COVER ARTIST / D

ViSULOG 2018年11月号 COVER ARTIST / D

INTERVIEW / D

結成15周年の節目に壮大な物語「ヴァンパイアストーリー」の第二章の幕を開けたDが、NEWシングル『Deadly sin』を2018年11月14日(水)にリリースする。
前作『Revive~荒廃都市~』からさらに進化したシンフォニックかつヘヴィなDも持ち味にダブステップを大胆にクロスオーバーさせたサウンドと共に描かれる、誰もが予想しなかった今作の物語についてメンバー5人にじっくりと話を訊いた。

取材・文:二階堂晃
『世界を救うのか、父親でもある王を殺すのか』 ――少し前のことになりますが、前作『Revive~荒廃都市~』のツアーの手応えはいかがでしたか? ASAGI:手応えはありましたね。ヴァンパイアストーリー第二章の幕開けということで、Dの真骨頂といいますか、初期から描いている世界観でもあるので、原点回帰という部分もありました。プラス、今のDが表現することによる新しさや、ブラッシュアップされた未来感を打ち出せたので、今後どうなるのか?という期待感も残せたと思います。その期待を上回って行きたいと思っているところです。 HIDE-ZOU:ヴァンパイアストーリー第二章の幕開けに相応しいツアーだったと思いますね。「Revive~荒廃都市~」の近未来感のある新たな作品を打ち出せたことも新鮮でした。 Tsunehito:これからまた新しく物語が始まるぞという気合いを、ヴァンパイアストーリーが好きで待ってくれていたファンや、初めて触れる子達にも見せることが出来たと思いますし、ツアーファイナルはASAGIさんの誕生日当日ということもあってほっこりする場面もありつつ、次へ繋がるように意識したツアーでした。 HIROKI:約3年ぶりのヴァンパイアストーリー復活をみんな楽しみに待ってくれていたんだなという手応えも感じることが出来て良かったです。ツネ(Tsunehito)も言ったように僕もファイナルでASAGIくんの誕生日を一緒に祝えたことが嬉しかったですね。 Ruiza:会場によってセットリストに変化を加えているのですが、ライヴの度に自分の中でヴァンパイアストーリーに対してぐっときましたし、色々な思いが生まれるツアーでしたね。新しい幕開けと言うことで今後に向けてより一層気合いの入るツアーだったと思います。 ――そんな皆さんにとって実りの多いツアーのファイナルではNEWシングル「Deadly sin」のリリースが発表されました。今作はどのような位置づけの作品となるのでしょうか? ASAGI:前作「Revive~荒廃都市~」の続編です。突如目ざめたヴァンパイアの王は記憶を失ってしまい、凶悪なモンスターになってしまう。それを止めるべく、かつて我らが愛した王に戦いを挑む、という内容になっています。 HIDE-ZOU:内容も方向性も全てが新鮮で本当に衝撃的でしたが、疾走感とパワー感、それでいてキャッチーな楽曲になりました。 ――「Deadly sin」のMusic Videoも公開されていますが、皆さんによる演奏シーンはASAGIさん扮するジャスティスと四騎士の姿であり、この作品の大きな目玉であるアンデッド(ゾンビ)の集団と共に現れるのが記憶を失ったヴァンパイアの王ドライツェン、ということなのですね。 ASAGI:アンデッドは予測不可能かつ不規則な動きをするので、ドライツェンがマリオネットのようにアンデッドを操るという表現をする際に、逆に揃ったダンスという表現が必要でした。 ――両者の闘いを描いた「Deadly sin」ですが、歌詞はジャスティスとドライツェン、どちらの目線から書かれたものなのでしょうか? ASAGI:ジャスティスの目線で描いていますね。世界を救うのか、父親でもある王を殺すのか、という選択に迫られますが、愛する者らを守るために大罪を犯す(父親を殺す)という決断をするんです。緊迫した世界観を表現できましたね。 ――MV収録時に印象的だったことはありますか? ASAGI:今回は衣装、メイクチェンジもあったので忙しかったです(笑)。それとavexの学校の生徒の皆さんがダンス・エキストラとしてすごく頑張ってくれましたね! Tsunehito:アンデット役のエキストラの方々と一緒に収録した訳ですけど、緊迫感のあるシチュエーションで囲まれての演奏はとてもワクワクしましたね。 Ruiza:撮ってる最中は「これがどう一つの作品にまとまるんだろう」とワクワクしながらの収録だったんですけど、完成したものを見て納得ですね。映像としても純粋にスタイリッシュでカッコいいと思いますし。 ――『ウォーキング・デッド(ゾンビを題材とした大人気海外ドラマ)』を彷彿とさせるシーンもあり、壮大な映像作品だと感じました。 HIROKI:僕は個人的に『ウォーキング・デッド』を観てましたし、好きなので楽しかったですね(笑)。終始テンション高く撮影していました。 HIDE-ZOU:世の中のこの手の映画や映像作品とはまた違う、明確なオリジナルストーリーと意図があってこそのアンデッド登場だと思いますし、それこそ「Deadly sin」だと思っているので、作品としてすごく楽しめると思いますね。 ――ストーリー性はもちろんですが、エンターテインメント作品としても純粋に楽しめる映像作品ですよね。やはりドライツェンを囲むアンデット達によるダンスシーンの斬新さには目を奪われます。 ASAGI:そうですね。エンターテイメントとしてダンスを取り入れたのは面白かったですね。前作の続編ということで同じ時間軸にあるので、今回もその未来感を表現するためにダブステップを取り入れたのですが、ヘヴィーなバンドサウンドに加えて、ダンスとも融合して斬新な作品になりましたね。 HIDE-ZOU:これに関しても、やはり斬新な発想に驚きの連続でした。まさか…でしたね。 ――ライヴでは実際にどのように表現されるか要注目ですね。 Tsunehito:ライヴ感もバッチリな楽曲ですし、ぜひライヴで触れてほしいですね。 『これを聴けば、それはもうDのヴァンパイアストーリーのことを好きになってもらえる』 ――「Deadly sin」収録のカップリング曲についても是非お話を伺いたいのですが、全タイプ収録の「STAR SAPPHIRE」はASAGIさん作詞、Ruizaさん作曲によるナンバーです。 Ruiza:「Deadly sin」を受けて、自分のヴァンパイアストーリーでの役どころである、水を司るヴァンパイア、"キルヒアイス"をイメージして制作をしました。冷たいイメージも意識ながら、感情の起伏も入れたいと思い、例えばギターソロでのコード進行など展開を早くしたりしました。あさぎ君から歌詞とイメージをもらって、キルヒアイスの心情や思いを知る事が出来てすごく嬉しくもグッときましたね。 ASAGI:再びヴァンパイアに戻ったキルヒアイスは冷笑を浮かべながら単独行動を取るようになるのですが、それにはドライツェンに近づくという作戦があったんです。その心情に迫っています。 ――【TYPE-B】【TYPE-C】収録の「The Secret Rose Garden」は同じくASAGIさん作詞、Tsunehitoさん作曲ですね。 Tsunehito:この曲はDのヴァンパイアストーリーの中で、自分の役どころである火を司る女性のヴァンパイア、”カーバンクル”をイメージして作っていきました。冒頭のセクションは静かに燃える火だったり、イントロやリフの部分では激しく燃える火だったり、色んな火をイメージして、1曲の中に感情やシーンの移り変わりみたいなものを入れられるように試行錯誤しましたね。 ASAGI:「Revive~荒廃都市~」からの続きであり、微熱~雨の幻想曲(ファンタジア)~とも関連があります。詳しくはパンフレットのセルフライナーノーツで(笑)。 ――【TYPE-C】のみに収録のインスト・ナンバー「Blood war」も聞きごたえ満点ですね。 Tsunehito:原曲は僕が作ったんですけど、リズム隊のコール&レスポンスからスタートしたら、というASAGIさんのアドバイスがあって作り進めました。前作収録のインスト曲「Diamond shape」との違いもありますし、よりライヴ感のある仕上がりになったと思います。ASAGIさんにタイトルを付けてもらって。 ASAGI:ヴァンパイアはドライツェンの血から始まっているので、血縁関係がある中での戦いということと、様々な種族の血の戦いを意味しています。 ――そんな『Deadly sin』を引っ提げてのツアー真っ最中のDですが、初日ではベスト盤『Vampire Chronicle ~V-Best Selection Vol.2~』のリリースも発表されました。 ASAGI:結成15周年、メジャー10周年記念のメモリアルアルバムになります。豪華盤の方には品川インターシティーホールのライヴDVDも付きますね。 Ruiza:これを聴けば、それはもうDのヴァンパイアストーリーのことを好きになってもらえると思いますし、より深く知りたくなりますよ。 ――CD二枚組の大ボリュームとなるベスト盤ですが、メンバー皆さんそれぞれの“推し曲”を伺ってもよろしいでしょうか? ASAGI:これで初めてDを知るという人がいるとすれば、やはりドライツェンとジャスティスの曲でしょうか?新曲も追加されているので楽しみにしていてほしいです。 HIDE-ZOU:今回ベストアルバムに収録されている僕が作曲した「Ghost in the mirror)」です。風を司る”ラファーガ”というヴァンパイアをイメージして作ったもので、時期的にはちょっと前に作った曲なんですが、ヴァンパイアストーリー第二章のためにASAGIさんが僕の原曲をアレンジしてくれて、元よりもワクワクする展開になったんですね。あと、僕この曲でASAGIさんからお話もらってコーラスさせていただいてるんですけど、それも聴いてほしいですね。 HIROKI:僕もHIDEちゃん(HIDE-ZOU)と同じく、自分がリズムのベーシックを作ったものに対してASAGIくんが作曲してくれた「千夜一夜のダラブッカ」ですね。僕の役どころの、大地を司るヴァンパイア“ウィルダネス”の新しい物語の曲なので思い入れがあります。 Tsunehito:そうですね…僕は「ひび割れた柘榴石」ですね。“カーバンクル”を主人公にASAGIさんが歌詞を書いたバラード曲で、”カーバンクル”の切ない気持ちや愛についてなどをすごく感じる曲なので、やはり思い入れが強いですね。 Ruiza:僕は、こないだ久しぶりに「夜の眼と吟遊詩人」をライヴで演奏したんですけど、めちゃくちゃいい曲だなって改めて思ったし、すごく心に染み渡るので、これは是非CDでも皆に感じて欲しいです。あとはドラムソロ曲の「ザハブを継ぐ者」もすごく景色が見えて好きですね。HIROKIくんらしさがすごく出ていて、ライヴでもすっごくいい感じなんだろうなって聴いていてもテンション上がりますね。 『ライフワークであり、Dそのもの』 ――D結成から掲げてきた“ヴァンパイアストーリー”とは、皆さんにとってどういった存在と呼ぶべきものなのでしょうか? ASAGI:ライフワークであり、Dそのものですね。 HIDE-ZOU:Dにとって“核”であり“主軸”と言うに相応しいものだと思います。 Tsunehito:メンバーそれぞれが物語のキャラクターを担っているというのは他にないものですし、オリジナリティ溢れる”Dならでは”のものだなって思います。 HIROKI:Dの“真骨頂”ですかね。結成当初からあるヴァンパイアストーリーは、曲も数多いですし、歴史も大きなものですから。Dを象徴するものなんじゃないかなって思いますね。 Ruiza:“始まり”というイメージが僕は強いですね。ASAGIくんがヴァンパイアストーリーの最初の曲として「Vampire Missa」を、そして次に「弾丸」を作ってきてくれたんです。それぞれドライツェンとジャスティスが主人公として描かれているんですけど、15年前からすでに今に繋がる二つの物語が同時に始まっているのがすごいな、と今でも思っていて。 ――最後に、D結成15周年、メジャー10周年イヤーを締めくくるツアーファイナル豊洲PITワンマンへ向けての意気込みを聞かせて下さい。 HIROKI:ツアーの一本一本を大切にして臨みたいですし、ファイナルの豊洲PITでは会場の広さを生かした特別なものも見せられると思っています。Dの15周年に相応しいライヴにしたいと思うので、是非会いに来て欲しいですね。 Tsunehito:その日のライヴってその日にしかないので、どれも全力で挑みます。ファイナルの豊洲PITはヴァンパイアストーリーの世界を実際に感じてもらうことで、来てくれた子全員に衝撃を与えられるように、そして来年に繋がるライヴになるように気合を入れて臨みます。 HIDE-ZOU:夏のツアーからさらにヴァンパイアストーリー色の濃いものになっていくことが自分自身とても楽しみですね。一本一本を最高の状態で迎えられるように、ベストなコンディションを常に作っていきたいですね。 Ruiza:最新のDであり、最新のヴァンパイアストーリーを見せていくツアーだと思うので、しっかり演奏してしっかり見せていきたいです。豊洲PITは15周年のグランドファイナルということで集大成であり、最新の姿を見せる場でもあると思うので、逃さないで欲しいですね。 ASAGI:豊洲ワンマンではジャスティスの他に、ドライツェンも登場し、D史上最高峰の組曲「狂王」を披露するのですが、これぞ“D”というべき作品なので、是非豊洲に来て音源を手に入れて欲しいです。メモリアルイヤーの締めくくりなので、僕らを少しでも知る人は是非集まってもらいたいですね。待っています!

RELEASE

2018年11月14日(水)
D New Single「Deadly sin」

【TYPE-A】
YICQ-10411/B / ¥1,800(+Tax)
CD+DVD
[CD]
01. Deadly sin
02. STAR SAPPHIRE
03. Deadly sin (Instrumental)
[DVD]
Deadly sin (Music Video)

【TYPE-B】
YICQ-10412/B / ¥1,800(+Tax)
CD+DVD(豪華ブックレット仕様)
[CD]
01. Deadly sin
02. STAR SAPPHIRE
03. The Secret Rose Garden
[DVD]
Deadly sin (Music Video Making)

【TYPE-C】
YICQ-10413 / ¥1,200(+Tax)
[CD]
01. Deadly sin
02. STAR SAPPHIRE
03. The Secret Rose Garden
04. Blood war (Instrumental)


[初回特典(封入)]
トレーディングカード(全7種中1種ランダム封入)

Deadly sin」MV Full公開 (12/21(金)豊洲PIT公演までの期間限定公開)

※11/10~12/21まで期間限定公開
※こちらは試聴版としてデータを圧縮しております。
製品版はさらにハイクオリティーな画質・音質にてご試聴いただけます。

LIVE SCHEDULE

D Tour 2018 「Deadly sin」

11月03日(土) 新横浜 NEW SIDE BEACH!!
11月17日(土) 名古屋 Electric Lady Land
11月18日(日) OSAKA MUSE
11月23日(金・祝) 広島 SECOND CRUTCH
11月25日(日) 福岡 DRUM Be-1
12月01日(土) HEAVEN’S ROCK さいたま新都心 VJ-3
12月07日(金) 金沢 AZ
12月08日(土) 新潟 GOLDEN PIGS RED STAGE
12月10日(月) 仙台 CLUB JUNK BOX
12月13日(木) 札幌 cube garden

[D結成15周年 メジャー10周年Year Grand Final]
12月21日(金) 豊洲 PIT
※当日は指定席でご来場者の方に組曲「狂王」(未発表曲)プレゼント有り
※結成15周年記念 特別価格¥1,500 チケット有り
※ツアー全公演終演後、物販購入者対象特典会有り

PROFILE

Vo. ASAGI
Gt. Ruiza
Gt. HIDE-ZOU
Ba. Tsunehito
Dr. HIROKI
Vo:ASAGI
Birth:08.29
Gt:Ruiza
Birth:02.18
Gt:HIDE-ZOU
Birth:11.19
Ba:Tsunehito
Birth:03.05
Dr:HIROKI
Birth:07.20