INTERVIEW
Special
ギタリストSANを迎えた新生Black Gene For The Next Sceneがヴィジュアルも新たに第1弾シングル『裏返り』をリリースする。ゴシカルトランスをコンセプトに掲げた前作からシフトチェンジ。ダークにヘヴィに振り切れた楽曲で負の感情を爆発させた彼らの意図とは?
全国各地を廻るツアー『生まれ直し』に賭ける想いも含めて4人に話を聞いた。

取材・文:山本弘子
このエントリーをはてなブックマークに追加 チェック
「勢いのあるバンドサウンドをガッツリ提示したかった」
Black Gene For The Next Scene
――まず、ギタリストにSANさんが加入して新体制になって新たなテーマなど、話し合ったことはありますか?
Ice:SANちゃんが加入したからというわけではなく、その前から方向性を新たにしようというのはバンドの中で話題に上がっていたんですよ。オーラや個性の強いギタリストでもあるので、彼が入ってより自分たちがイメージする色が出しやすくなったっていうのはありますね。
――実際、今回のシングル「裏返り」はヘヴィでダークですもんね。
Ice:これまではトランス、エレクトロなサウンドを強調していたけれど、必ずしもそこに縛られる必要はないんじゃないかって。もともとがラウドだったり、激しいタイプの音楽を得意とするメンバーの集まりだったりするので、そういう部分を強化して提示したのが今回のシングルなんです。かと言ってエレクトロやトランスの要素を完全に捨てたというわけではないんですけどね。
――SANさんのギタリストとしての資質も影響して、今の音になっているんですか?
Ice:結果としてそうなっていると思いますね。
Rame:自分たち自身、コンセプトが先走っているような感覚に囚われることがあったんですけど「いったんバンドって何だろう?」っていうところをもう1度、見つめ直したんです。メンバーチェンジとかは関係なしに、BFNを3年やってきた中でターニングポイントの時期だったのかなと。去年、アルバムをリリースしたのもあって、いったん一区切りというか、新たにギタリストが加入したことを糧にして、勢いのあるBFNのバンドサウンドをガッツリ提示したシングルですね。
――ある意味、バンドの原点に立ち返ったという?
Rame:そうですね。前のコンセプトから脱却するとか覆い隠すという意味ではなく、形に囚われずに自分たちの持ち味を素直に出した感じですね。
――SANさんがBFNに加入するに当たって考えていた自分の役割というのは?
SAN:加入した時点ではダークでラウドな方向性ということは知らなかったんです。トランスの延長線上なのかなと思っていたんですけど、Rameさんの作った曲をアレンジしていく内に「こういうことなんだ」って。みんながやりたいことが徐々にわかってきた感じです。そこからカップリングの曲を作ったんですけど、もともと得意な路線を形にしたので、自然体でやれていますね。
――刻さんはギタリストという相棒ができて、刺激を受けている部分はありますか?
:僕はもともとツインギターのバンドしかやってこなかったので、BFNで初めてギタリストが1人というスタイルのバンドを経験して、最初は試行錯誤していたんですね。なので、今回、SANちゃんが加入して、やっぱりツインって面白いなと。以前だったらレコーディングでもエンジニアさんと相談しながら進めていったんですけれど、SANちゃんと「ああしたらいいんじゃない?」「こうしたらどうかな?」って話しながら作業していったので楽しさが増しましたね。今後はもっともっと進化していくと思うし。
「『裏返り』は怒りが根源にあってのラブソング」
Black Gene For The Next Scene
――ツインギターになって可能性が広がったんですね。シングル「裏返り」は歌詞もダークで、一貫して終わりとか、死や再生をテーマにしているのかなと感じました。
Ice:「裏返り」という言葉にしてもそうですし、ツアータイトルの『生まれ直し』にしてもそうなんですが、今まで使ってこなかったような強い言葉、攻撃的な言葉を使いたいという欲求が強かったんです。ツインギターが爆発するバンドサウンドによって、自分の中に溜め込んでいたものが加速したというか、言葉の爆発力も増した感じですね。
――音に触発されて出てきた言葉ということですか?
Ice:歌詞に関してはこういうことは歌わないほうがいいだろうとか、バンドのカラーも考え合わせて自分でオブラートをかけて表現していたところがあるんですね。今はそういう縛りがなくなったので。
――なるほど。表題曲「裏返り」はRameさんとIceさんの共作曲ですね。
Rame:まず、僕が作った大まかなデモを提示して、そこにIceが思い描く「裏返り」のイメージをミックスして抜いたり足したりして作った曲ですね。最初から激しい曲で、それをさらにみんなでバンドアレンジして出来上がりました。
Ice:ブロックとか積木みたいな作り方をしましたね。「ここの部分はいらないから、こっちにしてみよう」とか、「イントロでこれを足してみよう」とか。
――「裏返り」ってホラー映画のタイトルみたいですね。
Ice:(笑)曲を作り始める前からこのタイトルやテーマは決まっていたんですけど、ホラーというイメージは無かったですね。そう言われるとホラー映画っぽいと思えてきました。
Rame:いろいろな意味で裏返ったっていうことも含んでいますね。今までのBFNとイメージが裏返ったというところもありつつ。
Ice:この曲の歌詞は僕からファンに対するラブソングでもあるんです。
――ファンに向けたメッセージなのかなとは思いましたけど、ラブソングなんですか?
Ice:そうですね。僕らアーティストはお客さんにキレイなイメージを求められると思うんですけど、僕自身もお客さんに同じようなことを求めていることに気付いたんです。クリーンなものというか……。でも、現実は人はそんなにキレイなものじゃないから自分の期待と違ったときには裏切られたような怒りや憎しみを覚える。人ってなんて醜いんだろうと思って、そういう感情、エネルギーを注入した曲でもありますね。
――“都合の良い妄想に浸かり加速する頭の悪さ”という歌詞が出てきますもんね。
Ice:そうですね。お互いに相手のことを都合がいいように考えているから、理解が深まらないのかなと。理解したつもりになっちゃダメだなって。モノの感じ方も違うだろうし。
――ステージに立つ側と見る側の違いは必ずありますよね。
Ice:そうですね。そのギャップを埋めたいわけではないんですけど、自分が感じている気持ちを上から強力に叩き付けたかったんです。怒りが根源にあるラブソングとして届けたかった。愛ゆえにこういうふうにも感じてしまうんだっていう。
――なるほど。“死ぬ為に生まれるのだから”、“出直し死になさい解るまで”って、強い言葉をかなり使ってますよね。
Ice:この歌詞はライヴという空間も想定しているんです。見に来る人たちはなにかしら世の中に不満があったり、吐き出したいものがあるのかなと思っているので、1度、死ぬかのように解放されて浄化されればいいなって。何度も何度も僕らの音と声で殺してあげるよっていうメッセージでもありますね。
――裏を返せばもっと近づきたいというラブソングなんでしょうか?
Ice:そうですね。本当の意味での理解者が欲しいという希望というか。
――レコーディングで重要視したところというのは?
SAN:タイトルがタイトルなので、ギターも気持ち悪いスケールを使ってハモってるんですけど、そういう部分でおどろおどろしさを出せたらなと。そのあたりはこだわりましたね。
:SANちゃんは僕とは違うタイプのギタリストで、そういうアプローチが得意なので、いろいろ提案してくれて頼もしかったですね。
Rame:僕がこだわったのはベースの音ですね。激しい曲調に合う音を探して、それに伴ってプレイにもエッジを効かせました。トランスの要素が強い曲ではドラムとのラインを気にして正確なプレイをするように心がけていたんですけど、今回はライヴ感、勢いを出すためにも少し荒いぐらいのほうがいいのかなって。それは全曲に共通してますね。あと、イントロのど頭のギターのようにも同期のようにも聴こえるフレーズはデモの音をそのまま使ってます。
Black Gene For The Next Scene
――MVやアーティスト写真のヴィジュアルも変化していますが、反応はどうですか?
Ice:怖いって言われます(笑)。
Rame:Iceの場合はそうかもしれないね。
Ice:白コンをやめてくれとか(笑)。服の生地がいつもより多くてビックリしましたとか。
――(笑)。歌詞の変化と関係しているヴィジュアルなんですよね。
Ice:リンクしてますね。僕自身の衣装やメイクは醜さを表現したかったんです。僕がお客さんから受け取った気持ちを爆発させたかった。そういう意味で今回のシングルと繋がっているところはあります。
――徹底してダークで緊張感のあるシングルに仕上がりましたが、完成した曲たちを今、どう捉えているんでしょうか?
Rame:「裏返り」に関してはライヴでも演奏しているし、MVのスポットも流しているんですけど、自分的には酷評も覚悟していたんですね。Iceのヴィジュアルに関しても楽曲に関しても。でも、BFNを支えてきてくれた人たちが意外と受け入れてくれて、カッコいいと思ってくれる人たちが多くて、だったら、今までの楽曲といいバランスで新たな一面として見せられるのかなって。例えて言うと虹のように明るいほうにも暗いほうにも行けるというか。そんな中、いちばん負の要素が強くて暗い僕たちを打ち出しているのが今回のシングルだというふうに捉えています。
――負がブーストしているシングルですよね。
Rame:そういう意味でさっき言っていただいた緊張感をよりスリリングな感触で味わってもらえるのであれば本望ですね。
SAN:Rameさんが作った「黒煙のうねり、泥に孵り、全てを灰に」という曲は最初、シンプルすぎるかなと思っていたんですけど、これがすごくライヴ映えして、キラーチューンになっていきそうだなって。
Ice:受け入れてもらったのが嬉しかったですね。今回のシングルの中でいちばん洋楽テイストが強い曲なので、こういう曲がアリなら今後の曲を作る上で励みになるなって。全体に今回はシンプルに身を任せられるような曲が多いと思います。「勝手についてこいよ」的なベクトル。バラードにしても今までになかった激しさや痛さがあったりとか。
SAN:あと「癲狂のRobEr」という曲は「裏返り」のデモに入っていたRameさんのサビを活かして作ってほしいと言われて、そこから広げていった曲なんです。
――個人的にとても好きな曲です。
Rame:要は僕がいちばん最初に作った「裏返り」のデモのサビのメロディを元にSANちゃんが作った曲です。採用しなかったヴァージョンだけど、これはこれで使いたいなということになったので、別の曲として作り変えようって。
SAN:Bメロのメロディアスな部分がサビだと思われがちだけど、実は激しくて暴れまくるセクションがサビなんです。
――夜道を歩きながら聴いていたら、誰かが背後に近寄ってきそうな怖さというか緊迫感がある曲だなと(笑)。
SAN:この曲はRameさんとシンセが“ああでもない、こうでもない”って言いながら。
Rame:メンバーとこんなに激しくシンセについてやりとりして融合させたのも初めてでしたね。いい合作になったと思います。
SAN:「月光の夜、常しえに闇」はBFNに加入して最初に作った曲なんですけど、もともと得意とする曲調なのでスラッとできましたね。
――ここでやっとホッとするバラードが、と思いきや、一筋縄ではいかない展開の曲ですね。
SAN:(笑)そうですね。バラード調ではありますけれど、激しさや重さ、痛さは欲しいかなと思って。
:ミニアルバム「廃億のdanceパレード」も多少、ダーク寄りだったんですけど、今回のシングルはさらにヘヴィにダークになったので、自分でも新鮮だったし、攻撃的な曲だけじゃなく、聴かせる曲もあるので4曲のバランスがすごくいいんじゃないかと思います。早くまだ演奏してない2曲もライヴで届けたいですね。
「生まれ直すような気持ちでツアーを廻りたい」
Black Gene For The Next Scene
――ライヴの話が出たところで4月29日からスタートするワンマンツアー『生まれ直し』はどんな内容になりそうですか?
Ice:まず、負の感情で殺そうと思っています。ただ、僕らのライヴに来てくれる人はそういう要素だけを求めているわけではないので、どこかで希望も見せられたらいいですね。その相反する部分をどう違和感なく見せられるかがツアーの課題になると思うし、かなり多くの箇所を廻るので、その中でいろいろと挑戦していきたいと思います。
――ツアータイトルは今のBFNを象徴しているんですか?
Ice:そうですね。BFNは生まれ直さないといけないと思ったので、そのキッカケとなるのがこのツアーだという強い願いが込められています。
SAN:過去の曲も生まれ直すような気持ちでアドリブを入れたり、予定調和にならないようなライヴにしたいですね。
:SANちゃんも言った通り、ライヴでアレンジを加えることによって曲が新たな印象で響いて、その変化にお客さんも気付いてくれるかもしれないし、ツアーを通して試行錯誤してさらにカッコいい曲たちに仕上げていきたいですね。そういう過程を見られるという意味でもレアなツアーになると思うから楽しみにしていてほしいですね。どこかの会場に足を運んでくれた人もファイナルでまた進化した自分たちを見てもらいたいなと思います。
Rame:今回は斬新なシングルを提示したので、お客さんの中には構えてしまう人もいるとは思うんですけど、ライヴが楽しいというBFNの本質は変わらずに今後も強調していきたいと思っています。生ならではの熱さ、発散できて楽しめるステージを追求していきたいので、楽しみにしていてほしいですね。
――全箇所で何らかの発表もあるんですよね。
Rame:そこもお楽しみに(笑)。それと全箇所、ペアチケットになっているので、ぜひ、友達とか好きな人と一緒に来てほしいですね。
RELEASE
新生BFN第1弾Single「裏返り」
2015.04.22 Release

Black Gene For the Next Scene
初回限定盤
DVD+CD
GLK-018
¥1,800円(税抜)

[CD]
01. 裏返り
02. 黒煙のうねり 、泥に孵り 、全てを灰に

[DVD]
裏返りMV+オフショット

Black Gene For the Next Scene
通常盤Atype
CD
GLK-019
¥1,500円(税抜)

[CD]
01. 裏返り
02. 黒煙のうねり 、泥に孵り 、全てを灰に
03. 癲狂のRobEr

Black Gene For the Next Scene
通常盤Btype
CD
GLK-020
¥1,500円(税抜)

[CD]
01. 裏返り
02. 黒煙のうねり 、泥に孵り 、全てを灰に
03. 月光の夜、常しえに闇

SCHEDULE
2015年BFNワンマンツアー
『生まれ直し』

04.29(水・祝)大阪RUIDO
04.30(木)岡山CRAZY MAMA 2nd Room
05.02(土)博多drum son
05.03(日)熊本B.9
05.04(月・祝)鹿児島SR HALL
05.06(水・祝)広島CAVE BE
05.16(土)仙台MACANA
05.17(日)新潟GOLDENPIGS BLACK STAGE
05.23(土)名古屋ell.FITSALL
05.24(日)四日市Club Chaos
06.20(土)札幌COLONY
06.21(日)青森SUNSHINE
06.27(土)金沢AZ
06.28(日)長野J
※全箇所発表あり

『生まれ直し』TOUR FINAL
新生-born again-

07.11(土)新宿ReNY
※発表あり



04.25(土)名古屋HeratLand
06.11(木)高田馬場AREA
06.12(金)TSUTAYA O-WEST
07.18(土)新潟GOLDEN PIGS RED STAGE
07.19(日)長野CLUB JUNK BOX
07.31(金)SHIBUYA-REX
08.07(金)大阪MUSE
08.08(土)神戸VARIT.
08.09(日)名古屋E.L.L
08.14(金)渋谷TSUTAYA O-WEST
08.16(日)新宿ReNY

PROFILE
Black Gene For the Next Scene

Black Gene For the Next Scene Vo:Ice
Birthday: 01.01
Blood type: AB
Black Gene For the Next Scene Gu:SAN
Birthday: 04.25
Blood type: A
Black Gene For the Next Scene Gu:刻
Birthday: 10.19
Blood type: O
Black Gene For the Next Scene Ba:Rame
Birthday: 06.11
Blood type: A
オフィシャルサイト

DISCOGRAPHY

アーティストタグ

Black Gene For the Next Scene | 関連PICKUP

関連ピックアップはありません。