INTERVIEW
Special
新たな楽曲の世界観を切り開いた渾身の意欲作『INAZUMA』がついに完成!前作よりも激しさを増した演奏の中に、ALSDEADらしい泣きのあるメロディが展開する。
カップリングにはバラード「秘密」、ハードな楽曲の「EVOⅢ」を収録。
『INAZUMA』を引っ提げた、意外にも名阪は初となるワンマンツアー【電光石火】も控えるALSDEADに話しを訊いた。

取材・文:山本貴也
このエントリーをはてなブックマークに追加 チェック
「背徳感を越える欲望」
ALSDEAD
――「INAZUMA」の制作にあたってのコンセプトから教えてください。
MAKI:背徳感を越える欲望をテーマに、後ろめたさや、罪悪感みたいなものが背景にあるからこそ、より盛り上がるものっていうのが心理的にあるってことを描きたかったんです。いけない事をしてるからこそ余計に燃えることってありますよね。
――“INAZUMA”というワードは、どこから出てきたんですか?
MAKI:ある時NIKKYがポロッと“INAZUMA”って言ったところからなんですけど、そこから膨らましていきました。“INAZUMA”って聞いたら、僕の中では、もっとロックでストレートでバカっぽいイメージしかなかったんですけど、楽曲がそういう感じじゃなかったので、頭の中にあった“INAZUMA”を一回壊して、「この曲の“INAZUMA”とは一体何だろう?」っていうのを探り探り作っていきました。
――よく“INAZUMA”というワードから、ここに持ってきたよね。
MAKI:自分でも、「本当によくいけたな!」って思いました(笑)。最初は一目惚れが候補で、一目惚れも“INAZUMA”のような衝撃があるし衝動的なものだなって。だけど、一目惚れよりも切ない感じが曲にあったので、そこからまた自問自答して……。
――“INAZUMA”は、NIKKYさん発信とのことですが、どうしてこのワードが?
NIKKY:なんでか言っちゃったんですよね……。そしたらみんなの反応が意外にもよくて、まさか採用されるとは(笑)。本当によくここまでうまく歌詞を書きましたよね。
MAKI:過去の作品とは比べられないほど難題だった(笑)。しかもそれが表題曲になって、MVにもなって、そのプレッシャーも感じながらもう必死ですよね。よく途中で、「全部一回やめようぜ!」みたいなことになるんですよ。「もうわからんわ!」って若干ケンカみたいになったりもして、完全に罪のなすり付け合いですよね(笑)。でもそこを気力で乗り越えていきました。
――沁さんはどの部分で“INAZUMAらしさ”を?
:「INAZUMA」ってタイトルが決まった時は、それぞれが持ってる“INAZUMA”感が違ったんです。僕はわりと切ないイメージがあって、最初は食い違っていたんですけど、INAZUMA感を出すには、まずサウンドイメージを固めないとなと思って、イントロからうめく切なさとうまく融合できないかなとメンバーと相談しながら進めていきました。
――タイトルだけ聞いたら、何となく激しそうなのがきそうだからね。
:そうなんですよ。でもそれってすごく安直やなと思っちゃったんで、予想できないものにしたいっていうものありました。
MAKI:その認識の違いで、やっぱり制作課程にずれみたいなのがあって、すごい覚えてるのが、沁は中晩以降は歌詞のコンセプトに沿って音を作っていくんで、「歌詞を先にほしい」って言われたけど、「わからんし!」ってまたそこで喧嘩になった(笑)。そういう壁を何回も乗り越えてできた曲でしたね。
NIKKY:ドラムは、必然的に全編激しくて、ツーバスドコドコずっと踏みっぱなしみたいなところもあるので、頑張ってる感を感じ取ってもらえたらと。
ALSDEAD
――ギターソロのところもすごいですね。
NIKKY:ギターソロとドラムのフレーズがユニゾンしてるんですけど、打ち合わせしてそうなったわけではなくて、偶然というか、沁さんが絡んできてくれた。
:NIKKYなら絶対わかってくれると思って(笑)。でも、わりと歌モノなので、あんまり出しゃばれなかったんですよね。なるべく歌を推したシンプルなギターなんですけど、ソロだけは思いっきりいかないとつじつまが合わないな思って、今までにないくらいのスピードで弾いたので、かなり難易度高いです。
陽佑:この曲に関してベースは特にないです(笑)。ベースフレーズを考える段階で、すでに“INAZUMA感”があったから、これ以上出しちゃうと、INAZUMA過ぎちゃうと思ってやめました。僕の考える“INAZUMA”もそこまで、じゃなくて、夜中に家の窓から眺めてる“INAZUMA”だったり、ちょっと切なさのある“INAZUMA”だったので、ベースは大した事してないんです。
――歌詞は禁断の恋というようなニュアンスですよね?
MAKI:軽い気持ちで始めたはずなのに、終わらせることが出来ないようなシチュエーション。元々の設定からダメな事なので、その渾沌とした、どこにも行き先のない感情がバチバチなってる雰囲気ですね。
――ミュージックビデオはどんな仕上がりですか?
MAKI:「“INAZUMA”のような恋」を監督さんに膨らませてもらった時に、“蛇”との絡みがあるぞと。最初は全くイメージがつかなかったんですけど、実際に絡んだ映像を見たら、表現したかった世界観とリンクした部分があったんで、「INAZUMA」をうまく表した映像になりました。「蛇がどういう存在なのか?」を自分なりに考えてもらえたら嬉しいな。
陽佑:2コーラス目のイメージショットで、蛇と絡んでるところがあるんですけど、僕がめっちゃきょどってるので観てほしいですね(笑)。監督さんに、「これ大丈夫ですか?」って訊いたら、「かわいいからOKだよ」って。
MAKI:撮影現場では一番蛇と馴染んでて、怖がってなかったのに、映像では一番ビビってる人に見える(笑)。
――どうしてきょどっちゃったんですか?
陽佑:楽器を持たずにカメラを向けられると、何をしていいか分からないんですよ(笑)。
MAKI:心の中の本音やないか!
陽佑:写真は大丈夫なんですけど、動画となるとダメなんですよね……。ヴォーカルってすげえなって思ったし、ギターソロ中のヴォーカルはもっとすげえなって(笑)。
MAKI:この前イベントでヴォーカルをやってから毎回言ってるんですよ。ギターソロ中のヴォーカルの何やっていいかわからん感がすごいって。
NIKKY:ドラムは撮影の映り込みが結構多いので、あんまり映らないであろう所は加減して叩いたり、叩くフリだったりすると思うんですけど、僕は最初から最後まで全力で叩いて、遠目からでも全力感が出るように頑張りました。途中で、「NIKKYさんあんまり映らないんで、全力じゃなくて大丈夫です」って言われたんですけど、構わず全力で叩き続けました。
:今までのMVって、良くも悪くも全力感が出ていた感じがあったんですけど、今回はすごく落ち着いてやれたような気がしたので、そういう意味ではすごく各々の個性みたいなものが映像から感じとれるなって。
「もう片方のアナザーストーリー」
ALSDEAD
――M2「秘密」はバラードですけど、MAKIさんの低いトーンもいいですね。
MAKI:低いキーでの歌はALSDEADではあまり表現していなかったので、今後は出していきたいなと思いますね。サビはめっちゃ高いんですけどね。
:これは最初からバラードでいくって決めていて、空気感を感じられる曲にしたかったんです。歌詞のイメージも最初から見えていたので完成まですごく早かった。バンド感が伝わってくれたら嬉しいですね。ソロは、「今どきあんな古くさいもん弾くやついるのか?」っていう感じです(笑)。
MAKI:「INAZUMA」とはうってかわって、オケをもらって30分でメロディをつけて返して、その数日後には歌詞もできたので「INAZUMA」はなんやったんやって。
陽佑:この曲は、J−ポッパーの血が騒ぎましたね。MAKIに送ったら、「フリーみたいだね!」って。
MAKI:ハイフレッドの動きが、レッド・ホット・チリ・ペッパーズのフリーっぽくていいなって。今までもバラードは数曲あるんですけど、その中でもちょっと違う雰囲気に仕上がりました。
NIKKY:それに対してドラムは本当に地味です。地味だから簡単ってわけではないんですけど、今回は出番をベースに譲ってあげようと思ったそんな曲です(笑)。
MAKI:歌詞は、「INAZUMA」で好き勝手やってる主人公に対して、その相手側というか、もう片方のアナザーストーリーという部分をどうしても描きたかった。僕の中では「秘密」は女性、「INAZUMA」は男性で、この二つをセットで聴いてほしい。
――M3「EVOⅢ」(※通常盤のみ収録)は、スピード感が気持ちい曲ですね。
MAKI:これはドラムが圧勝の曲!
NIKKY:自分の中でも、ドラムメインだと思っています(笑)。こういう曲では、叩ける叩けないは置いといて、ドラムに聞こえないようなドラムを表現したくて、自分で考えてパソコンで打ち込んでいってそこから練習するんです。
MAKI:NIKKYが入ってからサウンドのバランスが若干変わって、今まではギターがすごく前にいたんですけど、今はドラムも前に来だして、曲によってはギターがドラムよりも若干下がるとか、そういうバランスの曲が出来るようになってきたんです。そういう曲の作り方ができるっていうのが何より楽しいです。
――たしかにドラムが目立ってるね。
NIKKY:目立ったり目立たなかったり、曲によっていい所を出せるように考えてます。
――構成もすごくシンプルだね。
MAKI:Cメロとかそういうのも入れずに、全部で2分半くらいです。
ALSDEAD
――でもちゃんと成立してるからね。
MAKI:ボリュームを感じてもらえれば嬉しいですね。「EVOⅢ」は、「過去にとらわれるな」というメッセージがあって、過去って実際にふたを開けてみると、すがるほど大したことなかったじゃんみたいな。それをすごいスピードで駆け巡っていくような感じを今の僕たちとリンクさせたいなって。
――東名阪ワンマン【電光石火】はどんなライヴになりそうですか?
MAKI:「INAZUMA」にちなんで、激しい楽曲が揃ってきているので、今までにないバンド感、音圧だったり、一体感を感じてもらえるようなワンマンになるんで、覚悟してかかってきてほしいなと思います。
――名阪は意外にも初ワンマンなんですよね?
MAKI:名阪を大事にしながらも、今までは、「ワンマンをやろう」ってならなかったんで、もっとやっていきたいという意志の表れです。
――2月20日には、NIKKYpresents 【VS GALEYD】もありますが。
NIKKY:この日でGALEYDが解散で、両バンドでドラムを叩くんですけど、GALEYDはGALEYD、ALSDEADはALSDEADでどっちも干渉せずに、個々のバンドの個性を出してライヴ出来たらと思います。
――それでは最後に、ViSULOGを見ている人にメッセージをお願いします。
MAKI:色々と極まってきているALSDEADを是非体感しに来てください。
陽佑:「INAZUMA」をリリースして、東名阪ワンマンもあって、今回はインストアイベントもたくさんあるので、いっぱい触れ合いましょう。楽しみにしてます。
NIKKY:どんなキッカケでもいいから、ALSDEADに触れてもらえたらなと思います。
:ALSDEADは、活動歴もそこそこあるんですけど、やっと今になって一連の流れが作れるようになってきたというか、すごく回り道した部分もあるんですけど、ここで作り上げた流れが、ものすごい自分たちのパワーに変わってきていて、それをシングルにもワンマンツアーにもぶつけられると思うので、今後も含めた一連の流れを途切れさせないように、グイグイ引っぱっていくので期待してほしいです。
RELEASE
NEW SINGLE
「INAZUMA」

2015.03.11 Release!!

ALSDEAD
【初回限定盤】
CD+DVD
DCCL-180/1
¥1,728(税込)

[CD]
01. INAZUMA
02. 秘密

[DVD]
01. INAZUMA MV
02. メイキング映像

ALSDEAD
【通常盤】
CD
DCCL-182
¥1,296(税込)

[CD]
01. INAZUMA
02. 秘密
03. EVOⅢ

SCHEDULE
ALSDEAD×ViSULOG FREE LIVE『INAZUMAめがねナイト』
02.16(月) 東高円寺 二万電圧

ALSDEAD NIKKYpresents 【VS GALEYD】
02.20(金) 池袋EDGE

ALSDEAD東名阪ワンマン 【電光石火】
03.13(金) アメリカ村CLAPPER
03.14(土) 今池 CLUB 3STAR
03.20(金) 高田馬場AREA



03.01(日) 水戸LIGHT HOUSE
03.07(土) 高崎Club FLEEZ
04.05(日) 豊島公会堂
04.23(木) 池袋EDGE
04.26(日) 池袋EDGE
05.02(土) 名古屋ell.size
05.03(日) OSAKA RUIDO
05.06(水) 池袋EDGE

PROFILE
ALSDEAD

ALSDEAD Vo:MAKI
Birthday: 11.20
Blood type: B
ALSDEAD Gu:沁
Birthday: 11.29
Blood type: B
ALSDEAD Ba:陽佑
Birthday: 01.05
Blood type: A
ALSDEAD Dr:NIKKY
Birthday: 02.17
Blood type: A
オフィシャルサイト


DISCOGRAPHY

アーティストタグ

ALSDEAD | 関連PICKUP

関連ピックアップはありません。

ALSDEAD | 関連CONTENTS

関連コンテンツはありません。

ALSDEAD | 関連MOVIE

関連動画はありません。