INTERVIEW
Special
始動時に発表された3部作も今回の1st MINI ALBUM『出戻り鬼畜サイコ野郎(再犯)』でついに完結する。
今までのゴシップの歴史とこれからの未来が詰まった今作は、楽曲がより洗練され、どんなタイプの曲も表情豊かに歌いあげる朔のヴォーカルも魅力たっぷりだ。
バンド名表記も『ゴシップ』に変わり、装いも新たなゴシップのメンバーに話しを訊いた。

取材・文:山本貴也
このエントリーをはてなブックマークに追加 チェック
「ゴシップの今までの歴史とこれからの未来が入ってるような作品」
ゴシップ
――まずは1月25日に行われた初単独公演『仁義無き戦い~友断ち』の率直な感想から教えてください。
:初単独公演だったんで「やりたいことをやりたいようにやる」っていうのがコンセプトだったんですけど、自分らが狙ってた以上にすごく楽しい単独公演になりました。
:始動して半年経ってのひとつの集大成ではあったんですけど、終わってみたらもっと先が見えたというか、まだまだいけるって思えました。
:現状のゴシップのライヴが「どういうものなのか?」というのは見せられたと思うし、会場も熱くてすごく楽しいライヴでした。もっとやってやろうって思いましたね。
:新衣装の初お披露目でもあったんですけど、うちらが登場した瞬間の会場のボルテージの上がり方は「キタッ!」って感じがしたし、さらにその先のゴシップの展開が見えたライヴになりました。
:思った以上に見た目の変化の反響が大きかったのが驚きました。ライヴが始まる前からお客さんの声が聞こえてきたので、こっちもテンションが上がった反面、ダメな部分も同じレベルで見えたので、次のワンマンがもっと楽しみになりました。
――バンド名の表記がカタカナに変わったんですよね?
:そうですね。見た目が変わるのと、“大日本鬼端児組 悪童会”というもう1つのコンセプトを自分たちで作って、その発表と同時に発足もしたので、それに合わせてカタカナ表記に変更しました。
――1st MINI ALBUM『出戻り鬼畜サイコ野郎(再犯)』のリリースで、始動時に発表された3作が完結となりますが、タイトルに“(再犯)”をつけたのにはどんな意味が?
:単純に『セン恥メンタルなサイコ野郎』からひとひねりほしかった。『セン恥メンタルなサイコ野郎』の時の“サイコ”とは「全然違うんだぞ!」というところもあるし、“(再犯)”ってことは前科があるわけで“もう一度”っていう意味合いも入ってます。
――制作にあたってのコンセプトはありましたか?
:最初は全部新曲で構成しようと思ったんですけど、制作中に自分では予期せぬ所でいろんな曲が集まってきたので、新曲ばかりのコンセプトミニアルバムというよりかは、ゴシップの今までの歴史とこれからの未来が入ってるような作品になりました。
――「凶育シンリカウンセラー」は、タイトルからしてゴシップらしさがよく出ていますね。
:くどいと言っていただきたいです(笑)。
:今までなかったようなノリを作って、それを皐に投げて「あとはお任せします」といういつも通りのパターンです。
:茜から来た段階では今とかなり違かったんですけど、「こういう風にしたいのかな?」という僕なりの解釈を入れつつノリノリな感じも外したくなかったので、ちょっとジャジーな香りがする曲になりました。
ゴシップ
――最初にSEみたいなセクションがありますが、あれはSEとして捉えていいんですか?
:元々はSEと「凶育シンリカウンセラー」は別トラックだったんですけど、それを同じトラックに合体させたのでSEですね。
――何か語りのようなものが聴こえてきますが、あれは「凶育シンリカウンセラー」に繋がるような事を?
:そうですね。テレビから流れてくる報道や情報こそ凶育の温床。エグいSE、そこから「凶育シンリカウンセラー」に突入するっていう流れにしたかったんです。
――サビの高い声と低い声のダブル効果で、いい意味のキャッチーさが出てますね。
:簡単な手法ではあるんですけど、オクターブ上とオクターブ下の2本を歌ってます。ただ普通は上に歪をかけることが多いんですけど、これは下の方に歪みをかけて少し前に出るようにこだわりました。
:この曲はスネアにすごくこだわりました。4台ぐらい並べてエンジニアさんと相談しながら決めていったんですけど、日本ではなかなか手に入らないような貴重なスネアを使わせていただいて、通常のものより小さいサイズなのに音圧はあるっていう不思議なスネアでしたね。
――歌詞は朔節が炸裂してますね。
:メジャー指向でやってるので、大分ポピュラーに近づいてきました。
――そう言われてみればたしかに……(笑)。
:基本的には皮肉なんで、別に誹謗中傷したいわけではないんです。ただそういう思い込みだったり、教育だったり、催眠だったり、そういうものすべてが繋がるんじゃないのかなって。占いとかもそうですけど“良い”というものに対して、すんなり“良い”と思ってしまう気持ちって逆に言えば怖いと思うんです。そういうところから、ちょっと皮肉を込めて、大人に対する“反抗”というのがテーマとしてありました。児童殺傷事件の犯人が、更生施設で被害者に対して「何を思ってるのかな?」とか、そういう事を考えちゃうと更正というものが果たして“教育”なのか“凶育”なのかわからないなって。
――リード曲「悪童会-クソッタレ行進曲-」はいかがでしょうか。
:これを作ったのはわりと最後の方なんですけど、新しい衣装が決まって「こういうイメージの曲が欲しいんだけど」っていうリクエストから、軍歌をテーマに王道っぽい雰囲気を作って、それをまた皐に……。
:王道進行なんですけど、耳に残ることを重視して、各セクションの繋ぎとかにこだわりながら、ノリやすいような曲を作っていきました。
:サビのベースラインは、自分の癖が出すぎないように、ちょっと変わったラインをつけてみました。
:ヴォーカルのメロディラインと全体の雰囲気をメインで押し出したかったので、この曲は手数を控えめにしてバンドの方向性が伝えるために、自分本位じゃなくてバンドのカラーを押し出したドラムにしました。茜くんが作ってくるデモって、なぜかは分からないんですけど手数が少なくなる傾向にあるんですよ。皐くんの曲だと手数が多くなるんですけどね……(笑)。
――歌の表現力がすごく豊になりましたね。
:ありがとうございます。きっと自由にやった結果ですね。1Aと2Aで微妙にメロディの雰囲気が変わるのもそうだし、そういう意味ではバリエーションが一番多い曲かもしれないですね。
ゴシップ
――歌詞についてはいかがですか?
:うまく行進曲にハメようと思ってたわけじゃなくて、たまたま前奏部分のSEのタイトルが「なんちゃら行進曲」っていうらしくて、それが行進曲だと知らずに歌詞を書いていたので、最終的に「悪童会-クソッタレ行進曲-」になったので、曲に導かれたのかなって。
――行進曲というテーマは最初からあったんですか?
:わりと早い段階でありましたね。曲の持ってる雰囲気からして、エッジの効いた歌詞をのせなきゃいけないと思ったんで結構キツイ事は言ってると思います。
――歌詞には言葉遊びがたくさんあるので、歌詞を読みながら聴くとまた印象が変わりそうですね。
:目で見る文字の面白さってあると思うんですよね。それがわりと多い人だから歌詞も読んで欲しいですね。
――これをリードに選んだ理由は?
:バンドとして、「この先何かを提示する」という意味でこの曲が出来たんです。これが出来てミニアルバムの完成が見えたし、自信を持ってリリースできると思えたんですよね。今のゴシップの最先端ですね。
――MVはどんな映像に?
:1作目の「Psycho-pas$」とは真逆の映像になってます。
:泥くさいよね。
――見所を教えてください。
:今回は全部ですね。最初から最後まで目が離せないです。
:バンドの印象が変わったのが映像からも分かると思うので、そういうことろを見てほしいですね。
「『悪童会』って名前で激しくなかったらただのクソ野郎なんで(笑)」
ゴシップ
――「腕」はいかがですか?
:ロックバラードよりの曲なんですけど、作ってる時からちょっと激しめだけど聴かせる所は聴かせるっていうコンセプトで、ノリもありつつ綺麗なメロディの中に、怪しい雰囲気のギターとか、アラビアンなエッセンスをちょっと入れてみました。僕らしい曲に仕上がったと思います。
――歌詞の中に他の曲との共通ワードみたいなものがいくつか出てきますが。
:前後の曲で共通キーワードがチラホラ見えるんですけど、狙ったわけではなく偶然の産物なんです。でもそうやって考えるとこれも導かれてるのかなって思いますね。
――ここに出てくる“腕”は同じ人の?
:そうですね。“腕”に関しては「愛情表現の対象物=腕」なんですけど、限定した愛って言うんですかね。「どこが好き?」って言われて「全部好き」って答えるヤツは嘘だと思うんですよ。例えば、母の腕に対する執着心だけがとにかく強いとかいろいろあるとは思いますけど。
――「とあるアイドルオタクの異常な愛情」は前回のインタビューでも訊きましたが、こうしてアルバムの中で聴くと印象が変わりますね。
:流れで聴くことでまた違った一面が見えると思いますね。自分たちの位置づけでもキャッチーな部類に入る曲で、ライヴでは歌モノの楽しい曲という扱いでやっています。
:お客さんからも人気の高い曲です。
――「絶交-キレる5秒前-」は、このイントロからこういう展開になるとは思わなかったです。
:たしかに違いますね(笑)。始動前からあった曲で、そこからアレンジしつつ、ライヴでもやりながら育ってきた曲です。
:ゴシップ唯一のあおり曲です。
:内容としても結構いい事言ってるんですよ。
:「友達面してんじゃねーよ!」ってことじゃないの?
:(笑)。
:この前、友達にCDを送ったら「歌詞書いてる人大丈夫!?」って言われた(笑)。
:「幼少の頃いろいろあって……」って言っといて(笑)。
ゴシップ
――「七月三十一日」壮大な楽曲ですが、これもまたタイトルが気になりますね。
:意味はあるんですけどあんまり言いたくない……。でもすごく大事なタイトルです。メロディも綺麗なので極力ハモリを排除して、出来る限り最小限の声にしました。
――最後のサビの後にコーラスセクションがくるのは意外でした。
:洋楽テイストじゃないですけど、バラードを作るにあたっては自分一人の土台だけでは世界観を表現できなかったので、そこは皐の手にゆだねてグッと雰囲気が変わるものをアレンジしてくれました。
――歌詞はどんなことを?
:死んだ人を見送る側が、悲しいとか、寂しいとか、もう一度会いたいとかっていう死んだ人に対して想う気持ちとは逆の視点で、例えば戦地に赴いて、向こうで帰らぬ人になってしまった場合「そっち側の心情ってどうなんだろう?」なって。特に「悪童会-クソッタレ行進曲-」から繋がっている自分の中のテーマを書きました。
――聞き所はありますか?
:冒頭のノイズは、僕が実際のラジオを動かしながら苦労して録ったので聞いてほしいですね。
:そこからバンドインするところにドラムのフィルインが入るんですけど、そこのエフェクトもカッコいいです。
――「慰存症」もアルバムに入ると不思議とキャッチーに聞こえますね。
:聞こえますよね。「慰存症」自体は半年近くずっとやってきて、ライヴの最後にやることが多いですね。
――『出戻り鬼畜サイコ野郎(再犯)』はゴシップにとってどんな1枚になりましたか?
:ゴシップにとっても大切な1枚でもありますし、始動からの歴史とこれからの未来が詰まった1枚ですね。
――先ごろの鹿鳴館で6月に2枚のリリースが発表されましたね。
:2nd『拝啓、鬼端児様へ』は通販と会場限定で、名義も『悪童会』なので、悪童会らしい楽曲になってます。このシングルと付随して3本の単独公演があるんです。
――名義を分けたのはどうして?
:「面白そう」っていうのが一番ですね。今回の「悪童会-クソッタレ行進曲」から広がった部分なんで、「せっかくだからゴシップじゃなくて悪童会でやってみたらいいんじゃない?」って。突拍子もない感じで驚かす事になると思います。
――名前を見る限りではより激しそうですね。
:『悪童会』って名前で激しくなかったらただのクソ野郎なんで(笑)。その後は、7月31日と8月1日にゴシップの単独公演が2デイズであります。
――あ、7月31日ですね!
:ありがたいです。これも天から導かれた感じですね。
――最後にViSULOGを見ている人にメッセージをお願いします。
:衣装が変わった事で、周りからのいい反応を実感しているので、この流れにのって、バンドの気合いをライヴでも出せたらなと思ってます。
:99人限定ギグが東名阪であるんですけど、お客さんと近い距離でできるライヴなんで、ぶつかり合っていきたいですね。
:どのライヴも常に全力で、ゴシップをもっともっと広げていきたいです。
:『出戻り鬼畜サイコ野郎(再犯)』でゴシップの先を見せることができたので、東名阪の限定ギグと2デイズで、みんなでゴシップを作り上げていきたいなと思います。
:“ブラックギャング”を経て、この度『大日本鬼端児組 悪童会』になったゴシップなんですが、今年はゴシップが全国を引っ掻き回してやろうっていう強い気持ちを持って前に進んで参りますので、応援よろしくお願いします。
トップへ戻る
RELEASE
1st MINI ALBUM
「出戻り鬼畜サイコ野郎(再犯)」

2015.03.11 Release!!
【全国流通盤1000枚限定生産】

ゴシップ
CD
AMWK-014
¥2,592(TAX IN)

[CD]
~SE
1.凶育シンリカウンセラー
2.悪童会-クソッタレ行進曲-
3.腕
4.とあるアイドルオタクの異常な愛情
5.絶交-キレる5秒前-
6.七月三十一日
7.慰存症

SCHEDULE
Madwink. PRESENTS 悪童会単独公演 99人限定GIG「大日本鬼端児組 悪童会 見参。」
06.07(日)神楽坂EXPLOSION
06.26(金)大阪 新神楽
06.28(日)名古屋MUSIC FARM

Madwink. PRESENTS ゴシップ単独公演「赤イ噂・黒イ噂」 「赤イ噂 ‐バカ!アホ!マヌケ!ゴシップ様万歳!! (御客様大感謝祭)‐」
07.31(金)池袋CYBER

Madwink. PRESENTSゴシップ単独公演「赤イ噂・黒イ噂」「黒イ噂 ‐アンチゴシップの皆様のおかげでしたっ!暴露上等全部見せます!(みんなで一緒にDISボイス!)‐」
08.01(土)池袋CYBER



03.13(金)池袋EDGE
03.14(土)新横浜NEW SIDE BEACH!!
03.15(日)浦和ナルシス
03.21(土)宇都宮HEAVEN'S ROCK VJ-2
03.22(日)柏PALOOZA
03.28(土)金沢AZ
03.29(日)新潟GOLDEN PIGS RED STAGE
04.05(日)水戸ライトハウス
04.11(土)名古屋E.L.L.
04.12(日)大阪MUSE
04.23(木)京都MUSE
04.25(土)岡山IMAGE
04.26(日)広島ナミキジャンクション
04.29(祝・水)福岡DRUM Be-1
05.02(土)郡山CLUB #9
05.03(日)仙台darwin
05.05(祝・火)札幌KRAPS HALL
05.06(祝・水)札幌KRAPS HALL
05.17(日)高田馬場AREA
06.21(日)新宿BLAZE
07.05(日)高田馬場AREA

PROFILE
ゴシップ

ゴシップ Vo:朔-saku-
Zodiac Sign: Sagittarius
Blood type: B
ゴシップ Gu:茜-akane-
Zodiac Sign: Aquarius
Blood type: B
ゴシップ Gu:皐-satsuki-
Zodiac Sign: Capriconus
Blood type: O
ゴシップ Ba:零-zero-
Zodiac Sign: Leo
Blood type: O
ゴシップ Dr:颯-hayate-
Zodiac Sign: Gemini
Blood type: A
オフィシャルサイト

DISCOGRAPHY

アーティストタグ