INTERVIEW
Special
『SODOMツアー』を経て一回りも二回りも大きくなつて帰ってきたコドモドラゴンから、New Single『WARUAGAKI』が届けられた。
コドモドラゴンらしいキャッチーな要素と玄人向けな要素を絶妙にブレンドしたダンサブルな楽曲に仕上がっている。
カップリング曲もバラエテ―に富んでおり、1枚でコドモドラゴンのいろいろな側面を垣間見ることができる。
5th Oneman Tour『悪足掻き』を控えるメンバーに話しを訊いた。

取材・文:山本貴也
このエントリーをはてなブックマークに追加 チェック
「ダイエットの成功例みたいになってます(笑)」
コドモドラゴン
――2014年は目まぐるしい1年でしたよね。
meN-meN:日本を4周ぐらいしましたからね(笑)。
ハヤト:もうだいたい道知ってますよ(笑)。
――その中でも一番印象に残ってることは?
meN-meN:すごい豪華なフェリーに乗りったことですかね。「何かが間違ってるんじゃない?」ってぐらい豪華だったので。
ハヤト:単なる偶然だったらしいんですけど、ホテルのスイートみたいなフェリーでしたね。そんなことがあったから、フェリー移動の時は毎回ちょっとだけ期待してたりします(笑)。
meN-meN:あとは『SODOMツアー』ですね。全国を3周回ってきた集大成みたいなツアーだったのですごく印象に残ってます。
――8枚目のシングル『WARUAGAKI』がリリースされますが、まずは今作のコンセプトから教えてください。
ハヤト:ダンサブルな曲調でひとつの得意分野でもあるんですけど、「RIGHT EVIL」が己龍さんのおかげで知名度が上がったこともあって、「その方向性で今だったらどういった音楽をやるか?」という中で他と違うものを提示していけたらなということは考えていました。その上に普段感じてるフラストレーションみたいなものを言葉に代えて「俺らはこう思って音楽やってる」っていうことを提示しました。
――表題曲の「WARUAGAKI」は、キャッチーなだけじゃなく構成がすごく凝ってますね。
ハヤト:メロディの展開だけで考えたら、バックの演奏の雰囲気が違うだけでメロディ構成自体は意外と少ないんですよ。サビだけ聴いたらちょっと伝わりにくい部分もあるかもしれないけど、サビ前のメロディが入ることで、サビをより引き立たせるというか、また違った聞かせ方ができたかなと思います。
チャム:バックの展開がコロコロ変わっていくので「楽しそうな曲」っていう印象がまずあって、聴くたびに新しい発見とおうか、いろんな隠し味に気づく1曲だと思うので、何回聴いても楽しめると思います。リズム隊とギターの絡みもそうですし、これだけ展開が多くて波があるのに、その波が不自然じゃないっていうのは驚きでしたね。
meN-meN:ベーシストの立場から言わせてもらうと、すごくすんなりと入ってきた曲だったので、ベースソロも含めてレコーディングはそこまで苦労せずに録れました。
華那:ギタースラップがあるんですけど、それがかなり難易度が高いんですよ……。そもそもの弾き方が分からなかったので、とりあえずmeN-meNに聞いてみたんでけど、meN-meNも「難しい!」って。しかもゆめと2人で一緒に弾く形だったのでどうアプローチするかすごく悩みました。あとはイントロの同期もカッコいいし、ドラムから始まってギターで静かになった後のAメロに入る感じもすごくカッコいいです。
ゆめ:最初に聴いた印象はそこまで複雑な感じがしなかったんですけど、1つずつ紐解いていくとすごい細かいところまで計算されているというか、組み込まれてる感じなので、そういうとこも気にしながら聴くとより楽しめるんじゃないかな。
――歌詞はフラストレーションを言葉にとおっしゃっていましたが。
ハヤト:僕らの音楽に対する姿勢を誤解されることが多くて、うまく伝えきれない部分もあるんですけど、それを言葉で訂正するんじゃなくて、音楽で伝えるのが一番だと思っていて、「何も感じずに音楽をやってるわけじゃないよ」って。別に悪口でも何でもなくて、包み隠しつつ文字にしたのが「WARUAGAKI」なので、受け取る人によってはスッキリするんじゃないかな。
――MVはどんな仕上がりですか?
ハヤト:プロジェクターに映し出された中で撮影したんですけど、とにかく派手ですね。
コドモドラゴン
――写真と同じイメージですか?
ハヤト:そうです。あれも合成じゃなくてプロジェクターで映しながら撮ったんですけど、MVも同じように撮ったので、僕ら自身も完成するまでどんな画になるのか全く分からなかったんです。派手なんだけど目まぐるしく映像が変わったりするので、ちゃんとメッセージ性も伝わると思います。
――MVの見所を教えてください。
チャム:撮影がプロジェクターバージョンと場所を変えたバージョンあって、プロジェクターの方は白バックの広い所で撮ったので、プロジェクターに映しだされた映像や距離感を楽しめると思います。もうひとつはそれとは対照的にすごく狭い所で撮ったので、空間の違いを感じながら楽しんでほしいですね。ちょっと風変わりのMVになってると思いますけど、マルチアングルで個人バージョンもあるので、いろんな面で楽しめる作品なんじゃないかな。
ゆめ:こんなに派手派手な所で撮ったのは初めてだったので、昔から僕らの事を知ってるお客さんからしたら、それだけでも面白いと思いますし、衣装の感じも初めてなのでかなり新鮮さを感じてもらえると思います。
meN-meN:2ヵ所で撮ったって言ってましたけど、撮影日がツアー前と後だったので、1ヶ月くらい間が空いてるんですよ。もちろん髪型やメイクがちょっと変わったりしてるところもあるんですけど、個人的な事で言ったらツアー中にダイエットをしてたので前と後の差がすごいく激しいです……。
ハヤト:ダイエットの成功例みたいになってます(笑)。
meN-meN:本当に自分でも引くくらい違うんですよ。「人ってこんなに変わるんだな」っていうのがよく分かるMVだと思います(笑)。
――何キロくらい痩せたんですか?
meN-meN:1ヶ月で8キロくらい。
――8キロも落としたら見た目も変わりますよね。
meN-meN:面白いレベルならいいんですけど、さすがにあれは酷すぎる(笑)。
ハヤト:マルチアングルが一番ヤバいだろうね。何も知らずに見たら、「meN-meNのだけ2人出てません?」って言われるレベル(笑)。ある意味で勇気を与えるMVですね。
meN-meN:「人は変われるぞ!」と。
華那:実は僕もダイエット企画をやってたんです……。そのおかげで自分もスリムな姿で撮れて良かったなって思うんですけど、こっちもわりとキテます(笑)。メイキングもかなり面白いのが撮れたと思うので是非見てほしいですね。
――どんなダイエットをしたんですか?
華那:僕は運動と食事制限をしてたんですけどなかなか痩せられなかったんです。でもライヴで体重を計るっていう公開処刑をされてたのでそのおかげで痩せましたね。だからお客さんのおかげでもあるんです。
ハヤト:ツアーのアンコールの時に、ステージ上で毎回体重を測って報告してたんです。
「そこに至るまでにはものすごい血と汗と涙の結晶が……」
コドモドラゴン
――カップリング曲「毒林檎」の“毒林檎”というのはどこから?
ハヤト:タイトルはいつも歌詞を書き終わってから決めるんですけど、“林檎”っていう漢字がすごく好きで、そこから林檎を題材にいろいろ調べていったら、ギリシャ神話に出てくるアダムとイヴが手にした林檎は“真実の果実”と呼ばれていることを知って、この歌詞の題材が“イジメ”だったんですけど、「じゃあイジメを受けてる人を救えるか?」とかそんな大きい事を言いたかったわけではなく、そういう人に寄り添える程度の“共感”というか、辛い事を少しでも吐き出せたらいいなという思いだったので、例えばそれがイジメだったら「全てを終わりにしよう」っていう言葉にかかってくるアイテムが「毒林檎」なんです。それを誰の口に運ぶかは、受け手に任せてるので、あとはイマジネーションで物語を作っていってほしいんですよね。僕の歌詞って回りくどいし、理解するのはかなり難しいと思うんですけど、それには全部理由があって、全部の言葉が掛かってきてストーリー性がある事が多いので、この言葉が「何を意味してるか?」を紐解いていってもらえるとより生々しく伝わると思います。
――ギターリフもスピード感があってカッコいいですね。
華那:完全にノリノリです(笑)。
チャム:これも展開がすごく多いでけど、それが1曲の中に全部入ってるのがすごいと思うんですよね。サビの後にもいい感じのメロが流れてるところがあるので、たくさん聴いてほしいですね。
ハヤト:コドモドラゴンの音楽長く聴いてくれてる人は、そろそろ耳が肥えてきてると思うんですよ。だからわざとシンプルを狙う時もあれば、あえて期待を裏切る時もあるんです。
――「SMASH the BRAIN」はハヤトさんとゆめさんの共作ですが、これもまた違う感じの曲調ですね。
ハヤト:基本的に曲の作り溜めをしないので、レコーディング期間に曲を作る事もしばしばあるんです。「WARUAGAKI」を録りながら、「やりたいのないなー」って思ってたら、ゆめが「曲できたからちょっと聴いてよ」って持ってきたのがこの原曲で、漠然と激しい曲がポンと出てきた感じだった。
ゆめ:高校生の時は、タル系とかハードコアっぽいバンドが好きだったんで、今までそういう曲をやった事がないなと思って作り始めたんです。歌を付けてもらったら雰囲気がよりいい感じになりました。
――すごく分かりやすくてストレートな曲ですよね。
ハヤト:僕もその印象でしたね。サビの印象がすごく良かったのと「激しい」っていう2つのイメージしかなくて、その時はこれ以上でも以下もない感じだったんですけど何とかコドモドラゴンっぽくなりました。でも、いざ着手したら合作も初めてだったので意外と面倒臭かった(笑)。
meN-meN:ベースに関しては、いつもハヤトくんが「こんな感じ」っていうのを提示してくれるんですけど、この曲に関してはそれが全くなくて、ベースフレーズを1日かけて必死こいて考えたんです。でもそれを出した時のハヤトくんの反応が怖いので、データだけ置いてさっと逃げたんですよ(笑)。そしたら案の定「ちょっと来て!」って呼び出しをくらいまして「全然ダメ!」って。なんとなくそんな感じはしたんですけどね……。
ハヤト:何か俺が嫌なやつみたいじゃん(笑)。
meN-meN:元のベースには「こうしたい!」っていうビジョンが全く見えなくて、ただギターに合わせて弾いてるだけだったんですけど、「もっとこうした方がいいんじゃない?」ってアドバイスをもらって、その場で必死に考えたものがOKになったので、曲としてはすごくシンプルなんですけど、そこに至るまでにはものすごい血と汗と涙の結晶が……(笑)。
ハヤト:一瞬だけ完全に抜け殻になってたもんね(笑)。
meN-meN:でも、そのおかげで新しい発見ができたので良かったです。
コドモドラゴン
――英詞にしたのはどうして?
ハヤト:ゆめがサビのメロだけ作ってきてくれたんですけど、明らかに音数が少なかったので日本語をつけるのは難しいなって。「イメージ的には英詞だよね」ってことで、ゆめが弾いてきたギターがより良く聞こえるメロディをつけていきました。ただ、そこがギタリストとの違いで、僕はヴォーカルなんでやっぱり歌を主軸に楽器隊を組むんですけど、ゆめは弾きたいギターを持ってくるので、最初はちょっとイラッとしたんですけど(笑)、やってみたら案外できるもんだなって。英詞にしたことで、ゆめがやりたかったメロコアみたいな雰囲気により近づいたんじゃないかな。
――歌詞の内容はどういうことを?
ハヤト:対自分に対して「変わろうぜ!」ってことを言っていて、退屈な日々を抜け出して一歩外に踏み出そうっていう珍しくポジティブな曲ですね。この楽曲を活かすのは英詞しかなかったので、英詞の時はあえて特別に普段書かないようなことを書いてます。
――エンディングも凝ってますよね。
ゆめ:あれもどうしてもやってみたかったことのひとつだったので、曲を作る時から絶対にやろうと決めてました。
――「RAD MUSIC!!」もノリやすそうな楽曲ですね。
ハヤト:前3曲が出揃った後にバランスを考えて作りました。ライヴ感を意識してテンポ感から決めていって、メンバー全員のコーラスに対して、お客さんも一緒に歌えるような楽曲なので、ワイワイ騒ぎながら歌うノリノリの感じにしたかったんです。
――Bメロの台詞みたいところがカッコいいですね。
ハヤト:困った時によく使う必殺技です(笑)。歌詞って音符の数で制限されるし、ひとつの音に対する言葉の充て方とか、冒頭の一句からすごく気にするんですけど、それで伝えきれなくてぼんやりするくらいなら、ラップでもなくメロディでもない感じで演奏を引き立たせることができるコドモドラゴンの十八番芸です。
meN-meN:ベースは派手なんですけど、すごく弾きやすいと思うので、スラップの入門編みたいな感じです。たぶんそんなに耳コピも難しくないと思うのでやってみたらええやん!
チャム:ドラムもミディアムテンポで跳ねる系の曲調なので、叩いてて気持ちいですね。お客さんもノリやすいと思います。
――サビの後半からギターが変わるところがカッコいいですね。
ゆめ:ありがとうございます。1回目のサビと2回目のサビの聴いた感じが変わったりするんですけど、全体としてはすごくストーレートなので、ライヴでやるのがすごい楽しみです。
華那:イントロからカッコいいので運転がはかどってしょうがないです(笑)。カラオケでも早く歌いたいです。ベーススラップの入門編だって言ってたんで、僕もベーススラップの練習してみようかな……。
――歌詞の内容は少し皮肉めいた事を歌ってる?
ハヤト:そうですね。こうゆうかゆい所に手が届くじゃないですけど、自分が聴きたいと思える音楽が、最近少な過ぎて退屈だなって思って、なら自分たちでやっちゃえばいいじゃんって歌です。
「『SODOMツアー』を軽く超えるツアーになるんじゃないかな」
コドモドラゴン
――5th Oneman Tour『悪足掻き』はどんなツアーになりそうですか?
ハヤト:前回の『SODOMツアー』で、曲間とか演奏もいつも以上に気にかけて、自分らの求めてるバンド像にグッと近づけたので、音楽に対するスタンスがいい方向に変わったなって思うんです。今回のシングルで、自分らの真骨頂というか、得意分野でもあり、新しくやっていきたい事を詰め込めたので、これを大きな武器にして新たな風をふかせられたらなと思います。絶対にいいライヴになるし、どのバンドでもできないようなワンマンツアーをしたいと思ってるんで、『SODOMツアー』を軽く超えるツアーになるんじゃないかな。
――それでは最後にViSULOGを見ている人にメッセージをお願いします。
華那:前回の『SODOMツアー』では、自分なりにいろいろ考えて回れたツアーだったんで、そこで学んで来た事を次のツアーで全部出し切って、さらに自分を進化させていきたいですね。FINALの新宿BLAZEはちょうど1年前にもやったところなので、次こそはソールドアウトさせられるように頑張ります。
ゆめ:『悪足掻き』っていうタイトルからも、カッコよくスマートに終わる感じには絶対にならないと思っていて、体力的には大変かもしれないけど、ライヴ1本1本が全部いいものになるように“悪足掻いて”いこうと思うので、このツアーを経てもっと上を目指していけるようなツアーにしたいです。
meN-meN:ツアーとツアーの合間って士気が下がりがちなバンドだったんですけど、前回のツアーから下がらないまま、ずっと高い士気のままきてるので、1本目から最高のスタートが切れると思います。僕は埼玉出身なんですけど、今回は昔よくライヴをやっていた思い出の場所でもある高崎でできるので、「そういうところでどういうライヴができるか」「どう自分たちを見せられるか」ということを考えながらFINALの新宿BLAZEに向けてやっていきたいと思います。
チャム:前回よりも本数がちょっと多いんですけど、始まってみたらあっという間に終わってしまうと思うので、1本1本を大切にやっていきたいですね。1人でも多くの人にいろんな会場とか、FINALの新宿BLAZEに来てもらえるよに「来て良かったな」「また行きたいな」って思ってもらえるようなライヴができるように頑張ります。
ハヤト:これだけのライヴを経験してきた事で成長してる自信もあるし、最近のファンの力強さもすごくライヴで感じているので、そういった部分をもっと拡大して、より多くの人と盛り上がりたいし、どっかで僕らの事を色モノだと思ってしっかりと音楽を聴いてもらえてない部分もあると思うので、「俺らの音楽がカッコいい!」ってことをしっかりと提示していきたいです。少しでも気になってる人がいたら、絶対に損させないと思ってるし、FINALは絶対にソールドさせたいので、仲間同士で手を取り合って、全力で前に進めていくツアーになったらなと思います。
トップへ戻る
RELEASE
8th maxi single
「WARUAGAKI」

2015.03.18 Release!!

コドモドラゴン
Atype【初回限定盤】
CD+DVD
BPRVD-154
¥1,800(税別)
[CD]
01. WARUAGAKI
02. 毒林檎
[DVD]
「WARUAGAKI」PV・メイキング
[封入]全タイプ購入特典応募券「A」

コドモドラゴン
Btype【初回限定盤】
CD+DVD
BPRVD-155
¥1,800(税別)
[CD]
01. WARUAGAKI
02. 毒林檎
[DVD]
「WARUAGAKI」マルチアングルPV
[封入]全タイプ購入特典応募券「B」

コドモドラゴン
Ctype【通常盤】
CD
BPRVD-156
¥1,500(税別)
[CD]
01. WARUAGAKI
02. 毒林檎
03. SMASH the BRAIN
04. WARUAGAKI-vocalless ver.-
05. 毒林檎-vocalless ver.-
06. SMASH the BRAIN-vocalless ver.-
[封入]全タイプ購入特典応募券「C」

コドモドラゴン
Dtype【通常盤】
CD
BPRVD-157
¥1,500(税別)
[CD]
01. WARUAGAKI
02. 毒林檎
03. RAD MUSIC!!
04. WARUAGAKI-vocalless ver.-
05. 毒林檎-vocalless ver.-
06. RAD MUSIC!!-vocalless ver.-
[封入]全タイプ購入特典応募券「D」

★全タイプ共通封入特典:トレカ2枚(全10種)
★全タイプ購入応募特典:5th Oneman Tour「悪足掻き」ツアーパンフレット
SCHEDULE
コドモドラゴン
5th Oneman Tour「悪足掻き」

03.21 (土) 名古屋E.L.L
03.22 (日) OSAKA MUSE
03.24 (火) 岡山IMAGE
03.26 (木) Hiroshima CAVE-BE
03.27 (金) 福岡DRUM Be-1
04.04 (土) 札幌KRAPS HALL
04.05 (日) 札幌KRAPS HALL
04.08 (水) 青森Quarter
04.10 (金) 仙台darwin
04.11 (土) 宇都宮HEAVEN'S ROCK VJ-2
04.14 (火) 新潟GOLDEN PIGS RED STAGE
04.16 (木) 高崎clubFLEEZ
04.18 (土) 埼玉HEAVEN'S ROCK VJ-3
04.19 (日) 柏PALOOZA
04.25 (土) 横浜FAD
-Tour Final-
04.29 (水・祝) 新宿BLAZE




04.01 (水) Zepp Tokyo
05.24 (土) TSUTAYA O-EAST

PROFILE
コドモドラゴン

コドモドラゴン Vo:ハヤト
Birthday: 06.10
Blood type: AB
コドモドラゴン Gu:華那
Birthday: 03.01
Blood type: AB
コドモドラゴン Gu:ゆめ
Birthday: 02.28
Blood type: B
コドモドラゴン Ba:meN-meN
Birthday: 06.28
Blood type: O
コドモドラゴン Dr:チャム
Birthday: 06.23
Blood type: A
オフィシャルサイト

DISCOGRAPHY

アーティストタグ

コドモドラゴン | 関連PICKUP

関連ピックアップはありません。