HYSTERiC CIRCUS


2013.6.21(金) 池袋EDGE

ViSULOG PRESENTS 『HYSTERIC CIRCUS vol.6』

2013.6.21(金) 池袋EDGE

OPEN/START:16:30/17:00
前売:¥3,000 / 当日:¥3,500 (ドリンク別¥500)

[出演]

PLUNKLOCK / L&DS / レボルブ / イズデッド / Zelktage / レインマン
※豪華プレゼント抽選会有!!

[MC]

山本貴也(ViSULOG雇われ編集長)
大城公人(俳優)

[チケット]


※2013年4月20日(土)より一般発売!
HYSTERiC CIRCUS
HYSTERiC CIRCUS

・「HYSTERIC CIRCUS」ご来場1回につきスタンプ1個押印します。
※スタンプの押印はイベント終演後のみとなります。
・お友達3名以上でご来場の場合はダブルスタンプ!
・スタンプ5個で1,000円キャッシュバック!
・スタンプ10個で「HYSTERIC CIRCUS」無料ご招待(ドリンク代別途)etc...

※詳細はスタンプカードをご覧ください。

HYSTERiC CIRCUS

HYSTERiC CIRCUS

PLUNKLOCK

――バンド紹介をお願いします。
2013年4月より新メンバー加入で新体制となったPLUNKLOCK。バンドサウンドはヘヴィーでその中に、繊細なボーカルの唄声が重なった、ジャンルを問わないバンドである。
楽曲の幅広さからライヴでもお客様と一体になって楽しめたり、心を揺さぶるバラードでしっかり聞かせたり、感動を呼ぶバンドになっている。そのライブは日本を超え2013年5月に2回目のヨーロッパツアーを決行することになる。
楽曲やライブだけでなく、全国ヴィジュアル系CDショップ、ライヴハウスで4曲入りの音源を5000枚も無料配布するという大胆な活動にも目を見張るものがある。
予測不可能な楽曲と活動に今後もご期待あれ。
――PLUNKLOCKのオススメの1曲とその理由を教えてください。
「JUSTart.」
タイトルには、"JUST" "START" "ART"が込められていて、これから始まるPLUNKLOCKに限りない可能性を表している。
楽曲のグルーヴ、音から伝わる心の激しさ、歌詞に込められたボーカルの想い、それを表現する歌声。まさに"今"のPLUNKLOCKそのもの。聞いてくれた人にはどんな感情でも何かしら感じとっていただきたい。
――6月にまつわるエピソードがあれば教えてください。
新しいメンバーになってから間もないので、何もかも新しい1ページになっています。なので、来年以降の6月にまつわるエピソードは、"HYSTERIC CIRCUSに出た事"になるでしょう。
山本さんこのコメントバッチリでしょ!?(笑)。
――「HYSTERIC CIRCUS vol.6」への意気込みをお願いします。
vol.1でも出演させていただいたのですが、今回vol.6ということで、もちろん前回より良いライブ、みんなの心に印象づけられるようなライブ、HYSTERIC CIRCUSが盛り上がるようにがんばりたいと思います!!
――ViSULOGをご覧になってる皆さんへメッセージをお願いします。
はい、こうやってViSULOGツアーに出演できるのも、ViSULOGユーザーの皆様あっての事です。今後もバンドもユーザー様も一体となって盛り上げていきましょう!ViSULOGバンザーイ☆

INFORMATION

2013年4月24日に発売された、2013年、新体制第一弾ミニアルバム"JUSTart."
幅広い楽曲と今後の可能性を秘めた音源です。
2013年4月20日にワンマンライブを決行し、5月にはヨーロッパツアーがあり、帰国してすぐ6月にも東名阪とビシバシ活動していきますので、どうぞよろしくお願い致します。




HYSTERiC CIRCUS

L&DS

――バンド紹介をお願いします。
・L&DS
「Lovers & Duo Style」の略でLoversはファンへの愛称。
Duo Styleはファンと自分達が共に歩んで行くという意味で使っていて、自分達とファンの繋がりを意味し「&」をつけています。
――L&DSのオススメの1曲とその理由を教えてください。
ゆうじ:「結春~11の季節~」
L&DSの最新曲であり、初のPV付きシングルになっているからです。
冬真:L&DS 1st Single「-ココロの地図-」
僕にとって初めてのレコーディングとなった、初めての音源。僕らの勢いが、直に伝わるような楽曲となっています。
まろ:「Bonds」
L&DSとして、初めて出来上がった曲でもあるので、思い入れが2割増しなんです!
Kru:「love in a mist」
叩いてて気持ちいい。
――6月にまつわるエピソードがあれば教えてください。
ゆうじ:6月はL&DSとしてはじめてステージに上がった月です。
冬真:6月といえば、僕が始めてL&DSと出会った月(去年)なんです。やっぱり僕にとって、色々な事が有った時なので、ずっと忘れることはないでしょう。
まろ:ゆうじと冬真のコメントを見て……。そー言やそっか!って、なりました!(笑)。L&DSと6月は、強い結びつきがあったのですね(笑)。
Kru:当時未成年だった冬真と出会い、即決。冬真いい奴。
――「HYSTERIC CIRCUS vol.6」への意気込みをお願いします。
ゆうじ:知り合いのバンドさん方とも共演なので刺激し合える様な熱いLIVEをしたいと思います。
冬真:会場の方全員に、「楽しかった」という思い出を作れるように頑張ります。
まろ:初めて参加させて頂くイベントさんなので、めちゃ楽しみです!バリ吹"っ飛ばしますぜ!
Kru:俺ららしくやらせて頂きます。
――ViSULOGをご覧になってる皆さんへメッセージをお願いします。
ゆうじ:ViSULOGユーザーの皆様、はじめましてL&DS Vo.ゆうじです。是非一度LIVE会場に遊びに来てください。一緒に楽しい時間を過ごしましょう。
冬真:皆様と共に、最高の幸せを感じられるようなバンドを目指しています。皆様、是非これからもよろしくお願い致します。
まろ:夏から!二ヶ月連続主催Live、2nd ONEMAN LIVEが始まります2つのL&DSを見てもらい、皆に好きだった方を選んでもらう!って、言う企画になってます!2nd ONEMAN 「Lovers & Contest」には、それ以外にも!盛り沢山な内容となってるので!是非、チェックして遊びに来てみて下さい!
Kru:初のMVつきSINGLE、結春~11の季節~がRELEASEされた。取り敢えず見てみるといいよ。

INFORMATION


【ライブ情報】
L&DS 二ヶ月連続主催Live
「Shiny & Dress Down」


2013/07/28 池袋EDGE
-入場者全員に2nd ONEMAN LIVE「Lovers & Contest」ハグ券プレゼント-

2013/08/15 池袋EDGE
-入場者全員に2nd ONEMAN LIVE「Lovers & Contest」撮影券プレゼント-

2013/09/21 渋谷REX
L&DS 2nd ONEMAN LIVE
「Lovers & Contest」
~あなたが選ぶのは、どっちのL&DS??~

-three「C」ontest-
・Contest 1. Change
途中衣装チェンジありのLiveとなります(Sugar ver & Secret verの2パターンです)
・Contest 2. Cheers
Live終演後、個室で待機しているメンバー1人ずつとの乾杯 & 撮影 & ハグ(撮影とハグに関しましては、主催Liveにて配られるチケットが必要です)
Barカウンターにて、グラスを受け取って下さい。
そこから進んで頂き、楽屋スペースの1部を1周する形で、メンバー1人ずつの個室スペースにて、乾杯して頂く形となります。
・Contest 3. Choice
Sugar verと Secret verどちらのL&DSが好みだったかを投票して下さい(投票用紙をBarカウンターにて、グラスと両方お渡し致します。最後のメンバーとの乾杯が終わった後、投票箱スペースを用意しておりますので、用紙に記入した後、そちらの方に投函して下さい。)

ONEMAN LIVE以降は、選ばれたVerの衣装での活動となります。

【リリース情報】
2013/04/10 3rd Maxi Single Release
「結春~11の季節~」


まろ書き下ろしイラストジャケット
LDS-003 / \1,890 (税込)
CD+DVD / 発売元 & my take

CD:
01. 結春~11の季節~
02. love in a mist

DVD:
01. 結春~11の季節~
02. L & O (OFF SHOT)




HYSTERiC CIRCUS

レボルブ

――レボルブのオススメの1曲とその理由を教えてください。
「neo VOiCE」
一番レボルブの色を出せている楽曲だと思います。
――6月にまつわるエピソードがあれば教えてください。
レボルブには雨男が潜んでいて、それが誰なのかはまだ判明していません。
今年の6月はそれが判る日がくるかもしれないですね(笑)。
――「HYSTERIC CIRCUS vol.6」への意気込みをお願いします。
素晴らしい対バンさん達に囲まれてのライブになるので、それに負けることのない様、恥じないライブをしたいと思っています。
――ViSULOGをご覧になってる皆さんへメッセージをお願いします。
初めまして、レボルブです。
今この場では猫を被っておりますが、youtube等では本性をはっちゃけた動画が面白い変な動画たくさんあるので是非観てみてもらえたらと思います。
『レボルブ』で検索!

INFORMATION


今年夏、レボルブ初のPVを絡めた3rd Singleをリリース予定です。

【ライブ情報】
7月19日
前代未聞のツーマンライブ。レボルブ vs わっしょい☆れぼるぶ in 渋谷REX
7月27日
華麗なる激情 vol.6 恵比寿リキッドルーム
9月13日
レボルブ初主催イベント 「Make some beats」 渋谷REX
11月28日
新宿LOFT ワンマンライブ




HYSTERiC CIRCUS

イズデッド

――バンド紹介をお願いします。
新メンバーにギターの悠世を迎え5人体制となり、勢いを更に増したヘビィでキャッチーなヴィジュアル系バンドです。
――イズデッドのオススメの1曲とその理由を教えてください。
全曲がおすすめです、一曲一曲を大事にしてください
――6月にまつわるエピソードがあれば教えてください。
ぶっちゃけ特にありません(笑)。
――「HYSTERIC CIRCUS vol.6」への意気込みをお願いします。
ViSULOGさんのイベントということで、盛り上げられるように派手なライブをしてやります。
――ViSULOGをご覧になってる皆さんへメッセージをお願いします。
[不適切な表現のため表示できません]


INFORMATION


6月19日にミニアルバムがリリースされます。
5人体制の初音源となっておりますのでチェックしてください。




HYSTERiC CIRCUS

Zelktage

――バンド紹介をお願いします。
"デジタルお洒落ロック"をコンセプトに、ライブで楽しめる楽曲を中心に活動中です。
初見のお客さんでも「楽しかった」って言ってもらえるはずです!
――Zelktageのオススメの1曲とその理由を教えてください。
「Voice」
初のシングルにして、今のZelktageがたっぷり詰まっています。
激しさもあり、キャッチーさも兼ね備えた、イチオシの一曲です!
――6月にまつわるエピソードがあれば教えてください。
うちのドラムのhakuが、昔メッチャ職質されてたんですけど、自分で統計を取ったらダントツで6月が多かったって言う話があります(笑)。
――「HYSTERIC CIRCUS vol.6」への意気込みをお願いします。
正直、季節的にちょっとジメっとしちゃうけど、そんなのを吹き飛ばすパワフルなライブにするので、乞うご期待!!
――ViSULOGをご覧になってる皆さんへメッセージをお願いします。
先程も言ったシングルの「Voice」が4月末にリリースされているので、まだの人は是非聴いてみてください!
そして少し先ですが、初のワンマンが8月24日渋谷REXにて決まっているので、皆で一緒に楽しみましょう!
もちろんその間にあるライブも、一本一本絶対楽しいものにするから、遊びにきてください!!


INFORMATION


【リリース情報】
1st maxi single「Voice」
2013.4.28 Release
UTLZ-0002 / \1,575 (税込)

全3曲収録
01. Voice
02. card
03. オモテウラ

【ライブ情報】
5月6日 (月祝) SHIBUYA-REX
5月11日 (土) SHIBUYA-REX
5月16日 (木) 池袋Blackhole
5月31日 (金) SHIBUYA-REX
6月8日 (土) SHIBUYA-REX
7月17日 (水) 新宿RUIDO K4
8月24日 (土) SHIBUYA-REX<1stワンマン>




HYSTERiC CIRCUS

レインマン

――バンド紹介をお願いします。
声.陽
5+2=Gu.ハル
4+1=Ba.仁
の3人編成で現メンバーでの活動は今年の4月で3年目を迎えました。
独自の曲の世界観を大事にし、個々の独特の個性を活かしそれをバンドサウンドという形で表現しています。
『僕の家には傘がない。』
――レインマンのオススメの1曲とその理由を教えてください。
「冷たい雨」
今までのレインマンに無かった一味違った一面が見れる曲に仕上がりました。これから進化して行こうとしているその変化が見え隠れしているバンドにとって大切な一歩となる曲です。
歌詞がとても切なくてその切なさにマッチしたシンプルでストレートな曲調が特徴的でレインマンの入口としては誰もが聴きやすい曲だと思います。
――6月にまつわるエピソードがあれば教えてください。
現在リリース中のミニアルバム「おままごと」があるんですけど、そのミニアルバムレコーディング時期がちょうど6月にありました。その時のちょっと不思議な体験をしたエピソードなんですけど……、ミニアルバムに収録されてる「裏窓」という楽曲のミックス作業時エンジニアさんとメンバーでレコスタのコントロールルームで何度も思考錯誤して一通り仕上がって視聴してる時に……お化けが出ました。
――「HYSTERIC CIRCUS vol.6」への意気込みをお願いします。
当日は……
沢山の『雨』を降らせたいと思います……
是非……
『雨具』持参で……
お越しください……。
――ViSULOGをご覧になってる皆さんへメッセージをお願いします。
『雨の日の楽しい過ごし方』……教えます。


INFORMATION


【リリース情報】
2013/06/26 on sale
「梅雨盤2」
RMCU-1001 / ¥500(税込)

[収録曲]
01.冷たい雨
02.シニカルメモリー

発売元:僕の家には傘がない。
販売元:ライカロリーポップ
※初の流通作品となります。どこのCDショップでも買える様になりました。

【ライブ情報】
5月11日(土)池袋BlackHole
Real Style Creation Presents『Real Move Vol.8』
開場16:00 / 開演16:30
前売¥2,800 / 当日¥3,300(D別)
出演:レインマン / AMARANYX / C.P.U / Zenithriez / E-BRAZE / ヴァリウス /TEST / ZERθGATE

6月13日(木)高田馬場エリア
AREA 16th Anniversary "NO613-ZE"
開場16:30 / 開演17:00
前売¥3,000 / 当日¥3,500(D別)
出演:レインマン / Sick2 / ヱレキテル式 / ガガガガ / FULL EFFECT’/ LakuGaki / 他



HYSTERiC CIRCUS

今のV-ROCKシーンを盛り上げるべく、ViSULOG主催のライヴイベント「HYSTERIC CIRCUS vol.6」が2013年6月21日に開催された。次世代のヴィジュアル系シーンを担うであろうレインマン、ISDEAD、L&DS、Zelktage、レボルブ、PLUNKLOCKの6バンドが競演!熱いライヴステージをレポート!


HYSTERiC CIRCUS

毎月第3金曜日に開催されているViSULOG主催のライヴイベント「HYSTERIC CIRCUS」も6回目を迎えた。今月はいつもより1バンド多く、ボリュームアップしてみなさんにお届け。今月もViSULOG編集長の山本貴也さんとキミちゃんこと俳優の大城公人さんのオープニングMCからイベントはスタート!

HYSTERiC CIRCUS 雨の降るこの日のトップを飾ったのは、レインマン。哀愁の漂うシャッフルビートが印象的な「青」で会場まで雨で濡らしてくれる。しっとりとした雰囲気からスタートしたはずが、MCでGt.ハルがしゃべり出すと、どこかほっこりと温めてくれるような優しい気持ちにさせてくれるから不思議だ。6月26日に発売されたばかりの「梅雨盤2」から切ない歌詞なのにサウンドは疾走感と力強さがある「冷たい雨」を披露。Vo.陽の「全員ここまで飛んで来い!!」とシャウトすると「慟哭」が演奏される。Aメロでは美しいギターのアルペジオが会場を包み、Bメロやサビではハードなドラミングと陽のデスボイスが響くという、静と動が入り乱れた楽曲だ。ラストは昭和歌謡曲を彷彿とさせる「シニカルメモリー」で締めた。

再び、ViSULOG編集長の山本貴也さんとキミちゃんが登場し、恒例企画「お絵かきコーナー(仮)」がスタート。今回のお題は某夢の国のキャラクター「ド●ルドダック」今回も各バンドいい味が出ている(笑)。こういうものが見られるのも「HYSTERIC CIRCUS」ならでは。メンバーによって描かれたお絵かき色紙もプレゼントコーナーでみなさんに贈られる。

HYSTERiC CIRCUS 次に登場したのはISDEAD。1曲目からミクスチャーの要素を取り入れた「F.A.B」で盛り上げ、フロアも熱気に包まれる。「Revenge」でさらに会場を盛り上げステージもフロアもヘドバンの嵐。Gt.梓のギターソロもかっこいい1曲だ。
MCが終わり、次の曲に行こうとDr.春がカウントを始めたところでVo.Louisから「お誕生日おめでとう!」という言葉が。なんと6月21日、このライブの当日に誕生日を迎えた悠世のハッピーバースデーサプライズが。ファンとメンバーの気持ちがひとつになった瞬間だ。そこから「ARUKAS」「shining days」と疾走感のあるロックナンバーで盛り上がる。まるでパーティーのように大騒ぎだ。メンバーもファンも一緒に笑顔になる楽しいステージを見せてくれた。

HYSTERiC CIRCUS 続いて、結成してまだ2年というフレッシュなバンドL&DSが颯爽と登場。メンバーも若さ溢れる感じだ。フロアからも黄色い声援が飛ぶ。1曲目の「Bonds」バンドのカラーを全面に押し出している。梅雨のジメジメした雰囲気を吹っ飛ばして南国のビーチにいるような爽やかさだ。「Life is」では一見自由にメンバーがパフォーマンスしているように見えて、揃えるところはきっちり揃えてくる。計算されたステージングを見せてくれた。Ba.まろが煽れば、デスボイスで答えるファン。しかしVo.ゆうじがしゃべり出すとマッタリと雰囲気が変わるから面白い。そして、このイベントがライヴ2回目という新メンバー、Gt.Akijiが紹介され、新体制になってからの新曲「sugar blue ocean」も披露された。会場にいるみんなを自然と笑顔にしてくれるような楽曲だ。ラストは「L & frienDS」今までとは一変。彼らのハードな一面を見せてくれた。メンバーもステージを所狭しと動き、フロアもヘドバンとモッシュで答える。ポップとハードな両方を兼ね備えた彼らが今後どのような音楽を奏でていくのか楽しみだ。

HYSTERiC CIRCUS 8月にはSHIBUYA-REXで無料ワンマンも決定しているZelktageが登場。1曲目の「オモテウラ」から飛ばす。デジタルとロックが融合した“デジタルオシャレロック”にVo.senaのハイトーン・ボーカルが楽曲をさらに力強いものにする。勢いもそのままに「splash!!」、ミクスチャー調の新曲を披露。MCに入った途端、sena「楽しい!!」と叫んでしまうくらいメンバーもファンも本気で音楽を楽しんでいるのが伝わってくる。senaの「全員で拳を届けてくれよ!」を合図に披露された「Voice」ではオー ディエンスも頭を振りながらステージに拳を送る。ラップ部分ではオーディエンスがフロアを揺らす。ラストの「俗外新話」ではメンバーと一緒にモッシュでフロアが揺れる。Zelktageのライブはどんな言葉よりもステージを見てほしい。

HYSTERiC CIRCUS 11月には新宿LOFTでのワンマンが控えているレボルブが登場。1曲目の「OVERDRIVE」からぶっとばしてくれる。Vo.Xiの合図に合わせてオーディエンスが飛び、会場を揺らす。2曲目に行くところでちょっとしたトラブルが!これもライヴならではのハプニングだ。気を取り直して、「Still…」。メンバーの掛け声に合わせて拳を振り上げるオーディエンス。メンバーが煽れば拳とヘドバンで答えるフロアに会場の熱気は増していく。MCを挟み、披露されたのは「neo VOiCE」。疾走感あるメロディに切ない歌詞にXiの伸びのあるボーカルが乗る。ラストは「WISH」。メンバーもファンも大暴れしてステージを締めた。

HYSTERiC CIRCUS トリを飾ったのは再始動したPLUNKLOCK。しょっぱなから「RESONANCE」で飛ばしてくれる。ミドルテンポでありながら、重厚なサウンドが切なく妖しい世界観を作りだしている。そのまま「キミボク-Song of Future-?」へ。妖艶なVo.ハロの声に魅了させられ、ステージもフロアも体全部で音を感じている。いろんなバンドが出演するイベントだからこそ、ハロの「楽しんだもん勝ちだろ!」という言葉が突き刺さる。他バンドのファンをも巻き込むほどの凄いパワーで会場を飲み込んでいく。圧倒的なカリスマ性を発揮するハロ。その勢いのまま「病的シンデレラ」、「JUSTart.」と披露。メンバー同士を信頼してるからこその安定したステージングで、バンドの存在感を示した。ラストは「World is mine.」。今持っている力のすべてをぶつける勢いのメンバー、その気持ちに答えようとヘドバンで答えるオーディエンス。ライヴならではの掛け合いが素晴らしい。トリにふさわしくかっこいいステージを見せてくれたPLUNKLOCK。ハロは何度もフロアに感謝の言葉を繰り返しステージを後にした。

最後に再びViSULOG編集長の山本貴也さんとキミちゃんが登場。そして、この日熱く魂のこもったライヴを魅せてくれたバンドメンバーがステージに揃い、恒例のプレゼント争奪ジャンケン大会がスタート。今回も楽しく熱のこもったジャンケン大会となった。最後はレボルブのkazuによる素晴らしいスピーチとともに恒例の一本締めでイベントの幕を閉じた。

次回は、7月19日(金)に池袋EDGEにて「HYSTERIC CIRCUS vol.7」開催。

(TEXT:久米裕子)



主催・企画:ViSULOG

制作:G-PROJECT

後援:HYPER JAPAN / J FOOD & CULTURE TV / World Net.TV

協力:Visu-a-land.TV

関連NEWS

関連ニュースはありません。

関連INTERVIEW

関連インタビューはありません。

関連PICKUP

関連ピックアップはありません。

関連CONTENTS

関連コンテンツはありません。

関連MOVIE

関連動画はありません。