バグサミ -Extra Edition-

バグサミ対談 一樹(BugLug) × Aiji(LM.C)

2018.11.24
BugLug主催フェス「バグサミ-Extra Edition-」対談、今回はBugLug Gu.一樹とLM.C Gu.Aijiが登場!
BugLugにとっては結成初期のお手本だったという、バンドにとって特別な存在と言っても過言ではないLM.C。かねてより親交はありつつもゆっくり語り合うのは初という両者のイベントにかける思いからギタリスト同士の濃密な音楽トークにまで花が咲いた対談をご覧頂きたい。

取材・文:二階堂晃
『誘ってくれたバンドの心意気を買いたい』
――BugLugとLM.Cは今回の「バグサミ-Extra Edition-」が初共演とのことですね。
一樹:僕、BugLugの結成初期にLM.Cさんのワンマンを観させて頂いてからずっと対バンしたいと思っていたので、今回実現したことが本当に嬉しいです。
Aiji:嬉しいですね。何故か分からないけど、最近LM.Cを誘ってくれるバンドがすごく多いんですよ。誘ってくれたバンドの心意気を買いたいなという思いがあるので、基本的に受けられるお誘いには応えるようにはしていて。この「バグサミ-Extra Edition-」はLM.Cにとって今年最後のイベント出演ですね。
――Aijiさんから観たBugLugというバンドのイメージはどんなものでしたか?
Aiji:LM.Cと似た匂いを持ったバンドだなという印象は最初からありましたね。ライヴ映像も観させてもらったけど、映像を使ったりする演出面でもシンパシーを感じたし。
一樹:バンド結成当初からLM.Cみたいな「ポップでアヴァンギャルド」なバンドでありたいと思っていたので、実は色々な面で参考にさせて頂いていたんです。Aijiさんとこうしてゆっくりお話する機会が出来たらこのことを伝えたいと思っていたので、ようやく話せて嬉しいです。
――お二人の出会いはどんな形のものだったのでしょうか?
一樹:Aijiさんは覚えてらっしゃらないかもしれないですけど、BAROQUEの圭(Gu.)さんに紹介して頂いたのが最初ですね。
Aiji:それはね、覚えてるよ。圭が紹介してくれた子だったから一樹のことは気になっていたし、その後に一樹と圭が対談したインタビュー記事が出たじゃない? あれは全部読んだ。
一樹:そうだったんですか? 嬉しいな。
Aiji:プレイはまだ観たことがないけど、記事を読んですごくギターが巧いんだろうなと。後は、あのしっかりした圭が可愛がってるくらいだから、ちゃんとしてる子なんだろうなって思ってましたね。まあでも、圭も昔はやんちゃだったんだもんね(笑)。
一樹:そうですね。昔とはまた違った雰囲気で圭さんとこうして良い師弟関係が築けられていることは本当に幸せなことです。
Aiji:こうして縁が繋がっていくのは本当に嬉しいことだよね。
――そんな一樹さんから、せっかくの機会ですのでAijiさんに尋ねてみたいことはありますか?
一樹:めちゃめちゃいっぱいあるんですけど、一番気になっているのは作曲のことですね。Aijiさんってどんな風に曲作りに臨んでらっしゃるのかすごく興味があります。
Aiji:一樹は作曲しててスランプってある?
一樹:僕はメインコンポーザーという立場じゃないからもしれませんが、スランプらしいスランプはそんなにないですね。
Aiji:そうなんだね。俺は実は「万年スランプ」なんだよね。俺は日記を書くみたいに常に曲を作るタイプじゃなくて締め切りを目指して作っていくタイプだから、久しぶりに曲作りをすると、最初は作り方を忘れてるね。今も曲作り期間なんだけど、まだ自分で締め切りを設定してないからまだ1曲も出来てない(笑)。
一樹:それ、僕もまったく同じタイプなんですよ。
Aiji:それでいいんじゃない? 俺たちは商業作曲家ではないんだからさ。逆に、外部のアーティストへの楽曲提供の方がスラスラ出てくるかな。最終的に自分がステージで表現するものとしての曲作りの方が、やはり難しさはあるよね。だから毎回スランプみたいなものだよ(笑)。
一樹:でもLM.Cの曲はどれも本当にカッコいいですよね。
Aiji:ありがとう。多分聴いてもらった曲はどれも苦労して作ってる。でも、何かを表現する仕事で苦労してない人なんていないからね。
一樹:赤裸々に語ってくれて嬉しいです。Aijiさん、雰囲気が柔らかいから本当にお話してて楽しいです。作品だとすごくクールな印象なのにこういう場になるといつも全然違いますもんね。
Aiji:そうだね、いつもは大体こんな感じだよ。
『こうしてカッコいい先輩と一緒に共演できることが本当に嬉しい』
一樹:初めてLM.Cを赤坂BLITZ(現:マイナビBLITZ赤坂)で観た時は、お立ち台がトランポリンになったりしていて本当に衝撃だったのを今でも覚えてるんですよね。
Aiji:あれは俺もビックリした。気が付いたらmaya(Vo)がステージの真ん中にトランポリンを置いてたんだよね。
一樹:あらかじめAijiさんに特に相談とかはなかったんですか?
Aiji:ウチはそういうのは何にもないよ。mayaは自由にやらせて輝くタイプだから、お互いに何の制約も作ってないんだよね。
一樹:メンバーが2人っていうのがまたいいですよね。
Aiji:メンバー間の余計な摩擦が何もないからね。元々が先輩と後輩同士だから、必要のないライバル心とか意地の張り合いとかもないし。
一樹:雑誌でLM.Cのインタビュー読ませて頂いて、不思議な良い関係性だなっていつも思ってました。
Aiji:良い部分もあればもちろん悪い部分もあるよ。人数が少ない分、メンバー間のミラクルって起きづらいし。「バンド」っぽくはないかな。バンドをやってる理由に、バンドという存在がカッコいいっていう部分が必ずあるじゃない。LM.Cの場合はそうじゃないから。あと、解散とかもないとも思うし。
一樹:それはファンの方にとっては幸せなことですよね。
Aiji:ある程度大人になってから組んだバンドだから、変な摩擦はないしね。「絶対」なんてものはこの世にないかもしれないけど、解散をする理由が見当たらないかな。BugLugはメンバーは仲良いの?
一樹:昔みたいにメンバー同士ではしゃぐみたいなことは最近は無くなっちゃいましたね。その分、特典映像を録る時とかに不意に昔の雰囲気に戻る瞬間があって、そういうのは面白いなって思います。
Aiji:それが順当なバンドの成長だよ。一緒に音楽を作っていく仲間ってことだからね。
――長くこのシーンを走って来られたAijiさんの目線で、BugLugを始めとした若い世代のバンドが担う現状のV系シーンに対して思うことはありますか?
Aiji:最近のアーティストの子たちにとって、バンドのスタイルやサクセスへの道のお手本になるようなバンドいたりするのかな? 例えば俺たちの時代だったら、インディーズバンドはみんなLUNA SEAをお手本にしちゃう、みたいな。その辺のことってどうなんだろう?
一樹:僕も同じことをよく考えます。同時にそこに続くことができなかった僕の世代の力不足でもあると悔しくも思います。だからこそ、こうしてカッコいい先輩と一緒に共演できることが本当に嬉しいんですよね。Aijiさんやその世代の先輩たちを見ていると、「やっぱりアーティストはこうでなくちゃいけないな」ってすごく思うんです。バグサミは、純粋に共演したいバンドだけをお誘いさせて頂いて実現したイベントなので、今から当日が本当に楽しみです。
Aiji:うん、MERRYも過去にMUCCも入れたスリーマンでツアーを回ったバンドだし、本当にいい日にしたいね。
――ギタリストとしては、一樹さんからAijiさんに聞いてみたいことはありますか?
一樹:Aijiさんって、ギタリスト同士の集まりでもあまりギターの話ってしてないですよね?
Aiji:そうだね。機材は好きだけどギターの話はあんまり外ですることはないかな。
一樹:機材はギターのですか?
Aiji:20代の頃はギターのエフェクターを買い漁っていたような時代もあったけど、今は主にレコーディング用の機材が好きだね。プリアンプとか、スピーカーとか。
一樹:僕、昔の楽器や機材の専門誌のAijiさんの記事は全部読んでましたから、Aijiさんの機材のことはかなり詳しいと思います。
Aiji:嬉しいね。昔は機材も大きかったけど、今はデジタル化が進んでどんどん機材のサイズもコンパクトになってきてるし、いい時代になったよね。ちなみに一樹は今もアンプからアナログでギターは鳴らしてるの?
一樹:はい、まだアナログで鳴らしてますね。
Aiji:いいね。俺はツアーでの機動性のこともあって、完全にデジタル機材に移行したからさ。
一樹:デジタルの音作り、難しいですよね。でもAijiさんの音、すっごく良いなって思いました。
Aiji:ホント? あれは納得のいく音を作るのに本当に大変だった。「確かに小さくて便利だけど、なんでみんなこんなの使ってんの!?」って。そこからもう研究の日々だよ。
一樹:元々Aijiさんが使っていた機材のシミュレートをしたんですか?
Aiji:うん、でもあれってやっぱり音の雰囲気が似るだけで全然違うんだよね。だから1000音色ぐらいの中からひとつずつ聞き比べた上で選んでいって、最終的にレコーディングとライヴ両方の環境でしっくり来るものまで絞り込んだ音色をさらにブラッシュアップして、今はメインで使ってるかな。
一樹:すごい! ここ最近で一番面白い話ですよ。ライヴの日、そのギターの音を盗みたいくらいです(笑)。
Aiji:そんなことしなくても俺の作った音色のデータを後で送ってあげるよ(笑)。
『3バンドとも持っているものの根底は同じ』
一樹:いやあ、こんな専門的な話まで出来て今日は本当に楽しいです。
Aiji:楽しいね。ただ、俺はギター本体の事はあまり詳しくないんだよね。
一樹:Aijiさんはずっとトレードマークになってるギターですもんね。ギタリストとしてそういう自分だけのモチーフがあるのって羨ましいなって思います。そういうギタリストって今のヴィジュアル系シーンにはいないと思うんですよね。
Aiji:オリジナルモデルの楽器を使ってる人が減ったっていうのも、シーンからスタープレイヤーと呼ぶべき存在が出づらい状況のひとつなのかもしれないね。昔は楽器と共にプレイヤーが一つのアイコンとして有名になっていく、みたいな風潮があったと思うんだけど。
一樹:まさしくです。僕自身は優柔不断なので色々なタイプのギターを使いたくなってしまうタイプです。特に最近はテレキャスター・タイプのギターが気になっています。
Aiji:いいね、俺もテレキャス。これまでに色んなタイプのギターをレコーディングでは使ってきたけど、「ああ、自分が追い求めてたのはテレキャスだったんだな」って今は思うからレコーディングではテレキャスか自分のモデルのギターしか使わなくなったかな。
――お二人にとって、“理想のギターの音”とはどんなものですか?
一樹:すごく大きなボリュームなんだけど、耳が痛くなくて、まるでギターの音に包まれているかのような、ギターの音を浴びているようなサウンドが出せたら理想だなって思いますね。
Aiji:一樹の言ってることすごく分かる。音の「量感」や「面積」が大きいんだけど、曲の邪魔にならないサウンドというか。レコーディングでもそういう音は目指してるかなあ。
一樹:音作りは難しいですけど、試行錯誤の末に上手くいった時って本当に嬉しいですよね。
Aiji:そうだね、俺たちがこんな話をしてるのって普段なかなかファンの子たちは知ることがないだろうね。一樹みたいに音についてそういう風に考えられるメンバーがいるバンドの音は纏まってるし安心して聴けるから、イベント当日はBugLugがどんな音を出してくれるか今からとても楽しみだよ。
――改めてになりますが、「バグサミ-Extra Edition-」ではお互いどんなライヴを展開していこうと思われていますか?
Aiji:LM.Cは基本的に一貫していて「ハッピーであれ」っていうことに尽きますね。来てくれたオーディエンス全員に楽しんで帰って欲しいという、それだけですね。イベントだと「曲知らないから、どうやってノったらいいか分からない」って声を聞いたりする事もあるけど、そういうの関係なしにビートに身体が自然と動いて楽しくなるライヴをやれたらと思います。
一樹:さすがです。僕たちはいろいろな経験を乗り越えて最近はより強いメッセージを投げかけるライヴをしていこうと思っていますね。「生きているんだから、ハッピーであれ」というか。
Aiji:それ、正解だよ。一度きりの人生だからね。そういう意味では、MERRYもバンドの持ってるムード感は俺たちとはまた違ったところにあるかもしれないけど、3バンドとも持っているものの根底は同じだと思う。生きているんだから会場に集まったみんなで楽しくやろうよってことだよね。
一樹:はい、楽しいイベントになるように全力を尽くしたいと思います。

RELEASE

BugLug
18th New Single「Wally?」
2018年10月30日(火) Release!!

【初回盤A】
(CD+DVD)
RSCD-296~297 / ¥1,800(税抜)
[CD]
01. Wally?
02. BLACK
[DVD]
Wally? -Music Clip-
[発売元]
Resistar Records
【初回盤B】
(CD+DVD)
RSCD-298~299 / ¥1,800(税抜)
[CD]
01. Wally?
02. BLACK
[DVD]
Wally? -メイキングオフショット-
[発売元]
Resistar Records
【通常盤】
(CD)
RSCD-300 / ¥1,500(税抜)
[CD]
01. Wally?
02. BLACK
03. Eat Me!
[発売元]
Resistar Records

LM.C
NEW ALBUM「FUTURE SENSATION」
2018年08月08日(水) Release!!

【通常盤】
CD only
VICL-65033 / ¥3,000(税抜)/
[CD] 全11曲収録
01. In Future, New Sensation
02. ChainDreamers
03. Virtual Quest
04. Intersection
05. Hangover
06. Hollow Hotel
07. Door!
08. Nothing
09. Twinkle Star
10. Brainwashing
11. Dystopia
【完全生産限定盤】
2CD+DVD+写真集
アナログLPサイズ豪華BOX仕様
VIZL-1411 / ¥13,500(税抜)
[CD1]
FUTURE SENSATION
※通常盤と同内容
[CD2]
FUTURE SENSATION
[Instrumental Tracks]
01. In Future, New Sensation -Instrumental-
02. ChainDreamers -Instrumental-
03. Virtual Quest -Instrumental-
04. Intersection -Instrumental-
05. Hangover -Instrumental-
06. Hollow Hotel -Instrumental-
07. Door! -Instrumental-
08. Nothing -Instrumental-
09. Twinkle Star -Instrumental-
10. Brainwashing -Instrumental-
11. Dystopia -Instrumental-
[DVD]
・[ChainDreamers] Music Video
・Maboroshi The Movie -Ver. Future-
[写真集]
PICTURE SENSATION

LIVE INFORMATION

バグサミ -Extra Edition- Vol.1
2018年11月5日(月) TSUTAYA O-EAST
OPEN 17:00 / START 17:30
[出演]
BugLug / Psycho le Cému / 己龍
バグサミ -Extra Edition- Vol.2
2018年11月27日(火) マイナビBLITZ
OPEN 17:00 / START 17:30
[出演]
BugLug / LM.C / MERRY
バグサミ -Extra Edition- Vol.3
2018年12月10日(月) 渋谷WWW X
OPEN 17:00 / START 17:30
[出演]
BugLug / R指定
バグサミ -Extra Edition- Vol.4
2018年12月28日(金) 渋谷ストリームホール
OPEN 17:00 / START 17:30
[出演]
BugLug / DEZERT / DIAURA

PROFILE

一樹(BugLug)
一樹 (BugLug)
Aiji(LM.C)
Aiji (LM.C)

アーティストタグ

BugLug・LM.C | 関連PICKUP

関連ピックアップはありません。

BugLug・LM.C | 関連MOVIE

関連動画はありません。