05.04
Blood type: O
LOUD GRAPE Ba:アヤト
Birthday: 03.21
Blood type: B
LOUD GRAPE Dr:BAN
Birthday: 09.24
Blood type: B
オフィシャルサイト

DISCOGRAPHY
LOUD GRAPE | NEWS

LOUD GRAPE | INTERVIEW