INTERVIEW
このエントリーをはてなブックマークに追加 チェック
Special
ワンマンやイベントでいち早く新曲を披露しているHEROのメジャー1stアルバム『巡り行く季節の中での さよならの仕方』が5月21日にリリースされる。本作にはこれまで発表され、スマッシュヒットを記録したシングル「答え合わせ」のAlbum versionや「絵足し歌」、インディーズ時代の「相対性理論」、「テノヒラ」のAlbum versionのほか、ヴォーカルのJINが、ありのままの自分を書いたというHEROの新たな側面を感じさせる書きおろしの新曲も数多く収録。一体感がハンパない彼らの熱いライヴの光景がフラッシュバックするアッパーな曲もパッケージされている。「いい意味で力が抜けた」と語るメンバーに歌詞が生まれたときのエピソードや楽器陣のこだわりなど、たっぷり話を訊いた。

取材・文:山本弘子
「新曲はいい意味で力が抜けてるのが気に入ってます」 (JIN)
――メジャー1stアルバム『巡り行く季節の中での さよならの仕方』はメロディアスで疾走感があって切ない曲がある一方でライヴに直結するメッセージ性のある曲や、恋愛以外をモチーフにした曲もあって、HEROの新しい面も感じられる作品になっていますね。
HERO
JIN:そうですね。前回のアルバム(『to you…』)はどれが表題曲になってもいい曲ばかりでまとめようって作ったんですけど、今回の新録の曲は……。
SARSHI:いい意味でアルバム曲ですね。
JIN:そう。だから、ちょっと、ふざけて作った曲もあるんですけど、いい意味で力が抜けたというか、それが気に入っていたりもして。
――そういうアルバムになったのはライヴが影響してるんですか?
JIN:そうですね。他の曲と違うタイプだけど、ライヴでやったら面白いっていう飛び道具的な曲をできるだけ増やしたいと思っていて、いろいろ工夫しつつ「ライヴでは、こういうノリにしたいよね」って考えつつ作っていきましたね。
SARSHI:ライヴでのノリ重視っていうところはありましたね。ワンマンツアーの初日(5月5日)でアルバムの曲を先がけて披露したんですけど、正解だったなって。お客さんも初めて聴く曲が多かったのに楽しんでくれたし、自分たちも新鮮な気持ちで演奏できたし、新曲でもノレるっていうのはHEROの強みだと思いました。
Yusuke:曲はバラエティに富んでるんですけど、全部、HEROらしいと言えばHEROらしいアルバムになりましたね。同じ自分たちでも違う見せ方ができたというか。
――HEROの芯はしっかりあるというか、いろんなアプローチの曲があってもバンドのカラーは伝わってきますもんね。
yu-ta:これまで出したアルバムの要素が詰まってる感じはしますね。過去のCDを赤、青、白って色分けするとしたら全部の色が混ざって何色もある作品というか。
「JINくんのいい意味で破天荒なところが出てる」 (SARSHI)
――そんなアルバムを作るに当たって各自がこだわったところは?
JIN:僕は歌詞についてはいい意味で力を抜いたというか、例えば「歌詞が出来ねぇ2014」は20分ぐらいで書けたんですよ(笑)。
――(笑)歌詞ができないっていう内容の詞なのに?
JIN:そう(笑)。テーマが決まったら早いんですよ。「巡り行く季節の中で...」と「さよならの仕方」は別れを題材にした曲で、逆にガチガチに力を入れて書いたんですけど、それ以外はそんなに時間がかからなかったんですね。「自分応援歌」もありのままを書けばよかったし。
――「自分応援歌」は毎日、頑張ってる人も励まされる曲だと思うけど、自分自身への応援歌でもあるんですか?
JIN:そうですね。こういう世界ってなかなか努力が人に見えなかったりするじゃないですか。なので、自分で自分を誉めようと思って(笑)。
――上司に言い返す度胸がなくて「かしこまりました」って言ってしまったり、気になる女のコとのデートを当日キャンセルされても「かしこまりました」ってひいてしまう主人公がいつか見返すぞっていう内容で、ちょっとクスッと笑えました。
HERO
JIN:(笑)そういう、素のままの自分を出していければいいなって。
――「歌詞が出来ねぇ2014」に“2014”って付いている理由というのは?
JIN:「歌詞が出来ねぇ2015」も作れるなって。来年もサボれる(笑)。
――むしろ、毎年、作れますよね。
JIN:そうなんですよ。毎年サボれる夢のシリーズ第1弾(笑)。もう第2弾も構想ができてるので(笑)、そういう面白いことをどんどんやっていきたいと思ってます。いろいろ自分の中で可能性が広がった感じですね。遊びが増えたなって。
――じゃあ、みなさんが驚いたJINさんの歌詞というと?
SARSHI:やっぱり「歌詞が出来ねぇ2014」は驚きましたね。
yu-ta:そんなこと言う人は初めて見ましたからね(笑)。
Yusuke:でも、JINくんだからこそ書けるというか、できる詞なのかなって。変にカッコつけてないというか飾ってないというか、そのまんま出している感じが逆にいいなと思います。
SARSHI:フツーのバンドにはありえないと思うんですけど、JINくんのいい意味で破天荒なところが出ましたね。初期は「自分応援歌」みたいな情けない感じの歌詞もあったんですけど、久々に来たなって。こういう歌詞はJINくんにしか書けないと思うし、アルバムの中でも特にその2曲の歌詞は好きですね。
――シングルのラブソングしか知らない人にとっては“○○出来ねぇ”っていう言い回しからしてビックリするかもしれませんね。
SARSHI:そうですね。ふだんのJINくんのしゃべり言葉に近い感じですね。とは言え、シリアスなラブソングも書けるので、そういうギャップがいいんじゃないですかね。
――ギャップ萌えですね。SARSHIさんがギターでこだわったところは?
SARSHI:いちばんの違いは前回のアルバムではギターが1人というところにこだわって、1人でも再現できるフレーズを考えてたんですけど、今回は1曲、1曲に対して「この曲はギターが2本あったほうがいいな」と思ったらツインギターにしたっていう。そういう場合はライヴでは再現不可能なんですけど、曲がより良くなればいいなって――。初期はそういう作り方をしてたので原点回帰的なギターアレンジなんです。フレーズも僕が聴いて育った‘90年代ヴィジュアル系のフレーズを入れてみたりとか。
yu-ta:ベースに関しては今まであまり使わなかった音階で弾いてみたりとか。「自分応援歌」ではいつかやってみたいなと思っていたことに挑戦してますね。それと今回は出るところは出ようって、かなり主張してますね。
――主張しようと思ったのはなぜなんですか?
yu-ta:「to you...」ではリズムに徹したんですけど、今回はメロディ楽器のようにフレーズを入れまくったので、前回のアルバムの反動かもしれませんね(笑)。
――「STEP BY STEP」の間奏ではギターとベースの応酬がたっぷり聴けますしね。Yusukeさんはどうですか?
Yusuke:ドラムは今まで12インチのタムしか使ってなかったんですけど、今回のレコーディングでは少し小さいタムを増やしたんです。その分、音の幅が広がったし、できることが増えたので、だいぶプレイに自由度が出てきてメロディアスに演奏できたので、そのあたりは自分でも大きく変わったなと思いましたね。
――ちなみにリードトラック「巡り行く季節の中で...」はアルバムに収録されているインディーズ時代のシングル「相対性理論」(Album versionを収録)の続編なのかなと?
JIN:そこは特に意識しないで作ったんですけど、この曲は自分でもメロディが好きだったので覚えやすい言葉を考えていって“今年も春が来て 桜通り歩いた”っていうところから組み立てていったんです。
HERO
――「相対性理論」も“桜舞い散る帰り道でいつも”で始まるし、2曲とも秋の描写では落ち葉が出てくるから、もしかしたら同じ主人公なのかなって。
JIN:僕、季節感を出して書くのがすごく好きなんですよ。そう言われると繋がってますね。そういうことにしましょう(笑)。あと、「巡り行く季節の中で...」は恋愛の曲なんですけど、MVは子供が事故で亡くなってしまうというところから始まってるんです。
――MVは監督さんに委ねたストーリーになってるんですか?
JIN:「普通の恋愛の別れの曲じゃなくて、印象に残るようなものがいいな」っていう話はしたんですけどね。見たら、フツーに泣きましたからね。
SARSHI:僕もだいたいの内容は聞いてたんですけど、家のPCで編集チェックしようと思ったら、冒頭からもうダメでボロボロ泣きながら見てました。ライヴではいざ曲が始まったら楽しめたんですけど、最初はどんな顔して演奏したらいいんだろうって。
――HERO史上、最も切ないMVなんですか?
JIN:最もツライ。
SARSHI:でも、衝撃的だし、インパクトがあるのでぜひ見てほしいですね。
yu-ta:映画やドラマみたいで、今までになかったような仕上がりですね。
――アルバムは全曲、思い入れがあると思いますが、あえて、1曲、個人的なプッシュナンバーを紹介するとしたら?
JIN:僕は「さよならの仕方」が好きですね。この曲、キーが全体に高いんですけど、Aメロも覚えやすいし、気に入ってますね。ライヴでは歌うのがしんどい曲かもしれないけど、修行だと思ってがんばります。
――ちなみに、アルバムは「さよならの仕方」と「巡り行く季節の中で...」の2曲を繋げたタイトルになっていますが、なぜ、そうしたんですか?
JIN:2曲とも良かったから「どっちをリードトラックにする?」みたいな話になってたんですよ。両方とも押しだから、こういうタイトルにしたんです。
――なるほど。SARSHIさんのプッシュ曲は?
SARSHI:「Call me」ですね。この曲には僕が影響を受けた’90年代のヴィジュアル系のフレーズを入れてみたんです。サビで古き良きフレーズを入れているのが、自分的には懐かしくて新鮮ですね。大阪のライヴでも演奏したんですけど、ファンの人たちにこの曲のギターがカッコいいって言われて、嬉しかったですね。
yu-ta:僕は「巡り行く季節の中で...」。純粋にメロディラインのキャッチーさも好きだし、自分のベースのフレーズも周囲の人に気に入ってもらえたので……。去年、祖母が他界したり、ついこの前も中3の頃から飼っていたトイプードルが死んでしまったんですけど、この曲を聴くといろいろな想いが重なるんです。
Yusuke:僕は「星に願いを…」ですね。通常盤にしか収録されてないんですけど、単純に曲が好きなんです。この曲だけ2年前にレコーディングしていて、今回、ミックスし直したんですけど、時間がたっても“いい曲だな”って思えるっていうのはホントに普遍的なんだろうなって。
――「星に願いを...」で終わる通常盤を聴くとハッピーエンドな気持ちになるし、「さよならの仕方」で終わる初回限定盤だと切ない気持ちになるし……。
Yusuke:また味わいが違いますよね。
「野音はHERO最後の椅子席のある会場になるかも」 (JIN)
――ワンマンツアー「See you again」とイベントとライヴ三昧の日々が続き、ファイナルは8月23日の日比谷野外音楽堂となりますが、どんなテーマを持ってライヴに臨んでますか?
HERO
JIN:最初に言ったように飛び道具的な曲を増やしたので、1つ1つのライヴを大事に廻って、新曲をどれだけ浸透させられるか、ですね。あと僕らのライヴのスタンスは基本、椅子席ではなくスタンディングなんですよ。今後、しばらく椅子のある会場ではやらないと思うので、野音はその最後になるかなと。なので、ラストチャンスだと思って、見に来ていただけたら嬉しいですね。
――日比谷野外音楽堂にはイベントで立ったことはあるんですか?
SARSHI:全く初めてですね。
JIN:楽しみです。
――真夏の野外で開放感があるだろうし。
yu-ta:ええ。ただ、衣装がスーツなんですよ。大阪でもめちゃくちゃ暑くて。
JIN:暑いんで倒れないように水分補給しないとね。
Yusuke:そのためにも体力作りしないと。
――野外ってライヴが進むにつれ、空の色が変わっていくのもいいですよね。太陽が落ちかけたときに、どんな曲をやるんだろう? とか。
Yusuke:そうですね。そのあたりもうまい具合にセットリスト組めたらいいなと思います。
yu-ta:あとは雨が降らなければ最高ですね。
――ですね。でも、機材は大変だろうけど、雨は雨で忘れられないドラマが生まれるし。
SARSHI:僕ら、あまり経験ないのでわからないですけど、雨は雨で面白いかもしれないですね。
――渋谷公会堂をライブハウスに変えてしまったHEROだから、野音もみんなで歌って暴れられる爽快なライヴになるんじゃないかと思っています。
JIN:がんばります!
トップへ戻る
RELEASE
Major 1st Album
「巡り行く季節の中での
さよならの仕方」

2014.5.21 RELEASE!!

HERO
Type-A
CD+DVD
CRCP-40370
¥3,333+税

[CD収録曲:11曲]
01. 巡り行く季節の中で...
02. 「答え合わせ」 (Album Version)
03. STEP BY STEP
04. Call Me
05. 自分応援歌
06. 「絵足し歌」
07. 「相対性理論」(Album Version)
08. 歌詞が出来ねぇ2014
09. 「テノヒラ」(Album Version)
10. 「存在理由」
11. 「さよならの仕方」

[DVD]
「巡り行く季節の中で...」Music Video & Special Movie

HERO
Type-B
CD+DVD
CRCP-40371
¥3,333+税

[CD収録曲:11曲]
※収録曲はType-Aと同じです。

[DVD]
2013.12.30 Live at 渋谷公会堂
01. 「絵足し歌」
02. めっちゃ好き
03. Ring a Ding a Song
04. 翼が折れて迷宮に迷い込んだ漆黒の天使
05. 「ソプラノ」

HERO
Type-C
CD
CRCP-40372
¥2,667+税

[CD収録曲:12曲]
01. 巡り行く季節の中で...
02. 「答え合わせ」 (Album Version)
03. STEP BY STEP
04. Call Me
05. 自分応援歌
06. 「絵足し歌」
07. 「相対性理論」(Album Version)
08. 歌詞が出来ねぇ2014
09. 「テノヒラ」(Album Version)
10. 「存在理由」
11. 「さよならの仕方」 12. 星に願いを...

SCHEDULE
HERO ONEMAN TOUR 2014 「See you again」
06.08(日)柏PALOOZA
06.14(土)HR さいたま新都心VJ-3
06.21(土)仙台MACANA
07.12(土)名古屋E.L.L
07.19(土)岡山IMAGE
07.26(土)金沢AZ
08.02(土)福岡DRUM Be-1

HERO ONEMAN TOUR 2014 FINAL
「See you again」“また会いましょう”

08.23(土)日比谷野外音楽堂


05.24(土)大阪BIGCAT 05.25(日)金沢AZ 05.30(金)鹿児島SR HALL 05.31(土)熊本DRUM Be-9 V1 06.01(日)福岡DRUM Be-1 06.29(日) 渋谷TSUTAYA O-EAST

PROFILE
HERO

HERO Vo: JIN
birthday: 05.06
blood type: AB
HERO Gt: SARSHI
birthday: 01.02
blood type: O
HERO Ba: yu-ta
birthday: 06.16
blood type: B
HERO Dr: Yusuke
birthday: 05.14
blood type: O
オフィシャルサイト

DISCOGRAPHY

アーティストタグ

HERO | 関連PICKUP

関連ピックアップはありません。