INTERVIEW
Special
“白”をモチーフに活動してきた1年間を経て、Chantyが新たなるステージへと突入。カラフルな衣装にピッタリな、はじけたシングル「おとなりさん」をリリースする。ご近所さんのことを歌った曲かと思いきや、近くて遠い人と人との距離や2面性を描いたひとひねりある歌詞にChantyらしさが炸裂。メンバー全員が刺激的すぎる(?)キャラクターを演じたMVや、謎のオジさんがモデルのユーモアたっぷりのジャケットもふくめ、さまざまな角度から楽しめる作品となっている。バンド始動時から存在し、ライヴの定番曲「ALIVE」や、芥の怒り爆発(?)の新曲「絶対存在証明証」も収録。キャッチー且つ少々シニカルなChantyの世界について、5人に語ってもらった。

取材・文:山本弘子
このエントリーをはてなブックマークに追加 チェック
「『おとなりさん』ってタイトルに驚かれるけど、僕らにとっては普通なんです」
Chanty
――ニューシングル「おとなりさん」はTSUTAYA O-WESTで行なわれた結成1周年ライヴで初披露された曲でもありますね。
:Chantyはわりとアレンジが凝ったことをやりたがるバンドではあるんですけれど、今回は1周年一発目のシングルということで一度気持ちをフラットに切り替えて、メロディもアレンジも直球な曲を提示してみようというところから、「おとなりさん」の全体像が出来上がっていったんです。ただ、歌詞までストレートにしてしまうとChantyらしくなくなってしまうので、自分たちらしい皮肉をこめたアプローチにはなってますね。詞に関しては「2年目も皮肉ったらしくいきます」っていう(笑)。
――「おとなりさん」というタイトルはどういうときにひらめいたんですか?
:個人的な話になるんですけど、自分の家のおとなりさんがなぜか引っ越してきたと思ったら、次々にすぐに出ていってしまうんですよ。“隣は何をする人ぞ”じゃないけど、近い人ほどわからないことってあるじゃないですか? 見知らぬ人でも知ってる人でもそういうことってあるなって考えたことがキッカケになって書いた詞ですね。
――なるほど。曲調は出だしから一緒に歌えるほどポップで踊れる曲でもありますが、みなさんが曲を聴いたときの印象というのは?
千歳:最初はシンプルな曲なだけに“この曲、どうなるんだろう”と思ったんですけど、歌が入って「やっぱりChantyだな」って。「おとなりさん」に関しては歌にひっぱられた部分が大きいですね。
shia.:僕も最初は不安だったんです。「おとなりさん」は杉本善徳さんにプロデュースしてもらって、アレンジをやりとりしながら進めていったんですけれど、削ぎ落としているサウンドだけに大丈夫なのかなって。でも、(芥の)歌を聴いたら“こういうことか”って。
野中:完成した音を聴いたらカッコいいと思ったよね。
:俺も曲を作っておきながらメンバーに何とかしていただこうって思ってましたからね。
――逆に「おとなりさん」というタイトルには驚かなかったんですか?
野中:そこは今まで通りなので(笑)。
:「すごいタイトルだね」って言われるけど、ウチらにとってはフツーなんですよ。
shia.:「おとなりさん」って来たら、わかったって(笑)。
成人:1年かけて免疫ができた(笑)。
――歌詞には、すぐそばにいる人の本性を知りたいという思いが込められている?
:1人称なのか2人称なのか、あえてハッキリさせていないんですが、「見せてよ」という気持ちもありつつ、「暴いてくれよ」というふうにも捉えられるように書いてますね。おとなりさんということは自分もその人にとっては、おとなりさんであるので、その2つの感情が混ざりあう感じにまとめてみたんです。
千歳:レコーディングはすごく楽しかったですね。今までと違う環境で、何種類、アンプを試して弾いてみただろうっていうぐらい。
shia.:アンプとエフェクターを無限に組み合わせて弾けたんですよ。
千歳:ギターも含めてね。いろんなアンプを使えるだけでテンションがアガったし、ちょっとしたフレーズもエフェクターを変えてみたりとか。ギターの細かいニュアンスまでわかると思うので、ヘッドホン推奨曲ですね(笑)。ツインギターなので、2人の音の違いを出すために慎重にアンプ選びをしました。
shia.:新鮮だったし、自分にとって初めての経験が多かったから、「こういう音の作り方があるんだ」とか、弾いた音と仕上がった音との違いに、「こういう音にしたら、ミックスでこうなるんだ」って発見もあって、次に活かせるなって。
Chanty
野中:リズム隊は、「バンドのグルーヴが出るから」って善徳さんに提案されて、ベースとドラムを同時に録ったんですよ。2人で一緒にレコーディングしたのは成人くんは初めてだよね?
成人:初めてですね。「おとなりさん」のテーマは“シンプル”だったので、しっかり、いい音を鳴らすこと、グルーヴを意識して叩きました。
野中:別々に録ったら感じられないグルーヴってあると思うので、今までリリースした曲の中でいちばんノリが出ていると思います。ちょっとズレているところもあるんですけど、そこがいい味を出していて、逆にChantyっぽさが出てるんじゃないかなって。
――ライヴに近いグルーヴが出ているということですよね。
野中:そうですね。ライヴ感がある音源になりましたね。
「MVで演じているキャラクターには5人の深層心理が出ているかも!?」
――MVもかなり刺激的な映像になっているので、見所をぜひ!
:(笑)。MVは打ち合わせをしているときに監督とそれぞれのメンバーの雰囲気を全面に押し出していこうって話になったんですよ。ファンから見た個々のイメージとはかけ離れているかもしれないけれど、5人の深層心理を突いたキャラクターを演じています。
――ちなみに誰がどんな役を演じているのか教えてください。
:僕はロリータで一見かわいめなんですけど、実は変態な心を持っている(笑)。
千歳:僕はどMです(笑)。
shia.:僕と野中さんがBLですね。
成人:僕はオタクという立ち位置です。
:なぜか衣装を着たときにムリがなかったんですよね(笑)。
――近くて遠いおとなりさんの正体というところが映像になってるんですか?
:歌詞でいうと“鍵穴覗いて本性を暴いちゃってー”というところがいちばんリンクしてますね。冒頭のシーンではふだんの姿が映し出されているんですけれど、後半に行くにつれて、実はどMだったり、っていう各自の人格が一つの集合住宅の中で暴かれていく。まさに“隣は何をする人ぞ”じゃないけれど、いろんな意味で「おとなりさん」の曲の世界観を広げてくれるMVになったと思います。
Chanty
――ジャケットに映ってるオジさんは出てこないんですか?
千歳:出てこない(笑)。
:違う視点でジャケットでも“おとなりさん”を表現したかったんですよ。オジさんが引っ越し祝いを持ってくるイメージ。裏がまた凝ってるんだよね。
野中:そうなんです。A Typeのジャケットははっぴ着てだらしない恰好のオジさんが引っ越し祝いを後ろに隠してる写真なんですけど、裏を見るとオジさんを見てめっちゃ警戒してる僕らが映ってる。B Typeはスーツを着たオジさんが引っ越し祝いを差し出してる写真で、裏を見ると僕たちも大歓迎してるっていう(笑)。
:中ジャケもすごく凝っているので、楽しみにしていてください。ウケを狙ったわけじゃなくて、「おとなりさん」をMVでもジャケットでも表現したかったんですよ。
野中:ちゃんとストーリーがあるからね。
:曲にもパッケージにもストーリーがあるバンドは昨今いないです。
野中:それぐらいバカなことを全力でしたいバンドなんです。もちろん、カッコもつけるけど、それより楽しいことを求めてる5人なので。
:僕ら、1周年まで衣装も含め“白”で統一して活動していたんですけど、自分たちでおさえこんでいた衝動が――。
野中:この作品で解き放たれちゃったね(笑)。
:(笑)。ちょいちょい小出しにはしてた感覚をモロにぶちまけたのがこの曲なんですよ。
「『ALIVE』は始動前のギラつきと衝動がつまった曲」
――それとA Typeに収録されている「ALIVE」は活動当初から存在していた曲でライヴで定番のナンバーなんですよね。
:そうですね。始動のときからあった曲で。
shia.:作曲は僕なんですけど、このメンバーが集まったときに持っていった曲なんです。当初はChantyのカラーも見えていなかったので、やるかどうか保留にしていたんですが、ライヴで1度、演ってみたらカッコいいじゃんってことになった曲ですね。自分的には始動前のギラつきだったり、衝動が詰まった曲だなって。
:まさに始動前のギラつきでもあり、歌詞は今作の3曲の中でいちばん純粋なところがありますね。自分はいろんなものを壊してChantyに辿り着いたところがあるので“キミたちは、これからも本当についてきてくれるんだろうか?”っていう問いかけもこめられている。今回、衣装のテイストも変わったタイミングで、この曲を入れられたのはベストだったなって。
――“壊して壊して生まれ変わった僕を許してくれるかなぁ”というフレーズが当時の芥さんの心境だったんですか?
:そうですね。活動できなかった時期だったり、始動前のもどかしい気持ちも入っている。この世界、離れていく人もいるし、疑心暗鬼になっちゃうときもあるんですよね。ちょっと弱気な自分を壊して新しい自分を作って、今、ここに居るって提示した歌詞ですね。
――今、ここに居るという意味での“ALIVE”?
:ええ。いちばん最後の行の“さらばあの日の僕いつかまた会おうね”というところを歌ったときはChantyとして活動して、いろんな色に変化して、また今、あの日の初期衝動を持っていた自分に会っているのかもしれないと思いましたね。
――疾走感のあるギターサウンドで、間奏でアンビエント風なアレンジになる展開がChantyらしいなと思いました。
千歳:この曲だけ、ピアノとストリングスが入ってるんですよ。
:バンドサウンド以外の音が入ってるっていう。
千歳:初めてバンド以外の音を入れてレコーディングした曲ですね。
Chanty
――後奏ではベースがフィーチャリングされていますね。
野中:そこはShia.くんが結成当初のデモのまんまです。完璧に作ってあって、そのままで十分、カッコよかったので。
――ライヴでしか聴けなかった「ALIVE」が音源化ってファンは嬉しいですよね。
:嬉しいと思います。
野中:でも、思い返すとファーストワンマンで「次の音源に入るから」って言っちゃったんだよね?
4人:(笑)言ってた!
野中:しかも、その日、本編とアンコールで2回も演奏したんですよ。それなのに今まで入れなくて、出さない理由も言ってなかった(笑)。
――待ってた人もいると思いますよ。
野中:絶対いると思います。「アイツら、何やってんだ?」って(笑)。タイミングを待ってたんですよね。
shia.:曲の立場になったら雑に扱われるより、意味のあるところに入れてもらったほうが幸せだと思うので。
――そうですね。B Typeの「絶対存在証明証」には今のChantyの勢いが出ている?
千歳:実は曲自体は去年の12月からあったんです。なかなか自分たちが納得できる形にできなくて、アレンジが二転三転して。
成人:五転ぐらいした(笑)。
千歳:やっと完成して僕はこれで年を越せるなって(笑)。
――悲願の1曲だったんですね。
千歳:展開が複雑な曲なのでパンチの効いたイントロが欲しくて、レコーディング前日に「これでどうかな?」って。絶対いい曲になると思ってたから、あきらめたくなかったんです。
:この曲に必要なエグみをどう出すかで悩んでたね。
――歌詞も毒が炸裂してますね。
:これでもオブラートに包んでるんです。(野中)拓くんには“もっと行け、行け”って言われてたんですけど。これは自分を利用しようとする人に対して書いた詞ですね。
――実体験なんですか?
:そうですね。“キミはいろいろなものを失ってるんだよ”、“ここにはもうキミの居る場所はないんだよ”っていうのを伝えたかった。ってか俺が文句言ってるだけですけど(笑)。
野中:アレンジが二転三転してるときに歌詞書いてたんですけど、とある人に向けての芥さんの怒りの集大成みたいな。それが僕はすごくカッコいいと思ったんですよね。そのときの荒ぶってる芥さんがすごく好きで。こんなに尖ってる曲はChantyにはないので――。
shia.:LINEに上がった歌詞を見たときは衝撃を受けましたね。
成人:激しい箇所としっかり聴かせる箇所が明確に分かれている曲で、これからライヴの定番曲になりそうな予感がしますね。
:展開は複雑ですけど、この曲は盛り上がりますね。俺の怒りが爆発してるし。
「初のワンマンツアーでは楽しさをみんなと共有したい」
Chanty
――では、2014年を振り返りつつ2015年はどんな1年にしたい?
成人:やっと活動を開始して1年たったなって。最初からChantyが確立されていたわけではなく、手探りで進んできたんですけれど、Chantyらしさが見つけられたって手応えを感じています。全国ツアーを廻ったり、いろいろな経験ができたなって。来年5月からはChanty初のワンマンツアーが控えているのでぜひ体感してほしいですね。
千歳:僕ら、ホントに楽しく演奏してるし、それは表情ひとつとっても伝わると思うんです。楽しさをみんなで共有したいですね。
shia.:各地に爪痕を残していきたいと思います。
:この1年は気弱な5人が“だいじょうぶかな?”と思いながらもジャブを打ち続けててきたんですけど、2015年はどんなに強敵でもいきなりフルパワーで右ストレートを打ち続けたい。殴られながらも(笑)。
野中:途中で折れながらもね。
:泣きながら歯をくいしばっていきます(笑)。
野中:そんな熱い1年にしつつ、「お母さん、生んでくれてありがとう」(Chanty初生誕祭ライヴも決定)って、いろんな人に感謝する1年にしたい。
:そして、みなさん、力も貸してください(笑)。
トップへ戻る
RELEASE
4th single「おとなりさん」
2014.12.17 Release!!

Chanty
A TYPE
CD+DVD
MNPK-001
¥1,500(税別)

[CD]
01.おとなりさん
02.ALIVE

[DVD]
おとなりさん (MUSIC CLIP)

Chanty
B TYPE
CD+DVD
MNPK-002
¥1,500(税別)

[CD]
01.おとなりさん
02.絶対存在証明証

[DVD]
2014.9.16 TSUTAYA O-WEST 「Chantyの世界へようこそ」ダイジェスト

SCHEDULE
Chanty特別公演「成人生誕祭 ~俺だけがヒ・ロ・イ・ン!!~」
03.26 (木) 池袋EDGE

Chanty特別公演「千歳生誕祭 ~まじで?!もう1年たったの?~」
04.20 (月) 池袋EDGE

Chanty初のワンマンツアー「あら雨かしら? 相合傘の中へようこそワンマンツアー」
05.17 (日) 池袋EDGE ~野中拓生誕祭~
05.22 (金) 広島ナミキジャンクション
05.24 (日) 福岡Queblick
05.30 (土) 札幌COLONY
05.31 (日) 札幌COLONY
06.05 (金) 長野LIVE HOUSE J
06.06 (土) 新潟GOLDEN PIGS BLACK STAGE
06.07 (日) 仙台HooK
06.12 (金) 名古屋ell.SIZE
06.14 (日) 心斎橋FAN J
ツアーファイナル
06.27 (土) 新宿ReNY

「ViSULOG 4th ANNIVERSARY」
2015.01.24(土)TSUTAYA O-EAST
2015.01.31(土)梅田AKASO
2015.02.01(日)名古屋E.L.L.
ViSULOG 4th ANNIVERSARY

HYSTERIC CIRCUS vol.19
02.28(土)TSUTAYA O-WEST
HYSTERIC CIRCUS vol.19

HISTERIC CIRCUS 2015“春爛漫”
03.01 (日) 新宿ReNY
03.06 (金) 梅田クラブクアトロ
03.14 (土) 仙台MACANA
03.15 (日) 郡山CLUB #9
03.21 (土) 岡山CRAZYMAMA KINGDOM
03.22 (日) 福岡DRUM Be-1
03.25 (水) 名古屋ELL
03.28 (土) 新潟GOLDEN PIGS RED
03.29 (日) 長野CLUB JUNK BOX
ViSULOG 4th ANNIVERSARY



12.20 (土) 池袋EDGE
12.25 (木) 高田馬場AREA
12.26 (金) 高田馬場AREA
12.31 (水) 池袋EDGE
12.31 (水) 渋谷REX
12.31 (水) 新宿RUIDO K4
01.16 (金) 名古屋ell.FITS ALL
01.17 (土) 京都GROWLY
01.18 (日) 大阪FANJ twice
02.19 (木) 池袋EDGE
02.22 (日) 仙台HOOK

PROFILE
Chanty

Chanty Vo:芥
Birthday: 非公開
Blood type: A
Chanty Gu:shia.
Birthday: 8.29
Blood type: AB
Chanty Gu:千歳
Birthday: 4.20
Blood type: O
Chanty Ba:野中拓
Birthday: 5.17
Blood type: A
Chanty Dr:成人
Birthday: 3.26
Blood type: O
オフィシャルサイト

DISCOGRAPHY

アーティストタグ

Chanty・杉本善徳 | 関連PICKUP

関連ピックアップはありません。