INTERVIEW
Special
隼人の復活第1弾シングル「It’s just love」と「Chronos」を含むDuelJewelのフルアルバム『Story』がついに完成した。バリエーションがありつつ、結果、攻めの曲が多くなったとメンバーが語る本作をひっさげての全国ツアーもスタート。DuelJewel史上最長の本数を廻ることになる。ボーカリストの喉の不調による休養期間中もバンドの動きを止めることがなかった彼ら。その結束の強さ、5人が再び揃う日を待って支え続けたオーディエンスへの想い――。
アルバムにはひとことでは語れないストーリーたちが詰めこまれている。

取材・文:山本弘子
このエントリーをはてなブックマークに追加 チェック
「メンバーの想いやファンへのメッセージが隅々に入っている」(隼人)
DuelJewel
――隼人さんが復帰しての第1弾アルバム『Story』にはファンへの想いもこもっていると思いますが、テーマのようなものは設けましたか?
ばる:アルバムを作るときにはコンセプトにこだわらず、全員が曲を持ってくるんですね。シングルのときに毎回、選曲会議をするんですけど、「いい曲だけどアルバム向きだね」っていう曲を入れつつ、そこに新たに足していくっていうのが僕らのやり方で――。ただ、今回はライヴの肝になる曲を書いてみようっていう話になって、選ばれたのが激しめの曲が多かったので結果、攻撃的な要素が強くなった印象ですね。
――テーマの1つとしてライヴでテンションが上がる曲というのがあった?
ばる:そうですね。このアルバムを持って今までにない本数のツアーを廻るので、ライヴで活きる曲を意識したところはあります。
隼人:限られた曲数の中でどれだけ幅を持たせられるアルバムになるか、みんなで考えて、今回は僕とShunだけじゃなく、ばるも作詞に挑戦してくれたので、またバリエーションが広がったし、5人の内、3人のメッセージが入っているのでメンバーの想いだったり、ファンへのメッセージが隅々に入っていると思います。
――3人が歌詞を書いているアルバムは初なんですか?
Shun:そうですね。今まではほぼ隼人が書いて、僕も書いていたんですけど、前回のシングル「Chronos」から、ばるくんが作詞に挑戦して。今回は2曲だっけ?
ばる:1と0,2曲ぐらい(笑)。アルバムのメインソングの「Sad/Mad」はサビだけ書いて、あとは隼人に広げてもらいましたね。「奇跡の花」はNatsukiの曲なんですけど、人の曲に詞を書くのは初めての経験で……でも、楽しかったし、満足いくものが書けたかなと。
――そもそも、ばるさんが歌詞を書こうと思ったキッカケは?
ばる:「Chronos」のC/Wの「未練」という曲で初めて書いたんですけど、別に心境の変化があったわけじゃなくて、曲を書いたときに勝手にイメージが膨らんできたので書いてみてダメだったら隼人に添削してもらおうぐらいの気持ちだったんですよ。そしたら全部書けたので、そこが始まりですね。語彙が少ないのでありきたりな言葉しか使えないんですけど、その分、わかりやすいのかなって。そんなところをNatsukiが買ってくれて頼まれたんです。
Shun:各自の個性がより出ましたね。作詞3人、作曲4人っていうバンドってなかなかないと思うんです。
DuelJewel
――アルバムを待っていたファンも多いと思います。ひとりひとり、どんなDuelJewelが出た作品になったと思ってますか? 変化したところは?
Shun:どんな曲をやってもこの5人が歌って演奏すればDuelJewelになるっていうのがバンドのコンセプトみたいなものなんですけど、今回のアルバムには僕たちのいい部分を集約できた感じはしますね。純度100%のDuelJewel。自分自身、出来てから何度も聴いてる。
Natsuki:変化というより進化だと思うんですけど、曲作りでもそれぞれの個性がより際立ったと思いますね。○○節みたいな特徴が出ているというか。
祐弥:言われちゃいましたね(笑)。
Shun:まだ3人目だから(笑)。
祐弥:さっきShunちゃんが100%だって言いましたけど、150%だとやりすぎていたり、バランスがよくなかったりすると思うんですね。今回のアルバムは1曲、1曲、振り切ってるけどDuelJewelとしてまとまってるから、何度も聴けるのかなって。
――個人的に挑戦したことはありましたか?
祐弥:コーラスを頑張りました。自分なりに考え方をリセットして、エンジニアさんとディスカッションを重ねたりしながら。
ばる:祐弥はほぼ全曲、参加してますからね。シャウトなりコーラスなりで。
隼人:ハモはほぼ俺と祐ちゃんだけなんですけど、そのウェイトがめちゃめちゃ増えていて、かなり助けてもらってますね。あと、今回のアルバムは楽曲と歌詞、音のバランスが絶妙だと思います。キーワードはバランスと言ってもいいぐらい。1枚通して飽きずに聴けるものになったなって。1曲、1曲が際立った世界観を持っていたので、レコーディング途中で、1つの本みたいなテーマにしようよって話が出て、タイトルを『Story』にしたんです。短編集みたいにそれぞれの話が作者によって書かれていて、合わさったときにストーリーを持つ1冊の本になっているっていう。シンプルで中身をズバッと言い当てたタイトルだと思います。
ばる:楽曲には振り幅があるけど、ストーリー性がありますよね。
隼人:それと今回、節々でファンに対するメッセージやいろんな人への想いを書いてきたんですけど、僕ではなくShunが書いた「君の世界で」が自分の今の想いをまとめてくれたような内容で……。
――隼人さんの気持ちをまるで代弁してくれたような歌詞だった?
隼人:そうなんです。アルバムにはShunの書くやさしい世界の詞がないとダメだなと思っていたので、お願いしていたんですけど、Shun自身の曲で詞も書いてくれたっていう驚きもあったし、喜びもあった。復活第1弾シングル「It’s Just love」でそういうメッセージを書いたので、これ以上自分が書くとクサくなるんじゃないかと思っていたし。
――“ありがとう 君の事想って今日も歌えてる”とか素直な想いを綴った詞ですもんね。
Shun:隼人の休養中、4人で活動している頃からあった曲なんです。そんな中、復帰が決まって……嬉しいじゃないですか。車の中でばるくんと今まで支えてくれたファンへの感謝の気持ちを歌う曲にしようっていう話をしてたんですけど、なかなか納得いくものが書けなかったんです。そんなときにいつも行く美容院で美容師さんに「あれだけたくさんのファンの人に囲まれて幸せですよ」って言われて、パチーンとスイッチが入ったようにサビの歌詞が浮かんできたんです。バンド全体としての“ありがとう”なんですけど、代表として隼人の歌で伝えてもらいたいなと想って。
「『Sad/Mad』の歌詞のテーマは官能。踏み込むとSMの世界」(ばる)
DuelJewel
――メインソング「Sad/Mad」についてもエピソードを教えてください。
ばる:これは自分の中でライヴ映えする激しい曲というテーマで作った曲で、なおかつ表題曲になりうるメロディの良さも欲しいなって。DuelJewelのシングルは今まで必ず歌モノで、PVを撮る曲に関してここまで攻めたことはなかったんですけど、アルバム曲だし、それも面白いかもしれないって。歌詞のテーマは官能で、もっと踏み込むとSMの世界がいいかなって。その頭文字から「Sad/Mad」っていうタイトルにしたんですけど、サビを何パターンか書いてチョイスした上で隼人に「サビだけ歌詞書いたんだけど、あとは発展させて」って。
――テーマは禁断のエロティシズムですか?
ばる:そういう方向に持っていったのは隼人ですね。
隼人:アルバム曲のPVだし、今までのDuelJewelがやったことのない激しい要素だったり、思いきり暗かったり、ディープな感じにしてもいいのかなと思って書きましたね。ちょっとマニアックで聴く人が解釈を加えられるような詞にしようって。
――そのPVはハードエッジな男っぽい映像になってますが。
ばる:屋外じゃないのに、ああいう荒涼とした場所で撮ったのは初めてですね。アーティスト写真も軍用ジープの前で撮ってるんですけど、そういえば「It’s just love」のPVも武器持って戦ってますね。僕ら、よく戦うんだなと。
Shun:DuelJewelですからね。
ばる:Duelには“衝突”っていう意味がありますからね。
――戦いっていうワードはアルバムにも散りばめられてますね。
ばる:そうですね。男たるもの戦っていかないと(笑)。だから、PVは「SLIP FROM MY HANDS」でも良かったんですよ。今までにないスピード感のある曲だし、この曲はリスナーの反応が気になりますね。
Natsuki:気になりますね。最近の曲はメタルが多いんですけど、これは今までになかったスピードメタルで、以前からあったリフから広げて作った曲です。
――激しいと言えば「アビスライフ」も気になる曲です。
Shun:今まではダークなことを書いても最後には救いの言葉を入れていたんですけど、今回は絶望だけを吐き出そうって。この国に対して「ん?」って思う出来事が2つほどあったときに、日本人だからこそわかる部分や日本じゃないと起きないだろう現象をテーマにしようと思って書いた詞です。乱暴な言葉でノートに殴り書きしたものをまとめて、祐ちゃんに添削してもらいました。こういう汚い言葉を隼人の声で歌わせるのはちょっと心苦しかったけど。
隼人:歌詞を見たときはビックリしましたけど、曲がカッコいいので勢い重視で歌いました。
DuelJewel
――なるほど。レコーディング中の特徴的なエピソードも教えてください。
ばる:僕ら、ここ数年は山梨県で合宿してレコーディングしてるんですよ。料理はこの2人(祐弥&Natsuki)が率先して作るんですけど、隼人も作る。今回は初めて僕がグリーンカレーを作って、それが今までと違うところ(笑)。
――グリーンカレーがアルバムにスパイスを(笑)。
Shun:3泊4日の合宿レコーディングなんですけど、リズム録りしてライヴで祐ちゃんが弾くギターのパートを2本重ねて録って、ほかのうわもののギターは自宅で録るんですね。
隼人:歌も自宅に防音室を導入したので、エンジニアさんと祐ちゃんにコーラスで来てもらって録りましたね。時間に制約がないので気が済むまで歌えるんです。
Shun:それ、いいなぁ。
隼人:手こずって夜中になったときがあったんですけど、リビングに行ったら、祐ちゃんがベロベロになってて(笑)。
祐弥:待ちきれずに飲んじゃいました。
ばる:合宿でも夜になると祐ちゃんはだいたい酔っぱらう(笑)。ワイン1本あけて。
祐弥:(笑顔)
――合宿というスタンスもバンドにとっていいんでしょうね。
ばる:都内のレコーディングスタジオだと遅くまでやって、翌日、また早く起きてっていうスケジュールで息が詰まるんだけど、半分バカンスみたいな気分でやれますからね。レコーディング終わって次の日の朝は富士山見て温泉入って「今日もやるかぁ」って。
隼人:環境って大事だよね。
Shun:環境がよくないとムダな衝突が生まれると思うんですよね。焦りも出るし。
隼人:自然に囲まれた環境だから、ゆっくり時間が流れてるし、リラックスした中で「じゃあ、この歌詞、どうしようか」ってアイディアが生まれたり、相談もできるし。
「課題を持ちつつ、がむしゃらに駆け抜けるツアーにしたい」(Shun)
DuelJewel
――では最後にDuelJewel史上最長の全国ツアー「Break through the story」について、ひとりひとり意気込みを。
祐弥:25箇所もあって長旅になるのでどれだけ美味しいものが食べれるか(笑)。
ばる:箱ワイン持参しないとね(笑)。
Natsuki:25本という最長のツアーなので体調を壊さないように楽しめたらと思いますね。
祐弥:ライヴ映えする世界観が強い曲が多いのでばっちり構築していくと思います。ノリもライヴの中で生まれたり、僕たちも示唆していくと思うのでアルバムいっぱい聴きこんで臨んでください。
隼人:会場によってはお客さんとの距離も近いし、心の距離もどんどん近くなっていくんじゃないかと思ってます。アルバムに込めた想いはツアー中にだんだん伝わっていくと思うので、創り上げていく工程も楽しみですね。セットリストも変化していくと思うし、新しいDuelJewelをみんなでイチから作っていく感覚なんじゃないかと。
――ツアータイトルに込めた意味は?
隼人:僕らが作ったストーリーをもう一段階アップさせるために壊さないといけない部分もあるし、今までの僕らが創り上げたライヴの構成も一皮むけるためにブレイクスルーしなきゃいけないと思うので、そういう意味で1本、1本が挑戦っていう。
Shun:個人的にギタリストとしてもシャウターとしても自分に課したものがあるので、どこまで伸びることができるか1本、1本、意識して大事に廻りたいですね。あとは何よりも支えてくれるみなさんがこの先のDuelJewelの後ろ側にあるデカいものを感じられるツアーになるといいなと。「行くしかないだろ」ってがむしゃらに駆け抜けたいと思います。これだけの本数廻ると「なんで私のところには来てくれないの?」っていう意見も届くんですけど、「いつか行くから」と。
ばる:今回のツアーって今まで行ったことのない土地にもたくさん行くんですね。メンバーとゆかりのある土地も多いし、9月11日はNatsukiの誕生日で、彼の故郷の秋田でライヴなんです。ほかにも長野と熊本はShun、鹿児島は祐ちゃんだし。
隼人:僕は仙台ですね。
ばる:僕は父方と母方の実家がある松山と兵庫。僕ら、基本、関東近郊をベースに活動してきたんですけど、みんな郷土愛を持ってるので盛り上げたい気持ちはありますね。それと東京のファイナルは吉祥寺で2デイズ。初めてやるハコだし、2デイズで見せ方も変えると思うので楽しみですね。ここでツアーは終わりなんですけど、2015年2月1日には渋谷公会堂でワンマンライヴをやります。今回のツアーを成功させることで来年の渋公にも繋げられればと思ってます!
トップへ戻る
RELEASE
New Album「Story」
2014.08.27 Release!!

DuelJewel
A-TYPE
CD+DVD
¥3,780 (税込)
DRDJ-19

[CD]
01. Days
02. It's just love
03. Sad/Mad
04. Sunset Riot
05. Maze
06. Chronos
07. アビスライフ
08. SLIP FROM MY HANDS
09. 奇跡の花
10. 君の世界で
11. 愛愁メランコリア~Story Ver.~

[DVD]
Sad/Mad music clip
Sad/Mad music clip making movie

DuelJewel
B-TYPE
CD+DVD
¥3,780 (税込)
DRDJ-20

[CD]
01. Days
02. It's just love
03. Sad/Mad
04. Sunset Riot
05. Maze
06. Chronos
07. アビスライフ
08. SLIP FROM MY HANDS
09. 奇跡の花
10. 君の世界で

[DVD]
2014年4月4日 TOUR Chrono Flight FINAL at Shibuya AX より
01. outsider
02. 約束の詩

SCHEDULE
DuelJewel ONEMAN TOUR 2014
Break through the story

08.27(水)浦和ナルシス
08.29(金)横浜BAYSIS
09.06(土)柏ThumbUp
09.07(日)宇都宮HEAVEN'S ROCK VJ-2
09.10(水)青森Quarter
09.11(木)秋田Club SWINDLE
09.13(土)札幌COLONY
09.15(月・祝)札幌Bessie Hall
09.18(木)仙台HOOK
09.20(土)長野LIVE HOUSE J
09.21(日)甲府KAZOO HALL
09.23(火・祝)高崎Club FLEEZ
10.08(水)名古屋HeartLand
10.10(金)広島CAVE BE
10.12(日)鹿児島SR HALL
10.13(月・祝)熊本Be-9 V2
10.15(水)福岡DRUM SON
10.17(金)岡山PEPPERLAND
10.19(日)静岡Sunash
10.24(金)松山サロンキティ
10.25(土)高松DIME
10.27(月)姫路ベータ
10.28(火)心斎橋VARON

TOUR FINAL
11.15(土)吉祥寺CLUB SEATA
11.16(日)吉祥寺CLUB SEATA




08.31(日)高田馬場AREA
PROFILE
DuelJewel

DuelJewel Vo:隼人
Birthday: 12.29
Blood type: B
DuelJewel Gu:Shun
Birthday: 02.03
Blood type: O
DuelJewel Gu:祐弥
Birthday: 04.29
Blood type: A
DuelJewel Ba:Natsuki
Birthday: 09.11
Blood type: B
DuelJewel Dr:ばる
Birthday: 02.04
Blood type: A
オフィシャルサイト

DISCOGRAPHY

アーティストタグ

DuelJewel | 関連PICKUP

関連ピックアップはありません。