FEATURE

DaizyStripper「アルバムコンセプトツアー2017[11 CHRONICLES]Day1【THE BEAUTY Day】」@新宿BLAZE

2017.08.16
 単なる回顧ではなく。夢の原点としての過去を追体験することにより、今現在と未来へ夢路をつなげていきたいと、DaizyStripperの面々はきっと考えているのだろう。
このたびのアルバムコンセプトツアー2017[11 CHRONICLES]は、過去に彼らが発表してきたアルバムの単位で、その日によりライヴを構成していくというとても企画性の高いものとなっている。
初日である新宿BLAZE公演に冠せられていたのは、Day1【THE BEAUTY Day】。
温故知新を体現する彼らの姿が、そこには在った。

TEXT:杉江由紀


























夢の原点にあらためて立ち戻り、ともに追体験をするということ。彼らとわたしたちは、この重要な意味を持っていた一夜を境にして、より鮮やかな色合いをもってここから広がっていくのであろう“素敵なこの世界”への道程を、またあらたに歩み出すことになったのだと思う。


「皆さん、本日はアルバムコンセプトツアー2017[11 CHRONICLES]初日である新宿BLAZE公演へお集まりいただき、ありがとうございます!DaizyStripperです!!」

 フロントマンである夕霧が、この夜まずオーディエンスに対して投げ掛けたのは、挨拶かねがねとなったこの言葉。それと同時に、彼はここで今ツアーについての概要説明もしてくれることになった。 「このあいだ10周年の節目が終わって、こうして11年目に突入したこのタイミングで、今回は過去を振り返りましょうという主旨のツアーを、ちょうど11ヵ所を廻っていくことになります。見ての通り、この初日では“この服”で『THE BEAUTY』の曲たちをやります。そして、今日は記念すべきメジャーデビューをしてからの初ライヴでもあるわけです。Day1【THE BEAUTY Day】の名にふさわしく、今日は美しく! 過激に! 徹底的に愛しあいましょう!!!」

 夕霧のいう、“この服”とはMVで言えば「色彩ヴィヴィッド」の中でメンバーたちが纏っていた、あの艶やかなモダン和服調の衣装のこと。その件も考慮してのことなのか、この夜の1曲目として彼らが演奏してみせたのはまさに「色彩〜」であり、いきなりこの曲をそのシチューエーションで聴いただけでも、つい意識がファーストミニアルバム『THE BEAUTY』が発表された頃=2009年11月あたりにグイっと引き戻されてしまったのは、何も筆者だけではあるまい。

 端々から、面白いくらいに若気の至り感が溢れる「endorphin.」。5人の放つドライヴしたバンドサウンドがやたらと心地良い、骨太なロックチューン「自慰的ショータイム」……。もちろん、『THE BEAUTY』の収録曲たちが軸となるライヴではあったものの、その近辺の時代につくられた楽曲たちも交えて構成されたこの夜のセットリストは、きっとコアなファンであればあるほど楽しめたはずだ。

 なお、今宵もっとも胸熱だったシーンとしては、本編中盤において風弥が弾くピアノを背景に、夕霧が切々とした歌を丁寧に綴りあげたバラード「雪恋華」が、なんとも乙だったことが筆頭に挙げられる。真夏の夜に聴く、冬の恋歌がより幻想的に聴こえるのは何故だろう? なおの弾く叙情的な極上ギターソロも、この美しい歌に一層の味わいを添えておりとても素晴らしかった。 「いやー、面白いね。47都道府県を2周したバンドとは思えないくらい、着なれない衣装と、やりなれない曲たちばかりで、今日の僕らはとても緊張しています(笑)」

冗談半分で夕霧はこう笑っていたが、それでもこの夜の彼らは良い意味で時に初々しさもみせながら、今の5人で当時の楽曲たちを演奏することの意義を、わたしたちにしっかりと伝えてくれていた気がする。

 また、ライヴが佳境に入る前にはミニアルバム『THE BEAUTY』を合宿レコーディングした際の想い出話などがメンバー全員によって微笑ましく語られる一幕もあり、当時を知る人たちはもちろんのこと、当時のことはよく知らないというファンにとっても、“その頃の雰囲気”を味わうことが出来たのが、このDay1【THE BEAUTY Day】だったのではなかろうか。

 それでいて、トレゾアの皆様が一斉にアタマを振り出した「MR.UNCHAIN」などでは、当時よりも格段に磨きのかかったバンドサウンドが体現されていたのも事実で、まゆの弾くジャジーなフレーズの粋なオトナっぷりが光っていた「リリカルナイト」も、今現在のDaizyStripperだからこそ表現出来る音に溢れていたと言っていい。

「今夜は古い曲をたくさんやって、ちょっと緊張したりドキドキもしたけど、何年経ってもDaizyStripperの曲はずっと色褪せていないな、ということを確認出来たのが凄い嬉しかったです。これからも、変わらずに突き進んでいきたいなという決意があらためて固まりました。ありがとうございます!」

 盛大なアンコールの声に応えて、再びステージ上に現れた夕霧が口にした言葉は、かくしてとても率直なものだった。同時に、このアンコールでは記念すべきメジャーデビューシングル『AGAIN』の発売日翌日にあたるライヴとあって、過去のDaizyStripperではなく、現在進行形のDaizyStripperもリアルに感じさせてくれることになった。そう、シングル『AGAIN』に収録されている全曲を、ここで一気に聴かせてくれたのである。

ドラマティックな表題曲「AGAIN」、間奏でのReiと風弥によるリズムバトルがダイナミックに決まった「WHO KILLED THE FIGHTER?」、さらにDaizyStripperのライヴにはもはや必要不可欠な曲となっている「decade~10年後の僕らver.~」。 このたびのアルバムコンセプトツアー2017[11 CHRONICLES]は、彼らとわたしたちにとっての温故知新な重要プロセスであり、全てはここからに繋がって行くということが、このアンコールではきっちりと証明されたということだろう。



最後に。この夜ステージを去る際になおが発した言葉をここに記すことで、このレポートを締めくくることにしたい。

「当時のライヴに来てなかった人たちも、今日を機に「その時から観てた」って言っていいからね!!」

RELEASE

Major Debut Single「AGAIN」
2017年07月26日 Release!!
【初回限定盤A】
VBZJ-52 / ¥1,900(税抜)
[CD]
01. AGAIN
02. decade~10年後の僕らver.~
[DVD]
「AGAIN」MUSIC CLIP
「AGAIN」MUSIC SLIP MAKING
※トレーディングカードA(全10種からランダムで1枚)封入

【初回限定盤B】
VBZJ-53 / ¥1,900(税抜)
[CD]
01. AGAIN
02. decade~10年後の僕らver.~
※豪華フォトブックレット(初回限定盤B ver)
※トレーディングカードB(全10種からランダムで1枚)封入

【初回限定盤C】
VBZJ-54 / ¥1,900(税抜)
[CD]
01. AGAIN
02. decade~10年後の僕らver.~
※豪華フォトブックレット(初回限定盤C ver)
※トレーディングカードC(全10種からランダムで1枚)封入

【通常盤】
VBCJ-30022 / ¥1,500(税抜)
[CD]
01. AGAIN
02. decade~10年後の僕らver.~
03. WHO KILLED THE FIGHTER?
※トレーディングカードD(全10種からランダムで1枚)封入

LIVE INFORMATION

DaizyStripper アルバムコンセプトツアー2017 「11 CHRONICLES」

[Day1【THE BEAUTY Day】]
2017年07月27日(木) 新宿BLAZE
[Day2【BIRTH Day】]
2017年08月01日(火) 札幌COLONY
[Day3【LOVE Day】]
2017年08月02日(水) 札幌COLONY
[Day4【BLESS Day】]
2017年08月11日(金) 大阪MUSE
[Day5【SIREN Day】]
2017年08月12日(土) 名古屋CLUB UPSET
[Day6【AIR Day】]
2017年08月19日(土) 新潟GOLDEN PIGS BLACKSTAGE
[Day7【HUMALOID Day】]
2017年08月20日(日) 仙台LIVE HOUSE enn 2nd
[Day8【TRAGUS Day】]
2017年08月24日(木) 福岡DRUM Be-1
[Day9【SIRIUS Day】]
2017年08月26日(土) 岡山IMAGE
[Day10【HOME Day】]
2017年08月27日(日) 高松DIME
[FINAL Day【SINGLE&COUPLING Day】]
2017年08月31日(木)新宿ReNY

10th Anniversary Special Tour ~from 2007~

[Day1【THE BEAUTY Day】]
2017年09月02日(土) Zepp Osaka bayside
2017年09月03日(日) Zepp Nagoya
2017年09月17日(日) Zepp Tokyo

DaizyStripper「CERBERUS NIGHTS」~

[Day1【THE BEAUTY Day】]
「CERBERUS NIGHTS」男魂NIGHT※男性限定
2017年10月24日(火)東高円寺二万電圧
「CERBERUS NIGHTS」女魂NIGHT※女性限定
2017年10月25日(水)Shibuya O-WEST
「CERBERUS NIGHTS」ハロウィンNIGHT
2017年10月26日(木)Shibuya O-WEST


2017年10月07日(土) 大阪・服部緑地野外音楽堂
2017年10月28日(土) 名古屋ReNY limited

DaizyStripper PROFILE

※画像クリックで大きい画像が表示されます。

  • Vocal:
    夕霧
    Birth:05.13
    Blood:A

  • Guitar:
    なお
    Birth:01.30
    Blood:O

  • Guitar:
    まゆ
    Birth:11.24
    Blood:O

  • Bass:
    Rei
    Birth:12.29
    Blood:A

  • Drums:
    風弥
    Birth:09.15
    Blood:A



DISCOGRAPHY

アーティストタグ

DaizyStripper | 関連PICKUP

関連ピックアップはありません。