INTERVIEW
Special
4月9日に2nd 1st ALBUM『惡童のススメ』をリリースしたえんそくから、そのアルバムに入れ損ねた?1st LAST SINGLE『正しい世界の終わり方。』が9月17日にリリースされる。
えんそくに対して先入観のある人もない人も、是非一度えんそくの世界に触れてみていただきたい。きっとイメージが変わることだろう。

取材・文:山本貴也
このエントリーをはてなブックマークに追加 チェック
「シュッと出して、みんなでゴッて時もあるし、もう一人がドンって出して、それをもう……」
えんそく
――ViSULOG初登場となりますので、簡単にバンド紹介からお願いします。
ぶう:名前からしてふざけたバンドだと思われがちなんですが、まぁふざけてはいるんですが……、意外と骨太な熱いバンドだと自負しております。そういうところをライヴを見て皆さんに分かってほしいなと思っております。コンセプトっていう大それたものはないんですけど、いつまでも大人っぽくならずに、ガキのような感じでヘラヘラ笑ってやっていきたいなと。
クラオカユウスケ:青春ですね。
ぶう:その気持ちを忘れずに、バンドを続けています。
――失礼な話なんですけど、僕も最初はふざけたバンドだと思ってました……。けど、音やライヴを見て純粋にカッコいいバンドだなって。
ミド:そうなんです。実はカッコいいんです。よく対バンの人にも言われるんですけど、ライヴが終わってミーティングしてたりすると、「おまえら真面目か!」って(笑)。
――僕もそうだったんですけど、先入観を持ってる人がすごく多いんじゃないかなって思うんですよ。
ぶう:何も思われないよりは、先入観を持ってもらえた方がいいんですけど、それでライヴに来てくれないと困りますから、先入観に惑わされずに来てもらえれば、それを覆したり、期待以上のものを見せたりは出来ると思うので、一度ライヴを観に来て欲しいですね。
――ライヴを見たら確実に印象が変わりますからね。
ぶう:その悪しきイメージというか、「どうせ楽器なんてろくすっぽ弾かずに、踊ったりしてるんでしょ?」「わりとバンドなめてやってるんでしょ?」っていうイメージがついてるって事が自分たちでも分かってたので、Joeさんが入ってからは、特に意識してるというか、それを覆したいってところで、奮闘してきたこの1年半ではありますね。
ミド:大好きな劇を封印してね。
ぶう:昔は曲をやらないでコントとかやって、それに時間裂いてってやってたんですけど、最近は本当にしなくなりましたね。芸人さん的にウケを取るってところについては、ゴールデンボンバーさんがあれだけメジャーになりましたし、パクリって言われちゃうんで……。面白い事をやろうっていう意識はありますけど、笑かしてやろうっていう気持ちはなくなってきましたね。
――Joeさんが加入して、よりロックバンドになってきた?
クラオカユウスケ:そうですね。
――先日、ドラムの稔さんが帰宅(脱退)されましたけど、今作からが4人になっての新体制ということですか?
ぶう:いや、逆に今回のシングルは、前作のアルバム『惡童のススメ』に入れ損ねた曲というか、本来であれば、アルバムの最後にもう1曲入るべきだったはずの曲を、後出ししたというか、回答編みたいなところがあります。
――“1st LAST SINGLE”というのは?
ぶう:今までいろいろ「終わるぞ!」とか、解散詐欺みたいな事をしてきた我々ですけど、“1st LAST SINGLE”があるという事は“2nd LAST SINGLE”もあるという事で……、“LAST”という言葉の意味も、えんそくにとっては“無意味”だなって思っていただければいいなと。Joeさんが入ってからこれまで描いてきた物語というか、シリーズがあるんですけど、それが今回のシングルで終わりになるんです。そして次の音源から全く新しいものを見せていけると思うので、そういう意味で“LAST”っていうのは、これからも何度も終わりとかそういう言葉が出てきたとしても、その後もあるし、終わって始まってをどんどん繰り返していくバンドだから、「あまり重くとらえないでくださいよ」ってことで、どんどんよく分かんなくして煙にまいていこうとしてるんです。
――タイトルの『正しい世界の終わり方。』というのは、一説のストーリーが終わるという意味合いも込められてる?
ぶう:そうですね。
――では、M1「正しい世界の終わり方」から教えてください。
クラオカユウスケ:最近ってパソコンで作曲するじゃないですか。俺のディスプレイが2台あるんですけど、左側で作曲ソフトを開いて、右側では自分たちのアー写を見つめながら、「次の曲ってどういう感じなんだろうな?」って考えながら作ってたら、なんかよくわからないんですけど、こういうメタルサウンドが降ってきたんですよ。
ぶう:アルバムを経て、「クドい曲をやりたいね」っていうのはあったよね。アルバムが、すごくえんそくビギナー向けの入門にはうってつけの、すごく聴きやすい仕上がりになっていて、今までのえんそくでいうと、もっとクドいというか、「最後まで聴くのめんどくせーな」って曲が多々あったんですけど、そういうのが1曲くらいあってもよかったよねって、完成してからそういう話になったので、「逆にシングルでそれをやっちゃうか!」と。なので今回のシングルはビギナー向けじゃないですね。
ミド:やりすぎてますね。
ぶう:だから正直、前作のアルバム『惡童のススメ』を聴いてから、今回のシングルは聴いて欲しいですね。
えんそく
――たしかにこの1曲だけでわりとお腹いっぱいでした(笑)。
クラオカユウスケ:やっぱそうっすよね。
ぶう:「シングル発売!」って推していきたいんですけど、どうも初めての人には推せないというか……。
クラオカユウスケ:アルバムとセットで是非お買い求めいただければ(笑)。でも1曲としてはすごくクオリティの高い仕上がりになってると思いますよ。
ミド:こんなのもできるよってね。
――壮大な楽曲ですよね!
クラオカユウスケ:えんそくって壮大なんですよ。壮大な青春なんです。
ぶう:今まで意外とギター隊の、ギターをひけらかしていく曲があんまりなかったので、Joeさん入って、もっと二人でひけらかす曲をやったらいいと思ってたんですけど、なかなかタイミング的に生まれてこなくてね。
クラオカユウスケ:今回はハモり散らかしてるもんね。
Joe:ヤバいッスね。
ぶう:コピー難度も最大でしょ?
クラオカユウスケ:星5個中だったら80くらい。
Joe:75もはみ出るんだ(笑)。
――キッズは喜びますよね。
ぶう:キッズ向けみたいなとこもありますね。
――本当にすごい世界観だなって思いました。聴き終わった時に、「はぁ……」って。
ミド:それ疲れてるんじゃないですか?(笑)。
ぶう:でもマジでループ再生は推奨できないです(笑)。「こんなネガティブな事言っていいのか?」って感じですけど……。
――アレンジは基本的に作曲者が?
ぶう:わりといろんなパターンありますけど、今回に関してはそうでしたね。
クラオカユウスケ:シュッと出して、みんなでゴッて時もあるし、もう一人がドンって出して、それをもう……。
ミド:それ誌面でどうすんの?
クラオカユウスケ:シュッと出してゴッ、って書いてもらえれば……。
えんそく
――あと思ったのが、コーラスワークがすごく上手いなって。
ミド:やる側としてはすごく面倒くさいんですよ。同じコーラスを繰り返せばいいのに違う事入れたがる人がいるから、すげー大変なんです。
クラオカユウスケ:うん、面倒くさいっす(笑)。
ミド:主旋歌ってる人が歌詞間違えると俺らもつられちゃうし、「だからやめときゃ良かったのに!」って事がすごく多いんです(笑)。
ぶう:弾きながらコーラスするの大変でしょうね……。でもまぁがんばって欲しいと思います(笑)。
Joe:過去の曲を覚えるのも大変なんですよ。制作段階からいたらまた違うのかもしれないですけど、そのくせ歌詞が歌詞カードにも載ってなかったり、言ってる事が毎回違ったり、聞いても本当の事教えてくれないから……。
クラオカユウスケ:メンバーとはいえ、本当の事を教えるとは限りません(笑)。
ミド:Joeさんが言った言葉の方が「あれ? こっちの方がはまるじゃん!」って時があって、そういう時は逆にそっちに変えちゃう(笑)。
Joe:答え合わせしないで訳もわからずやってた時もありましたからね。
ぶう:作り終わったら満足してるんで、あとは変えてくれても大丈夫です(笑)。
――歌詞はどんなことを?
ぶう:アルバム『惡童のススメ』で、“こんな世界を終わらせちまおうぜ”みたいな中二病的なテーマがあったんですけど、それのアンサーソングというか、もっともっと中二な感じにと思って書きました。
――すごくポジティブですよね。
ぶう:えんそくの曲はどれもポジティブですね。一見ネガティブなワードを使っていても実はポジティブです。「ネガティブな言葉を使うのやめようよ」とか、過剰反応する人が嫌いなんです。言葉って捉え方とか、用法、用量次第なとこがあるんで、ポジティブな言葉でポジティブな事を語られると、ひねくれて生きてきたんで、どうしても「気持ち悪っ!」ってなっちゃうんですよね。なので、ポジティブな事しか歌えないんですけど、寒気がしないように、ネガティブな言葉で綴った方が中二病らしくてカッコいいっていうのはあります。でも今回は曲の世界観に完全に引っ張られましたね。
――演奏面のこだわりも教えてください。
Joe:今回は完全にクラオカユウスケが手がけてきたんで、わりと後から付け足しでしかないというか、デモに忠実にやりつつ、注文に対して「どう?」っていうアプローチでしかないですね。聴きどころは、自分が弾いたギターだけで言うならサビかな。あんまりこういうドコドコしたツーバスの上で弾く事じゃないような事を弾いたという印象は出せたと思うので、個人的には面白く弾けたんじゃないかなと思っています。
クラオカユウスケ:Joeさんは信頼しきってるんで、ぶっちゃけコードしか渡してなくて、「あとは適当につけてくれ」と。そこから化学反応がうまれるんです。
――ミドさんはいかがですか?
ミド:メタルは今まで聴いたことも、やった事もないジャンルで、どうしたらいいか分からなくて困りました。
ぶう:メタルを通ってこなかった人ばかりだから、ある意味すごいよね。
――結果的にどういうアプローチを?
ミド:いつも通りというか、雰囲気だけですね。雰囲気を壊さないように、メタルって音を詰める印象があったから、いつもより右手は多く動かすみたいな(笑)。あとは録ってる時にエンジニアさんに、「大丈夫! これドラムがこんなに鳴ってたらベース聴こえないから!」って(笑)。
――たしかに音数は多いですね。
ミド:詰めなきゃいけないっていう“空白恐怖症”じゃないですけど、詰めざるをえないというか詰めてしまった。
ぶう:あと、キーがムチャクチャ高いんですよ。最後の大サビで使ったことないキーまで上がってるんですけど、「ライヴで本当に出るのか?」っていう……。
「この曲はしばらく聴かないで欲しいんですよね(笑)」
えんそく
――M2「惡のミカタ」は前作のアルバムにも収録されていますが、最初の雰囲気から急に激しくなるのが面白いですね。
クラオカユウスケ:この曲を作った秘話があるんですけど、ハッピーの押し売りみたいなバンドがあんまり好きじゃなくて、そういうのを小馬鹿にしたような感じで、最初のクリーンのとこから、そのクリーンなイメージをいきなりぶっ壊すっていう世界観のもと、自分の中の世間への皮肉みたいな感じで作ったんです。
ぶう:でもそれを歌詞で破壊してしまいました。「それは違うんじゃねーか!」と思いまして(笑)。
――全体的にはすごくストレートだし、ライヴで盛り上がりそうですね。サビも一度聴いたら歌えそうな感じだし。
ミド:そうなんですよ。あとこれはコーラスがいいんですよ。
ぶう:ずっと同じだもんね。
ミド:それもそうだし、えんそく史上一番はまってるコーラスかもしれない。言いやすいし曲に合ってる。
ぶう:コーラスって、スタジオでなんとなくはまる言葉を、ホワイトボードに書いて、「じゃあ今回これで合わせてみよう」って感じでやってるんですけど、これに関しては仮歌の時点のコーラスがはまり過ぎて覆せなかったですね。
――歌詞はアルバムと同じですか?
ぶう:同じです。歌詞はこれだけ世界観から浮いていて、物語性の繋がりがないものだったんですけど、僕の中での意味付け的には大きいところがあって、それを今回のリード曲で繋がったところがあったので、カップリングにはうってつけじゃないかなと思って入れました。言いたい事がここに集約されているというか、ここまでストレートな歌詞を書いた事ないなってくらいのを書いてしまいましたね。
――M3「流星雨~Method of [ABSOLUTE HAPPINESS]~」は、前2曲と比べるとすごくキャッチーで、正にHAPPINESSな曲ですね。
ぶう:これは花少年バディーズのミネムラさんにアレンジをお願いしたんですよ。今までもえんそくの曲を別のアレンジャーにお願いして、リミックスなり、リアレンジしておまけ的なものを収録するって事をやってたんですけど、今回もその一環でミネムラさんにお願いして、もともとこの「流星雨」という曲は、お客さんへのサービス精神というか、こういう“絶対的な救い”ってやっぱり必要だなって思ってやってた曲で、ミネムラさんにお願いするならこの曲しかないなと。
――ミネムラさん節がめっちゃ出てますよね。
ぶう:前に花少年バディーズと2マンをやった時に、お互いの曲を交換してやろうってことになって、僕らはバディーズさんの「Bicycle」をやったんですよ。そのミネムラさん流のお返しというか、イントロがこの曲で来た時は「なるほど!」と。ただアレンジしただけじゃなくて、バディーズ時代とも絡めてきたなって。
――そういう流れがあったんですね。
ぶう:本来なかった語りを追加して、“絶対的ハピネス”というテーマでやりました。
Joe:アレンジを聴いた時は、ミネさんらしいなと思って、レコーディング当日どうなるのかなって思ってたんですけど、ミネさんがこの人にお願いしたいっていうメンバーを集めてくださって、バディーズのギターの琢磨くんやツブクくん、サポートドラムをされていたふうじさんだったりという、いつものレコーディング現場じゃない感じがあって、そういうところもすごく面白くできた曲だなって思います。なので当日僕がしたことは、ミネさんのギターの弦を張り替えることだけでした(笑)。
――歌詞はどんな想いを?
ぶう:えんそくではこういう曲がないんですよ。今までも、たぶんこれからもないと思うんです。こういう手放しで100%喜んでいいというか、キレイ事みたいなことってないと思うんです。そういう虚構のハピネスは、本来は好きじゃないんですけど、一度やってみよう、やったらどうなるかっていう、たぶん実験的な気持ちもあったんですかね。おとぎ話のお花畑の世界観というか。逆に僕としては、ミネさんが関わってるからっていう言い訳めいたところも自分で持てたんで、これから自分個人でこれだけのものを書けるかといったら、たぶん書かないと思いますね。
――まさに“LAST”ですね。
ぶう:こういう物語を紡ぐのは“LAST”かもしれないですね。
クラオカユウスケ:あと、本来はギターソロなんてなかったんですけど、ギターソロバトルしてるんですよ。
Joe:琢磨くんが一人で弾く予定だったんですけど、なぜか当日現場で4人全員で弾くことになったんです。
クラオカユウスケ:誰がどこを弾いてるか、君にはわかるかな?
ミド:答え合わせはWebで(笑)。
――M4「異聞・正しい世界の終わり方」ですが、これは一体……。
ぶう:先に言っておきますけど、ライヴでやることはありません!
――(笑)。これはどう解釈すればいいですか?
ぶう:話が戻るんですけど、アルバムを作った時に、「もっとクドい曲が1曲くらいあった方がよかったよね」、ってところで、間にすごい語りが入ってるような、端的に言うと犬神サアカス團とかで、語りだけの曲ってあるじゃないですか。ああいうアングラめいた事をえんそくもできるし、そういうのをやってみてもいいんじゃないかって話が持ち上がったんです。それで話を進めていく中で、「でもやっぱりシングルのリード曲だからねー」というところはあったんですけど、でもそろそろそういうのも出したいなってところと、両方叶えるために、めちゃくちゃクドいバージョンと、一応シングルサイズにまとまってるバージョンと2パターン作ろうというところから生まれた曲ですね。
――この歌詞は、「正しい世界の終わり方」をより具体的に書いたんですか?
ぶう:1曲目だけで聴くと、すごく抽象的にとらえることができると思っていて、主人公の女の子だったり男の子だったりが現在の自分に置き換えて聴く事ができると思うんですけど、最後はそういうのを完全に無視して、完全に物語として成立させちゃってるんで、ある種どっちとしてもとらえて欲しいので、この曲はしばらく聴かないで欲しいんですよね(笑)。でもこの曲こそが、アルバム『惡童のススメ』を紐解く物語になっているので、そこに関してはぐっとこらえて、1曲目をまず読み解いてから、答え合わせをして欲しいです。
――今作はえんそくにとってどんな一枚になりましたか?
ぶう:すごく忙しい中で作ったなという印象があって、未だに実感が湧いてない感がありますね。すごいバタバタで作ってきて、この曲を実際せーので合わせても、まだライヴでやれるクオリティーではないから、俺らもこれから練習しなきゃってとこなんで、まだ終わってない感がありますね。今までのシングルと立ち位置も違いますし、シングルって普通は始まり感があってアルバムでまとめるみたいなパターンが多いじゃないですか。僕らも今まではそうやってきたんですけど、今回に関してはどういう気持ちでいればいいのかもわからないのでなんかフワフワしてます(笑)。でもすげーもの作っちゃった感はあって、ツアー中にこれ聴いて泣いたんですよ。自分の曲を聴いて涙が出るっていうのは、良いことというか本来そうあるべきなんだろうなって。
――こちらを引っ提げた全国ツアー『惡道を進め!~パレードは終焉に向けて~』が始まりますが、どんなツアーになりそうですか?
ぶう:この物語の終わり方と、そしてその後何か始まるのか、っていうのを、今ようやく描き始めてるところで、そういうのを見せながらも、きっちり『惡道を進め!』で始まった物語を、ここでまとめておきたいなと思いますね。同じタイトルでサブタイトルだけ違うワンマンツアーをアルバムリリースの時にやっていて、今回のツアーはその続編という形で僕らは考えているので、今までやってきたものの集大成をツアーで見せたいと思います。
――それでは最後にViSULOGを見てる人にメッセージをお願いします。
ぶう:ファイナルの東京キネマ倶楽部はぜひ来てください。えんそくを見に来るなら今がチャンスだぞ!
Joe:7ヶ所もワンマンで回るのは、えんそくで初めてだと思うんで、こうやってちょっとずつ規模も大きく、キネマ倶楽部のような特殊な所でワンマンもあるので、シングルを聴いて、初めてでもいいのでまずはライヴに遊びにきてください。そこで会えるのを楽しみにしてます。
ミド:シングルもだけど、アルバムも聴いて、アルバムを聴いてからシングルを聴いた方がいいんだよね? そしたらよりライヴも楽しめるし、意味も分かると思うからそれがいいと思います。あとは楽しんだらいいんじゃないかなと思いますね。
クラオカユウスケ:七戸はわたくしの地元なんですけど、前々回の故郷ワンマンツアーってやつで、うちの地元の野外フェス会場でやって、今回も野外の地元のまつり会場のステージみたいな感じなんですよ。
ミド:周りは全部民家が取り囲んでるもんね(笑)。
クラオカユウスケ:もしかしたら今回が最後になるかもしれないので、だからマジでここだけは全員来た方がいいと思います。だいたい俺の知り合いだったりするし、そういうのは大事にしていきたいと思います。アルバムとシングルも聴いて、それで良ければ他のもさかのぼって聴いてもらって、このツアーで一緒に楽しんでいただければ最高ですね。
ぶう:今日のインタビューの内容を丸ごとひっくり返すような内容になっちゃうんですけど、「俺たちは真面目な熱いロックバンドだ!」って言ったんですが、ライヴにはえんそくを知らない人もみんな来てもらって、「よく分かんない奴らが楽しい事するらしいから行ってみよー」っていうラフな気持ちで来てみたらいいんです。そんなに心構えはいらないので、来てみれば全員楽しませませるのでとにかくライヴに来て欲しい。曲を知らない、振りを知らない、そんなの関係ないですから。何も知らない人を楽しませてこそのフロントなんだと思っているので安心してライヴに来てください。今回のツアーをきっかけに、また新しくえんそくにはまる人が増える事を願っています。
トップへ戻る
RELEASE
1st LAST SINGLE
「正しい世界の終わり方。」

2014.9.17 Release!!

えんそく
CD
¥1,500(税込)
TRKY-0016

[CD]
01. 正しい世界の終わり方
02. 惡のミカタ
03. 異聞・正しい世界の終わり方
04. 流星雨~Method of [ABSOLUTE HAPPINESS]~
05. 正しい世界の終わり方(カラオケVer.)

SCHEDULE
『惡道を進め!~パレードは終焉に向けて~』
09.19 (金) ONEMAN浜松FORCE
09.21 (日) ONEMAN神戸ART HOUSE
09.23 (火・祝) ONEMAN福岡DRUM SON
09.26 (金) ONEMAN大崎ストリーム
09.27 (土) ONEMAN七戸町イベント広場
10.03 (金) ONEMAN浦和ナルシス
10.11 (土) ONEMAN東京キネマ倶楽部

Lycaon VS えんそく2マン
『This is a マゾヒストレッドサーカス』

10.19 (日)EVENT 岐阜ants
10.31 (金)EVENT 高田馬場CLUB PHASE

えんそく主催公演
「Deity Variable Dancers.」

11.09 (日)EVENT 高田馬場CLUB PHASE



10.13 (月・祝)EVENT 名古屋ell.SIZE
10.16 (木)EVENT 池袋EDGE
10.26 (日)EVENT 渋谷REX
11.07 (金)EVENT 池袋EDGE
11.16 (日)EVENT 姫路BETA
11.18 (火)EVENT 岡山IMAGE
11.19 (水)EVENT 広島ナミキジャンクション
11.21 (金)EVENT 名古屋RAD HALL
11.29 (土)EVENT 初台DOORS
12.02 (火)EVENT Ash OSAKA
12.03 (水)EVENT HOLIDAY NEXT NAGOYA
12.05 (金)EVENT Birth Shinjuku
12.26 (金)EVENT 高田馬場CLUB PHASE
12.30 (火)EVENT 渋谷REX

PROFILE
えんそく

えんそく Vo:ぶう
Birthday: 03.13
えんそく Gu:クラオカユウスケ
Birthday: 05.31
えんそく Gu:Joe
Birthday: 08.04
えんそく Ba:ミド
Birthday: 06.07
オフィシャルサイト

DISCOGRAPHY

アーティストタグ

えんそく | 関連PICKUP

関連ピックアップはありません。