2018年6月10日(日)、TSUTAYA O-EASTにてアルルカン vs lynch.によるツーマン「laughing in the dark」が開催された。
アルルカンからオファーする形で実現した夢のツーマンのチケットは前売りの段階で完全にソールドアウト。この両者による「タイマン」を多くのファンが臨んでいたことが伺え、開演前から会場のフロア全体は異様なまでの熱気に包まれていた。
6月10日 TSUTAYA O-WEST アルルカン vs lynch.「laughing in the dark」 6月10日 TSUTAYA O-WEST アルルカン vs lynch.「laughing in the dark」

先攻は、ワンマンツアー『TOUR’18「Xlll -THE BEAUTIFUL NIGHTMARES-」』を目前に控え、モンスター・ラウドとして破竹の勢いで突き進み続けるlynch.が登場。

挑まれた側であるにも関わらず、余裕すら感じさせる貫禄をたたえながら登場するメンバーと共に「lynch.」と掲げられた巨大なドロップがゆっくりとステージにせり上がる中、葉月(Vo)の「聞かせてくれ!」という声で「EVOKE」からライヴはスタートした。1曲目から全力の拳でlynch.を迎え入れるオーディエンス。伸びやかな葉月の歌声と、貫禄たっぷりの楽器陣のヘヴィ・サウンドがO-EASTにたちまち大きなうねりを生み出す。

「ようこそ処刑台へ!」と葉月が投げかけ放たれたのは「GALLOWS」。畳みかけられるメンバーの熱量にさらなる熱い声を上げ、拳を振り上げるオーディエンス。
葉月と悠介(Gu)のコーラスワークの美しいハーモニーも、ただ轟音を繰り出すのみに留まらないlynch.の大きな武器の1つだと改めて感じさせられた。

結成初期より多くの人々の心を掴んできた名曲「I'm sick, b'cuz luv u.」、続く「THE OUTRAGE SEXUALITY」ではヘドバンの嵐を生み出すオーディエンス。そんなカオティックな光景の中でも、葉月の立ち振る舞いはあくまでもスタイリッシュさを貫き紳士ささえ感じさせる。
初めてlynch.のライヴを体験した人は彼のその存在感に、良い意味での大きな意外性と裏切りを感じたのではないだろうか。

そんな葉月のMCスタイルはどこまでも自然体で、真っ赤の照明の中で繰り広げられる屈託のないトークは良い意味でシュールさすら感じさせる。
今回のツーマンに誘ったアルルカンへの感謝を述べると、あろうことかおもむろに自身のスマホを取り出し、アルルカンVo.暁のツイートを読み上げる。「行くぞ、ダメ人間!」というTwitter上のファンへの呼びかけに対し、「ダメ人間って言われて怒らないんですか皆さん?」と投げかけ会場が笑いに包まれる。
「それでも今日はアルルカンのファン全員を奪う気満々だぞ!」とぶち上げ放たれたのは、まさかのアルルカンの「リビドー」のカヴァー。「今夜だけは愛し合いませんか?」「この時間が愛しい!」と、アルルカンのファンの呼び名である“ダメ人間”達への惜しみない愛を届ける。
続く「GREED」では、オーディエンスがステージ前方へ詰めかけヘドバンの嵐を巻き起こし、さらに「INVINCIBLE」では「頭降るのは好きか!?」との問いかけに体で応えようと、全身全霊にヘッドバンキングを振り乱す。

短いインターバルにも鳴りやまない声援を「シーッ」となだめすかし、ダークで妖艶な「melt」が会場を包み込む。そのタイトルに相応しく、骨の髄までlynch.にとろかされてしまいそうになる。玲央のコーラスと悠介のワーミー・サウンドが織りなす深淵なサウンドも印象的だ。

「AMBIVALENT IDEAL」ではさらなる極上のヘヴィネスを叩きつけ、呪文のような歌声を体の奥からひりだすように紡いだ後、「皆さんは暴れに来たんですよね?」「この際どっちのバンドのファンでもいいじゃないですか!」と叫ぶ声と共に、晁直(Dr)の高速ビートが繰り出され、クライマックスに向けて「MIRRORS」がスタート。さらに「めちゃくちゃになろうぜ渋谷!」の呼びかけで全力の手拍子と声を張り上げる「ALL THIS I'LL GIVE YOU」で会場のボルテージは臨界突破寸前へ。
「CREATURE」では、全力でライヴの空間を高めていくオーディエンスたちに「あなた達はダメ人間なんかじゃない!」とぶち上げ、完全にフロアを我がものにする葉月。そして、「もう一度言う。あなたたちはダメ人間じゃない!」「だからヤラせてくれ! SEXしようぜ!!」と、「pulse_」を叩きつけ、オーディエンスの心の奥の奥まで貫き、最高のエクスタシーを味合わせる。

「アルルカンのようにlynch.のことをルーツと言ってくれるバンドがいてくれて本当に嬉しかった」と感謝を告げ、まばゆいばかりの光を歌った「ADORE」で締めくくり、lynch.をこれでもかというほど刻み付けステージを後にしていった。
6月10日 TSUTAYA O-WEST アルルカン vs lynch.「laughing in the dark」 6月10日 TSUTAYA O-WEST アルルカン vs lynch.「laughing in the dark」 6月10日 TSUTAYA O-WEST アルルカン vs lynch.「laughing in the dark」 6月10日 TSUTAYA O-WEST アルルカン vs lynch.「laughing in the dark」 6月10日 TSUTAYA O-WEST アルルカン vs lynch.「laughing in the dark」 6月10日 TSUTAYA O-WEST アルルカン vs lynch.「laughing in the dark」 6月10日 TSUTAYA O-WEST アルルカン vs lynch.「laughing in the dark」 6月10日 TSUTAYA O-WEST アルルカン vs lynch.「laughing in the dark」


後攻はこの夜の仕掛人であるアルルカン。「挑んだからには必ず勝って帰る」とでも言いたげな鬼気迫る気合が、閉じられた幕越しからですら漂ってくる。

「exist」のイントロと共に幕が開くと、そこにはダークなアートワークが施されたドロップを背に、逆光の中俯いたメンバーの姿が。暁(Vo)が「アルルカンです。よろしくお願いします」とつぶやき、「exist」からライヴはスタート。1曲目から爆音の中で心の闇を吐き出し感情をぶつける暁の姿は、まるで彼一人だけがどこか違う世界に立っているかのような錯覚すら覚える。そんな彼をこの世界に引き戻そうとするかのように、拳を振りあげ、歌と音を受け止めるオーディエンスたち。

おもむろに「アハハハハ!」と、何かを嘲笑うかのような暁の笑い声と共に立て続けに届けられたのは「in the dark」。ステージ前面に繰り出し、客席のひとりひとりの熱量を確かめるかのようにギターとベースをかき鳴らす來堵(Gu)、奈緒(Gu)、祥平(Ba)の3人。
激しくも、どこかこの世ならざる世界を感じさせるアルルカンならではの世界が会場を席巻する。

「それでは皆さんお手を拝借!」とお行儀よく求めたかと思いきや、「遠慮なく来い!」と叩きつけられた「omit」。お決まりのヘドバンとステージへの指差しで会場を揺らすオーディエンスたち。それでも暁は、まだまだそこには何もないと言わんばかりに何かを求めるように客席に手を伸ばし歌い続ける。さらにヘドバンの嵐を巻き起こした「墓穴」のサビでは、上手のお立ち台で華麗に舞いながら客席を見つめる來堵の姿がとても印象的だった。

祥平のベースらしからぬエフェクティブで妖しいフレーズが客席を異世界へと誘う「NEGA ABILITY」が始まると、さながら壊れたピエロの人形のように奇妙なステップを踏みながら、暁が聞き手を曲の中へと引きずり込んでゆく。どっぷりと聞き手を己の手中に沈めた先に、「どんなに苦しくても、自分を救えるのは自分しかいないんだ」と強烈な思いをストレートにぶつける様は、ボーカリストとしての彼の大きな武器だと言えるだろう。

続く「白死蝶」では会場全体をミラーボールの光が包み、さながら満点の星空のよう。しかし、その星空の下でアルルカンが歌う人間模様は決して生やさしいものなどではなく、いつも哀しくて残酷な現実だ。その対比がなおさら聞き手の胸を打つ。己と現実に向き合いながら歌と音を紡ぐメンバーを食い入るように見つめる。

「今日この場所を選んでくれた皆さんとlynch.に感謝しつつ……」と言いながらも、「ここにいる皆さんに1つお願いがあります。人の過去のツイートを勝手に朗読しないで下さい!」と、先ほどの葉月のMCへのアンサーを繰り出し、会場の空気をほころばせる暁。そんな空気も束の間、「今日はもらえるものは全部もらいに来ました。ここにいる人が、欲しいものを持って帰れますように」と告げると「lullaby」が届けられた。自らの心の底を掬い上げ、自らえぐり出し、観客ひとりひとりの胸へと暁は置いていく。そんな彼の名前と同じく名を授けられた「暁」では、さらにお立ち台からオーディエンスに己の思いを訴えかける暁。そんな彼の歌に乗せて來堵、奈緒のギター隊のサビのハーモニーが響き渡り熱い拳で応えるオーディエンス達。

「影法師」では、「分かり合えないことを認めるのは諦めるってことなんだろうか?」「それでも明日に手を伸ばすんだ」と暁は叫ぶ。彼の問いかけたその答えの出ない疑問を振り払うかのように、またしてもヘッドバンキングの嵐を生み出していく。

來堵、奈緒、祥平がステージ前方に繰り出し、堕門(Dr)もリズムの塊を打ち放ち続ける。暁が「いらない自分なら自分で消してやろう! 渋谷!」と声を求めた「『私』と”理解”」。ラウドなサウンドやファンと共に巻き起こす熱いノリだけではなく、人間という生き物の心の底をえぐり、ごまかしてしまいがちな生きることへの問題提起こそが、アルルカンというバンドの本質だ。

6月にlynch.が他のバンドとのツーマンをいくつか控えていることを引き合いに、「僕はやきもちを焼いています」とキュートな一面を覗かせ笑いを誘いながらも、「頭のネジを外してやる!」と叩きつけられたのは、キラーチューン「像」。飛び跳ね、タオルを振り乱し、そこにいる全員が全てを吐き出していく。

「欲しいものを求めてやってきて、ここまでの時間でまだ満たされていないということは、ここにいる全員はダメ人間ということです!」とはっきり言い切る暁。「俺の愛すべきダメ人間、見せてくれ!」と、先ほど葉月が「あなたたちはダメ人間なんかじゃない」と、かっさらっていた会場の気持ちを見事なまでに取り返してみせたのだった。そんな彼に言葉に心を掴まれたオーディエンスは本日最高のカオスと一体感で応えて見せた。

ラストの「Eclipse」では「胸を張れ!」と、力強く叫ぶ暁をはじめとしたアルルカンと、自分の存在を肯定してもらえたダメ人間たちが通じ合えた手応えからだろうか、一筋の希望を確かに残し、今日一番の笑顔をメンバー全員が浮かべながらアルルカンのライヴは幕を閉じたのだった。
6月10日 TSUTAYA O-WEST アルルカン vs lynch.「laughing in the dark」 6月10日 TSUTAYA O-WEST アルルカン vs lynch.「laughing in the dark」 6月10日 TSUTAYA O-WEST アルルカン vs lynch.「laughing in the dark」 6月10日 TSUTAYA O-WEST アルルカン vs lynch.「laughing in the dark」 6月10日 TSUTAYA O-WEST アルルカン vs lynch.「laughing in the dark」 6月10日 TSUTAYA O-WEST アルルカン vs lynch.「laughing in the dark」 6月10日 TSUTAYA O-WEST アルルカン vs lynch.「laughing in the dark」


この貴重な夜が当然名残惜しく、鳴りやまないアンコールに呼び戻される形でアルルカンメンバーが再び登場。奈緒にいたっては、lynch.のTシャツを着ての再登場だ。高校生のころからlynch.があこがれの存在であり、今日のツーマンが実現したことへの感謝をしみじみと語りながら、思わず涙ぐむ奈緒。こらえる涙をおさえきれないまま「バンドをやっていてよかった」と語る姿を見て「嬉しい」とつぶやくlynch.ファンの声があったことをここに記しておきたい。

そして、アルルカン結成にあたってこの5人で最初に音を出した曲だというlynch.の「pulse_」のカヴァーを披露。lynch.より葉月をゲストボーカルとして呼び込み、6人による豪華な競演が繰り広げられた。そして最後の最後に「puzzle」で今一度会場の心をひとつにし、挑む者と挑まれる者同士による、夢のような夜は幕を閉じたのだった。
6月10日 TSUTAYA O-WEST アルルカン vs lynch.「laughing in the dark」 6月10日 TSUTAYA O-WEST アルルカン vs lynch.「laughing in the dark」


TEXT:二階堂晃
PHOTO:山本貴也 (ViSULOG)

lynch. SET LIST

01. EVOKE
02. GALLOWS
03. I'm sick,b'cuz luv u.
04. THE OUTRAGE SEXUALITY
05. リビドー ※アルルカンカヴァー
06. GEREED
07. INVINCIBLE
08. melt
09. AMBIVALENT IDEAL
10. MIRRORS
11. ALL THIS I’LL GIVE YOU
12. CREATURE
13. pulse_
14. ADORE

アルルカン SET LIST

01. exist
02. in the dark
03. omit
04. 墓穴
05. NEGA ABILITY
06. 白死蝶
07. lullaby
08. 暁
09. 影法師
10.「私」と"理解"
11. 像
12. ダメ人間
13. Eclipse

En1. pulse_ ※lynch.カヴァー
En2. puzzle

アーティストタグ

アルルカン・lynch. | 関連PICKUP

関連ピックアップはありません。