INTERVIEW
Special
5月25日(日)に行なわれた代官山UNITのワンマンライヴで、それまで掲げて活動してきた『ドマイナー卒業プロジェクト』に終止符を打ち、新たに5大告知を発表したRoNo☆Cro。
そのうちのひとつとして三ヵ月連続リリースが発表され、第一弾となるワンコインシングル『パイナップルチャーハン』を8月20日(水)にリリース。その他、来年1月5日(月)にはTSUTAYA O-EASTでのワンマンライヴが決定するなど、止まらず躍進を続ける彼らにインタビューを行なった。

取材・文:金川彩子
このエントリーをはてなブックマークに追加 チェック

「パイナップルは大好きなんですけど、料理にパイナップルが入っているのがマジで無理ですね」
RoNo☆Cro
――5月25日(日)に行なわれた代官山UNITでのワンマンライヴで、5 大告知を発表されましたが、そこにはどんな意図がありましたか?
Minami:『ドマイナー卒業プロジェクト』というのを掲げてずっと活動してきて、そのファイナルミッションとして代官山UNITでワンマンライヴを行ないました。それに際して、何か公約となるものを発表できたほうが、卒業への説得力が増すと思い、メンバーみんなで考えました。だけど発表したはいいものの、結構むちゃをしていて、今スケジュールがカツカツです(笑)。
――ひとつ目の告知として3ヶ月連続リリースを発表し、早速8月20日(水)に『パイナップルチャーハン』が発売されますが、第一弾はどんなシングルにしようと思いましたか?
Minami:ワンコインシングルなので、気になったら手に取ってもらえるような、インパクトのある作品にしようと思いました。“パイナップルチャーハン”とは、実は僕の家の近所にある実在するお店の料理で、すごく美味しいんです。
メロ:タイトルを先に聞いてから曲作りを始めたんですけど、結構難しかったですね(笑)。でも今回は1曲しか収録されないですし、ドマイナーを卒業してから一発目の作品なので、RoNo☆Croの次の代表曲となるような、僕たちらしくもあり、王道のヴィジュアル系を意識して作りました。
――曲がサビ始まりなのが、早速インパクトを残しますね。
メロ:曲って最初の印象が大事だと思うんです。曲を飛ばして聴いて欲しくなかったというのもあって、頭にサビを持ってきました。
Minami:これまでの僕たちの楽曲でサビから始まるのは、『エンドレスシーズン』しかないので、新しい挑戦にもなります。
――RoNo☆Croらしく疾走感溢れる中、途中、一度静まってから始まる雪希さんのギターソロも耳を引きました。
メロ:持ち歌が増えることで「前もこのパターンあったよね」って思われるのがすごく嫌で、違うパターンを考えたいと思って思いついたセクションです。
雪希:デモを聴いた瞬間に、ギターソロの入りもメロディーも気に入ったので、メロさんに「弾かせてほしい!」って頼みました。
メロ:僕はそんなにギターソロを弾きたいタイプではないので、やりたいって言ってくれればお願いしたいと思うし、雪希くんにそう言ってもらえたことが嬉しかったですね。
雪希:そうだったの!? 初めて知った!
――ベースの音も新しくなったように思いますが、音作りにもこだわりましたか?
玲音:今回、ベースを新しくしてから初めてのレコーディングでした。前に使っていた小さいベースに慣れているのもあって、最初は苦労したんですけど、だんだんライヴを通して弾き慣れて来たので、レコーディングでも使うことにしました。音もそうですが、白くて大きいベースが欲しかったのですごく気に入っています。
――歌詞は、パイナップルチャーハンを嫌がっている内容ですが、そこには裏の意味があるのかなって思いました。
Minami:パイナップルチャーハンを嫌いな人ってめっちゃいると思うんですよ。だけど、食わず嫌いしていたものを食べてみたら、「実は美味しかった」って、知らないで損していることって世の中にたくさんあると思います。また、食わず嫌いに限らず、嫌いだと思っていた人や、苦手だと思っていたことを敬遠することはよくないということを、パイナップルチャーハンを例として挙げることで伝えたいと思いました。僕たちについて言えば、これはRoNo☆Croを食わず嫌いしているバンギャちゃんへの皮肉でもあります。この曲をきっかけにRoNo☆Croを意外にいいな、おもしろいなって思ってくれる人が増えたら嬉しいですね。
――バンドを敬遠されているのを感じることがあったということですか?
Minami:僕たちはキラキラ系と堂々と謳っているのもあって「どうせ軽いんでしょ? 今どきでしょ?」って思われがちです。実際にスタッフさんからも、僕たちのライヴを見て印象が変わったってお褒めの言葉を頂くことがよくありますね。
――また、歌声からも主人公がパイナップルチャーハンをすごく苦手としているのが伝わりますが、どんなことを意識してレコーディングされましたか?
Minami:これを録るのがすごく大変で、自分の表現力の乏しさを思い知りました。もっと思いを込めないと伝わらないことや、音楽の深さを改めて学ぶ機会にもなりました。
RoNo☆Cro
――ちなみに、歌詞に出て来るようなパイナップルを使った料理はお好きですか?
玲音: MV撮影の時に実際に、酢豚、パイナップルチャーハン、ハンバーグといったパイナップルの入った料理が出て来たんですけど、そもそも僕、パイナップル自体が大嫌いで!
Minami:そうだったの? 今はどう?
玲音:それが意外と、パイナップルの入っているピザは美味しかったです!
雪希:俺はパイナップルは大好きなんですけど、料理にパイナップルが入っているのがマジで無理ですね。学校の給食で出て来た時は、全部残すほどでした。パイナップルが好きだからこそ、料理と一緒にするのを許せないんですよね。だけど同じく、ピザはめっちゃ美味しかったです。玲音なんて「うまい! うまい!」って4切れぐらい食べてましたからね(笑)。あと、俺が最後、パイナップルチャーハンを食べるシーンがあるんですけど、それもまあまあいけました。
メロ:僕もピザは美味しかったですね。
Minami:みんなピザが好きだなー(笑)。
メロ:あと、ハンバーグには輪切りのパイナップルが乗っていて、それを見た瞬間に美味しそうだと思いましたし、実際に美味しかったですね。
雪希:嘘でしょ!?
Minami:でも一番おいしかったのは?
メロ:ピザ。
一同:(笑)。
Minami:僕は全部を美味しいと思えます。MVには出て来ませんでしたけど、歌詞に出てくる生ハムサラダにオレンジが入っているのも好きですし、なんでも出てくればたいらげます(笑)。
――パイナップルチャーハンってなかなか存在しないものだと思いますが、MV用に用意されたんですか?
Minami:他の料理はケータリングなんですけど、チャーハンについては売っていないので僕が作りました。その料理をしているシーンも収録されています。
――その他に『パイナップルチャーハン』の見どころや聴きどころを教えてください。
Minami:今回のMVでは雪希が主人公を務めていて、嫌そうに食べている演技も必見です。あと、私服で撮影しているシーンもあります。衣装とまた印象が変わるので楽しみにしていてください。また、メンバー別に4タイプのジャケットが販売されるんですが、ジャケットになっているメンバーによるシークレットトラックがそれぞれにおそらく収録されているんじゃないかなーと思います。シークレットなので詳しくは言えないんですけど(笑)。
――メンバー個々の顔写真がジャケットになっているところにも、ヴィジュアル推しのRoNo☆Croらしさを感じますが、撮影に向けて気をつけたことはありますか?
Minami:僕は「体重を落としたろう!」という意識でその日の撮影に臨みました。まだリバウンドをしていないので、もっと痩せたいですね。メロさんもダイエットしてるよね?
メロ:ちょいちょいだけどね(笑)。
玲音:僕は撮影だからといってそのために何かをするっていうことはないですね。普段も、ライヴがツーデイズ続いたり、遠征で疲れを感じたら肌のケアをするぐらいで、あとはあまり気にしないです。
雪希:俺は撮影の前日はいっぱい寝ようとがんばります。だけど、大阪で撮影することが多いので、基本、移動で眠れないですね。
「その日に奇跡を起こすしかないですね」
RoNo☆Cro
――三ヵ月連続リリースの第二弾として、9月17日(水)写真集シングル『ろのくろちゃん』の発売も決定していますが、こちらはどんな作品になりそうですか?
Minami:『パイナップルチャーハン』が王道のヴィジュアル系なのに対して、両極端な新曲2曲を収録する予定です。
メロ: RoNo☆Croというバンドに対するギャップを一番意識して作曲しました。
玲音:曲だけ聴いたら、どちらも俺らと思わないと思いますね。
雪希:個人的に弾いていて「楽しい!」と思えるテンションの上がる2曲です。聴いた時にすごいインパクトがありました。
――また、5大告知として待望のカラオケ配信も発表されましたが、実際に歌われましたか?
Minami:JOYSOUNDで「タイムカプセル」を歌いました。精密採点に挑戦したんですけど、やっぱり自分の曲を採点されるのは変な感じがしましたし、難しい曲だなって自分でも思いました。また、「なんで自分の歌なのにオレより点数の高い人がいるんだろう?」って(笑)。ありがたいことなんですけどね。
雪希:カラ鉄では全曲配信されているので、俺はそこでいろんな曲を歌いました。
Minami:せっちゃんがRoNo☆Croを歌ってるのを聴いてみたいよ!
雪希:俺、高い声が出なくて、ワンオクターブ下げて歌いましたからね。特に「World line[γ]」はキーが高くてキツくて、改めてボーカルのすごさを思い知りました。Minamiさんはもう神様ですね!
――他に、今年1月8日のTSUTAYA O-WEST、5月25日の代官山UNITでのワンマンライヴの映像を2枚組で販売されることも発表されましたが、注目して欲しい点はありますか?
Minami:まずみんなに見て欲しいです。そのライヴに来られなかった人にはそれを見て、どんなことがあって今のRoNo☆Croがあるのか知ってくれたら嬉しいです。来た人にはDVDで思い出を見返して、それを見た上で今のライヴでまた新たなものを感じて欲しいと思います。
――そして、5大告知の最後に、11月より7都市8公演を周るワンマンツアー『メンヘラ補完計画』を発表されたことは、ファンを驚かせたのではないでしょうか?
Minami:発表した瞬間は喜びよりも、驚きのほうが大きかったですね。今回、全国へ行ってみたいという思いがあってツアーを計画し、会場を選びました。実は8月のツアーで初めて行くんですが、それまで意外にも仙台へ一度も行ったことがありませんでした。
――ツアー中、ライヴ以外の時間でやってみたいことはありますか?
Minami:僕と玲音くんは風呂が好きなので、各地の銭湯や健康ランドを巡りたいですね。福岡で玲音くんと入った風呂がすごくよくて忘れられなくて、都内に戻ってからまた銭湯に行ったんですけど、全然良さを感じられなくて。地方の銭湯はやっぱり何かが違うんでしょうね。
玲音:きっとツアー先だから良さを感じるんでしょうね。都内でふたりで行っても何も生まれないからね(笑)。
Minami:ツアーの疲れを感じているから気持ちがいいのかな。
雪希:ふたりは風呂に行くと、全然帰ってこないんですよ。
Minami:玲音くんなんて1日2回入ってるよね?
玲音:いや、すぐのぼせるんです。一緒のタイミングで銭湯に行っても、Minami君が湯船に入る頃には、ガラガラって戸を開けて引き上げてますね(笑)。
メロ:僕はお風呂については人並み程度に好きなぐらいです。プールのほうが好き。
一同:(笑)。
RoNo☆Cro
――そのツアーファイナルを1月5日(月)TSUTAYA O-EASTで迎えるということですが、前回のライヴタイトル『The End of “D”』に続く『Legend of “E”』とはどのような意味ですか?
Minami:ドマイナーを卒業してからいきなりO-EASTでワンマンって、簡単に成し遂げられない、ものすごい挑戦だと思うのですが、その意気込みを込めて、EASTの“E”を取ってタイトルにしました。また、“D”、“E”などと、これまでのアルファベットを並べていくと今後、何かが完成する予定です。
――バンド至上最大キャパとなるTSUTAYA O-EASTの公演を控えて、現在どんな心境ですか?
雪希:まだつい最近、O-WESTや代官山UNITでライヴをしたばかりの感覚でいるので実感が湧かないですね。
玲音:毎月ツアーがありますし、もう下半期なので、あっという間にその日が来るんだろうなって思います。
メロ:ツアーを周るたびに得るものがあったり、成長を感じるので、ファイナルまでにどれだけのものを吸収して臨めるか楽しみにしています。
Minami:いろんなことをやっていますけど、消化していかなければならいないことがたくさんで、やろうとしていることがなかなか進まないのも現状です。僕たちには物事を余裕でこなせるキャパシティがまだないので、O-EASTのライヴまでにいろんな面で自分たちを強化していかなきゃいけないと思っています。そして、その日に奇跡を起こすしかないですね。
――では最後に読者へメッセージをお願いします。
雪希:今回、「パイナップルチャーハン」での俺のギターソロは、昨年12月にリリースした「冬のわんこ」ぶりなので、どんなものが聴けるか楽しみにしていてください。またシークレットトラックもお楽しみに!
メロ:「パイナップルチャーハン」では新しい自分たちを感じてもらいたいですね。そして夏のレーベルツアーは、全箇所出演するバンドが一緒なので、親交を深めたいと思います。
玲音:今までRoNo☆Croに対してなんとなく苦手意識を持っていた人にもぜひ「パイナップルチャーハン」を聴いてみて欲しいです。きっとあっと言わせることができると思います。
Minami:ワンコインシングルで全国流通ってあまりないことだと思うので、みなさんぜひお手に取ってみてください。そして、僕がジャケットになっているAタイプが売れ残っていたら、ぜひ買ってあげてください(笑)。レーベルツアーは、僕たちの持ち時間が長いので、ぜひ遊びに来てください!初めての子も大歓迎なので、一緒に楽しい夏を過ごしましょう!
トップへ戻る
RELEASE
NEW SINGLE
「パイナップルチャーハン」

2014.08.20 Release!!

RoNo☆Cro
A-TYPE
Minamiジャケット
¥500(税別)

[CD]
01. パイナップルチャーハン

[予約特典]
※数に限りがござますのでお早めのご予約をお勧めします!!
缶バッヂ(CD1枚購入に付き全5種中1個)全種コンプリート特典あり!!
全種コンプリートの方にアナタだけに送るコメントDVD+α映像をプレゼント!!

RoNo☆Cro
B-TYPE
メロジャケット
¥500(税別)

RoNo☆Cro
C-TYPE
雪希ジャケット
¥500(税別)

RoNo☆Cro
D-TYPE
玲音ジャケット
¥500(税別)

B-TYPE、C-TYPE、D-TYPEの価格・収録曲・予約特典は全てA-TYPEと同じです。



SCHEDULE
鳳翼天翔 ~Autumn Cup TOUR~
09.16(火) 仙台MACANA
09.20(土) 福岡DRUM Be-1
09.22(月) 広島ナミキジャンクション
09.23(祝) 岡山IMAGE
09.25(木) ESAKA MUSE
09.26(金) 名古屋ell.FITS ALL
09.29(月) TSUTAYA O-WEST

RoNo☆Cro メロ様★festa'2014★
~ん?★お前ら、そんなに俺の誕生日を祝いたいのか?★可愛いな?★~

10.15(水) HOLIDAY NEXT
10.16(木) 梅田Zeela
10.20(月) 仙台HooK
10.30(木) 新宿BLAZE

RoNo☆Cro全国ワンマンツアー
『メンヘラ補完計画』

11.10(月) 高田馬場AREA
11.15(土) HOLIDAY NEXT
11.16(日) 浜松FORCE
11.22(土) 仙台space Zero
11.25(火) 福岡DRUM SON
11.27(木) 神戸ART HOUSE
11.28(金) 大阪RUIDO

RoNo☆Cro全国ワンマンツアーファイナル
『Legend of "E"』

2015.01.05(月) TSUTAYA O-EAST



08.09(土) 浜松FORCE
08.10(日) HOLIDAY NEXT
08.16(日) 神戸ART HOUSE
08.17(日) 心斎橋soma
08.30(土) 渋谷REX
10.11(土) 池袋Black Hole
10.26(日) 渋谷REX


PROFILE
RoNo☆Cro

RoNo☆Cro ボーカル:Minami
Birthday: 11.09
Blood type: O
RoNo☆Cro ギター:メロ
Birthday: 10.26
Blood type: O
RoNo☆Cro ギター:雪希
Birthday: 07.18
Blood type: B
RoNo☆Cro ベース:玲音
Birthday: 02.16
Blood type: A
オフィシャルサイト

DISCOGRAPHY

アーティストタグ

RoNo☆Cro | 関連PICKUP

関連ピックアップはありません。